38250-38546

38059-38391 subjects 38481-38826

容器説を考える(Re:  Re: String <<の動作につきまして)
38250 [sakoh@ba .s ] ということでやや旗色の悪い(?)、変数=容器説ですが、

かみ砕いた説明をすべき範囲
38256 [receiver@k- ] 一度赤っ恥掻いたので、開き直ってこのまま議論に参加したいところですが(笑)
+ 38257 [matz@ru y- a] 制御構造はオブジェクトじゃないんじゃないかなあ、Smalltalkじゃ
+ 38258 [nobu.nakada@] これはともかく、
| 38261 [ggb03124@ni ] [ruby-list:38258] Re: かみ砕いた説明をすべき範囲 にて
| 38262 [nobu.nakada@] いや、「オブジェクトの共有」とカギカッコ付きで書くほど単一の用
| 38264 [ggb03124@ni ] [ruby-list:38262] Re: かみ砕いた説明をすべき範囲 にて
| + 38265 [iwaoka@tu t.] 他人の意見に耳を貸さない態度というのは、端から見てて気持いいもので
| | 38267 [ggb03124@ni ] [ruby-list:38265] Re: かみ砕いた説明をすべき範囲 にて
| | 38273 [matz@ru y- a] 「この概念(箱モデル)」と「共有関係」という二つの概念を使って、
| + 38270 [shudo@co pu ] 共有ということは、
|   38284 [BXQ04723@ni ] コンテキストとか環境とか呼ばれてるモノ、かなあ。
+ 38259 [tietew-ml-ru] [[ruby-list:38256] かみ砕いた説明をすべき範囲]

「オブジェクトの共有」の定義
38266 [ggb03124@ni ] [ruby-list:38264] Re: かみ砕いた説明をすべき範囲 にて
+ 38268 [tietew-ml-ru] [[ruby-list:38266] 「オブジェクトの共有」の定義]
+ 38269 [ynagura@hi a] 私のように、アセンブラでプログラムを開発してきた人間にとっては、

パターンマッチの置換について
38274 [hogehoge@sw ] 今、パターンマッチの置換で、はまっています・・・。
38275 [rubikitch@ru] るびきちです。
38277 [hogehoge@sw ] るびきちさん、ご回答ありがとうございました。
38278 [shukaku@j- a] もしかして、エディタのフォント設定をプロポーショナルな字体にしてますか?
38280 [hogehoge@sw ] こんばんは。

re-builder
38276 [rubikitch@ru] るびきちです。

CRAM-MD5でエラー(Net::SMTP)(自己解決)
38279 [mt@iz .c .j ] こんばんは
38288 [aamine@lo er] その変更で問題ないと思います。
38289 [XLH03110@ni ] help
38296 [mt@iz .c .j ] ご確認、ありがとうございます。

-1 / 10 #=> -1
38282 [shiba@ma l2 ] Rubyを勉強中の者です (^^;
+ 38286 [matz@ru y- a] Pythonにならいました。C99までは負の整数の割り算はきちんと定
| 38287 [shiba@ma l2 ] その通りのようです。「Cでは-1/10==0」は、完全に僕の思い込みでした。
+ 38292 [vzw00011@ni ] こんにちは。

readline.so for irb/completion on win32
38291 [tsyk@yk ri .] ruby 1.8.0 (2003-08-04) [i386-mswin32] にて irb/completion を
38293 [usa@os .a t.] 好きなところに置いてください :)
38295 [tsyk@yk ri .] readline-4.3-1-mswin32.zip と pdcurses-2.60-1-mswin32.zip を展開し、

「型付きの箱」.vs.「なんでも入る箱」
38298 [ggb03124@ni ] [ruby-list:38273] Re: かみ砕いた説明をすべき範囲 にて
38304 [BXQ04723@ni ] 個人的目的(^^;からすれば余談ですが、ついでに。

現物操作モデルと遠隔操作モデル
38299 [ggb03124@ni ] [ruby-list:38273] Re: かみ砕いた説明をすべき範囲 にて
+ 38302 [matz@ru y- a] たけさんは「シュールな場面」を避けようと努力していらっしゃる
| 38303 [matz@ru y- a] いや、違うな。たけさんは箱モデルで「オブジェクトの共有」とい
| 38316 [ggb03124@ni ] [ruby-list:38303] Re: 現物操作モデルと遠隔操作モデル にて
| 38319 [matz@ru y- a] ううむ。なさったことは分かりました。
+ 38305 [BXQ04723@ni ] そういえば以前、「Object短冊」なるものを考えたことが有りました。

配列における「変数のモデル」
38300 [ggb03124@ni ]  配列は「オブジェクトを順番に並べたもの、であるかの如く振る舞うように設
38306 [muraken2@ni ] Ruby の変数が持っている値はオブジェクトのリファレンスなので,
38307 [ggb03124@ni ] [ruby-list:38306] Re: 配列における「変数のモデル」 にて
38308 [muraken2@ni ] これは,変数の値が変化してるわけではなく,オブジェクトの中身が
38309 [ggb03124@ni ] [ruby-list:38308] Re: 配列における「変数のモデル」 にて
38310 [muraken2@ni ] Ruby本が「値」といっているものは,オブジェクトそのものの事でしょ
38313 [BXQ04723@ni ] 世間的には、「同一性」と「同値性」という言葉を使うみたいですね。

「変数+オブジェクト」モデルと「変数+ID+オブジェクト」モデル
38301 [ggb03124@ni ] [ruby-list:38273] Re: かみ砕いた説明をすべき範囲 にて
+ 38321 [Itou-T15@ma ] これに、一票入れます。
+ 38323 [shugo@ru y- ] 本当に難しいんでしょうか?

箱モデルの有害性
38312 [ggb03124@ni ] [ruby-list:38273] Re: かみ砕いた説明をすべき範囲 にて
+ 38314 [BXQ04723@ni ] 一般論ですが、この手の有害ってのは、
+ 38315 [matz@ru y- a] 私は堀川さんではありませんが。
  38318 [cv8t-hdk@as ]  いまは変数とオブジェクトの関係の話しかでてきていないと
  38320 [matz@ru y- a] 名無しでいいんじゃないですかね。名前(変数名)はついてないんだ

irbsh を動かしたい
38322 [sinara@bl de] るびきちさんの「Ruby シェルプログラミング」を見ながら少し irbsh
38326 [rubikitch@ru] るびきちです。
38329 [sinara@bl de] ありがとうございました。おー!動く動く!!
+ 38331 [sinara@bl de] meadow で、
| 38363 [rubikitch@ru] るびきちです。遅くなりました。
| 38384 [sinara@bl de] いえいえよろしくお願いします。
| 38385 [rubikitch@ru] るびきちです。
+ 38359 [rubikitch@ru] るびきちです。

箱モデルの有用性?
38324 [shugo@ru y- ] C++などの他の言語のバックグラウンドがある人にとっては、箱モデルの
38325 [shugo@ru y- ] 告白すると、実は普段自分がRubyプログラミングしている時に頭の中に

箱モデルの有用性 (was Re:  箱モデルの有害性)
38327 [nakahiro@sa ] 実際にその著作が「良い」か否かは、このMLで判断しても

bug? ($. in Ruby 1.8.0)
38336 [horinout@ku ] 以下のように Ruby 1.8.0 で組み込み変数 $.(行番号)の挙動が不審な
38337 [nobu.nakada@] バグでしょう。
38338 [matz@ru y- a] 確かに。
38340 [nobu.nakada@] なるほど。しかし、next_argv()がtrueのときって必ずcurrent_fileは

the def name in current context
38339 [fit0298@fi e] Python で、以下のような記述がありました。
38349 [nakahiro@sa ] 簡単な方法はありません。

String#reverse!  のバグ?
38341 [kazuhiko@fd ] rbnamazu を ruby-1.8 で動かしていて気づいたのですが、ruby-1.8 で 1 バイ
38342 [matz@ru y- a] 1バイト文字列はリバースしても「変化がない」からじゃないです
+ 38343 [usa@os .a t.] Array#reverse!は特別扱いしてますね。
| + 38344 [matz@ru y- a] あ、思い出した。sortとreverseは変化が無かったかどうか安価に
| + 38345 [kazuhiko@fd ] Array の方は、String と逆に、ruby-1.6 だと nil になっていますね...
|   38346 [matz@ru y- a] どうしていつも逆になるんだか。
|   38347 [kkosako@so t] sort!は別として、reverse!については変化があったかどうかをチェックするのは
|   38348 [matz@ru y- a] ふむ。String#reverse!についてはその通りですね。
|   38350 [kkosako@so t] 破壊的メソッドは戻り値を参照することよりもオブジェクトの状態を変化させること
|   38352 [matz@ru y- a] ですよねえ。
+ 38353 [akr@m1 n. rg] この話はいろんな人が繰り返し驚いているように思うんですが、これが良い驚
  38354 [matz@ru y- a] * bangメソッドの戻り値は変化したかどうかを知るためにだけ使うべき
  38355 [akr@m1 n. rg] 本当に、変化したかどうかを知るために「だけ」使うべきという知見をユーザ
  + 38356 [eban@os ri .] 特殊な用途になりますが、
  | 38357 [kkosako@so t] 一般的には、自分が変化したことをObserverに通知するときに
  + 38358 [matz@ru y- a] これはそうかもしれません。

ruby-lang.orgのサービス停止について
38351 [shugo@ru y- ] ruby-lang.orgを運用しているマシンのメンテナンスのため、日本時間の
38390 [shugo@ru y- ] すみません、妻を病院に連れていかなければならなくなったため、9/12

rtagsでmodule/class methodの扱い
38364 [hage@po er e] rtagsについてです。module及びclass methodの定義で、表記によって挙動が変
38368 [keiju@is it ] えー.
38370 [hage@po er e] なるほど了解です。

[ANN]RDindex 1.2.0
38365 [rubikitch@ru] すごい久しぶりですが、RDindex 1.2.0をリリースしました。CVS版リファレン

[ANN] RHG読書会 2周目のお知らせ
38371 [maki@ru yc l] 以前こちらでアナウンスした通り、「RHG」こと『Rubyソースコード

正規表現オブジェクトについて
38373 [bunhamad@at ] Rubyを最近触り始めた若輩者です。
38374 [JCA02266@ni ] 第二引数が数値じゃなく偽(nil,false)でなければ /i の指定にな
38375 [bunhamad@at ] 新井様
38376 [JCA02266@ni ] 書いてないと思って追記してしまいました(^^;
+ 38377 [bunhamad@at ] 新井様
+ 38378 [nobu.nakada@] Fixnumかtrue/false(nilも?)以外だったら警告でも出したほうがいい
  + 38380 [JCA02266@ni ] その方が良いように思います。
  + 38381 [eban@os ri .] [ruby-list:26572] で提案して、[ruby-list:26578] であってもい

Ruby-GNOME2-0.7.0
38383 [mutoh@hi hw ] Ruby-GNOME2-0.7.0をリリースしました。
38394 [knu@iD em ns]  報告のみですが、
38401 [sakai@to .s ] create_makefileを置き換えているのが悪さをしていたようです。
38402 [nobu.nakada@] ラップするなら、*args, &blockで受けてそのまま渡すのが確実でしょ
38408 [sakai@to .s ] そうですね。
38415 [mutoh@hi hw ] いろいろご迷惑おかけしてすみませんです。

[ANN] rbbr-0.4.0
38386 [mutoh@hi hw ] rbbr-0.4.0をリリースしました。

[PATCH] Kakasi,Chasen
38387 [moonwolf@mo ] ...

[ANN] Rucheme / Scheme(subset) interpreter on Ruby 0.1.0
38388 [ko1@na ik la]  Ruby で動く Scheme インタプリタ Rucheme をバージョンアップしましたの

ruby-lang.orgサービス再開
38392 [shugo@ru y- ] 先程ruby-lang.orgのサービスを再開しました。

文字クラスと//i
38393 [rio-t@pr se ] 正規表現の文字クラス指定で、A-Zとその前後を含む範囲をまとめ
+ 38395 [kkosako@so t] これは何にマッチするべきなのでしょうか?
| + 38396 [rio-t@pr se ] 私の感覚ではそうなることを期待していました。
| | 38397 [taca@ba k- t] ほんとうのところはわかりませんが、
| + 38399 [JCA02266@ni ] そういえば、この話で思い出しましたが
|   38400 [kkosako@so t] 鬼車では意図的な仕様です。
|   38403 [JCA02266@ni ] 意図があって現状になっていればまあいいかなとは思います。私は
+ 38398 [matz@ru y- a] コンパイル時にtranslateしているせいでした。修正します。

rnoizanmdig lteter odrer(randomizing letter order)
38404 [hashi@ho ka ] spamみたいなsubjectですいません。
38405 [nobu.nakada@] 一度、一文字ずつ分けてから混ぜるのがいいんじゃないでしょうか。
38406 [hashi@ho ka ] 参考になります。
38407 [eban@os ri .] shuffleに関しては
38411 [hashi@ho ka ] 参考になりました。ruby-talkでおもいきり同じ話題が出ていたのですね。

バッククォート(`)で囲まれた文字列の扱いが分からない
38409 [IH000667@mb ] バッククォート(`)で囲まれた文字列の扱いで不明な点がありますので
38410 [tietew-ml-ru] [[ruby-list:38409] バッククォート(`)で囲まれた文字列の扱いが分からない]
38412 [matz@ru y- a] 中田さん、確認後、問題なければコミットしていただけませんか。
38413 [IH000667@mb ] Tietew さん 確認ありがとうございます。

Ruby Onsen Meeting  のお知らせ
38414 [maki@ru yc l] すみませんすみません、てっきり告知していたつもりになって

モジュール内で別のモジュールのオブジェクトを返すには?
38416 [emo@ni s. c.] 現在 C 言語でクラスを作成しています。
38417 [JCA02266@ni ] foo.c の get_Foo() を以下のようにすると直りませんか?
38418 [matz@ru y- a] リンクの実装を想像すると、独立にロードする.soファイルの関数
38419 [emo@ni s. c.] 今は rb_eval_string でオブジェクトを作るように

今年の Ruby Conference
38420 [hironobu@h2 ] 一瞬だけ、こっちのメーリングリストに出現します。
+ 38422 [maki@ru yc l] 去年のRubyConfではお世話になりました(_o_)
+ 38423 [matz@ru y- a] オーフス(デンマーク)から。

html-parser の出力
38421 [moecho21@ya ] お世話になります。

Aarhus, CAFE HACK
38424 [t-nissie@im ] なぜにオーフスにいらっしゃるのですか.

[ANN] 本を出しました
38425 [vzw00011@ni ] こんにちは。
38426 [matz@ru y- a] おめでとうございます。
+ 38427 [ma2@li em di] 差出人  :Yukihiro Matsumotoさん
+ 38430 [vzw00011@ni ] こんにちは。
  38433 [ma2@li em di] 差出人  :堀川 久さん
  38436 [vzw00011@ni ] こんにちは。
  38450 [ma2@li em di] 差出人  :堀川 久さん
  38457 [vzw00011@ni ] こんにちは。
  + 38458 [ rcn@go .c m] 山本(rcn)@ntt〜kddi です。こんにちは。
  | 38464 [vzw00011@ni ] こんにちは。
  + 38469 [ma2@li em di] 差出人  :堀川 久さん

whenの評価の順序
38428 [hage@po er e] caseに書いた式が複数のwhen節に該当するものがあったとき、最初に該当する節
+ 38429 [matz@ru y- a] されてます。引数やwhen式の評価の順序などは登場順になるべきで
+ 38431 [JCA02266@ni ] 書きましょう。ただ、
  38432 [matz@ru y- a] やっとフランスまでたどりつきました。ここは日本人が多い多い。
  38434 [akr@m1 n. rg] 一部の人には知られていますが、
  38435 [nobu.nakada@] *listも逆転します。
  38456 [nobu.nakada@] これもMATCH2と同じく、逆転ではなくて不定でした。
  38459 [matz@ru y- a] コミットしてください。ひとつ解決か。preview1は近い、か。

Ruby/DBI DBI_SPEC  日本語訳(Re: [ANN]本を出しました)
38437 [kubo@ji ba .] うっ。Ruby/DBI のメソッドの一覧( http://www.nslabs.jp/book2-dbi.rhtml )

Ruby1.8.0でのERBについて
38438 [sakaki@la es] Windows2000SP4+Cygwin1.3.22+Ruby1.8.0を利用しています。
38439 [eban@os ri .] 確かに入れてませんでした。すみません。追加しました。
38440 [sakaki@la es] Cygwin版Ruby-1.8.0-20030927で試した場合、

ftp.ruby-lang.org  の ruby 1.8 cygwin に格納しているファイルのバージョン
38441 [hironori@na ] に格納されているファイルのうち、いくつか(devel, drb, racc, rd)のライブ
38442 [eban@os ri .] どのようにインストールしたんでしょう?
38443 [hironori@na ] 私が間違ったアーカイブをダウンロードして、インストールしていました。全

[bug] soap4r/1.5.0 cgistub.rb
38444 [nakahiro@sa ] から。

関西オープンソース+フリーウェア2003自主企画応募
38445 [o-fukui@po i] 今年も関西オープンソース+フリーウェア2003が予定されています。
38446 [o-fukui@po i] 関西オープンソース+フリーウェア2003自主企画応募致しました。
38468 [o-fukui@po i] 関西オープンソース+フリーウェア2003自主企画の件です。
38546 [o-fukui@po i] 福井@Fsys です。連絡が遅くなってすいません。

複素数を考慮したVectorクラス
38447 [c30318@ma l.] 添付ライブラリのVectorクラスは、複素数に対してあまり考慮されていないよ
38448 [nobu.nakada@] Vectorを作った後でcomplex.rbがロードされることも考えられるので、
38449 [c30318@ma l.] 中田さん、お答えありがとうございます。
38451 [sinara@bl de] そういうことですね。ただしここの comp はローカル変数でいいで

if修飾子とローカル変数
38452 [c30318@ma l.] 原さん、お答えありがとうございます。
38453 [sinara@bl de] どうでしょうね。実験してみないとわからないなあ。たしかに気に
38454 [c30318@ma l.] 原さん、お答えありがとうございます。

soap4r -- CGI debug
38455 [nakahiro@sa ] より
38460 [nakahiro@sa ] ということで
38461 [nakahiro@sa ] なひです。お騒がせしてます。

http経由でのERb.runについて
38462 [sakaki@la es] 現在、Redhat9+Apache2.0.47+Ruby1.8.0+mod_ruby1.0.7

SUZAKU Version 1.01  リリース
38463 [t_hoshizawa@] Rubyで開発したフリーのサーチエンジン「SUZAKU(朱雀)」を

diff library
38465 [JCA02266@ni ] ...
38466 [akr@m1 n. rg] 便利かどうかは保証の限りではありませんが、diff は私も書きました。
+ 38467 [JCA02266@ni ] おーありがたい。そんなところに・・・うーむ、RAA から diff で
+ 38530 [JCA02266@ni ] バグ報告ですが。
  38533 [akr@m1 n. rg] 直しておきました。
  38537 [JCA02266@ni ] 素早い対応ありがとうございます。助かりました。

ruby-dev summary 21403-21530 (draft)
38470 [aamine@lo er] ruby-dev summary は何やってんのかよくわからん、という声がある
38475 [maili31s@cl ] すぎむし。
+ 38476 [ksaito@ur nu] いつもの調子の続きです。
+ 38480 [aamine@lo er] 必要そうなところだけリプライします。

SQLite - Ruby/DBI
38471 [k-machida@cr] 「基礎から学ぶWebデータベースプログラミング」のサンプルをSQLiteで試し
+ 38472 [ rcn@go .c m] 山本(rcn)@ntt〜kddi です。こんにちは。
| + 38478 [vzw00011@ni ] こんにちは。
| | 38479 [ rcn@go .c m] 山本(rcn)@ntt〜kddi です。こんにちは。
| + 38504 [vzw00011@ni ] こんにちは。
|   38506 [ rcn@go .c m] 山本(rcn)@ntt〜kddi です。こんにちは。
+ 38473 [vzw00011@ni ] こんにちは。
+ 38474 [vzw00011@ni ] こんにちは。
+ 38477 [vzw00011@ni ] こんにちは。
  38482 [k-machida@cr] ご回答ありがとうございます。
threads.html
top