【戻る】 【進む】   目次        37. 組み込みクラス - IO,File,Dir

入出力(IO, File, Dir)

  • ファイルから読む t = open("file") # File.open("file")の可 print t.read t.close read … 全て読み込み文字列を返す read(n) … nバイト読み込み文字列を返す gets … 1行読み込み文字列を返す readlines … 各行を配列にして返す
  • ファイルから読む(その2) open("file") do |t| print t.read }
  • ファイルへ書き込み t = open("file", "w") t.print "Hello\n" t.close print(str) # 文字列の書き込み print(str0, str1, …) puts(str) # 文字列の書き込み改行付き
  • コマンドからの読み込み t = open("|sort some.txt") print t.read t.close
  • コマンドへの書き込み t = open("|sort", "w") t.puts "c\na\nb\n" t.close
  • ディレクトリの読み込み Dir.foreach(path) do |item| puts item #=> pathという名のディレクトリの内容を出力 end Dir.entries(path)#=> pathという名のディレクトリの内容を配列で取得

  • 【戻る】 【進む】   目次        37. 組み込みクラス - IO,File,Dir