13337-14049

13246-14028 subjects 13545-23715

[PATCH] re.c(ruby-1.2.3) Re: if 条件での範囲指定
13337 [watanabe@as ] 1.1c7 から 1.2.3 のバグですね.
13338 [matz@ne la .] そのようですね.すみません.

Re: [PATCH] re.c(ruby-1.2.3) Re: if 条件
13347 [GHA03025@ni ] これは、1.2.3にそのまま当てればよいんですよね。
13350 [inaba@sd .t ] あのパッチはわたなべさんの勘違いだと思います.
+ 13354 [GHA03025@ni ] あのパッチはわたなべさんの勘違いだと思います.
| 13356 [matz@ne la .] それはまずいですね(多分).もうちょっと詳しい状況をお聞かせ頂
+ 13355 [matz@ne la .] まあ,Regexp#=~ がfalseを返す必要があるのは間違いではないの

mod_ruby 0.0.9
13359 [shugo@ne la ] mod_ruby-0.0.9.tar.gzをin.comingにputしましたのでよろしくお願いします。
13452 [matz@ne la .] contribに移動します.というか,前田さんは直接putできるように

Re: make install
13360 [GHA03025@ni ] されるのに、
13368 [eban@os ri .] cmp ruby /usr/local/bin/ruby 相当のことをして全く同じだった

mailread.rb
13362 [kjana@os xa ] mailread.rb では
13373 [matz@ne la .] そうですねえ.


13383 [inaba@sd .t ] なひさんの「気持」はわかるつもりなのですが, 術語の使い方が正確じゃない
13422 [kjana@os xa ] うーむ,良くわからない.Lisp や ruby や Smalltalk で「代入」に見える物
13437 [inaba@st ri ] これはもう、「束縛」というtermがどのように使われてきたか、という

constant/immutable(Re: Ruby and LISP)
13399 [shugo@ne la ] たいていのオブジェクト指向言語では変数/定数とオブジェクトが
+ 13400 [anakamur@ex ] ->たいていのオブジェクト指向言語では変数/定数とオブジェクトが
| 13404 [shugo@ne la ] immutableを「不変」としているのを見たことがあるので「可変」くらい
| + 13408 [anakamur@ex ] ->immutableを「不変」としているのを見たことがあるので「可変」くらい
| | 13410 [shugo@ne la ] # 「*代*入」は「代わる」かも:-)
| | 13414 [anakamur@ex ] -># 「*代*入」は「代わる」かも:-)
| + 13429 [matz@ne la .] 彼に正確な知識を期待するほうが間違いでしょう.
|   13443 [shugo@ne la ] ひどい(^_^;
|   + 13445 [masaki.suket] 助田です.全然 Ruby と関係ないですが.
|   | + 13449 [matz@ne la .] 両方とも独立に真実です.少なくとも私にとっては.
|   | | 13485 [anakamur@ex ] ->が,ここでこれ以上個人攻撃を行うことは根拠があろうとなかろう
|   | + 13459 [anakamur@ex ] ->助田です.全然 Ruby と関係ないですが.
|   | | 13464 [fit0298@fi e] もちろん冗談でしょうが、訳注を書きたいがために翻訳しているという噂を
|   | | 13491 [anakamur@ex ] ->もちろん冗談でしょうが、訳注を書きたいがために翻訳しているという噂を
|   | + 13462 [anakata@ve t] 私の所もそうですね。13429に至っては三通来ました。
|   |   + 13465 [watanabe@as ] なんかついでに sendmail もバージョンアップされてるみたいだけど,
|   |   | 13473 [matz@ne la .] 多分ディスクが一部いかれたのが原因だと思います.かなり頻繁に
|   |   + 13476 [anakamur@ex ] ->中田%個人的には岩谷宏・吉田弘一郎両名はもう引退して欲しいと思ってる‥‥、
|   + 13467 [anakamur@ex ] -># 少なくとも、もっとコンピュータを普通の人でも使いやすいものに、
|   + 13498 [tadf@kt ri .] 僕はあまり読んでいないのだけど、彼がそれを重視しているのだとすれば、広
|     13503 [anakamur@ex ] ->ができるようになれば、人々が目覚めて世界が一変するとでも思っているから
+ 13401 [sinara@bl de] その記事は今手元にないのですが、岩谷氏は += を破壊的なメ
| 13402 [shugo@ne la ] 記事を要約すると、Stringはimmutableなのに上記のようなことが可能な
| + 13406 [sinara@bl de] あ、String は immutable でしたね。忘れてかけていた。
| + 13466 [sinara@bl de] 読んでみました。確かに混同しているみたいですね。
|   13468 [shugo@ne la ] そうです。
|   + 13469 [masaki.suket] 助田です.2回エラーで返ってきたのでもう一度出し直します
|   | 13493 [anakamur@ex ] ->私は,曲解し過ぎかもしれませんが「存在そのものすべてを否定する」
|   + 13480 [takagi@et .g] うー、探して読んでしまった。
|     + 13483 [shugo@ne la ] これも事実ではなかったのですね。
|     | 13514 [takagi@et .g] Java Reportの元記事のタイトルが「Effective Java」であるあたりからして、
|     | 13538 [anakamur@ex ] ->    StringBuffer sb = new StringBuffer();
|     + 13484 [anakamur@ex ] ->引用すると、
|       + 13487 [shugo@ne la ] 好意的に解釈すれば、*文字列リテラルの*"+"演算子を使った連結などは...
|       | 13492 [anakamur@ex ] ->> そんなの不可能だ!と咄嗟に思った俺の直感は
|       + 13515 [takagi@et .g] ノー。
|         13537 [anakamur@ex ] ->Java             Ruby
+ 13412 [nakahiro@sa ] 横からなひです.^^;
  13417 [shugo@ne la ] 間違ってないと思います:)
  13419 [nakahiro@sa ] よかった.^^

Re: Ruby and Lisp
13426 [kjana@os xa ] うむ,なぜか Subject が消えてしまったぞ (^^;

inline callback
13427 [m_seki@mv .b] ruby 1.2.3(99/02/16) [i586-linux] を使ってます。
+ 13434 [dezawa@mi a.] あ、、
| 13500 [dezawa@mi a.] 咳さんの修正を反映した smtp_send.rb を in.comming に置きました。
+ 13438 [inaba@st ri ] この話題を見るのは3度めです。
+ 13439 [inaba@sd .t ] 稲葉です。rim.or.jpから送ったんですが, 届かなかったようなので出しなお
+ 13547 [matz@ne la .] これは仕様です.Rubyの変数はネストしないんです.

Ruby as first language (Re:  Re: Ruby and LISP)
13428 [matz@ne la .] ごとけんさんがバイト先の学生に教えたのが実績ですね.どうだっ
13453 [gotoken@ma h] やっぱり興味を持ってない人に教えるのは難しいと実感しました :-(
13527 [gotoken@ma h] あまりにアレなので自己フォロウします。
13528 [masaki.suket] 私はひっかけなのか,typo なのか一瞬悩み,結局結論を

mail class
13433 [aamine@dp u-] 高機能メールクラス tmail の version 0.4.0を公開します。
13444 [wakou@fs ne ] あ、同じく。というか、アップが始まってからあまりにも時間がかかるようだっ
13450 [matz@ne la .] ゆうべ,サーバが落ちちゃったようです.
13522 [wakou@fs ne ] ああ、昨夜は静かだったと思ったら、そうだったんですか。
13533 [matz@ne la .] contribにいれておきました.

What is `binding' (was Re: Ruby and LISP)
13435 [inaba@sd .t ] # Subjectが消えたのは[ruby-list:13383]の自分のミスです. すみません.
13510 [kjana@os xa ] 「『束縛(value binding)』を加える事を束縛といいます」といいたいので
13577 [inaba@st ri ] rubyには「binding」という関数があるのですね。忘れていました。
+ 13578 [wakou@fs ne ] このスレッドも流れを良く読んでいないので、勘違いがあるかもしれませんが。
| + 13581 [kjana@os xa ] 別のメールで書いた「計算環境と広義の束縛」のモデルで考えると単に「オブ
| | + 13583 [wakou@fs ne ] あ、それで
| | + 13625 [anakamur@ex ] -># ちょっと表記は不正確/適当.Hash 何かだったらとりあえず「環境」のキー
| + 13585 [inaba@st ri ] オブジェクトの保持する値については考えていませんでした。
|   + 13590 [wakou@fs ne ] ええ、代入 == 束縛という記述を見て勘違いしていました。代入と束縛が同義
|   + 13626 [anakamur@ex ] ->ちょっと「紐モデル」を自分なりに書いてみます。(これまでの考え方と
+ 13580 [kjana@os xa ] はい.....っていうか,「ruby では『代入』は存在しない.全て(広義の/日
  13587 [inaba@st ri ] 自分のいいたいことはくみ取っていただけたようで、それほどいうこ
  13601 [kjana@os xa ] 前の説明が省略しすぎでした.あれだと dynamic binding しか説明できない

pop3 via firewall
13448 [kikutani@sp ] 会社のLinux箱からプロバイダのメールを読むとき、
13517 [wakou@fs ne ] ちょうど似たような話がわりと最近 [ruby-list:12940] で出ました。
13529 [kikutani@sp ] あれ、ruby-listはずっと読んでいるはずだけど、心の目が閉じておったわ。
13534 [matz@ne la .] 1.3.2には入ってます.

Mr. Iwatani
13457 [kimura@sq .c] それで ruby-con 0.3のときに「アンチパターン」本に関しての話がで
13458 [matz@ne la .] そうです.彼に決まったと聞いてがっくりしてました.
+ 13472 [anakamur@ex ] ->そーなんですよお.「嫌い」なのは主にそっちが理由です.「問題
| 13477 [matz@ne la .] いや,ダメじゃないです.嫌いなだけで.
+ 13481 [daxanya@rr i] 和訳のアンチパターン本は読みました。訳注はありましたけど、特に
  13489 [kimura@sq .c] 実は原書ではハードカバーなんですよね。だからあの値段で邦訳が出た

What is Object in Ruby? (Re: Ruby and LISP)
13496 [sinara@bl de] ちょっと大胆な Subject にしてしまいました。
+ 13499 [anakamur@ex ] ->ちょっと大胆な Subject にしてしまいました。
+ 13543 [gotoken@ma h] What is Object in Ruby? (Re: Ruby and LISP)
| 13556 [sinara@bl de] 確かに。私の提案はちょっと deep で静的で重過ぎるような気が
+ 13800 [sinara@bl de] どうも分かりません。
  + 13804 [anakamur@ex ] ->このときオブジェクト foo は "obj1", "obj2" を参照していると
  | 13806 [sinara@bl de] 紐モデルは変数->オブジェクトの関係で、オブジェクト->オブジェク
  | 13807 [anakamur@ex ] ->|やっぱり「紐の反対端」を多態せんとアカンような気が>紐er諸兄
  | 13809 [sinara@bl de] うーむ。参照関係に対しては紐モデル自体を捨てざるを得ない
  | 13863 [anakamur@ex ] ->|なので、フックの反対側を多態(みたいな)するといいかなと思ったのでふ。
  + 13805 [gotoken@ma h] 「参照している」というのは微妙ですね。参照とは何かという
  | 13808 [sinara@bl de] その様にはっきり言ってもらってすっきりするところがあります。
  | 13816 [wakou@fs ne ] オブジェクトの比較の場合は id が必要ですね。
  | + 13822 [toyofuku@ju ] 参照とは何かに答えられないですが、現実の GC の実装の
  | | + 13829 [sinara@bl de] 何となく分かったような気もします。
  | | + 13831 [wakou@fs ne ] おそらく B は参照していないと思います。
  | |   13833 [toyofuku@ju ] これまずいような気が。そんなこといったらすべてのオブ
  | |   13836 [gotoken@ma h] # [ruby-list:13808] に返事する時間が今ないのでちょっとだけ。
  | |   13838 [wakou@fs ne ] これがひっかかっている、または、混ざってしまっているような感じですよね。
  | + 13824 [sinara@bl de] その件は理解しています。ここでは a と b が同じオブジェクトを参照
  |   + 13830 [wakou@fs ne ] だめでしょう。
  |   | 13839 [wakou@fs ne ] 補足。
  |   | + 13840 [anakamur@ex ] ->つまり、c はすべてのオブジェクトを参照しているのではなく、参照できると
  |   | + 13842 [sinara@bl de] この内容については、ひとまずおいておいて、ここでの「c が束
  |   |   + 13844 [nakahiro@sa ] 不勉強でしばらく参加できませんでした.^^;
  |   |   | 13850 [sinara@bl de] あ、そうですね。関数定義の所に出てくるんですね。
  |   |   + 13845 [anakamur@ex ] お世話になっております。 A.中村です。今日もシゴト(T_T)
  |   |   | 13849 [sinara@bl de] A.中村さんが暇になったら、、、怖いですね。:-)
  |   |   + 13856 [gotoken@ma h] # 僕は「破壊的」という言葉が定義できるかという点に興味を
  |   |   | 13872 [sinara@bl de] 話があっちこっち飛んでますが、一応 goto でなく callcc している
  |   |   | 13880 [gotoken@ma h] よかった :-)
  |   |   | 13884 [anakamur@ex ] ->のあいだでだいぶ違うような気がしました。僕のオブジェクト
  |   |   | 13886 [gotoken@ma h] ん?? もうすこし問題ぷりーず
  |   |   | 13980 [anakamur@ex ] 一日所用で休んだらもうついていくのが困難(もとよりヘボだってのはさておき(笑))
  |   |   | 13992 [gotoken@ma h] どうかなぁ。多分「振る舞い」の定義は「オブジェクト」の定
  |   |   | 14019 [anakamur@ex ] お世話になっております。 A.中村です。ごみ。
  |   |   | 14025 [gotoken@ma h] そうだと思います。僕が最初に副作用という言葉をみたのは
  |   |   | 14034 [kjana@os xa ] 全ての関数の引数に「現在のシステム状態」というのを加え,返り値にも加え
  |   |   | + 14039 [gotoken@ma h] あ、ここでは副作用と言う言葉をオブジェクトの状態の変化以
  |   |   | + 14049 [anakamur@ex ] いやです(笑)
  |   |   + 13859 [gotoken@ma h] ひとつ聞き忘れ。初期化されてないインスタンス変数やグロー
  |   |   | 13873 [sinara@bl de] どうなんでしょう?何か例の Hash の初期値問題にひきずりこまれ
  |   |   + 13861 [sinara@bl de] 後者のオブジェクトを主語にする言い方はあまり使わないかな。
  |   |   | 13862 [gotoken@ma h] うーん、そういえば、この場合の "obj" は目的語ですね。主
  |   |   | 13864 [sinara@bl de] 少しずつ行きます。Lisp における束縛の件ですが、
  |   |   | + 13867 [toyofuku@ju ] 私は「オブジェクトx がオブジェクトy を参照している」とは
  |   |   | | + 13869 [gotoken@ma h] GC という言語レベルにはない概念を使わないといけない点に
  |   |   | | + 13876 [wakou@fs ne ] あの例の場合、GC されないのは単に B = [] による束縛があるからです。
  |   |   | |   13878 [matz@ne la .] ま,そうですね.が,
  |   |   | |   13891 [wakou@fs ne ] え、そうなんですか。もともと正規表現オブジェクトが生成されないから、
  |   |   | |   + 13893 [sinara@bl de] いや、これは単に i*i >= 0 が false になるようなクラス
  |   |   | |   | 13919 [wakou@fs ne ] え、いえ、false になったとしても、先の B の場合であれば B が未定義とい
  |   |   | |   | 13922 [sinara@bl de] うーん、なるほど。
  |   |   | |   + 13900 [matz@ne la .] 非常に実装よりの話ですが,リテラルに対応するオブジェクトは構
  |   |   | |     + 13918 [wakou@fs ne ] ああ、なるほど。
  |   |   | |     | 13921 [matz@ne la .] これらはリテラルではなく,オブジェクトは評価時に生成されます.
  |   |   | |     | 13938 [wakou@fs ne ] という事は、これらは Array.new, Hash.new 等と同じなんですね。
  |   |   | |     | 13939 [matz@ne la .] そうですね.違いはメソッドを経由するかどうかでしょうか.
  |   |   | |     | 13948 [toyofuku@ju ] やっと間違いに気がつきました。本当は C言語でいうと
  |   |   | |     | 13957 [wakou@fs ne ] この場合 GC の対象以前に [4,5,6] というオブジェクトが生成されません。
  |   |   | |     | 13961 [sinara@bl de] いや、しつこいですが、i*i >= 0 は false になることもあるので、、
  |   |   | |     | 13962 [wakou@fs ne ] false になった場合も [4,5,6] は生成されるものの、すぐにどこからも長く
  |   |   | |     | 14001 [sinara@bl de] いえいえ。この件に関して青山さんが良く理解していることも、ちょっと私
  |   |   | |     | 14003 [wakou@fs ne ] なかなか微妙な話が多数でていますね。「破壊的」の方はまつもとさんの「よ
  |   |   | |     + 13981 [wakou@fs ne ] この場合のリテラルに行指向文字列リテラルは含まれるでしょうか?
  |   |   | |       13984 [matz@ne la .] 含まれます.一方,コマンド入力 `` は含まれません.
  |   |   | + 13868 [gotoken@ma h] 御意。
  |   |   + 13875 [wakou@fs ne ] これらは了解です。
  |   |     13877 [wakou@fs ne ] 「一般に自由だったり束縛されたりするのは変数であるからです。」
  |   + 13852 [matz@ne la .] だめでしょう.で,なぜだめだと思うかと言うと,「オブジェクト
  + 13815 [wakou@fs ne ] 参照していると言えると思います。
    13823 [sinara@bl de] おっしゃりたいことは分かります。しかしこれは
    13828 [wakou@fs ne ] あ、いえ、これは回数ではなく、先の
    13841 [wakou@fs ne ] こちらも追加。a = []; b = a とした時、b は a を参照しているのではなく
    13843 [sinara@bl de] この例では [] に @BaArray が束縛された時点でオブジェクト foo
    13874 [wakou@fs ne ] ええ、これはちょっと例が悪かったです。本当は、foo.e() の実行中に

telnet.rb STDOUT
13506 [kikutani@sp ] 昨日書いた、proxy経由でpopするやつですが、
13518 [wakou@fs ne ] 2> /dev/null ではどうでしょう。と思いましたが、Perl の Net::Telnet で
13562 [wakou@fs ne ] あ、思いっきり勘違い。STDOUT に出ていたんですね。
13569 [kikutani@sp ] うむー、defaultでその動作はけっこうなんですが、止める仕組が
13572 [wakou@fs ne ] あ、その程度でいいなら現在も可能です。
+ 13574 [wakou@fs ne ] rb_define_hooked_variable() で $stdout が定義されているからなんでしょ
| 13595 [eban@os ri .] それよりも reopen しなきゃいけないというのが hook の主目的です.
| 13597 [wakou@fs ne ] $ ruby -e '
| 13603 [eban@os ri .] なぜ「dup は反則?」
| + 13605 [wakou@fs ne ] この記述から $stdout = STDOUT を期待しているとしたら dup は反則かなと
| + 13648 [matz@ne la .] えーと,これはナンか変な気がします.
+ 13575 [kikutani@sp ] こっちはおまかせするとして(^^)、
  13576 [wakou@fs ne ] あ、失礼しました。勘違いです。IO.html の printf(format, arg...) を見て

Ruby 1.2.4 FreeBSD port kit
13524 [yasuf@bi .o ] FreeBSD用のport kitを更新しました。

iterator <-> cursor (Re: iterator for Dummies)
13530 [shugo@ne la ] # 以下、内部イテレータをイテレータ、外部イテレータをカーソルと呼
13535 [matz@ne la .] 私が考えてたのはまさにそれです.
13536 [masaki.suket] はい.こっちはすぐに思いつきます.

smtp_send.rb (Re:  Re: inline callback)
13532 [matz@ne la .] contribに移動しました.

iterator <-> cursor (Re: iterator for Dummies)
13541 [inaba@sd .t ] 1.3系なら, スレッドより遅いですけどcallccでもできるみたいです.
13542 [matz@ne la .] おおっ,気が付かなかった.でも,eachが末端でnilを返すことを
+ 13564 [inaba@st ri ] Dummies)
| 13565 [inaba@st ri ] +     nil
| 13638 [sinara@bl de] 重箱のすみですが、最後に nil を返してくれるってことは、
| 13641 [inaba@st ri ] なるほど。
| + 13692 [toyofuku@ju ] まつもとさん
| + 13696 [inaba@st ri ] えっと、callccの仕様の修正をお願いしようと思っていたのでruby-devに出す
|   13703 [sinara@bl de] ふーむ、なるほどそうかあ。
+ 13695 [sinara@bl de] ここの first っていうのは(後ろにもあるけど)、必要なのかなあ。
  + 13698 [inaba@st ri ] ああ、先を超されてしまった。
  + 13827 [m_seki@mv .b] いまさら Thread 版を作ってみました。
threads.html
top