3642-4024

3411-3669 subjects 3825-5202

[Req] destructive substitution, etc.
3642 [sinara@bl de] 新しいバージョンに向けて、リクエストは幾つかあったんですが、
3652 [matz@ne la .] これは….文字列だけですかね.それともオブジェクト一般ですか

(no subject)
3643 [mathjpn@ca .] ...

Re: [Req] destructive subst
3644 [VYV01212@ni ] これって C で書くと
+ 3645 [sinara@bl de] そうですね。
+ 3648 [shugo@po ai ] # メソッドで副作用を使いたいような場合...だったら配列を返して

[Q] How to use Synchronizer?
3649 [shugo@po ai ] Mutexを使うと
+ 3655 [keiju@bc mb ] ですね.
+ 3662 [shugo@po ai ] 安心しました。
  3668 [keiju@bc mb ] バグについては保証しませんが(^^;;;

None
3670 [sinara@ha pi] ...
3671 [matz@ne la .] これなんですけど,ruby-listで使っているfmlは同じドメイン(こ
3673 [sinara@ha pi] あ、流れてしまったんですか、すいません。

about ruby 1.1 alpha release
3672 [matz@ne la .] #リリースしたというわけではありません.^^;;;
3674 [watanabe@as ] なんか cmail の thread 表示が変だなーと思って調べたら,
3675 [matz@ne la .] そーみたいですね.まずいな.

MSVC compile error
3676 [toyofuku@ju ] Ruby Jed を Windows95 の MSVC でコンパイルして

MSVC compile error
3677 [toyofuku@ju ] Ruby Jed を Windows95 の MSVC でコンパイルして
+ 3678 [matz@ca lu .] MSVCを識別するためのマクロ名はVC32で良いですか?
| 3681 [matz@ne la .] win32/config.hが参考になるのではないかと思います.
| 3686 [toyofuku@ju ] わたなべさん
| 3688 [kkimura@pu e] [ruby-list:3686]
| 3710 [toyofuku@ju ] MSVC2.0 です。windef.h の先頭には
| 3713 [kkimura@pu e] from [ruby-list:3710]
+ 3679 [watanabe@as ] うーむ. あまり知られてないのかな?
  3680 [matz@ne la .] やっぱりこれでよかったんですか,今まで出ていなかった部分で引っ

keyword argments [Re: boolean values ]
3682 [keiju@bc mb ] という話しでしたが, rubyにはそういう機能に似たものがすでにあることを発
3683 [watanabe@as ] 'public' => FALSE 的な使いかたは結構してます.
3684 [keiju@bc mb ] おぉ!! このことは既成の事実だったんですね...
3685 [watanabe@as ] いちおう manual には(syntax.html)
3687 [keiju@bc mb ] それは知っていたんですけどね... そこから, 関数の引数の末尾に並べられる

[BUG] inspect
3689 [keiju@bc mb ] inspectのバグを発見しました.
3697 [matz@ne la .] バグレポートは ruby-dev にどうぞ.
3701 [keiju@bc mb ] そういうことになっているんでしたっけ? 難しいバグ(の話し)だけだと思って
3705 [matz@ne la .] いやあ,どっちが良いんでしょうね.
3708 [keiju@bc mb ] そうですねえ...

new sync.rb release
3690 [keiju@bc mb ] 新しい sync.rbをリリースします.
3692 [shugo@po ai ] # あ、1.1のalphaもう出てる。
3696 [keiju@bc mb ] 前田さんがいなくて淋しかったです(^^;;;
3709 [shugo@po ai ] どうもです:-)
3711 [keiju@bc mb ] 復活するなりすごいものを出してきましたねえ(@@;;;
+ 3719 [matz@ne la .] rubyとしてincludeフックを置かないのはまあそれなりに理由があ
| 3725 [keiju@bc mb ] あるクラスのincludeを再定義してもしょうがないんですよね...
| 3728 [matz@ne la .] そこまですることかしらん?
+ 3731 [shugo@po ai ] やっぱりそうですよね。

[BUG?] accessor +=
3691 [keiju@bc mb ] アクセサを定義し, それに対して +=などの演算を伴う代入の動作がおかしい
3699 [matz@ne la .] すみません.ぱっちです.
3703 [keiju@bc mb ] うーん. なるほど... あれからためしたのですが...

ftplib.rb revision 1.4
3693 [shugo@po ai ] ...
3695 [keiju@bc mb ] あ. そうそう. ruby-1.1a0のlib/mathn.rb が古いです. 新しいのと置き換え
3700 [matz@ne la .] いれましょう.
3704 [keiju@bc mb ] 最後に添付します.
3707 [matz@ne la .] 置き換えます.

[request] main thread
3694 [keiju@bc mb ] 現在, Tracerをもう少し改良しようと思っています. そこで, リクエストなの
3698 [matz@ne la .] 了解しました.
3702 [keiju@bc mb ] ありがとうございます. で, どうなります?
3706 [matz@ne la .] Thread.mainで参照できるようにします.1.1a1をお楽しみに.

Class#eval [Re: ftplib.rb revision 1.4]
3712 [keiju@bc mb ] Class#evalは 関数的evalとほとんど同じ動作なので, 名前を変えるのはちょっ
3720 [matz@ne la .] single_evalについてはまだ悩んでいるのですが,Classのコンテキ

ruby 1.0-970819 released
3714 [matz@ne la .] ええと,ruby 1.0-970819をリリースします.
3718 [kikutani@jd ] ここんとこ抜けてたのでわからないのですが、公式ftp場所は
+ 3721 [matz@ne la .] すみません.
+ 3727 [suke@to en c] に引っ越したみたいです。
  3730 [matz@ne la .] ruby-arvhiveのサービスは終了しました.すみません.

may i make a ruby.rpm?
3715 [ozawa@om ka ] ruby-1.0 も 970819版が出て、だいぶ固まって来たと
+ 3716 [watanabe@as ] なんか ruby-list, ruby-dev 共にトラブってたのかな?
| + 3722 [matz@ne la .] そうなんです.発見が遅れてすみません.
| + 3723 [matz@ne la .] ここだけを修正した970820を出します(あーあ).
| | 3732 [watanabe@as ] ruby-1.0-970819.tar.gz が今日修正されたけど,
| | 3733 [matz@ne la .] いいえ.まだputしていませんでした.
| + 3724 [ozawa@om ka ] あらら。eval のとこですね。もすこし待ちます。
+ 3717 [matz@ne la .] もちろん.ただしバージョンは明記して下さい.
  3726 [ozawa@om ka ] このバージョンと言うのは日付も入るのですよね?
  3729 [matz@ne la .] 日付をファイル名にいれて下さると助かります.というのも日付だ
  3734 [shugo@po ai ] 1.1で日付入のバージョンが採用されるかはまだ決ってないのですよね?
  3735 [matz@ne la .] 確かに1.1でどうするかはまだ決めていません.当分はa1,a2,...で
  3764 [keiju@bc mb ] 話しは関係ないというか関係あるのですが...
  3765 [matz@ne la .] ええ,VERSIONのフォーマットは先頭がバージョンを示す
  3766 [matz@ne la .] と思ったのですが,1.10とかでちゃうと1.2より辞書順で前になり

module for GNU Readline Library
3736 [shugo@po ai ] ...
+ 3737 [matz@ne la .] これはありがとうございます.
| 3751 [shugo@po ai ] うちではlibtermcap.aがないのでこれだとコンパイルしてくれない
| 3752 [matz@ne la .] そーゆーときにはhave_libraryの戻り値をチェックしなければ良い
| 3756 [shugo@po ai ] ...
| 3757 [matz@ne la .] contribにおきました.
+ 3746 [shugo@po ai ] 未入力時の補完があまりに遅いのでちょっと手を加えました。

[BUG] a[0] += 1 (ruby-1.0-970820)
3738 [watanabe@as ] a = []
3739 [matz@ne la .] すんません.970821も出します.
+ 3740 [kkimura@pu e] [ruby-list:3739]
| 3741 [matz@ne la .] それだけです.
| 3742 [kkimura@pu e] [ruby-list:3739]
+ 3743 [watanabe@as ] 1.1a1 も同じかな.
  3744 [matz@ne la .] そうです.同じ問題があります.しかし,1.1a1は不安定であるこ
  3745 [watanabe@as ] <sys/un.h> がないとコンパイルできないっす.
  3747 [matz@ne la .] そうか,そうか.ちゃんとパッチを読まないで思い込みで発言して

no continue in 1.1 (Re: module for GNU Readline Library)
3748 [matz@ne la .] このパッチを読んでて思い出したのですが,1.1では
3762 [keiju@bc mb ] 素朴な疑問ですが, 何故予約語になるんですか??
3763 [matz@ne la .] break/next/redo/retryの大部分をコンパイル時に展開する高速化
3767 [keiju@bc mb ] ああ. なるほど. 昔ボソッとメイルでかいてあったlongjump回りの高速かにか
3768 [matz@ne la .] そうですね.CPUにもよるんですが,setjmpによるコンテキストの

regex? (ruby-1.0-970820)
3749 [jkuro@dw .c ] ruby - version 1.0-970821 (i686-linux) で
3750 [matz@ne la .] まず最初の0は良いですね.0文字目(先頭)でマッチしているという
+ 3753 [jkuro@dw .c ] すみません、何が問題なのかをさっぱり書いてませんでした。
+ 3758 [ozawa@om ka ] このパッチがうまく当たりません。(;_;)
  3759 [matz@ne la .] よいと思いますし,こちらでは当たりました(1.1a1で作ったパッチ
  3760 [ozawa@om ka ] ごめんなさい。m(_ _)m わたしの単純なミスでした。
  3761 [matz@ne la .] そーゆー時には patch に -l オプションをつけると良いようです.

Bus Error (ruby-1.0-970820)
3754 [nnakamur@mx ] ruby-1.0-970820 を EWS4800 で make しましたが、
3755 [matz@ne la .] むむむ,典型的な『移植性の問題』の症状ですね.

link image for ruby
3769 [shugo@po ai ] ...
3770 [sinara@bl de] すばらしー。
3771 [matz@ne la .] 小さいから難しいかも知れませんね.自分で作れもしないくせに注
3772 [shugo@po ai ] ...
3774 [psi@fo tu e.] ...
+ 3777 [shugo@po ai ] おひさしぶりです。
| 3784 [psi@fo tu e.] 修吾/ maeda shugo) said...
+ 3797 [matz@ne la .] うーん,なんかうちでは見えません.展開できないみたい.どっか
  + 3799 [sinara@bl de] こっちでは mew から見えました。
  + 3802 [jkuro@dw .c ] <URL:http//www.dwe.co.jp/~jkuro/> に貼らせて頂いてます。
    3803 [matz@ne la .] 見えた,見えた.結構良いじゃないですか.

PostgreSQL module is released.
3773 [ematsu@pf .c] フリーの日本語ORDBMS PostgreSQL用拡張モジュールを作成しました。
3779 [shugo@po ai ] おつかれさまでした。
3780 [matz@ne la .] 今でもできると思うんですけど.できなければバグです.
3782 [shugo@po ai ] あ、括弧をわすれていました。

type in 1.1
3775 [sinara@bl de] ruby-1.1 はまだ動かしてないのですが、type はやっぱり
+ 3776 [matz@ne la .] 1.1ではクラスそのものを返すようになっています.
+ 3778 [shugo@po ai ] 1.1ではtypeはクラスを返すようになっています:-)
  3781 [sinara@bl de] そうでしたか。

ruby column on DDJ
3783 [jun-sk@ma ic] まつもとさんがお書きになったrubyの紹介記事が,私がDDJで

rbdj0821.zip, rbgw0821.zip
3785 [watanabe@as ] 遅くなりましたが, rbdj0821.zip, rbgw0821.zip を in.coming に
3788 [matz@ne la .] はい,ありがとうございます.これでDDJの付録CDに間に合いそう
3789 [watanabe@as ] うっ. だったら DLL 版を間に合わすんだった.
3795 [matz@ne la .] 火曜日の21時まではなんとかなるということでした.でも,体壊す
+ 3800 [matz@ne la .] んで,バイナリ出来ました,と連絡しようと思うんですが,必要な
| 3805 [watanabe@as ] そうです. rubysdk.zip は消しちゃってください.
| 3806 [matz@ne la .] 了解しました.
+ 3804 [watanabe@as ] ということは今日中と同じなので無理ですね.

[Q] How to open
3786 [sinara@bl de] ファイルのオープンの作法を教えてください。
+ 3787 [matz@ne la .] 私が良くやるのは
| 3794 [sinara@bl de] なるほど、これは A に注目してるわけですね。
+ 3790 [suke@to en c] ensure
  3796 [sinara@bl de] そうなんですよね。ensure の後に rescue するという構文
  3798 [matz@ne la .] これはそういうのが欲しいってことですか?
  3801 [sinara@bl de] そうです。この構文を実際何度か書いたもので、、、。
  3807 [keiju@bc mb ] begin
  3808 [sinara@bl de] そうなってしまいますね。
  3809 [matz@ne la .] rescueの並びをまとめて扱うというのは可能だと思います.
  3810 [keiju@bc mb ] 私も一瞬まとめることができるかなと思ったんだけど,
  3813 [matz@ne la .] そうですね.一晩考えたのですが,文法的な問題よりも概念として

ruby-mode auto-indent problem
3791 [ematsu@pf .c] 最近やっとrubyのプログラムを書き始めたんですが、ruby-modeを
3792 [matz@ne la .] 簡単に言うとruby-modeのバグです."の直前がバックスラッシュで
3793 [ematsu@pf .c] ありがとうございました。

RUBY on NeXT
3811 [psi@fo tu e.] NeXTSTEP3.3J for Motorolra 上で ruby-1.0-970819.tar.gz の
3814 [watanabe@as ] 3. pack.c のように全部
3815 [matz@ne la .] このように修正しました.970826を出す程ではないでしょうね.

SyslogSendmail class
3812 [takagi@ce te] 【皆で学ぼうシリーズ(1)】
3816 [matz@ne la .] そうですね.本当はこーゆーのが ruby-list の本来の形ですね.
3839 [takagi@ce te] でしょでしょ。皆さんももっと見せあっこしましょう。
3840 [matz@ne la .] Moduleのところに書いてあるんですねえ.こういうノウハウを記述
3852 [keiju@bc mb ] それに, オブジェクト指向言語のライブラリのマニュアルで問題なのはスーパー
+ 3854 [matz@ne la .] むむむ….それよりは
| 3858 [keiju@bc mb ] それは駄目じゃないですか?
+ 3856 [sinara@bl de] そうそうこれは初心者にとって大問題ですよ。
  3864 [keiju@bc mb ] そうですね...
  3869 [takagi@ce te] やっぱり仕様書とは別にチュートリアルが。…ってあるけれど、grep と
  3870 [matz@ne la .] いやあ,今後の課題ですね.いつか出るruby本はこの辺充実してい
  + 3872 [takagi@ce te] いっそ、write メソッドの定義は別にするとか。
  | 3970 [shugo@po ai ] CLOSからもらってきて、
  | 3973 [matz@ne la .] あっ,これ良いかも.他の名前ともぶつからないし.
  | 3979 [shugo@po ai ] そうですね、attr_reader, attr_writer, attr_accessorでよい
  | 3997 [matz@ne la .] そういう感じで考えてみましょう.
  | + 4000 [takagi@ce te] attr_*reader* という名前がちょっとひっかかるような…
  | | 4001 [matz@ne la .] 4000番おめでとうございます.ぱちぱち.
  | | 4009 [shugo@po ai ] 実際にやっているのはアクセスメソッドの定義なのでaccessor/readerで
  | + 4011 [shugo@po ai ] 多重継承できないし、メソッドの結合方式も指定できないし、
  |   4012 [matz@ne la .] いやあ,他には知らないんですけど,lispって柔軟かつ強力なんで
  |   4024 [shugo@po ai ] おお、期待しています。
  + 3874 [keiju@bc mb ] そうなって欲しいものですねえ...
  + 3876 [shugo@po ai ] そういえば、[ruby-list:3663]で
    3880 [matz@ne la .] ええ,できますでしょ?
    3888 [shugo@po ai ] あれ、parse errorになってしまうのですが。
    + 3889 [matz@ne la .] 最初の一行を空けて下さい.現時点での制限です.
    | 3891 [matz@ne la .] いやあ,最初の一行はきっと #! だからいいかな,と思っていたの
    | 3910 [shugo@po ai ] なるほど、そういうことでしたか。
    | + 3915 [watanabe@as ] =begin, =end は行頭からじゃないと駄目です.
    | | 3971 [shugo@po ai ] なるほど。
    | | 3976 [matz@ne la .] ないです.=begin/=endはperlと同様にファイルに対するドキュメ
    | | 3980 [shugo@po ai ] 了解しました。
    | | 3983 [takagi@ce te] うむむ、write だけするということがあるのだろうか…。
    | | 3984 [shugo@po ai ] CLOSにも:writerがあるのですが、:readerとの対称性のため
    | + 3920 [matz@ne la .] すでにわたなべさんから指摘がありましたが,=begin/=endは行頭
    + 3890 [watanabe@as ] /* skip embedded rd document */

require exit[Re: SyslogSendmail class]
3817 [keiju@bc mb ] ということなので, 質問を,
3818 [matz@ne la .] ありません.GlobalExitのポイントはそんなに用意していないんで

multi-dimensional array
3819 [aito@ei su .] ruby の拡張モジュールの練習ということで,多次元配列のクラスを
+ 3820 [ematsu@pf .c] なんか面白そう。RDBの拡張モジュールなんか作るより、よっぽど楽し
| 3822 [aito@ei su .] 大変申しわけないのですが,さっきの mdarray1.0.tar.gz に
| 3823 [matz@ne la .] mdarray0.1じゃないっすか? 置き直しましたけど.
| 3824 [aito@ei su .] その通りです (^^; 1.0 を越えるプロダクトはめったに書いたことが...
| 3827 [matz@ne la .] どうもありがとうございます.
+ 3821 [matz@ne la .] contribに移動しました.
threads.html
top