1-237

subjects 193-634

ruby-math started
0001 [matz@ne la .] ちゅーことで、ruby-math開設しました。

Why is '**' not abelian
0002 [toyofuku@ju ] ぐはぁ。
+ 0003 [matz@ne la .] えーと、これはRubyの話題を逸脱しそうなんですけどぉ。
| + 0004 [toyofuku@ju ] まつもとさん
| | 0008 [matz@ne la .] いや、あまり気にしないでください。
| + 0007 [toshirok@yb ] 僕は、「数学的なモデルに綺麗にはまる仕組みを考える事が目的の一つである
+ 0006 [toshirok@yb ] ペアノの公理(って実は良く知らないけど)は自然数全体の集合の集合論的
+ 0009 [gotoken@ma h] str*str論者としてはこの豊福さんの疑問を再燃のきっかけにして
  0012 [keiju@Ra io ] 私流に解釈すると.
  + 0013 [matz@ne la .] なんかすごく恐れおおいんですが :-)
  + 0014 [gotoken@ma h] これだと、a でパラメトライズされた Sa という単項関数の定義で
    + 0021 [toyofuku@ju ] いっぱい反応したいですが、とっても余裕が
    | 0026 [gotoken@ma h] ======
    + 0029 [keiju@Ra io ] それはそうです. でも,

coerce
0005 [toyofuku@ju ] しょっぱなから Ruby から遠い話題を出したおわびに

(summary) SingleFloat, DoubleFloat < Float
0010 [gotoken@ma h] とりあえず、単精度に関するぼくとまつもとさんの昔のやりとりを
0020 [matz@ne la .] だいぶ思い出しました。感謝。
0022 [gotoken@ma h] さすがに一つのプログラムの中ではそれはないことになってます。
+ 0023 [matz@ne la .] ふむふむ。理解が進みました。ということは SingleFloat のニー
| 0024 [matz@ne la .] もしこれが正しいのだとすると、たとえば現状の Float にhookを
| 0025 [gotoken@ma h] あってます。
| + 0028 [shigeo@ti yf] BigFloatという名前でかってに公開した手前、無関心
| + 0030 [matz@ne la .] んでは、Floatを抽象クラス化し、現在のFloat(将来では
|   0038 [gotoken@ma h] おろろ?? そういうつもりです。「ほぼ同じ定義」というのがどこ
|   + 0050 [masa@ko la a] 私も NumPyについては仕様を調べただけなので、
|   + 0118 [gotoken@ma h] 返事が遅くなってすみません。
|     + 0119 [matz@ne la .] 構いません。私に付き合ってもらってるわけですから。
|     | + 0128 [masa@ko la a] これは、「aが float の配列のとき」という意味でしょうか?
|     | | 0130 [matz@ne la .] そういう意味です。
|     | + 0148 [gotoken@ma h] そう言ってもらえると気が楽ではあるんですが、ぼくはあんまりゆっ
|     |   0162 [matz@ne la .] [ruby-dev:8879]はそういう意味ではないかと。ああ、でも古いCの
|     |   + 0167 [eguchi@sh zu] [ruby-dev:8879] の中で参照されている
|     |   | 0183 [shudoh@mu ao] 議論の本流じゃなくてごめんなさい。
|     |   | 0205 [eguchi@sh zu] 拝見させて頂きました。
|     |   + 0169 [gotoken@ma h] そうかも知れません。下を試してみてはどうでしょう。
|     |     0170 [matz@ne la .] えぐちさんもそうおっしゃってますし、そうなんでしょう。
|     |     + 0171 [takashi@oi h] Ruby って数値計算にはうってつけの言語であると思うんだけど・・・
|     |     | 0172 [matz@ne la .] そうなんですか。ソフトウェアはしばしば設計者の意図を越えて用
|     |     | 0173 [takashi@oi h] 特に iterator が強力。定義さえすれば、
|     |     | 0176 [matz@ne la .] 感謝します。
|     |     + 0174 [horinout@ku ] これまでの議論を(力&時間不足で)把握しておらず、今更なにをといっ
|     |     | 0175 [masa@ko la a] ruby-mathでは、そういう話はまだないのだと思います。
|     |     | 0177 [horinout@ku ] なるほど、目に止まらなかったわけですね ^^;;
|     |     | + 0181 [masa@ko la a] 配列の型の方がスカラー(というかRubyの数)より例外なく強い
|     |     | | 0182 [horinout@ku ] Fortran90 の本を引っくり返してみましたが、見つけられませんでした。仕様
|     |     | + 0189 [matz@ne la .] そーなんです。どちらにしても、誰かにとって「ちょっと..」な局
|     |     | | 0191 [takashi@oi h] るびきちです。
|     |     | + 0192 [gotoken@ma h] これはまずいです。というのは、0.1 はdouble相当なので、内部で
|     |     |   0204 [masa@ko la a] "0.1f" → (float)
|     |     |   0206 [matz@ne la .] 私自身が理解してないので人の文章を借りるしかないのですが(し
|     |     |   + 0208 [shudoh@mu ao] 首藤です。議論を混乱させないことを祈りつつ…
|     |     |   | 0209 [matz@ne la .] もちろんそれは理解しています(つもりです)。Matrix(SingleFloat)
|     |     |   | 0230 [gotoken@ma h] # どこから返事したらいいんだか ^^;;;
|     |     |   + 0210 [masa@ko la a] 違う数値になり得ますが、精度の点では同じもの、
|     |     + 0178 [horinout@ku ] single と double の両方があるのが当たり前な言語環境で暮してきたせいか、
|     |       + 0179 [takashi@oi h] るびきちです。
|     |       + 0188 [matz@ne la .] こっちは理解できます。ま、出自にかかわる問題ですし。
|     + 0125 [shudoh@mu ao] ruby-math の過去のメイルを入手する方法はあるのでしょうか。
|       + 0126 [matz@ne la .] ruby-math-ctl@netlab.co.jp に get 1-126 でどうでしょう。
|       + 0152 [gotoken@ma h] なかなか興味深いです。あとでじっくり読みます。
|       + 0153 [takashi@oi h] るびきち(西本)@大石研です。
+ 0033 [masa@ko la a] そうですか。同じことを考える人がいない方が不思議だとは思っていました。
| 0034 [gotoken@ma h] BasicNumArray という一次元配列のクラスと、それに色々な機能を
+ 0035 [shigeo@ti yf] 手違いでruby-math宛てが私に来ました。

target of coercing 
0011 [gotoken@ma h] 演算とは、ある集合上Aで定められた関数(数学で言うところの関数、
0015 [hisanori@si ] スカラー倍ってどういう分野(?)でしたっけ? ベクトル空間?
0016 [gotoken@ma h] そうそう線形代数です。
0017 [hisanori@si ] なるほど。では辞典を探してくる事にします。
0018 [gotoken@ma h] うーん、僕が二つに分類する気になれない理由は、
0019 [hisanori@si ] 松尾です。3点。

domain method?
0027 [gotoken@ma h] なんとなく分かりました。つまり、定義域を外から決めている数学
0037 [hisanori@si ] # 精度に関心がある方が多いのかな?

TEST31
0031 [poffice@po f] This is a test mail.

TEST32
0032 [poffice@po f] This is a test mail.

Re: Precision
0036 [shigeo@ti yf] 詳細な説明、本当にありがとうございます。

BigFloat
0039 [gotoken@ma h] ちょっとよく分からないですが、その場合仮数部は何桁なんですか??
+ 0043 [shigeo@ti yf] 仮数部は整数配列でダイナミックに割り当てますので何桁
+ 0062 [takashi@oi h] 今日顏を出すようになったるびきちです。
  + 0064 [hieida@ac y.] 日永田@学習院大学 というものです。
  | + 0065 [takashi@oi h] だけどまだ未完成なのです。
  | + 0066 [takashi@oi h] 興味もってくれてありがとう!!
  + 0069 [gotoken@ma h] えーっと、勢いで書いてて可読性があまりに低いので、ちょっと手
    0070 [takashi@oi h] お願いします!!
    0071 [hieida@ac y.] 密行列の対角化なんかはいかがですか?
    0073 [takashi@oi h] なるほど。とりあえずは卒論終わったあとの課題として。
    + 0074 [hieida@ac y.] BigFloat 関係の情報が得られるかな、と思って ruby-math-ML に入会させて
    | 0082 [gotoken@ma h] ごめんなさい、具体的な成果物はないです。ソース(コメント含む)
    | 0083 [takashi@oi h] おもしろそうだな。
    + 0076 [hieida@ac y.] ruby-math の話題から外れつつありますが......
      0078 [takashi@oi h] ↓ココ

NumArray (Re: )
0040 [masa@ko la a] ありがとうございます。
+ 0041 [gotoken@ma h] もちろんBasicNumArrayはCで実装された1次元配列です。doubleだっ
+ 0042 [horinout@ku ] ごとけんさんがたまに触れる「電脳組」のひとりです。
  0044 [masa@ko la a] こちらこそ。とても丁寧なご説明ありがとうございます。

TEST45
0045 [poffice@po f] This is a test mail.

NaN
0046 [shigeo@ti yf] 以下の結果は正しいのでしょうか?
+ 0047 [shigeo@ti yf] 自己レスです。
+ 0048 [gotoken@ma h] おろ、VCではisnan()は float.h の _isnan() を使うんじゃなかっ
  + 0049 [shigeo@ti yf] "_isnan" を grep したけど使用していないようです。
  + 0051 [eguchi@sh zu] ご> ごとけんです
    0052 [shigeo@ti yf] 一応、以下のようになります。
    0053 [gotoken@ma h] # 不必要にえぐちさんのお手を煩わせてしまってすみません __;

NaN again
0054 [shigeo@ti yf] WindowsNT+VC++6.0(using _isnan())で以下のように
0055 [gotoken@ma h] ...
+ 0056 [eguchi@sh zu] ご> ごとけんです
| 0059 [gotoken@ma h] ですね。
| 0061 [eguchi@sh zu] ご> ごとけんです
| 0072 [gotoken@ma h] その通りです __;;;
| 0085 [eguchi@sh zu] ご> ごとけんです
| 0089 [gotoken@ma h] 64bitはきちんと定義してあるので大丈夫のはずです。その他の長
| + 0091 [matz@ne la .] うーむ、APIは同じでIEEE754でないシステムとかはもう考えなくて
| | + 0092 [takashi@oi h] るびきちです。
| | + 0104 [eguchi@sh zu] VAX Float は alpha にまだ実装されていますが、
| + 0103 [eguchi@sh zu] ご> ごとけんです
|   0105 [gotoken@ma h] 無限大はNaNと違って一意な存在だからなんでしょうね。こーゆー
|   0112 [eguchi@sh zu] ご> ごとけんです
+ 0057 [shigeo@ti yf] ありゃ?
  + 0058 [gotoken@ma h] そうですね。IEEE754では決められてませんし、NaNとの大小比較は
  + 0060 [eguchi@sh zu] 小林> 小林@会社です。
  + 0067 [shigeo@ti yf] で、調べてみました。

こんにちは
0063 [takashi@oi h] 精度保証付き数値計算の研究をやっています。

Re: NaN again & + -0  
0068 [shigeo@ti yf] あと、生成方法も何かいいのがありませんか?
0077 [eguchi@sh zu] double mz = -0.0;
0079 [shigeo@ti yf] って意味です。これは、見事にだめでした(VC)。
0080 [eguchi@sh zu] 小林> 小林です。
0081 [shigeo@ti yf] はい。
0084 [eguchi@sh zu] 小林> 小林です。

BigFloat & LAPACK
0075 [takashi@oi h] るびきちです。

Ruby/LAPACK working group
0086 [gotoken@ma h] なんですよねえ ^^;; どうせ1000個ちょっとしかないから、人手が
+ 0087 [hieida@ac y.] うーむ......るびきち☆ さん、ごとけん さんにちゃんと返事できなくちゃっ
+ 0088 [takashi@oi h] るびきちです。

math functions 
0090 [takashi@oi h] 初等数学関数(sin, cos, ...)についてなんだけど、
+ 0093 [gotoken@ma h] Mathの位置づけはlibmの拡張モジュールなので、むしろ num.sin
| 0094 [takashi@oi h] るびきちです。
| 0096 [gotoken@ma h] あ、やっと分かった、提案のポイントは Math::sin(x) が引数のク
| 0100 [takashi@oi h] そういうこと。
| 0106 [gotoken@ma h] Object#send の別名です。
| 0107 [takashi@oi h] なるほど。
+ 0095 [matz@ne la .] Mathモジュールは(名前はともかく)、math.hで定義されるlibmの関
  + 0097 [takashi@oi h] なるほど。
  + 0098 [gotoken@ma h] それもわかるんですけど、libmごとき(失礼)に Math というすごい
    + 0099 [takashi@oi h] それいえてる(>_<)
    + 0102 [matz@ne la .] 肯定します。歴史的事情ってヤツですね。
      + 0114 [gotoken@ma h] # 楽しい話題が色々出てるのに顔を出せない…
      | 0121 [matz@ne la .] この場合、Math.sinはMath::Libm.sinとまったく同じものなんです
      | 0123 [takashi@oi h] るびきちです。
      | 0147 [gotoken@ma h] そうです。Math.sin は主に互換性と記述省略のためのデフォルト
      | 0151 [matz@ne la .] 大体理解できました。で、 Math.sin の override とかをどうやっ
      | 0157 [gotoken@ma h] オーバーライドを除くと、net/ と Net のような関係としてmath/
      + 0184 [kdm@ko e- os] # ruby-math では, "始めまして."

Ruby on supercomputers
0101 [matz@ne la .] 誰かやるって言ってましたよね。

LA with Ruby
0108 [shudoh@mu ao] ruby-list ML でのごとけんさんの
0109 [hieida@ac y.] これで少なくとも4人は Ruby/LAPACK に興味があるということになりますね。
0117 [gotoken@ma h] 4人も手を挙げたんだから実際はもっといるでしょう :-)
+ 0120 [matz@ne la .] LAPACKとそのRubyインタフェースについての知識がゼロなのではず
| 0146 [gotoken@ma h] もちろん定義は別になります。ここでは単に名前を決めないで議論
| + 0150 [matz@ne la .] そういう使い方をするんですか? LAPACKを知らないんで。
| | 0155 [gotoken@ma h] 場合によりけりです。LAPACK自体は色々な行列を作るサブルーチン
| | 0161 [matz@ne la .] まあ、そうですね。で、変数(式)に型がない言語でも、要素に型を
| + 0168 [masa@ko la a] reluctantですけど納得できていないので僭越ながら...
+ 0122 [takashi@oi h] るびきちです。

Re: divmod()
0110 [shigeo@ti yf] わかりました。では、あとは ruby-math ということで...

%
0111 [shigeo@ti yf] 以下の計算をやってみました。
0116 [gotoken@ma h] ふなばさんが同様の指摘をしていましたが、少なくとも型で違うの

precedence of **
0113 [matz@ne la .] PerlでもPythonでも ** 演算子の結合強度は最強になってます。
0115 [gotoken@ma h] ときどき、comp.lang.misc とかで話題になりますね。

Re: %  &  divmod() & remainder()
0124 [shigeo@ti yf] そうですね。私も [ruby-list:16680] のふなばさんに一票いれます。
0129 [matz@ne la .] うーむ、そうかも。
+ 0131 [shigeo@ti yf] これは [ruby-list:20376] で提案したソース修正ですよね。
| 0135 [matz@ne la .] [ruby-list:20376]はFloatを特別扱いしているのであまり好みませ
| 0145 [gotoken@ma h] 僕も floor や ceil はプロトコルとして定義してあった方が良い
| 0149 [matz@ne la .] Math関係ではみんな人頼み。
| 0154 [gotoken@ma h] ぱっと出て来ませんが、たとえば四則演算と比較はNumericの機能
| + 0159 [takashi@oi h] えっ、数値計算用のlinuxディストリビューションってあるんですか?
| | 0164 [hieida@ac y.] 通常計算させてるマシンにして、今この返事を書いてるマシンが、
| | + 0165 [takashi@oi h] そういうディストリビューションあるんだ。知らなかった。
| | + 0166 [shudoh@mu ao] うろ覚えですが、以前 web ページで読んだところによると
| + 0160 [matz@ne la .] DirectedとUndirectedですか。ゆうべScalarとそれ以外って分類が
| + 0163 [shudoh@mu ao] glibc 2.1.2 では、対象の型が違う floor のような関数がこれだけあります。
+ 0132 [masa@ko la a] Cの fmod と remainder とは違うんですね、しくしく。
  0133 [shigeo@ti yf] ええっ!!
  0134 [masa@ko la a] あ、舌足らずでごめんなさい。
  0136 [matz@ne la .] Cのremainderってなんですか?
  + 0137 [shigeo@ti yf] div,mod = a.divmod(b) として
  | 0138 [matz@ne la .] Floatに関してはね。divmodそのものをもうちょっとgenericな形に
  | + 0139 [shigeo@ti yf] ややゴミですが(というかゴミです)
  | + 0140 [gotoken@ma h] それはもっともな意見です。これらには正式な定義などないと思い
  |   + 0141 [gotoken@ma h] この定義ダメダメなので無視して下さい。
  |   + 0144 [gotoken@ma h] やっぱり、分かりにくいので、Pythonのに一票です。
  + 0142 [masa@ko la a] え、そうなんですか。SunOS 4.1.4 と Solaris 2.6 と
    0143 [shigeo@ti yf] 何かと評判の悪いVCには remainder() はありません。 (^^;;

coerce0
0127 [takashi@oi h] coerce について考えてみました。

libm
0156 [gotoken@ma h] ちゅーわけで、libm 関数を調べようと思うんですが、どうやると
0158 [takashi@oi h] るびきちです。

rubikitch@ruby-lang.org
0180 [takashi@oi h] るびきちです。
0194 [matz@ne la .] まずは www-admin@ruby-lang.org というメーリングリストに参加
0195 [takashi@oi h] さっそく参加してみます。
0196 [matz@ne la .] あ、www-adminは性質上自動登録ではありません。webmasterになり
0197 [takashi@oi h] さっそく送りました。

Polynomial of multi variable
0185 [kdm@ko e- os] ちょっと欲しくなって, この土日で
+ 0186 [takashi@oi h] Polynomial っていえば、僕もちょこっとしたものを作ってみたけど・・・
| 0187 [kdm@ko e- os] プログラミングして遊ぶのには適当な規模だから?
| 0190 [takashi@oi h] るびきちです。反応はやっ。
+ 0198 [sinara@bl de] すばらしい。先を越されてしまいました。
  0199 [kdm@ko e- os] 言い出してみると, 結構居るんですね.
  + 0200 [kdm@ko e- os] 訂正.
  + 0201 [takashi@oi h] るびきちです。
    0202 [kdm@ko e- os] ユ−クリッドの互除法アルゴリズムの多項式への拡張.
    + 0203 [takashi@oi h] るびきちです。
    | 0215 [kdm@ko e- os] まあそうですが,
    | + 0219 [rubikitch@ru] なるほど。
    | | + 0225 [kdm@ko e- os] いや元の式の rank が落ちている例だからでしょう.
    | | + 0228 [sinara@bl de] 同値変形で最小個数の関係式を見つけ出すわけです。今回の場合は係数行列の階
    | |   0229 [rubikitch@ru] なるほど。勉強になります。
    | + 0221 [sinara@bl de] 簡単にいうと「イデアルの基底の一種」ですね。
    |   + 0223 [rubikitch@ru] そうですね。
    |   + 0224 [kdm@ko e- os] 了解.
    |     0227 [sinara@bl de] ええ、PolynomialM("文字列") で十分なので String#to_poly を定義しないでお
    |     0232 [kdm@ko e- os] なるほど, ちょっと, 書き換えも検討しようかな.
    |     0233 [sinara@bl de] ふーむ。やっぱりプロ(?)は速度を気にするのですね。
    |     0234 [kdm@ko e- os] 児玉 です.  to_poly, to_polyM は廃止になりました.
    |     0235 [toyofuku@ju ] String の話ではありませんが以前お遊び的な方法を
    |     0237 [kdm@ko e- os] *** 内容1  _.x
    + 0212 [hieida@ac y.] あと、「数学のたのしみ」という「数学セミナー」と同じ出版社が出している、
      0213 [rubikitch@ru] 研究室に「数学のたのしみ」を見つけたが、
      0214 [dimageki@ma ] みなさん、こんにちは。
      + 0216 [kdm@ko e- os] 扱える係数とか, 項の順序とかにそれぞれ制限があるんですよね.
      + 0231 [gotoken@ma h] 有限体ってGF(n)のことですよね。四則演算だけならすぐですけど、
threads.html
top