8783-9192

8579-9265 subjects 9024-9551

[PATCH] mkmf.rb
8783 [eban@os ri .] 1.4.4, 1.5.0 のどちらも,
8785 [matz@ne la .] おおっ、すいません。取り込みます。

some peep hole optimizations and etc.
8797 [nobu.nakada@] 年賀状代わりに、思い付きのパッチを。
8800 [matz@ne la .] ありがとうございます。謹んで受け取ります。
8802 [nobu.nakada@] sample/test.rb が Pentium 100MHz で 22秒ちょいだったのが 21秒を

Cross Compiling Ruby
8817 [eban@os ri .] 年越し make で cygwin のクロス環境を Linux 上に久し振りに作りました.
+ 8819 [matz@ne la .] とりあえず取り込みます。
+ 9009 [eban@os ri .] これじゃあまりにも使い辛いので AC_CHECK_TOOL を使うようにし
  9014 [matz@ne la .] そんなのがあるんだ。奥深し、autoconf。

BEGIN as stmt. ?
8820 [eguchi@sh zu] 年の始めと言う事で、BEGIN の話題から、(^^)
8821 [matz@ne la .] こりはバグです。BEGINでなくても
8822 [eguchi@sh zu] なるほど BEGIN ではなく、 while(と until)側の問題でしたか、
8823 [matz@ne la .] 感謝します。
8825 [eguchi@sh zu] % ruby -e 'p begin end'

[REQ] Integer#{hex,dec,oct,bin}, String#bin
8824 [gotoken@ma h] # ruby-list にしようかと一瞬思ったけど ruby-dev にします。
8839 [matz@ne la .] それには同意しないでもないです。
8842 [gotoken@ma h] とはいうものの、Integer#hex に別の意味があるとも思えないんで
8843 [matz@ne la .] 少ないだろうとは思いますが、Rubyには型がありませんからねえ。
8844 [gotoken@ma h] しかしそれを言い出すと、演算子や [] の類も同様ですね。
+ 8846 [matz@ne la .] 一応、同じ名前のものには漠然と同じ概念を割り当ててるつもりで
| 8847 [gotoken@ma h] それは認めます。どちらにせよ、2,8,10,16進数表現を得るための
| + 8856 [greentea@fa ] 整数のn進表記(2 <= n <= 16)は私もほしいです。
| + 8890 [JCA02266@ni ] 出遅れました。私としては当時の気持は変わってないのですが繰り
| | + 8903 [gotoken@ma h] そうですね、そう言われるとぼくも built-in であるべし!!な気が
| | | 8915 [matz@ne la .] うーむ。
| | + 8914 [matz@ne la .] 私も今回についてはひっかかっているのは名前だけなので障害は少
| |   8968 [JCA02266@ni ] じゃ、弄ばれてた?(^^;
| |   8976 [Hirofumi.Wat] while s.sub! /(.*\d)(\d{3})/, '\1,\2'; end
| |   + 9001 [JCA02266@ni ] うーん、なるほどなぁ。よく考えたもんだ。一生懸命思い出そうと
| |   + 9033 [nishiyama@mx] while s.sub! /(\d)(\d{3})/, '\1,\2'; end
| |     9034 [knu@id em ns] やってみましたか?このテクニックはその .* が肝なんですけど。。
| |     9037 [nishiyama@mx] 自分の書いた方が間違えてました(^^;
| |     9038 [matz@ne la .] 確か先頭の .* は最適化したような気がします。
| + 9041 [matz@ne la .] ずっと考えていたんですが、たとえば Proc#[] とか Dir#[] のよ
|   9045 [gotoken@ma h] どーもどーもです :-)
|   9061 [gotoken@ma h] 以上のものを実装してみました。お試し下さい。
|   9077 [matz@ne la .] 以前からなにかひっかかってたんですが、実際の実装を見て余計に
|   9114 [gotoken@ma h] うみゅー。一つの方便はあくまでオプションであるということです。
|   9116 [matz@ne la .] 分かるんですけどね。でも、名前のない順序だけで指定される引数
|   9119 [gotoken@ma h] 拡張されたフォーマット文字列とオプションの順序の間にそれほど
|   9120 [matz@ne la .] 私としてはその方が受け入れやすいです。趣味の問題でしょうが。
|   9121 [gotoken@ma h] hex("04_3") だと、"+" に多義性が生じるので hex("04,_3") のよ
|   9128 [matz@ne la .] hex("08,3")        #=> 00,000,012
|   9129 [gotoken@ma h] 僕的にも許容範囲なので、これで実装し直します。
+ 8857 [keiju@Ra io ] こういうメソッドってあると便利なことがあるのは確ですが, 全然標準であって
  8861 [nagai@du bo ] おくればせながら,あけましておめでとうございます.
  + 8862 [gotoken@ma h] ワンライナーでの使い心地がやたら悪くなるというデメリットはあ
  | 8868 [keiju@Ra io ] そろそろ, numディレクトリはあってもいいと思いますね.
  + 8863 [fit0298@fi e] base の fmt, sep はどう使うのでしょうか? to_s じゃだめですか?
    + 8864 [gotoken@ma h] to_s の引数は意味が自明でないので良くないと思います。
    + 8865 [nagai@du bo ] fit0298>   "[ruby-dev:8861] Re: [REQ] Integer#{hex,dec,oct,bin}, String#bin"
      8873 [gotoken@ma h] というかそもそも一般的に使われる英語がないと思います

Re: [ruby-list:20054] Re: == === case
8828 [shugo@ne la ] おめでとうございます。
8829 [matz@ne la .] 後者を選択しようと思います。まずは1.5系で。
8831 [shigeo@ti yf] あとは、「coerceする/しない」という話だけということですね。
8836 [matz@ne la .] そうなりますね。現状では == も coerce してません。
8840 [shigeo@ti yf] はい、これは動作により確認していました。
8841 [matz@ne la .] 私もそうですが。
8849 [shigeo@ti yf] すいません。よく考えれば、その通りです(赤面)。
8878 [matz@ne la .] なるほど。
8881 [shigeo@ti yf] いつも、解説ありがとうございます。
8882 [matz@ne la .] coerceってのは数の型強制の目的しか考えていません。
8883 [shigeo@ti yf] coerceに演算子を引数として渡していないということですね。

cascading messages
8845 [kazunori@sw ] 難しいのですが、叩き台として、いくつか考えて見ました。
8850 [sinara@bl de] カスケーディングについては、何度か話題になってますね。

cvs
8848 [gotoken@ma h] cvsup でリポジトリ取って来てるんですが、あとで世の中に反映す
8853 [knu@id em ns] を参考にされるといいと思います。(有名なので、ご存じでしたら失礼)
8854 [itojun@ii la] 本人が言うのもなんですが、branchの分け方が尋常ではないので、あまり
8860 [gotoken@ma h] やっぱり anon CVS の方が楽ですか。検討してみます。どうも。

[PATCH] 2000/1/5 ruby_1_4 commit
8858 [komatsu@sa i] ruby_1_4の2000/1/5のコミットで、ChangeLogには、
8876 [matz@ne la .] あらら? 取り込みます。ありがとうございます。

[PATCH] 2000/1/5 1.5.0 commit
8859 [komatsu@sa i] 同様に1.5.0分。
8875 [matz@ne la .] わたなべさんのパッチと競合して当て損なったみたいです。

DoubleFloat
8866 [gotoken@ma h] 随分前に申告した分ですが、Float のサブクラスとして C の
+ 8867 [eguchi@ca iv] ところで、SigleFloat の存在理由ってどういう物がありますか?
| 8869 [gotoken@ma h] 主に精度の問題です。実測データの多くは1に十分近い値であり、
| 8870 [eguchi@ca iv] ご> In message "[ruby-dev:8867] Re: DoubleFloat"
| 8871 [gotoken@ma h] そうです。より詳しくいうと、
| + 8872 [gotoken@ma h] いい忘れたけど、Floatを抽象クラス化することで、long double
| + 8874 [eguchi@sh zu] なるほど、理解できました。
|   8879 [matz@ne la .] 私はまだ理解できてません。えぐちさんのおっしゃるように
|   8884 [eguchi@sh zu] 全文引用するのは気が引けるので、この間は snip します。
+ 8877 [matz@ne la .] ちょっと今アタマがパニック状態で(仕事が忙しいらしい)あまり一
  8880 [gotoken@ma h] んじゃ、とりえあえず makefml newml ruby-math 希望します。
  8885 [masa@ko la a] ほとんど発言しない私なのでお役に立てないとは思いますが、
  8889 [matz@ne la .] もちろん構いません。他のMLと同様の方法で参加してください。

Complex#divmod
8886 [masa@ko la a] 田中@ISASです。ついでに気になっていることを。
8895 [keiju@Ra io ] そうですね. これがやりたかったことです.
+ 8896 [gotoken@ma h] 定義せずに undef しとく方がよいような… ^^;
| 8904 [masa@ko la a] 私もそう思います。
+ 8899 [matz@ne la .] ちゅーことはこのパッチ当てた方が良い?
  8909 [keiju@Ra io ] 私としてはごとけんさんの意見に賛成です(^^;;;
  8911 [matz@ne la .] はあい、と、思ったのですが、私の手元のmatrix.rbにはdivmodが
  8912 [gotoken@ma h] complex.rb です ;-)
  8913 [matz@ne la .] うっ。...

Re: [ruby-list:20142] Re: Range expansion?
8893 [knu@id em ns]  knuです。ruby-listから舞台を移しました。
8906 [shugo@ne la ] 原因はもう少し複雑で、
+ 8910 [nobu.nakada@] 残念ながら make test で失敗します。過剰に配列化されるようです。
| 8917 [shugo@ne la ] あらら、ごめんなさい。
| 8922 [nobu.nakada@] うまく行くようです。
+ 8924 [matz@ne la .] なるほど。でも rb_ary_concatではなくrb_ary_pushを使えば良い
  8925 [shugo@ne la ] 久しぶりに電車で酔って吐きました:-(
  8926 [matz@ne la .] あらら。出張ご苦労さまです。
  8948 [eban@os ri .] これの所為か make test が失敗します.
  + 8949 [matz@ne la .] これのせいではなく、多重代入のセマンティックスを変更したせい
  | 8951 [nobu.nakada@] ぐはぁ。またもアンポンタンな事を書いてしまった。(;_;)
  | 8952 [matz@ne la .] 1月7日です(こっちの都合)。
  + 8950 [nobu.nakada@] こんなかな?

procedure, function
8897 [gotoken@ma h] 余談にフォロウするのもなんですが、

[BUG] Marshal.dump
8900 [JCA02266@ni ] Marshal.dumpでSEGVしましたのでパッチを送ります。
+ 8901 [JCA02266@ni ] あっ、失礼「ruby-1.5.0へのパッチ」です。
+ 8907 [matz@ne la .] 取り込みます。感謝です。

Complex#image (Re: [ruby-list:20176])
8916 [masa@ko la a] 田中@ISASです。少々調子に乗って。
8921 [gotoken@ma h] ごとけん

[PATCH] Ruby/Tk (tktext.rb and tkcanvas.rb)
8927 [nagai@du bo ] Ruby/Tk の tktext.rb と tkcanvas.rb へのパッチです.
8928 [nagai@du bo ] すみません.これ,欠陥品でした.
8929 [matz@ne la .] 了解です。

[PATCH] SEGV at alias & super in module
8930 [nobu.nakada@] 次のコードで SEGV します。
8931 [matz@ne la .] あ、そうですね。パッチに感謝します。

isnan.c   NaN
8932 [shigeo@ti yf] missing/isnan.c は以下のようにしたほうが
8933 [matz@ne la .] 了解です。助かります。
+ 8934 [CQN02273@ni ] mswin 版では,win32/Makefile の CFLAGS で
+ 8936 [eguchi@sh zu] というか、OS による差異ではなく、C コンパイラに寄る差異なので、
| 8938 [shigeo@ti yf] 早とちりでした、まったくその通りです。
+ 8944 [kimura@sq .c] 一見したところAPIではないのが明白(=コンパイラのライブラリ)なので

JIT compiler again
8937 [nobu.nakada@] 思い出したように rubyjit を 1.5.0 でコンパイルしてみました。

[BUG] recycle the ruby_dyna_vars
8941 [JCA02266@ni ] バグ報告(ruby-1.5.0)です。
+ 8942 [JCA02266@ni ] 勢い余って、この修正もやってみました。ほんとにあってるのか?
+ 8943 [nobu.nakada@] loop {break} を loop {|x| p x} にすると、3回とも nil になります。
| 8945 [matz@ne la .] 1.4でも問題が発生するコード全体を見せてもらえませんか?
| 8947 [nobu.nakada@] ごめんなさい。勘違いです。loop {|x| break} は x, = [] というこ
+ 8946 [matz@ne la .] 分かりました。
  8958 [JCA02266@ni ] うーん、であればやっぱり、dvar_asgn()がおかしいような気がします。
  8962 [matz@ne la .] なるほど。最初のブロック内ローカル変数への代入を表現するノー
  8969 [JCA02266@ni ] あれっなんで?と思ったけど。[ruby-dev:3651]を思い出しました。

rb_str2inum()
8953 [shigeo@ti yf] 「rb_str2inum()の仕様が1.5.0で変更になった」ということを小耳に
8954 [matz@ne la .] 本当です。
8955 [shigeo@ti yf] はいです。
8956 [matz@ne la .] ですね。でも、将来に渡っても1.4.xと1.5.xの間でのバイナリコン
8957 [shigeo@ti yf] わかりました、同じようなことをする関数を実装します。

[PATCH] getoptlong.rb
8959 [nobu.nakada@] 多重代入の変更で、getoptlong.rb がコケます。ざっと見た限りでは
8960 [eban@os ri .] そんなに凝らなくても素直に
8961 [nobu.nakada@] 確かに。

[REQ] (a_string.nil? or a_string.empty?) ? nil : a_string
8965 [kazunori@sw ] #今日のリクエスト
+ 8966 [nakahiro@sa ] 西さんのセンサにひっかかることができて嬉しいです.(^-^
+ 8970 [nobu.nakada@] これは分かります。sh の ${var:-default} みたいな感じで、あると
  8971 [kazunori@sw ] これ、面白いですね。新たに演算子を導入しなくても、各クラスで empty? を
  + 8973 [nobu.nakada@] 確かに。Object/Kernel に定義しておけば現状でそのまま使えるのは
  + 8974 [oda@bs 1. ne] [[ruby-dev:8971] Re: [REQ] (a_string.nil? or a_string.empty?) ? nil : a_string]
    + 8977 [nobu.nakada@] ~~~~~~
    + 8978 [nobu.nakada@] すいません。文字化けしてしまいました。

1.4.3 patch for near-future *BSD IPv6 support
8980 [itojun@ii la] 近い将来の{Net,Free,Open}BSDにはKAME IPv6 stackが統合されています。
8981 [itojun@ii la] これは1.5用のdiffです。1.4.xにも入ると嬉しいです。
+ 8982 [eguchi@sh zu] ruby の configure が ELF な i386 の NetBSD に対応していないせいなのでは?
| 8983 [itojun@ii la] ちょっと出るエラーが変わりましたが駄目ぽいです。もうしばらく
+ 8984 [matz@ne la .] 了解です。1.4/1.5の両方で取り込もうと思います。
| 8985 [itojun@ii la] これは今日試した限り駄目でした。明日もうちょい深く追いますので
+ 8989 [miya@it it a] 関係あるかないかわからないですが, NetBSD-current/i386 で
  8996 [itojun@ii la] 結局これでした。どうもありがとうございます。
  + 8997 [matz@ne la .] 了解です。取り込みます(1.4でも)。
  | 9002 [eguchi@sh zu] automake+libtool の件の事ですね。
  | 9006 [matz@ne la .] そんな感じですね。
  + 9003 [eguchi@sh zu] ELF であれば "Init_%s" は問題ないですが、
  + 9049 [komatsu@sa i] In the message of [ruby-dev:8996] Re: 1.4.3 patch for near-future *BSD IPv6 support
    9140 [matz@ne la .] long long使わなくても目的は達成できそうな気がするんですが、
    9175 [komatsu@sa i] In the message of [ruby-dev:9140] Re: 1.4.3 patch for near-future *BSD IPv6 support
    + 9176 [itojun@ii la] 呼ばれたみたいなので...
    + 9177 [matz@ne la .] いとじゅんさんのお墨付きもいただいたようですから、早速取り込

sort
8986 [gotoken@ma h] sort と sort! を以下のように変更しませんか??
+ 8987 [tmmcross@hk ] [ruby-dev:8986] sort
| 8990 [gotoken@ma h] それって、「要素が1個のハッシュ」を要素とする配列のソート
| 8998 [tmmcross@hk ] よく考えたら、本当の意味で index を使いたいときって、
| + 8999 [fit0298@fi e] なんとなく既視観を覚えたので捜索したところ、同じような意図のメソッドを使ってました。
| + 9020 [gotoken@ma h] なるほどなるほど。
|   + 9021 [nobu.nakada@] ~~~~~~
|   + 9022 [nobu.nakada@] # すいません。またもや文字化けしてしまいました。m(__)m
|   + 9026 [tmmcross@hk ] [ruby-dev:9020] Re: sort
+ 8988 [nobu.nakada@] 新メソッドではなく?
  8992 [matz@ne la .] ブロックの数によって挙動を変えるのには賛成してません。
  8993 [gotoken@ma h] 確かにそういう立場でしたね。
  8994 [gotoken@ma h] の間違いです(汗)

DEFAULT_KCODE in rbconfig.rb
9004 [fuji0924@mb ] OS/2 隠居の奥西@京田辺市です。
9005 [matz@ne la .] 確かに。取り込みます。
9012 [wakou@fs ne ] ところで、-K は将来も有効なのでしょうか?  まずはこれを決めないと、
9013 [matz@ne la .] 「将来も」ってどのくらい将来のことですかね。
9069 [wakou@fs ne ] 英語のマニュアルに記載される時。でしょうか。
9078 [matz@ne la .] どうしましょう。そんなに簡単にM17Nについて決められそうにない
9124 [eban@os ri .] tainted な場合は別に考えていただくとして,
9192 [wakou@fs ne ] なるほど。しかし、この場合にしても、setenv RUBYOPT Ke などしてね、とい

too many warn
9007 [aamine@dp u-] 最近 -d フラグをつけると大量に discarding old "メソッド" が
9010 [matz@ne la .] そのとおりです。うっかりしてました。

[PATCH] Array#flatten! for recursive array
9008 [nobu.nakada@] b = [a = []]; a << b; a.inspect
9011 [matz@ne la .] これは取り込みます。そうか、そういう問題があったか。
+ 9015 [nobu.nakada@] あれだと、a == b がやっぱりうまく行きませんね。
| 9016 [matz@ne la .] 自己再帰する配列についてArray#==やArray#hashが無限ループする
| 9018 [nobu.nakada@] やはりそうなりますか。
+ 9017 [sinara@bl de] 私は無限ループになっても文句は言えないけど、
  9019 [nobu.nakada@] んでは。しかし、よく悩むんですが、こういうときって何を raise す
  9023 [matz@ne la .] 私の手元の修正では ArgumentError をあげました。
  9028 [nobu.nakada@] それも考えたんですが、レシーバを引数と呼ぶのも若干違和感がある
threads.html
top