1-203

subjects 198-931

# help
0001 [nnakamur@mx ] # help
0002 [nnakamur@mx ] やってもうた


0003 [cao92570@po ] # index
0004 [cao92570@po ] う、ごめんなさい(^^;
0007 [matz@ne la .] ML本体でもコマンドを受け付けるようにしておきました.

conflict
0005 [ttate@ja st ] cao92570>   ORBit binding 作ろうかなぁとか考えているのですけれど、すでに同様のことを
0008 [MAP2303@ma l] <A HRef="http://www.labs.redhat.com/orbit/">ORBit</A>ってのは、CORBA の

hi
0006 [kikutani@sp ] ちょっとテストも兼ねて。

メソッド関数内からメソッド名を得る方法
0009 [tommy@va le ] 今、とある拡張モジュールを書いているのですが、ほとんど同じような処理を
+ 0011 [matz@ne la .] なかなか実践的な質問ですね.これでMLを作った甲斐があるという
| 0014 [tommy@va le ] 実は今 Motif モジュールを作っています。
| 0015 [ttate@ja st ] ;; 僕は考えるより先に関数を書いてしまいました。(^^;
| 0016 [tommy@va le ] あ、今はアプリケーション定義リソースについてはその方法でやってます。
| 0017 [ttate@ja st ] 単純にハッシュのリソース値を変更すると、Windowの
| 0020 [tommy@va le ] ああ、了解しました。でもそれなら、ブロックパラメータ(イテレータ)を
+ 0013 [eban@os ri .] eval.c の backtrace() を参考にしてください.

urlview (Re:  hi)
0010 [nnakamur@mx ] slang あたりをうろついていたときに urlview というのを
0018 [kikutani@sp ] おお、それは題材としていいですね。ちょっとやってみます。
0019 [nnakamur@mx ] から取って来たと思うのですが、

using C++ (Re: urlview)
0012 [ttate@ja st ] そんなのもあったとは、、、> Xterminal,ctk

fltk (Re:  using C++)
0021 [nnakamur@mx ] comp.lang.python で、fltk バインディングないの?
0022 [ttate@ja st ] Fltk自体が結構新しいライブラリなせいか
0024 [nnakamur@mx ] そうなんですか〜
0025 [ttate@ja st ] gtkには強力な味方gimpがありますものね。(^^;
0026 [nnakamur@mx ] Qt のライセンス形態変わっちゃったんで、

SWIG (Re:  fltk (Re:  using C++))
0023 [matz@ne la .] 私も良く分かってないんですが,こんどgrantをもらった仕事の中

PTY and iterator
0027 [aito@ra en b] あ伊藤です.拡張モジュールについて悩んでいることがあるので,
0028 [matz@ne la .] (省略)
+ 0029 [MAP2303@ma l] end の前に r_file = nil とか入れてみるとどうでしょう?
| 0030 [ttate@ja st ] MAP2303> > あ伊藤です.拡張モジュールについて悩んでいることがあるので,
| + 0031 [MAP2303@ma l] gc.c 追っかけてはみたのですが、僕の力じゃ分かりませんでした。
| + 0032 [matz@ne la .] そのように見えますね.で,それなら私の認識ではRubyのバグといっ
+ 0035 [aito@ra en b] いろいろ調査した結果,こちらの環境では,次のスクリプトで
  0036 [matz@ne la .] おお,こんなに小さくまとめて下さって感謝します.BIGFILEを

module 生成支援スクリプト
0033 [nnakamur@mx ] 関数リストを作成しておくと、それから、
0034 [matz@ne la .] 例の仕事の一貫でそういうの作ろうとしてます.
+ 0043 [nnakamur@mx ] できるの、待ちます。(^^;
+ 0044 [aito@ra en b] たわむれに,簡単なのを書いてみました.
  0047 [aito@ra en b] あまり反響がなかったようなので (^_^; ちょっと方向を変えて...
  + 0048 [matz@ne la .] 京都から帰って来ました.
  | 0053 [aito@ra en b] バージョンアップしました.配列と構造体を含む構造体が扱えるよう
  | 0054 [ttate@ja st ] 僕はStructureで対応してました。
  + 0049 [ttate@ja st ] Gtk,Tk,Forms,etc...のGUI関係の拡張モジュール
    0050 [matz@ne la .] GWMとかはどうなんでしょう.WOOLというlisp風言語でカスタマイ

ファイルの扱い  &  同期
0037 [ikarashi@it ] ...
+ 0038 [matz@ne la .] f2は双方向入出力が可能なIO(例えばSocket)でのwrite側のFILE*で
| 0042 [kjana@os xa ] ところで「GetWriteFile に対応する GetReadFile というマクロも欲しい」な
| 0045 [matz@ne la .] よござんす.追加しておきましょう.
+ 0039 [watanabe@as ] この書き方だとたぶん gcc でしか通りません.

renaming (Re:  Re: PTY and iterator)
0040 [ttate@ja st ] そういえばCの関数名やシンボル名が変わるんですよね。
0041 [matz@ne la .] いや,わざわざ書かなくても sample/rename.rb がそれをやってく

Win32Ole (RE: [ruby-list:11358])
0046 [masaki.suket] 拡張モジュールの話なので ruby-ext に移動します.

forms on win
0051 [nnakamur@mx ] ふと、思ったのですが、Ruby/Forms って Windows で
0052 [ttate@ja st ] Win上でも動作させようとおもって作っていた

forms,shadow
0055 [ttate@ja st ] Ruby-1.1d用のForms拡張モジュールと、
0057 [kikutani@sp ] 0.6ですが、MANIFESTがないです。
0058 [ttate@ja st ] あ、、、、ext/以下に置いて自動的にというのは
0059 [kikutani@sp ] お願いします。
0060 [ttate@ja st ] なるほど。

have_library(lib, func)
0056 [eban@os ri .] こっそり修正していた have_library が 1.1d1 でそのまま採用さ

slang on python
0061 [nnakamur@mx ] 正月はほとんどコンピュータ触らなかった、
0062 [kikutani@sp ] え゛、それは知らなかった。

pyslang
0063 [kikutani@sp ] 会社からなんで別スレッドになってすみません。
0064 [nnakamur@mx ] なーんだ。ということで、ruby/slang の勝ち!

Object の生成
0065 [tommy@va le ] なんか、かなり初歩的な質問かもしれないんですが、とあるクラスの
0066 [matz@ne la .] そのクラスの「タイプ」はT_OBJECTを望んでいるんですね.その場
0067 [matz@ne la .] 民斗さんのメールがはねられてました.
0068 [matz@ne la .] そうですね.1.2ではインスタンス変数はT_OBJECT, T_CLASS,
0069 [tommy@va le ] あ、そう考えれば良かったんですね。良くわかりました。

MDArray#from_flat
0070 [gotoken@ma h] 伊藤彰則さん作の mdarray にひとつクラスメソッドを足しました.

ruby-gtk spin button
0071 [takeshi@So t] ...
+ 0072 [MAP2303@ma l] まだ GtkSpinButton の Cレベルでの使い方見ていないので、確認して取りこ
| 0074 [MAP2303@ma l] というわけで、ruby-gtk-0.16 です。
| 0075 [akira@ne la ] おお. 劇的に早くなりましたです(^_^).
| 0076 [MAP2303@ma l] よかったよかった。
| 0077 [akira@ar ka ] いえ. というよりは -I なしでもいけちゃう, みたいなところに
+ 0073 [matz@ne la .] たぶん,ここのarg2, arg3の扱いが間違ってます.

rb_big_div
0078 [ttate@ja st ] rb_big_divがstaticで宣言されているため
0079 [shugo@ne la ] ret = rb_funcall(num1, rb_intern("/"), 1, num2);
0080 [ttate@ja st ] その手がありましたか、、、気がつかなかったです。
+ 0081 [matz@ne la .] ret = rb_funcall(num1, '/', 1, num2);
+ 0082 [keiju@ra io ] すでに, 分数はrational.rbとしてサポートされていますが, やはり速度の点
  0083 [ttate@ja st ] ええ、あれをCで書いてしまってどのくらい
  0084 [keiju@Ra io ] なるほど. そういうことですか.

ruby-gtk patch and testgtk.rb
0085 [igarashi@ue ] ...
0086 [MAP2303@ma l] 前はタイミング逃がしちゃって聞けなかったんですけど、これ、Ruby/Gtk 本体
0087 [igarashi@ue ] お忙しいところパッチをチェックして頂き、ありがとうございます。

rb_funcall2
0088 [kikutani@sp ] 前にも聞いた気がしますが、拡張モジュールからrubyの
0089 [matz@ne la .] いいはずなんですけどねえ。
0090 [watanabe@as ] 省略されたエラーメッセージにヒントが潜んでいる気も.
0091 [kikutani@sp ] わかりました...
0092 [matz@ne la .] ああ,そうですね。「普通」はmakeは一般ユーザ,インストールは

1.3 <-> 1.2
0093 [kikutani@sp ] cObject が rb_cObject になってたり、TRUE/FALSEがなくなってたり
0094 [matz@ne la .] 以下のいずれかが考えられます.
0095 [kikutani@sp ] パンピーとしてはこれ(1.2only)で行きたいところですが、
0096 [matz@ne la .] 今は #ifdef str2cstr で区別してます(さっき思い付いたので).
0097 [kikutani@sp ] とりあえず、次のslanglibはこれで出します。
0098 [ttate@ja st ] 僕はruby-1.3のみに絞って書いてしまっています。
0100 [kjana@os xa ] めちゃめちゃつい最近話題になったのにもう忘れ去られているかわいそうな

postgres
0099 [ttate@ja st ] PostgreSQL拡張モジュール0.4.1にバグがありました。

Embeded Ruby (Re:  Re: 1.3 <-> 1.2 )
0101 [ttate@ja st ] あ、、、、、(^^;
+ 0102 [akira@ar ka ] # Deiban-JP にはいんないかな〜 (ボソ)
| + 0104 [kikutani@sp ] いや、Deiban-JPといわず、本家に入れられますけど、それもrubyが本家に
| | 0106 [shugo@ne la ] そういえば、rubyを本家にという話がdebian-develでも出ていましたね。
| + 0105 [shugo@ne la ] # Subject見てeRuby(?)の話かと思ってしまいました。
+ 0103 [kjana@os xa ] m17n した nvi です.... 全然説明になっていませんね (^^;
  0107 [ttate@ja st ] なるほど、viだったのですね。

ruby で学ぶ S-Lang  画面制御 
0108 [kikutani@sp ] s-lang MLにポストしてたんですが、昨日まで書いた時点で
0111 [shugo@ne la ] 専門家じゃないですけど、ちょっとだけ。
0118 [kikutani@sp ] コメントありがとうございます。

Forward: [ruby-talk:00243] win32 lib
0109 [matz@ne la .] Bryceさんがwin32 GUIライブラリを作ったが,だれか使ってみてく
0113 [masaki.suket] ダウンロードはしたのですが,まだ全然触ってないです.

Re: win32 lib
0110 [eban@os ri .] どっちしようかと迷ったけど ruby-ext が静かなのでこっちに.

zlib
0112 [ikarashi@it ] zlibの拡張ライブラリに BufferedReader というラッパーを
0114 [matz@ne la .] ? メソッドを定義しないとか,明示的に undef するとか?
0115 [ikarashi@it ] 逆でした。IOクラスに存在するメソッドの呼び出しを禁止したいのでした。
0116 [matz@ne la .] すいません.現状ではできないですねえ.

clearenv
0117 [shugo@ne la ] 全然Ruby固有の問題についての質問ではないです。すみません。
+ 0119 [matz@ne la .] 前略
| 0121 [watanabe@as ] そういえば cygwin も WIN32 が define されてるので, hash.c は
| + 0122 [matz@ne la .] そゆことです.区別する方法って(追加したアドレスをテーブルに
| | 0125 [watanabe@as ] でも origenviron に保存して environ はコピーを使ってるから
| | 0131 [kimura@sq .c] いまちょっと見手の判断では undefineですね。 USE_WIN32_RTL_ENVっ
| + 0124 [shugo@ne la ] なんて仕様だ(^_^;
|   0126 [matz@ne la .] わたなべさんからも同様の指摘があって,「あっそうか」と実装し
|   0127 [watanabe@as ] だれかって拡張モジュール(じゃなくて拡張ライブラリ)?
|   0128 [matz@ne la .] そうです.
|   0129 [watanabe@as ] ruby_setenv を使えば Win32 とか移植性を考えなくてすむわけだ
|   + 0130 [matz@ne la .] これを仮定できるなら,楽になりますね.
|   | 0133 [shugo@ne la ] そういえば、どこで聞いたっけ...と思ったらruby-ohmshaでした。
|   | 0134 [maebashi@ii ] 原さんのところのアーカイブは ruby で書かれているのでしょうか。だとしたら
|   | + 0135 [sinara@bl de] もちろん ruby なんですが、いまだに Ver.1.0(!) でしか動かないコ
|   | | 0139 [kjana@os xa ] そういえばあのアーカイブ,Date のタイムゾーンを何か適当に統一する事っ
|   | | 0142 [sinara@bl de] 私も全く同じことを感じていました。そのうちなんとかします。
|   | + 0136 [matz@ne la .] あの知的なスレッド生成ルーチンを見てみたい気はします.やまだ
|   |   0140 [maebashi@ii ] (perl で書かれた)MHonArc とかを使っている人は多いと思いますが、これが公
|   |   0143 [matz@ne la .] 今しました.ついでにcrontabをしかけておきましたので,今後は
|   + 0132 [shugo@ne la ] ボクも賛成です。
+ 0120 [kimura@sq .c] 確証はないのですが多分まずいです。Win32でまた変わっているかもし
  0123 [shugo@ne la ] やはりまずいのですね:-(
  0137 [kimura@sq .c] ちょっと悩まされましたが以下の関数でクリアできます。APIとCの関数
  + 0138 [matz@ne la .] Perlにはunsetenvがないんですよねえ,と思って今見返したら
  + 0141 [shugo@ne la ] ありがとうございます。
    0144 [kimura@sq .c] ありがとうございます。私も名前が残るのはうれしいです。
    0145 [shugo@ne la ] 最大何バイトまでというようなことはWindowsの仕様で決まっていないので
    0146 [kimura@sq .c] どっかに書いてありそうな気もするのですが、まだ見つけてません。例
    + 0147 [watanabe@as ] cygwin でもコンパイルできるみたいです.
    | 0148 [shugo@ne la ] おお、ではWindowsマシンを触れる機会があったら試してみようと思います。
    + 0149 [shugo@ne la ] では、とりあえず1024バイトで決め打ちにしておいて問題が起きてから考え

Makefile dependency
0150 [kikutani@sp ] ヒジョーに細いことですが...
0151 [yasuf@bi .o ] Makefileを実際に見てないので外しているかもしれませんが、
0152 [kikutani@sp ] おお、韻を踏んでいる。
+ 0153 [kikutani@sp ] (6) dependを用意する
+ 0154 [yasuf@bi .o ] (^^)

slanglib-0.14
0155 [kikutani@sp ] をひっそりとin.comingに置いときました。

genext and linux
0156 [nnakamur@mx ] [ruby-ext:00053] Re: module 生成支援スクリプト
0157 [aito@ra en b] あ伊藤です.最近他のことにかまけていて,ruby関係の開発が... (^_^;
0158 [nnakamur@mx ] 無事、コンパイルできました。ありがとうございます。

ruby-gtk-0.16 on solaris
0159 [kazunori@sw ] #こちらにも、subscribe させて頂きました。
+ 0160 [matz@ne la .] かんださんが「忙しい」とおっしゃってますからね.
| + 0161 [hoshina@be t] 保科です。お世話になっております。
| + 0162 [MAP2303@ma l] ごめんなさい(__;;; やっと昨日週末オフ連続終わったので、そろそろ。
| + 0163 [nnakamur@mx ] これ見て、ruby/gtk やってみようかな〜と、思いました。
| + 0166 [kazunori@sw ] 素晴しー!ますます、gtk-1.2x 対応の ruby-gtk が欲しくなりました。
|   0167 [tommy@va le ] あ、いや、内部コマンドなんですけど、PATH 変数の設定によって振る舞いを
+ 0164 [MAP2303@ma l] ↓ sh のままの場合、そうしておきますね。
+ 0165 [tommy@va le ] sh の内部コマンドの echo は PATH によって振る舞いを変えてくれます。

[Ruby/Tk] callback_break
0168 [JCA02266@ni ] こちら(ruby-ext)は初めてです。よろしくお願いします。
0170 [JCA02266@ni ] 投稿した後に自己解決することはよくあることです(- -;
0173 [JCA02266@ni ] 使い方を間違っていたようです。

Tcl_Init,Tk_Init fail. (tcltklib.so)
0169 [ttate@ja st ] 先ほどのruby-extの記事を見てruby-1.3.2 + tcl8.1b3 + tk8.1b3
0171 [JCA02266@ni ] 同じかどうか分かりませんが、tcl7.6jp、tk4.2jp、
0172 [ttate@ja st ] JCA02266> > 先ほどのruby-extの記事を見てruby-1.3.2 + tcl8.1b3 + tk8.1b3
0174 [JCA02266@ni ] うーん、そうですかぁ。私のところとは別の症状でした

ruby/gtk pre0.17
0175 [MAP2303@ma l] 結局パッチワークになっちゃいましたけど、Gtk+-1.2.x 対応の ruby/gtk です。
+ 0176 [igarashi@ue ] お忙しいところ、ありがとうございます。
+ 0177 [igarashi@ue ] 一応動くように直してみました。
| 0178 [MAP2303@ma l] ありがとうございます。加えて 0.17 リリースしておきます。
| + 0179 [igarashi@ue ] そうなんです。なぜか異様に重たくなりました。
| | 0180 [fukusima@go ] 私もそう思って調べてみました。
| | 0182 [MAP2303@ma l] まさしくこれでした。timeoutかぁ。デバッガじゃ分からないわけだ(^^;
| | 0183 [kikutani@sp ] 4. どっちでもmakeできるようにする。
| | + 0184 [MAP2303@ma l] かんだでし
| | | + 0186 [kikutani@sp ] 採用感謝します。
| | | | 0189 [matz@ne la .] あ,そうでしたね.どーしよーかなあ.
| | | + 0188 [matz@ne la .] 私の手元のものは以下のような感じですが,例外の辺りがマクロで
| | + 0185 [hoshina@be t] これが一番嬉しいです。私も rskkserv とか mailclient とか RuBBS とか(笑)
| |   0199 [nnakamur@mx ] gtk+-1.2.2 にしている Solaris マシンがあったので
| |   0203 [MAP2303@ma l] かんだでし。
| + 0181 [kikutani@sp ] Gtk+-1.2.x対応のruby-1.2用という計画はないのですか?
|   0187 [matz@ne la .] そろそろ移行してくださると開発者としてはありがたいです.
|   0190 [kikutani@sp ] そういうことなら全然かまいません。
|   0191 [kikutani@sp ] というわけで1.3にしてしまいましたが...
|   + 0192 [matz@ne la .] 移行ガイドが必要かしら?
|   | 0193 [kikutani@sp ] すみません、えらい勘違いでした。
|   | 0194 [watanabe@as ] str[3,-1] は str が何であろうと nil を返すからもともと意味が
|   | 0195 [aamine@dp u-] そのとおりです。すみません。
|   + 0196 [kikutani@sp ] 無事1.3に移行し、curもinetc-1.1.0も使えております。
|     0197 [kikutani@sp ] 出沢さんのmime.rbが動かなくなったので、調べると。
+ 0200 [aamine@dp u-] コンパイルは通ったのですが、起動に失敗しました。
  0201 [MAP2303@ma l] 感謝します。取り込んでおきました。
  0202 [matz@ne la .] なんでこんな時間に会社にいなくちゃ(ぶつぶつ...).
threads.html
top