12574-12959

12311-13297 subjects 12838-16755

Ruby in a NUTSHELL
12574 [kbk@kt ri .o] 発売してすぐに注文出していた CJKV Information Processingがようや
12583 [matz@ne la .] しまった.今日,書泉ブックタワーで「あ,出てるな」って思った


12585 [tsone@cc ri ] get 12580

kconv SJIS
12590 [kikutani@sp ] =?ISO-2022-JP?B? ではじまるBエンコードされたサブジェクトは
+ 12591 [fit0298@fi e] 有馬@FITECです。
| 12604 [kikutani@sp ] うむ、実は「正しくない」と言ってほしかったのです。
| 12621 [dezawa@mi a.] はずかしながら途中です。
| + 12636 [kikutani@sp ] お願いします。とにかく動いているのが欲しい。
| | 12637 [akira@ar ka ] 1.3 系でははいってますね.
| + 12826 [dezawa@mi a.] 風邪が収まって来たから、ちゃちゃ、っとかたづけて、JFのほうのチェックの
|   12840 [dezawa@mi a.] 一応出来たので、in.coming/mime.rb に置きました。
|   12841 [dezawa@mi a.] 不正確だ。
|   12844 [dezawa@mi a.] くそ。
+ 12603 [tommy@va le ] 正しいと思います。RFC 2047 には次のように書いてあり、
| + 12605 [kikutani@sp ] そうですか... ううっやだなあ。
| | 12606 [akira@ar ka ] kconv.c よりは nkf module のがうれしいと思うです.
| | 12616 [kikutani@sp ] 最近教えられたmuttの複数メッセージ同時リプライ機能は便利だな。
| | 12619 [eban@os ri .] いまのところ kconv は -mX 固定なので抑制できません.
| + 12627 [fit0298@fi e] 有馬@FITECです。
+ 12613 [jkuro@dw .c ] kconv ではないんですが、とりあえずは lib/base64.rb でデコードできます。
+ 12614 [jkuro@dw .c ] すみません、下をkconv にかけて送信してしまいました。
+ 12615 [jkuro@dw .c ] あーもう、EUCで出してしまいました。すみません。

Pattern matching
12612 [m_seki@mv .b] 最近「ソフトウェア作法」を読んでプログラミングの勉強をしています。

my ruby page
12618 [kikutani@sp ] 久々にリンク集を見たらruby-talkで世界進出のせいかやけに増えている...

mod_ruby-0.0.8
12622 [shugo@ne la ] in.comingに、
+ 12624 [wakou@fs ne ] おお、Debian のパッケージも出来ましたか。いいですね。
+ 12628 [matz@ne la .] contribに移動しました.

Ruby 1.2.3 FreeBSD port
12623 [yasuf@bi .o ] 遅くなりましたが、FreeBSD用の port kitを1.2.3に対応させました。

nif.rb(ver0.41)
12625 [wakou@fs ne ] nif.rb(ver0.41) を in.coming に入れて置きました。よろしくお願い致します。
+ 12638 [watanabe@as ] 実はこの表示を止めたくて def print(*s) end なんてことをやっ
| 12651 [wakou@fs ne ] あ、そうでしたか。私は出力がないとなんとなく不安だったので > /dev/null
+ 12639 [matz@ne la .] contribに移動しました.

Fw: Re:  ruby-perllib-19990305
12626 [ymaekawa@tr ] ...

trouble on ruby-perllib 
12629 [ymaekawa@tr ] ruby-perllib-19990225(パッチ版)を使っています。
+ 12630 [ymaekawa@tr ] すいません、肝心な情報が欠落していました。
+ 12646 [toki@fr ed m] WIN32 だとまつもとさんのパッチだけではちょっとつらそうなんで、対処療法
  12649 [ymaekawa@tr ] 【題 名】:[ruby-list:12646] Re: trouble on ruby-perllib

[PATCH] Re:  trouble on ruby-perllib
12631 [matz@ne la .] バグです.1.3系では直してたんですけど1.2系に反映するのを忘れ

UNIX USER 4/1999
12634 [tetsu@jp .h ] まつもとさんが、UNIX USER の「ルート訪問記」でインタビュー
+ 12635 [kozuka@tc -i] あ、もう出てたんですか。
| 12653 [kimura@sq .c] 読ませていただきました(普段UNIX USERは買っていないのですが買って
| 12657 [tetsu@jp .h ] 私は Linux があるし、いい時代だなぁと思ったりします。
| + 12658 [anakamur@ex ] ->私は若い頃に、UNIX のソース(カーネルよりコマンド関係)が読
| + 12690 [kjana@os xa ] そとでアセンブラのプログラムを組んでる途中でこういうのを読むと「いい
+ 12831 [nnakamur@mx ] # 最近は雑誌も適当にしか眺められないのですが、

[CFP:] UML'99 (2nd Call For Paper)
12648 [Jean-Michel.] [apologies if you receive multiple copies of this announcement]

nif.rb(ver0.42)
12652 [wakou@fs ne ] せっかく分割ログが取れるようになったので、もう少し実用的に変更しました。
12654 [matz@ne la .] contribに移動しました.

Ruby Conference 0.3
12656 [matz@ne la .] すでに参加表明している人には木村さんからメールが来てますが,
12665 [nakahiro@sa ] なひです.ここ数日Ruby書いてません.禁断症状が...
12688 [hisanori@si ] 僕は昨日久しぶりに書いて、すっとしました。                     嘘

LGPL
12659 [kimura@sq .c] unofficialだから…てのは?
12660 [anakamur@ex ] ->http://www.vector.co.jp/soft/data/prog/se086178.html通り、
12663 [matz@ne la .] Rubyも1.3.2辺りでGPLから解放される予定です.


12692 [ikarashi@it ] String#unpack を初めて使ってみたのですが、動作がよくわかりません。
12706 [matz@ne la .] unpack元の文字列の方が短ければ配列にはなにも追加されないと言

Self Intorduction
12693 [matswra@jc .] はじめまして、ruby ML に参加します。

operater bind order ?
12694 [kikutani@sp ] a = nil
+ 12697 [akendo@t3 ri] ruby 初心者の遠藤といいます。このたぐいのパズルものが好きな
+ 12698 [watanabe@as ] true || false && false が true
  12705 [matz@ne la .] まずいかなあ.「英語のandやorには優先順位はあるまい」という
  12707 [inaba@sd .t ] うーん, わざとそうしたのでしたか.
  12709 [kimura@sq .c] Pascalにも and, or がありましたが、これはどうでしたっけ? andの優
  + 12711 [matz@ne la .] むう,コンピュータ言語の常識は自然言語を汚染してますね.^^;;;
  | + 12712 [matz@ne la .] あ,そうそう.変えるのは1.3系のみです.マニュアルにも優先順
  | | 12713 [kikutani@sp ] operatorだったか...
  | + 12716 [sinara@bl de] えー、変えちゃうんですかあ?この and と or の仕様は、ruby の
  |   12718 [matz@ne la .] うーむ,ruby-devで話しますか?
  |   + 12720 [keiju@Ra io ] 私もいきなり変えられると困るなあと思う一人です.
  |   + 12723 [sinara@bl de] 私は他の方がいいのならいいです。最近 ruby-dev は満員電車状態み
  |     + 12724 [matz@ne la .] 「同じだけ」かどうかは自信がないですが,あるのは確かでしょう.
  |     | + 12725 [watanabe@as ] foo() や bar() が true, false を返すようになってるんなら
  |     | + 12796 [sinara@bl de] どう考えても「同じだけ」であるとは言い過ぎでした。撤回します。(^^;
  |     + 12726 [anakamur@ex ] お世話になっております。 A.中村です。純度99%のゴミ(^^;
  + 12714 [fit0298@fi e] 有馬@FITECです。
    12845 [kimura@sq .c] 本屋に行く用があったので、ついでにWirthのPasal本(近代科学社だっ
    12847 [fit0298@fi e] 有馬@FITECです。

第 2 回 OMG 分散コンピューティング・セミナー: CORBA3.0 の詳説と CORBA 活用の実際
12695 [jun-sk@ma ic] 各位.

ftpmirror 改
12715 [tommy@va le ] 私は ftpmirror を次のように変更して使ってます。
12741 [shugo@ne la ] ありがとうございます:-)

String#unpack
12717 [watanabe@as ] Subject つけようよ.

__FILE__,__LINE__ への代入 (Re: [REQ] rlex.rb)
12721 [matz@ne la .] ruby-devへ引っ越します.
12722 [matz@ne la .] しまった.引っ越してないじゃん.

Making of Interval class.
12727 [moochan@ss h] Rangeクラスの議論の刺激を受けてIntervalクラスをちょっと作成
+ 12736 [moochan@ss h] Interval クラスに次の3点を追加しました.
| 12747 [moochan@ss h] Intervalクラスの最新版です.
| 12761 [moochan@ss h] Interval クラスの最新版を添付します. # 何度もすみません^^;;;
+ 12737 [akendo@t3 ri] ちょうど40,60,...,360というのが欲しくなって、思案してました。
| 12740 [matz@ne la .] そーですねえ.Arrayを割り当てる時点(initializeが呼ばれる前)
| 12748 [akendo@t3 ri] 早速のフォローありがとうございます。(さっき、Numericの
| 12750 [matz@ne la .] これまたプログラムを見ないとなんともいえないのですが,たまた
| 12755 [akendo@t3 ri] ありゃりゃ、これは再現しませんでした。
| 12756 [moochan@ss h] 肝心の [ruby-list:12751] が間引かれてしまったので
| + 12757 [matz@ne la .] なーんか,どっかで見たような気がするんですが.
| | + 12759 [moochan@ss h] そーなんですか?
| | + 12762 [shugo@ne la ] うろ覚えですが、CLUにfoo.step=stepをtype_of_foo$set_step(foo, step)
| + 12787 [nakai@m1 sy ] え〜と、Dylan と言う言語がありまして、それでも同じ様なことをして
|   + 12795 [sinara@bl de] 範囲といってもどのクラスにおける範囲か?と考えると
|   + 12800 [moochan@ss h] 中井さん.ど〜もです.
+ 12742 [shugo@ne la ] ちょっと気になった点を。
  + 12746 [moochan@ss h] ご指摘に感謝します.じゃんじゃんお願いします.(^^)
  | 12751 [matz@ne la .] 「属性の設定」風に見えるメソッドには末尾に = を付けた名前で
  | + 12752 [akendo@t3 ri] ぎゃっ、なるほど、なるほど。定義時は我慢します。呼出し時には
  | + 12753 [anakamur@ex ] ->「属性の設定」風に見えるメソッドには末尾に = を付けた名前で
  |   + 12754 [matz@ne la .] 1語っていうかですね.
  |   | 12758 [anakamur@ex ] ->  obj.send(:attr=, x)
  |   | 12760 [moochan@ss h] とっさに接尾語と呼んしまいましたが本当は「接尾子」と呼ぶべき
  |   | + 12765 [inoue@pp .s ] 「接尾辞」の誤変換だったのではと,私は疑ってるのですが...
  |   | | 12783 [matz@ne la .] 本当のトコロは…
  |   | | 12849 [nagai@du bo ] でしたら,素直に「接尾文字」というのはいかがでしょうか?
  |   | + 12766 [anakamur@ex ] ->とっさに接尾語と呼んしまいましたが本当は「接尾子」と呼ぶべき
  |   + 12764 [shugo@ne la ] あれ、前にこれがDelphiのpropertyみたいだと言っていたのは中村さんじゃ
  |     12767 [anakamur@ex ] ->あれ、前にこれがDelphiのpropertyみたいだと言っていたのは中村さんじゃ
  |     12771 [shugo@ne la ] Delphiのpropertyはコンポーネントベースのプログラミングをサポートする
  |     12773 [anakamur@ex ] ->Delphiのpropertyはコンポーネントベースのプログラミングをサポートする
  |     12791 [shugo@ne la ] 中村さんが、
  |     12792 [anakamur@ex ] -># 実際に両者の機能が同等のものでないことについては説明の必要はないで
  |     12793 [shugo@ne la ] Rubyの場合は、
  |     + 12797 [anakamur@ex ] ->class Foo
  |     | 12798 [shugo@ne la ] たしかにマニュアルでは、
  |     | 12803 [anakamur@ex ] ->となっていますが、実際にはインスタンス変数のアクセスメソッドが定義さ
  |     | 12807 [shugo@ne la ] この辺はダイナミックな言語ならではの機能ですよね。
  |     | 12808 [anakamur@ex ] この週末、今度こそ暇がありますように>お星様
  |     + 12799 [fit0298@fi e] 有馬@FITECです。
  + 12749 [akendo@t3 ri] 感想にすぎませんが、私がRubyにはまった理由は、代入を行う

Time + 1M
12728 [wakou@fs ne ] dev の方の each(sunday) で思い出したのですが、Time に対しての分や時、
+ 12730 [MAP2303@ma l] % アイディアだけ。
| 12733 [tadf@kt ri .] MAP2303>   Time に "1M" などの文字列からのコンストラクタを定義して、
+ 12731 [tadf@kt ri .] 僕は答えをしらないんですが、気がついたところだけ。
  + 12732 [tadf@kt ri .] 書きわすれた。12月のつぎは13月ということにはならないので、
  + 12735 [wakou@fs ne ] なるほど。date とか Calendar というあたりからすると日付を扱うものなの
  + 12772 [ikarashi@it ] 何に使うのかはともかくとして、n ヶ月後の Time を得るメソッドを
    12774 [tadf@kt ri .] いや、Time.addMonth(Time.now, -24) とかできるでしょう :-)
    12775 [ikarashi@it ] う、負数を弾くようにチェックを入れれば...。
    + 12776 [wakou@fs ne ] あ、そうそう。これってなんとかならないんでしょうかね。(dev ネタかな)
    | 12806 [tadf@kt ri .] Marshal.load(Marshal.dump(Time.now.gmtime))
    | 12814 [wakou@fs ne ] なるほど。
    | 12818 [tadf@kt ri .] なるほど、厳密さが要求されない場面で、直観的で判り易い表現をつかおうと
    + 12779 [tadf@kt ri .] とりあえず、m %= 12 のところを直せば、一応、スジの通った結果はでそうですが。
    | + 12785 [matz@ne la .] コピーしてgmtimeを呼んじゃうとか.
    | | 12809 [tadf@kt ri .] UTC にとっての一ヶ月後と、地方時のそれとでは、結果が違うということを了
    | | 12811 [ikarashi@it ] $KCODE のように、Timeインスタンスの挙動に影響を与える変数を
    | | 12813 [tadf@kt ri .] すいません。意味が解らなかったです。具体的にはどういうものですか?
    | | + 12815 [ikarashi@it ] すいません。言葉が足りませんでした。
    | | | + 12817 [matz@ne la .] しかし,グローバルなシステム変数を新規に導入するのは既に止め
    | | | + 12819 [tadf@kt ri .] 先ず、現状では Time はタイムゾーンを解釈していません。それができれば、
    | | |   12887 [ikarashi@it ] しばらくネットワークが使えない環境でした。
    | | |   12897 [matz@ne la .] そうなんですか? なんか何度も呼んでるソースを見たことあるん
    | | |   12959 [tadf@kt ri .] clone についての「感想」だけちょっと。
    | | + 12820 [tadf@kt ri .] マイクロ秒もいれたほうがいいかな、と気がついたのでとりあえず直しときま
    | + 12794 [ikarashi@it ] Timeクラスでの月は 1..12 なので、足すのもバグってました。
    |   12812 [tadf@kt ri .] 五十嵐さんのマネして、僕も書いてみました。閏秒も考慮したつもり。
    + 12784 [matz@ne la .] 読んでます.6148/6151はエラーにしても良いかなあ,と悩んでま

calendar-1.4r and date-1.3
12734 [tadf@kt ri .] in.coming に、
12738 [matz@ne la .] contribに移動し,RAAを更新しました.

fail (Re:  Re: Making of Interval class.)
12739 [matz@ne la .] まず,第1点.failはraiseの古い形式です.
12745 [moochan@ss h] 詳しくご説明いただき感謝します.(^^)

ftpmirror
12743 [shugo@ne la ] ftpmirror-1.2.2.tar.gzをin.comingにputしましたのでよろしくお願いします。
12744 [tommy@va le ] わーい(^^) 素早いですね。
12763 [shugo@ne la ] READMEには引数の扱いは書いてないので別にいいかなと(^_^;
+ 12768 [os@ii .a .j ] shugo@netlab.co.jp (Shugo Maeda) さんの、
| 12770 [shugo@ne la ] そもそもすべてのプラットフォームで/usr/binがあるわけではないので、あ
| + 12778 [crouton@du l] しますね。
| + 12786 [matz@ne la .] make installではまずいでしょうね.--prefixの設定によってどこ
| | 12789 [watanabe@as ] ってことは
| | 12790 [matz@ne la .] そうでしょ? こっちはなんだか非常手段って感じがします.
| + 12848 [nagai@du bo ] うぅ,ruby-dev で出たこの辺りの tips のまとめが遅れていてすみません.(_O_)
+ 12804 [tommy@va le ] ん〜、それでいいならいいですけど… (^^;;
  12810 [shugo@ne la ] は、確認を怠っておりました(^_^;

FreeBSD port kit and tcltklib
12777 [yasuf@bi .o ] # 実はRubyそのものとはさほど関係ありません(^^;;
+ 12780 [ematsu@pf .c] 福間さん、ごくろうさまです (_ _)
| 12824 [yasuf@bi .o ] これができればportを作る側としてはとっても楽ですが…(^^;;
| 12884 [yasuf@bi .o ] とりあえず、この方針で作ってみました。
+ 12781 [yatsu@el .k ] 1. tcl/tkがインストールされていない状態
  + 12782 [matz@ne la .] インクルードファイル/libtcl/libtkのバージョンが揃っていれば
  + 12823 [yasuf@bi .o ] ええと、条件がちょっとわかりづらかったのですが、
    12846 [yatsu@el .k ] # FreeSolarisが来たけど,diskが足りない(;_;)

米国からコンタクトレンズの個人輸入のご案内 !!!
12788 [dmservice@jb] コンタクトをご利用なさってない方には大変申し訳有りません。

R:  Re: Making of Interval class.
12801 [moochan@ss h] あ.すみません.メーラ種別への配慮が足らなかったですね(^^;;;

Dylan (Re:  Re: Making of Interval class.)
12802 [matz@ne la .] フリーなDylanの処理系はありますよ.

win32 版 (cygwin) での MS-DOS ツールを起動したい時について
12805 [h-ishida@is ] ruby win32(cygwin)版で、systemコマンドを使って、MS-DOSツール(GNUのSORTなど)
+ 12821 [wbs01621@ma ] GNUのツールの場所をパスに追加してみてください。
+ 12829 [eban@os ri .] C ドライブだけは //c はつけないで実行してみてください.

ruby-perllib-19990313
12816 [toki@fr ed m] Ruby から Perl を使うライブラリをバージョンアップしました。
12828 [toki@fr ed m] ...

nif.rb (ver0.50)
12822 [wakou@fs ne ] ver0.42 でフォーラムのログがきれいに取れるようになったので、ついでに少

property, pascal, etc...
12825 [shugo@ne la ] // なんでruby-listで他の言語を擁護してるんだろう>私
+ 12833 [greentea@fa ] こんにちは、越水です。オリジナルの発言が見つからないので
+ 12907 [anakamur@ex ] ->// なんでruby-listで他の言語を擁護してるんだろう>私

ruby/tk for win32
12827 [oshima@ge ma] いま、Ruby1.2.3 + tk8.1を(英語版)WindowsNT4.0(sp3)上で動かそうと
12830 [eban@os ri .] やっと XEmacs 21.2 for cygwin の環境ができた.
12837 [oshima@ge ma] こんにちは。
12839 [eban@os ri .] あっ, なんとなくわかりました. すみません, わたしのミスです.
12899 [oshima@ge ma] でも、これは require "tcltklib81"とやるのと同じなのですよね?
12902 [watanabe@as ] たびたびすみません. tcltk.rb も MANIFEST から外れてました.
12919 [oshima@ge ma] やっと動きました。ありがとうございました。

encode/decode MIME header (Re: kconv SJIS)
12832 [akira@ar ka ] 「ある」だったと思います.

XML developper day
12835 [Takaaki.Higu] なぜか参加してきましたので簡単に報告します。
+ 12836 [yoshidam@yo ] Ruby に興味を持ってくださった方もいたようなので,Ruby の宣伝
+ 12851 [atsuko@ci .e] 私も参加してきました。
| 12853 [kimura@sq .c] あー行きたかったなあ
+ 12854 [maki@in c. o] # へぼへぼな発表で申し訳ありませんでした>出席者のみなさま
  12886 [yoshidam@yo ] その通りです。福嶋さんに感謝です。
threads.html
top