【戻る】 【進む】   目次        11. クラスとメソッド - メソッド定義1

メソッドの定義1

  • メッセージに対する応答はクラスのメソッドとして定義される
  • メソッドはクラス定義の中で「def メソッド名 … end」で定義される
  • 「メッセージを送る」の実体は「メソッドを呼ぶ(起動する)」こと
  • メソッド定義冒頭で並べられる変数をメソッドの「仮引数」という
  • メソッド内で自分自身はselfで表される
  • メソッド定義内部から自分のメソッドを呼ぶ場合は、レシーバを省略可能

  • class Foo
      def hello(x)
        "Hello, " + x
      end
      def shello!(x)
        self.hello(x) + "!"
      end
      def hello!(x)
        hello(x) + "!"
      end
    end
    foo = Foo.new
    p foo.hello("world")   #=> "Hello, world"
    p foo.shello!("world") #=> "Hello, world!"
    p foo.hello!("world")  #=> "Hello, world!"
    
    cmethod0.rb
     


    【戻る】 【進む】   目次        11. クラスとメソッド - メソッド定義1