【戻る】 【進む】   目次        40. ブロックを伴うメソッド

ブロック付きメソッド

 
  • ブロックとは { } 、あるいは、do end で囲まれた部分のコード
  • ブロックはメソッドに伴い、メソッドのコードの一部として取り込まれる
  • ブロックは動的なコード生成と思える
  • ブロックはメソッドコードの一時的なカスタマイズである
  • ブロックを繰り返し実行することができる
  • ブロックをオブジェクトにできる
  • ブロックをコールバックとして用いることができる
  • ブロックはローカル変数のスコープを作る
  •  
    open("some.txt") do |f|
      while line = f.gets
        print line
      end
    end
    f = open("some.txt")
    while line = f.gets
      print line
    end
    f.close
    [1, 2, 3].each do |i|  
      puts i*i
    end
    i = 1               
    puts i*i
    i = 2
    puts i*i
    i = 3
    puts i*i

     


    【戻る】 【進む】   目次        40. ブロックを伴うメソッド