9643-9924

9447-9967 subjects 9812-10312

^ Thread schedule problem of 1.5.3 (2000-05-09)
9643 [komatsu sari] 今日の1.5.3のcommit (2000-05-09) で、[ruby-list:15168],
9645 [matz netlab.] 確かに。スレッドの実行の優先順位がめちゃめちゃになってました。
9649 [komatsu sari] 今日の1.5.3のcommit (2000-05-10) で、[ruby-list:15174]
9650 [matz netlab.] これなんですけど、どちらかというとスクリプトのバグのように思

^ implicit declaration of function
9651 [igarashi ued] ruby 1.5.3 (2000-05-10) で implicit declaration に
9664 [matz netlab.] 減らします。
9665 [igarashi ued] とりあえずrubyのAPIに関して、定義の方に合わせて宣言を
9666 [matz netlab.] 取り込みます。

^ 1.5.3 cleanup
9652 [komatsu sari] 1.5.3でいくつか。
9653 [matz netlab.] 昨日フリーズを明言しちゃったので、1.5.4にすることにします。
+ 9654 [Hirofumi.Wat] 今 mingw32 対応をやってるんですけど, 間に合うかな?
| 9655 [matz netlab.] mingw対応って仕様が変わるわけではないですよね。それなら遠慮
| 9656 [Hirofumi.Wat] あ, そっか. なるほど.
| 9657 [matz netlab.] 現状だと普通にやってると一緒にcommitされそうに思います。
| 9675 [eban os.rim.] configure は commit されたけど parse.c はされませんでした.
| 9683 [matz netlab.] あれ、そんなことしてたっけ? 忘れてる。
+ 9661 [komatsu sari] 添付しました。
  + 9698 [hirotaka.ich] うひゃぁ!よりによって22024だけ見落としてました。
  | 9703 [komatsu sari] いやそんな。お気になさらないでください。
  | 9749 [komatsu sari] これ、BeIDEでPowerPCの新規プロジェクトを作ったときに、
  + 9704 [komatsu sari] すいません、io.cですがなんだか寝ぼけてたみたいで、

^ vscope and specific_eval
9658 [aamine dp.u-] 1.5 の最新だと以下が "private method 'a' called" になって
+ 9659 [aamine dp.u-] あおきです。訂正だけ。
+ 9662 [matz netlab.] トップレベルのメソッドをprivateにしようとして、instance_eval
  9679 [aamine dp.u-] これでいいみたいです。ありがとうございました。

^ [PATCH] md5 fix for alpha
9660 [komatsu sari] alphaで、MD5の値が常に0になるのでなぜかと思ったら、
9663 [matz netlab.] 取り込みます。感謝感謝。
9669 [komatsu sari] ext/md5/extconf.rb の cvs add もお願いします。
9688 [matz netlab.] 了解です。
9757 [komatsu sari] たびたびすみません。

^ parse.y change break irb
9668 [komatsu sari] 2000-05-12のcommitでirbが動かなくなりました。1.5.4でも同様。
+ 9674 [eban os.rim.] これって parse.y で [] の解釈をやめたのが原因で / はそのまま
+ 9697 [Hirofumi.Wat] make test でひっかかるように
  9709 [matz netlab.] そうしましょう。

^ busy loop in `waitpid'
9671 [nobu.nakada ] 以下のコードで busy loop します。
9684 [matz netlab.] 現時点ではそういうものです。他にもあと数箇所busy loopしてる
9695 [nobu.nakada ] flock と syswrite(rb_thread_fd_writable) もしそうですね。
9710 [matz netlab.] 昨日、syswriteとselectは対応しました。が、waitpidとflockは結
+ 9719 [nobu.nakada ] 結局同時に待てるのって file descriptor だけだから、その辺も仮
| 9748 [komatsu sari] WaitForMultipleObjects()は、ThreadやProcessも待てます。
| 9759 [nobu.nakada ] For がはいるんですね。Unix で I/O を統一したように、すべてのイベント
+ 9721 [fukusima got] selectの引数を省略すると落ちます。
  9726 [matz netlab.] あ、そうですよね。感謝します。

^ IO.popen
9672 [JCA02266 nif] 1.5のpopen()で、
9673 [JCA02266 nif] # 余談: この場合は、whether to かな?英語は中学レベルでも難しい(汗)
9682 [matz netlab.] ありがとうございます。
+ 9685 [JCA02266 nif] あっ、そうでしたか。パイプが突然切れるのを嫌ったのかと思った
| 9696 [matz netlab.] そうなんですよねえ。もうちょっと考えてみましょう。
| + 9699 [nobu.nakada ] ちょっと(ていうかかなり)話がずれるんですが、pipe 先の pid っ
| | 9712 [matz netlab.] うーん、気持ちは分かりますが、この時期クラスを増やすのはなあ。
| | 9718 [nobu.nakada ] まぁたしかに。
| | 9738 [nobu.nakada ] IO#tty? とかもあることだし、IO#pipe? とかと二段構えの作戦にすればい
| | 9739 [matz netlab.] 標準入力がパイプである可能性があるので、pipe?という名称から
| | 9740 [nobu.nakada ] あ、なるほど。それはたしかにそうかも。うーん、じゃあ have_process?
| | 9742 [matz netlab.] ですねえ。やっぱり pid でnilか整数でいきません?
| | 9758 [nobu.nakada ] そっちでいいです。
| + 9700 [JCA02266 nif] ところで、pipeの子側ってsyncしないんでしょうか?
|   9711 [matz netlab.] ああ、した方が良さそうですね。しましょう。
+ 9773 [JCA02266 nif] 今のcvsの最新はprocのときだけ終了するようになってますがブロッ
  9775 [matz netlab.] 終了した方が良いですね。
  + 9778 [JCA02266 nif] えっ?っと思ったらpipe_atexit()なんてありますね。なるほど。
  + 9779 [matz netlab.] と思いましたが、互換性とブロックの意味(ブロックなしのopenの
    + 9781 [JCA02266 nif] 他の方の意見が出されるときの助けになるよう(他力本願^^;)
    + 9786 [matz netlab.] やっぱり終了した方が使いやすいかも。引続き考えます。
      9807 [matz netlab.] ちゅーことで、終了することにしました。

^ support mingw32
9676 [eban os.rim.] mingw32 対応を checkin しました.
+ 9678 [CQN02273 nif] Windows 95, Visual C++ 6.0 で試しました.
| 9680 [eban os.rim.] これって今回の変更とは関係ないです.
| + 9686 [komatsu sari] NT 4.0 SP6a + VC 6.0 SP3 + RubyCRT.dllで、動作確認しました。
| | 9687 [Hirofumi.Wat] mingw32 のほうは msvcrt.dll で動作確認してます.
| | + 9689 [matz netlab.] どうする? ruby_xmallocとかにして #define で xmallocに見せる、
| | | 9690 [Hirofumi.Wat] 安易にやめると書いたけど, xmalloc というシンボルがなくなると,
| | | 9691 [matz netlab.] シンボルを残しておくことで問題は起きないんなら残したら良いと
| | | 9692 [Hirofumi.Wat] たぶん大丈夫だと思います.
| | | 9693 [matz netlab.] ではそのように。
| | | + 9694 [Hirofumi.Wat] いや __GNUC__ があります :-)
| | | + 9724 [komatsu sari] あっ、xfree()はvoidです。
| | |   9727 [matz netlab.] またやってしまった。gccはvoidをreturnしても文句言わないんで
| | + 9713 [komatsu sari] そうですね。賛成です。
| |   + 9715 [Hirofumi.Wat] *.dll も require できるし, それほど混乱はないと思うので,
| |   | 9747 [komatsu sari] [ruby-list:22559]のような状況を考えると、win32/ruby.defを
| |   | + 9750 [shigeo tinyf] あわわわわ!
| |   | + 9751 [matz netlab.] 取り込みます。
| |   | + 9897 [komatsu sari] eruby-0.0.8で試した所、config.statusの変更も必要でした。
| |   |   9917 [komatsu sari] すいません、win32/config.statusですが、extmk.rb.inでもLDFLAGSを
| |   + 9771 [CQN02273 nif] 私も区別できた方が良いです。理由は小松さんと同じ。
| + 9770 [CQN02273 nif] 今回(2000-05-18版)はOKでした。
|   9777 [eban os.rim.] mingw32 はこれを使ってます. msvcrt 版.
|   9782 [CQN02273 nif] あっ。どうもありがとうございます。こっちでも socket.so が
+ 9701 [komatsu sari] BeOSですが、fcntl.hでO_TEXT, O_BINARYが定義されていて、
  9705 [Hirofumi.Wat] ありゃりゃ. まずいですね.
  9706 [komatsu sari] 少なくともBeOS R4.5.2 (Intel)およびR5.0 (Intel)にはないです。
  9707 [Hirofumi.Wat] なんか謎ですね.
  9708 [komatsu sari] それが正解みたいな気がしますね。
  9714 [Hirofumi.Wat] あ, そうすると open の引数で O_TEXT も | すると text mode に
  + 9716 [komatsu sari] いや、なりません。
  + 9720 [eban os.rim.] O_BINARY がらみは元に戻しました.

^ [Ruby/Tk] useinputmethods
9702 [ttate jaist.] tk.rbではuseinputmethodsってサポートされてないで
9717 [nagai ai.kyu] 私の場合でしたら,単にその存在を知らなかっただけです.(^_^;
9722 [ttate jaist.] Tk8.2.3で導入されたようです.
9728 [nagai ai.kyu] なるほど.

^ curses library check order
9723 [komatsu sari] configureに--with-static-linked-extをつけた場合、
9730 [matz netlab.] なるほど、そういう問題もありえますね。最近スタティックリンク
9746 [komatsu sari] はい、それでよいと思います。

^ SEGV on thread and socket
9725 [Hirofumi.Wat] thread と socket を組み合わせると喰らうようになりました.
+ 9729 [Hirofumi.Wat] なんか Linux だけ起きるみたいです.
+ 9731 [matz netlab.] 手元では直ってました。たぶん、福嶋さんの修正あたりが有効だっ
  9732 [Hirofumi.Wat] なるほど, あてたら直りました.
  9733 [Hirofumi.Wat] と思ったらまだ調子悪いです.
  9734 [matz netlab.] 些細なミスがいっぱい残ってました。
  + 9735 [wakou fsinet] まだのようです。
  | 9736 [matz netlab.] これはjoinしていないのでmain threadが終了してしまってるんじゃ
  | 9737 [wakou fsinet] あ、なるほど。たまたま ruby-1.4.4 では main thread より先に p "end" ま
  + 9753 [Hirofumi.Wat] localhost 以外は Errno::EALREADY になります.
    9755 [matz netlab.] thread_write_select()はrb_thread_fd_writable()で代用してはダ

^ BeOS configure change
9745 [komatsu sari] [ruby-dev:9703]のBeOSのconfigure関連の変更です。

^ undefined reference to thread_write_select in ext/socket/socket.c
9752 [Hirofumi.Wat] socket で undefined reference になるんですけど,
9754 [matz netlab.] そうです。おかしいなあ、直したと思ったのに。

^ deadlock detection problem
9756 [komatsu sari] deadlock検出テストに使っている[ruby-list:15168]が
9853 [komatsu sari] 昨日 (2000-05-24) のcommitでdeadlockが出力されるように
9916 [komatsu sari] 今日 (2000-05-30) のcommitでdeadlockが検出されるように
9919 [matz netlab.] そうみたいですね。少々修正したらこちらでは発生しなくなったよ
9924 [komatsu sari] ruby 1.5.4 (2000-05-31) [sparc-solaris2.5.1] で1000回ほど

^ date2.rb and cal.rb
9760 [tadf kt.rim.] 毎度お手数をかけますが、date2.rb と cal.rb のふたつを date2-1.13 のも
9762 [matz netlab.] 了解しました。1.5では勝手ですが1箇所filterからcollect!に書き
+ 9763 [Hirofumi.Wat] % find . -name '*.rb' | xargs grep -wl filter
| 9764 [nagai ai.kyu] う゛;;;^_^;;;
| 9765 [matz netlab.] そんなに緊急のことではないですが、単なる文字列置換ですから、
+ 9769 [tadf kt.rim.] えー、まつもとさん、collect! には否定的だったのでは :-p
  9774 [matz netlab.] 君子豹変 ^^;;;

^ IRIX 6.5 cc -64 support
9761 [komatsu sari] st_lookup()の3番目の引数"char **value;"ですが、
9766 [matz netlab.] なるほど。取り込みます。node.hもそれでよいでしょう。
+ 9767 [komatsu sari] えっと、Alphaでなぜ動いているのかを考えると、スタックに
| 9784 [komatsu sari] ああそうか、node.hのrb_node_newnode()の宣言は、
+ 9768 [komatsu sari] pack 2は以下のような感じです。
  9783 [komatsu sari] 修正はまあこんなところでしょう。
  9787 [matz netlab.] ああ、そうか。勘違いしてたみたいですね。
  9856 [komatsu sari] うまい具合に64-bitのLittle EndianマシンとBig Endianが
  9865 [matz netlab.] 了解です。パッチ感謝します。

^ LOAD_PATH on windows
9772 [CQN02273 nif] Win な環境で $LOAD_PATH に lib が追加されるのは
9776 [eban os.rim.] Perl のまねです.

^ No such file to load -- CWD's script
9780 [eban os.rim.] -r が current directory を見てくれません.
9785 [matz netlab.] ですね。でも、これは仕様にしようかなと。
9788 [Hirofumi.Wat] require は見るのに?
+ 9803 [wakou fsinet] なるほど。ワンライナーで試した時の挙動が変だと思ったら、これですね。
+ 9912 [matz netlab.] ちょっと古い話ですが。

^ RUBYLIB on ruby_1_4
9789 [fukusima got] cvsの1.4の方のブランチですが、ruby.cで
9905 [komatsu sari] まだcommitされてないだけかもしれませんが、念のため。
9907 [matz netlab.] その通りです。忘れてました。今コミットします。

^ p option of Regexp
9790 [wakou fsinet] /m の . が "\n" にマッチしていないようです。
9794 [matz netlab.] 今見たら、.が先頭だとマッチしませんね。パッチです。

^ not struct member?
9791 [noborus mb.k] Dev の方が良い気がしたので。
9792 [nobu.nakada ] まだ残ってましたか。
+ 9793 [matz netlab.] 残ってましたね。どうもありがとうございます。
+ 9799 [noborus mb.k] - 略 -

^ (?ixp-ixp: ) option of Regexp
9795 [sinara blade] (?ixp-ixp:)オプションというの最近マニュアルで始めて知ったのですが、
9796 [matz netlab.] バグです。パッチです。
9797 [nobu.nakada ] ここも何かヘンな気がします。
9798 [matz netlab.] いやあ、昨日POSIXを復活させたときに失敗してますね。

^ [BUG] Regexp.new
9800 [Hirofumi.Wat] Regexp.new がなんか変です.
9801 [matz netlab.] すんません。kcodeの定数を変更したのですが、一部修正を忘れて

^ [ruby/tk] filter -> collect!
9802 [JCA02266 nif] 私、既にやってましたので。パッチつけます。(って遅い?)

^ [BUG] /[a-+]/
9804 [wakou fsinet] $ ruby -e'/[a-+]/'
9805 [matz netlab.] 直しました。

^ rescue variable syntax
9806 [matz netlab.] 相談に乗ってください
+ 9808 [crouton duel] rescue RuntimeError |var|
| 9813 [matz netlab.] これは最初の | がビットor演算子と区別がつかないので実現でき
| 9829 [wakou fsinet] then ではどうでしょう。
| 9835 [matz netlab.] doよりは良いですね。問題はすでにrescueのうしろにdoを許してい
| 9840 [wakou fsinet] そうだったんですか。マニュアルには(web の最新版にも)記載されていないよ
| 9843 [matz netlab.] 仕様が固まってから取り掛かろうと思ってました。これで本当のほ
+ 9811 [fit0298 fite] $! の別名の代りの案でしょうか?
| 9814 [matz netlab.] exceptionメソッドで$!の値を取り出すというのも考えたのですが、
| + 9821 [nobu.nakada ] 複数の例外を指定したときはどうなるんでしょう。例えば
| | + 9823 [fit0298 fite] 同じに扱ってよいものをひとつの rescue でまとめるということで、
| | | 9833 [matz netlab.] 名前付き変数には : を使う予定です。
| | | 9861 [gotoken math] これを見ておもったんですが,候補が
| | | 9866 [matz netlab.] ええ、#3はintoに由来するからです。#1, #2でないのはvarを省略
| | | + 9867 [wakou fsinet] 私は、a, c あたりでしょうか。a は見てそのままですし、c は Ruby の他の
| | | | 9868 [wakou fsinet] 向きが逆といえば、a も Hash と向きが逆ではないかという話がありましたね。
| | | + 9870 [nagai ai.kyu] rescue E -> v
| | |   9873 [matz netlab.] だめじゃないっすよ。=>に比してすごく違いがあるようには見えな
| | |   9874 [nagai ai.kyu] => だと感覚的には悪くないけど向きが逆という意見がありますから,
| | |   9883 [matz netlab.] ま、おっしゃることはわからないでもないです。でも、「向きが逆」
| | |   + 9884 [fit0298 fite] 文法変更の検討ということは、これは 1.7 系の伏線なのでしょうか??
| | |   | 9888 [matz netlab.] うんにゃ、1.6への最後の追加ってことです。
| | |   + 9893 [wakou fsinet] {key => var} ですから、key => RuntimeError という感じなんでしょうかね。
| | + 9832 [matz netlab.] えーと、同じrescue節にまとめた後、またクラスや変数の値によっ
| | | 9872 [nobu.nakada ] 確かに。
| | + 9845 [toshirok yb3] Hashの場合とは関係が逆になってるのがちょっとひっかかりませんか?
| |   9847 [matz netlab.] ま、それは認めます。
| |   9859 [toshirok yb3] いろいろ考えた結果、それでも個人的には今までに出ている案の中では
| + 9831 [fit0298 fite] opt_list の最後が変数として有効な symbol だったら代入できるので
|   9836 [matz netlab.] rescueの後ろの例外クラスとしては任意の式を許しています。結果
+ 9822 [dyama bres.t] こんにちは
  9834 [matz netlab.] rescueはbegin文の一部で独立していませんから var = rescue と

^ Class.new(Object)
9809 [komatsu sari] [ruby-list:22001]のhttphead.rbがArgumentErrorで止まるように
9815 [matz netlab.] あ、すいません。やっぱり思い付きで変更するとイカンですねえ。

^ [PATCH] ext/pty/pty.c, file.c, win32/ruby.def
9810 [komatsu sari] BeOS R5 (Intel) でmwccppcを使ってPowerPC版をクロスコンパイル
9818 [nobu.nakada ] それはむしろ Metrowerks のバグというか、非互換では。一般的には "" と
threads.html
top