食玩問題(別名Teao分布)

atonさんのページの記事「わ からないこと」

あるお菓子のおまけは3種類ある。お菓子1個につき1 つのおまけが入っている。この時、3種類すべて揃うことが期待で きる個数を求めよ。なお、おまけの数は同数とする。
という問題が載っていた。その答え(3/3 + 3/2 + 3/1)は、 「考えたぞ」 に載っている。この証明は正しいと思うが、 問題をより一般化して計算したものをここに置く。

  • 「食玩あるいはteao問題は後戻りしない人生ゲームか」

    ただし、この【解答(その2)】は厳密ではあるが演歌調(複雑)で、問題の本 質をうまく表現できているとはいいがたい。【解答(その1)】 (artonさんの証明と本質的に同じ)と【解答(その2)】をうまく 融合した証明があったら教えてください。

    因みにこの問題について確率遷移行列のべき乗を計算したものが

  • 食玩問題
    にある。


    原信一郎 sinara@blade.nagaokaut.ac.jp