6919-7160

6728-6995 subjects 7113-7540

ext/socket/getaddrinfo.c tiny fix
6919 [itojun@it ju] ext/socket/getaddrinfo.cに以下のpatchをおねがいします。
+ 6921 [itojun@it ju] そいから、各所の
| + 6924 [matz@ne la .] あ,やっぱり.sockaddr_storageというのがなにものか良く分から
| + 6932 [komatsu@sa i] In the message of [ruby-dev:6921] Re: ext/socket/getaddrinfo.c tiny fix
|   + 6933 [itojun@ii la] もともとは、addrconf.hに
|   | 6944 [matz@ne la .] そうですね.これを削除しちゃったのは理由があって
|   + 6935 [matz@ne la .] socket.cの中で必要に応じてundefすることで対応しようと思いま
|     6936 [itojun@ii la] 上記の
|     + 6938 [komatsu@sa i] In the message of [ruby-dev:6936] Re: ext/socket/getaddrinfo.c tiny fix
|     | 6939 [itojun@ii la] u_charでもいいです。
|     | 6940 [oda@bs 1. ne] [[ruby-dev:6939] Re: ext/socket/getaddrinfo.c tiny fix ]
|     | 6941 [komatsu@sa i] In the message of [ruby-dev:6940] Re: ext/socket/getaddrinfo.c tiny fix
|     | 6948 [oda@bs 1. ne] [[ruby-dev:6941] Re: ext/socket/getaddrinfo.c tiny fix]
|     + 6942 [matz@ne la .] いとじゅんさんからもらった時点での実装では struct sockaddr
|       6945 [itojun@ii la] そのとおりです。
|       + 6946 [itojun@ii la] ambiguousだ。「勘違いではありません。sa_lenを仮定していました」
|       + 6947 [matz@ne la .] う,これは「勘違いだった」ってことですかね.そうだったら恥ず
+ 6923 [matz@ne la .] 取り込みます.
+ 6958 [komatsu@sa i] In the message of [ruby-dev:6919] ext/socket/getaddrinfo.c tiny fix
  6963 [matz@ne la .] xmalloc()は例外を発生させますから戻り値チェックの必要があり
  6973 [komatsu@sa i] In the message of [ruby-dev:6963] Re: ext/socket/getaddrinfo.c tiny fix
  6978 [matz@ne la .] そゆことです.さすがにmallocされた範囲をGC対象にするという大

alpha gcc bug?
6930 [shugo@ne la ] やっとmod_rubyがAlphaで動きました:-)

socket for rubymw
6949 [oda@bs 1. ne] VC++ でsocket使えるようにしようと、調べてみました。
+ 6950 [matz@ne la .] パッチ取り込みます.
| 6951 [masaki.suket] 確か,内部で,GetFileType が実行されて SOCKET は fd ではないと
| 6952 [oda@bs 1. ne] [[ruby-dev:6951] RE:  socket for rubymw]
+ 7011 [oda@bs 1. ne] やっとruby-1.3.3-990518用のパッチ出来ました。
  + 7012 [matz@ne la .] 取り込みます.次のリリースで確かめてみてください.
  + 7013 [kimura@sq .c] 調べるのはsocket.libがmakeされない原因ですよね? おそらく、ライブ
    7014 [oda@bs 1. ne] [[ruby-dev:7013] Re: socket for rubymw]

RString#len
6953 [shugo@ne la ] RString構造体のlenメンバについてなのですが、intに決め打ちではなく
+ 6956 [eguchi@sh zu] 確かに、長さに不要な制限を持ち込みますね。
+ 6965 [matz@ne la .] 一度 size_t にしてたことがあったのですが,Rubyでは負のインデッ
  6968 [shugo@ne la ] longとポインタのサイズが違う処理系がなければそれで問題ないと思う
  6969 [matz@ne la .] あまり知られていませんが,rubyはlongとvoid*のサイズが同じ処
  + 6970 [shugo@ne la ] がーん(おおげさ)、そうだったのですか。
  | 6971 [matz@ne la .] 了解しました.
  + 6972 [eguchi@sh zu] ruby.h の
    6974 [matz@ne la .] です.

[PATCH] ext/Win32API/Win32API.c
6954 [eban@os ri .] 気持ち悪いので直しました.
6966 [matz@ne la .] 取り込みます.

[PATCH] ext/pty/pty.c for cygwin
6955 [eban@os ri .] これで cygwin でも動くと思ったんだけど, どうもだんまり状態に
6962 [matz@ne la .] 取り込みます.

#include "ruby.h"
6957 [fit0298@fi e] ruby のコンパイル作業中に躓いたので、C のレベルで質問させてください。
+ 6959 [fit0298@fi e] あー、文句いってるわけではありません。自嘲してるのです。
+ 6960 [watanabe@as ] それにしてもすごいバグですね.
+ 6964 [matz@ne la .] げげげ,ruby.hは多重includeの禁止処置がしてありますから,
  6967 [fit0298@fi e] そこで力尽きたので、まだ全体を見てません。また調べます。
  6986 [fit0298@fi e] WATCOM C 11.0J の不思議な挙動ですが、原因が分かりました。

date format
6961 [shugo@ne la ] ruby-devに持ってきます。
6975 [wakou@fs ne ] ここに気が付いていなかったのですが、man strftime の方にあったんですね。
+ 6976 [shugo@ne la ] HTTP/1.1では、アプリケーションはasctimeフォーマットも解析できなけ
| 6979 [wakou@fs ne ] あ、そうでしたか。読みが足りなかったですね。では戻します。というか、前
+ 6977 [matz@ne la .] まあ,これは肯定します.
  6980 [wakou@fs ne ] そうですね。もうすぐ 1.4 という事ですし。もしかして、1.4 の次って、2.0
  6981 [matz@ne la .] 出しても良いです.

CGI.rb
6982 [wakou@fs ne ] やっと CGI.rb です。(in.coming に rd2html と一緒に入れて置きました)
6983 [matz@ne la .] contribに移動しました.
6984 [wakou@fs ne ] はやいですね。ありがとうございます。
6985 [matz@ne la .] どういたしまして.

http-access
6987 [maki@in c. o] 高橋征義です。ごぶさたしております。
6988 [maebashi@ii ] いやあ、その後は何も変化はありません。
7002 [maki@in c. o] 高橋です。http-accessについて。
7006 [maebashi@ii ] 検索してみたら
7008 [maki@in c. o] #……はじめてオブジェクト指向の話(とコード)をまともに読んだのは、

AC_C_CONST w/ gcc --traditional
6991 [eguchi@sh zu] env CC='gcc --traditional' ./configure

ruby lacks some features of tr in Perl
6992 [inaba@st ri ] ruby-listの「count lines」のスレッドを読んでいて、Perlならスカラコンテ
+ 6993 [inaba@st ri ] Perlのtrはコンテクストに関係なく置換した文字数を返すのでした。
+ 6998 [watanabe@as ] jarh で使えるネタが増えるので賛成なんですけど,
+ 7005 [matz@ne la .] 良さそうに思います.わたなべさんからは histgram は? という
  7010 [inaba@sd .t ] 個人的には, 単に範囲に含まれる文字数を返すだけでいいと思います.
  7017 [matz@ne la .] なるほど.
  7022 [inaba@st ri ] 気が付いていませんでしたが、確かにsqueezeもこのように拡張できますね。

Local variable in for block
6996 [akendo@t3 ri] listとdevの全メール読破中です。かなりくたびれてきましたが、
6997 [matz@ne la .] ありがとうございます.
6999 [akendo@t3 ri] ありゃ?? ほんとですね。irbのバグだ〜。irbってとっても好き

IOError in threading
7000 [fukusima@go ] 以下のスクリプトを実行させるとIOErrorが発生しますが、その例外を捕
7001 [matz@ne la .] たまたま昨日見付けた以下のバグと関係ありそうです.
7003 [fukusima@go ] 確かに直りました。
+ 7004 [matz@ne la .] 問題2はこういうことをする関数 rb_thread_ready() というのがあ
+ 7033 [matz@ne la .] わかりました.

UDP socket
7007 [nakagawa@sh ] 中川といいます。こんにちは。
7016 [matz@ne la .] IPv6対応の際に <broadcast> 対応が落ちちゃってました.

[BUG?] Segmentation fault
7009 [yasuf@bi .o ] $ cat bug1.rb
7021 [matz@ne la .] 落ちますねえ.-r でrequireしたライブラリを読み込むタイミング

[BUG] [Re: Local variable in for block]
7015 [keiju@Ra io ] どうもご使用ありがとうございます(__;;
+ 7020 [matz@ne la .] えーん,irbはruby泣かせですよねえ.
| 7048 [keiju@Ra io ] (^^;;;
| 7049 [matz@ne la .] 違うから違うんだもん.
| 7050 [matz@ne la .] こういうのもありかも
| 7055 [keiju@Ra io ] これはちょっと...
+ 7026 [akendo@t3 ri] 気軽にバグと言うな、というか、私も昔他人に使っていただくソフトを

KNClient
7018 [maki@in c. o] そんなわけで、ちょっと挫折しているhttp-access以外のものも
7019 [matz@ne la .] うーん,でもRubyで書いてあるコードの話ならruby-listでやった

fail to match regexp
7023 [JCA02266@ni ] ruby-1.3.3-990525 で正規表現マッチが失敗することが
7031 [matz@ne la .] あーそうかあ.どうもすいません.

[PATCH] ruby 1.3.3 990525 for djgpp
7024 [eban@os ri .] djgpp 用のパッチです.
7032 [matz@ne la .] 取り込みます.それから 1.3.4 のリリースかな.

[PATCH] open3.rb
7025 [eban@os ri .] と文句言われるので.
7029 [matz@ne la .] 取り込みます.

[PATCH] AIX --enable-shared support
7027 [komatsu@sa i] AIXの--enable-shared対応です。
7028 [matz@ne la .] ntpを使って合わせるようにしました.というかなんで止まってた
7030 [komatsu@sa i] In the message of [ruby-dev:7028] Re: [PATCH] AIX --enable-shared support

Ruby 1.3.4-990531
7034 [matz@ne la .] md5sum is
+ 7037 [JCA02266@ni ] ruby-1.2.5も同様ですが、
| 7063 [matz@ne la .] 確かに.
+ 7039 [watanabe@as ] 久し振りに sun4 で make したら yacc が動きだして parse.c が
| 7045 [matz@ne la .] これって昔なにかのコードからもらってきてそのままになっている
| 7053 [watanabe@as ] ですね. #define const が 2 つあっても問題ないと思うし.
| 7054 [matz@ne la .] はずしちゃいましょう.
| 7062 [oda@bs 1. ne] mswin32版では、そのままではsocketがmake出来ませんでした。
| 7066 [kimura@sq .c] extmk.rb.ntにあるバグのためにライブラリチェックが失敗しているの
| 7078 [oda@bs 1. ne] [[ruby-dev:7066] Re: Ruby 1.3.4-990531]
+ 7046 [fukusima@go ] ホームページの What's New の表記とリンク先が
| 7047 [matz@ne la .] あ,しまった.日付だけ書き換えて安心してた.
+ 7073 [tetsu@jp .h ] [ruby-talk:00371] Re: Ruby 1.3.4-990531
  7074 [watanabe@as ] 戻すと /\n/x === "foo " が 0 になってしまいます.
  + 7075 [tetsu@jp .h ] まちがって、ruby-talk に reply してしまいました。
  + 7076 [matz@ne la .] あ,先を越された.修正を採用します.

config_h.dj
7035 [komatsu@sa i] config_h.djが、
7041 [matz@ne la .] そんな気がしますね.修正しましょう.
7042 [watanabe@as ] まずくないです. 恥ずかしくて隠れてました.

patch for OS/2
7036 [kenn@tc -i .] ...
7043 [matz@ne la .] 取り込みます.1.3.4-990631にも問題なく当たりました.

[PATCH] Ruby 1.3.4-990531
7038 [kimura@sq .c] mswin32版でのパッチです。この他、win32/config.statusがアーカイブ
+ 7040 [matz@ne la .] 取り込みます.
+ 7044 [komatsu@sa i] In the message of [ruby-dev:7038] [PATCH] Ruby 1.3.4-990531
  7051 [kimura@sq .c] これで問題がないということならこちらで良いと思います。constがく
  7052 [matz@ne la .] constの問題はautoconfが解決してくれているはずです.
  + 7059 [komatsu@sa i] In the message of [ruby-dev:7052] Re: [PATCH] Ruby 1.3.4-990531
  + 7061 [komatsu@sa i] In the message of [ruby-dev:7052] Re: [PATCH] Ruby 1.3.4-990531

dlopen on BSD/OS
7056 [fukusima@go ] BSD/OS 3.1 で dlopen を使ったダイナミックロードが有効になるように
7057 [matz@ne la .] パッチ感謝します.
7058 [fukusima@go ] $0には srcdir/mkconfig.rb がフルパスで入っています。
7060 [matz@ne la .] あ,そういうことか.勘違いしてました.納得,納得.

How to put version number of shared library?
7064 [hayasaka@un ] 現在、ruby-1.3.4-990531 を NetBSD1.4 に対応させているんです
7065 [matz@ne la .] TEENYは1.3.xにおいては単なる気分ですから外してしまっても構い

--enable-shared for cygwin
7067 [watanabe@as ] cygwin で --enable-shared を使えるようにしました.
7070 [matz@ne la .] 取り込みます.

patch to ruby-1.3.4-990531 for NetBSD 1.4
7068 [hayasaka@un ] NetBSD1.4 に対応させました。以下 ruby-1.3.4-990531 へのパッ
7069 [matz@ne la .] 取り込みます.

[PATCH] AIX mod_ruby support
7071 [komatsu@sa i] Perl5-Porters Mailing List、
7072 [matz@ne la .] 了解です.いつもありがとうございます.

Re: Subscribe confirmation request (ruby developers list)
7077 [kuroda@da .s] ...
7096 [ogaki@st r. ] ...
7112 [kiyose@mb x.] [References: <199906151248.FMLAAA5844.ruby-dev@netlab.co.jp>]

Marshal::load
7079 [shugo@ne la ] 起こらないためにデッドロックしてしまいます。
7086 [matz@ne la .] 確かにそうですね。修正が必要です。

[BUG] p binding.dup
7080 [keiju@Ra io ] バグです.
7085 [matz@ne la .] 報告どうもです。Bindingの複製を作った後、クラスなどの調整を

[BUG] [PATCH?] /[^a] / === " あ "
7081 [eban@os ri .] /[^a] / === "あ " が nil になります.
7084 [matz@ne la .] ですね。そうか、一部マッチのやりすぎですね。
7088 [matz@ne la .] やっぱり必要でした。ねぼけてたかな?

[BUG] unpack('m')
7082 [tommy@va le ] String#unpack('m') して生成された文字列を C レベルで操作すると末尾に
+ 7083 [watanabe@as ] 変換後の文字列の中に '\0' が含まれることもあるわけで,
| 7087 [tommy@va le ] ん〜、ま、そりゃそうなんですけど、標準添付の kconv でも '\0' 終端を
+ 7089 [matz@ne la .] えーと、便利なように番兵(sentinel)として NUL を置いてます。
  7090 [tommy@va le ] 了解しました。NUL終端を期待するようなコーディングはしないように
  7097 [matz@ne la .] その通りでした。これはバグと認定します。

[BUG?] load in thread
7091 [keiju@Ra io ] どうも動作がおかしいような気がします.
7092 [matz@ne la .] そうなんですか?
7093 [keiju@Ra io ] そうですね. もうっと状況は複雑でしたが...
7094 [matz@ne la .] あ、なるほど。
7095 [matz@ne la .] しょうがないんで require するファイル名をキーにして、ファイ

pack("Z")
7098 [JCA02266@ni ] ruby 1.3.4 (1999-06-04) [i586-linux]
7100 [matz@ne la .] あ、しまった。テストしてないのがバレバレ。

Etc.group
7099 [tadf@kt ri .] Etc.group を普通のメソッドとして呼び出しつづけるとコアダンプします。
7101 [matz@ne la .] あ、確かに。修正します。でもここは例外よりはQnilを返すように
7107 [tadf@kt ri .] あ、そうそう。僕もそう思ったんですが、とりあえず、Etc.passwd のほうの
7136 [matz@ne la .] まったくもっておっしゃる通りです。私ってどうしてこう抜けてる

Ruby 1.3.4-990611
7102 [matz@ne la .] md5sum is
+ 7103 [watanabe@as ] デートに行く前に cvs add cygwin/GNUmakefile.in もよろしくね.
| 7104 [matz@ne la .] おおっ、忘れてた。今 add して commit しておきました。
+ 7105 [nagai@du bo ] 急ぎ確認しました.
| 7106 [matz@ne la .] 感謝します。取り込まなきゃ。
+ 7108 [JCA02266@ni ] Ruby/Tk がCPUを占有してしまいます。
| 7123 [nagai@du bo ] JCA02266> Ruby/Tk がCPUを占有してしまいます。
| + 7126 [JCA02266@ni ] 新井@制御 九工大 学卒です(^^
| | 7127 [JCA02266@ni ] って全然ダメでした。ボタン等の反応悪すぎ!
| | 7129 [matz@ne la .] かろうじて復帰しました。まだ本調子じゃないです。
| | + 7130 [nagai@du bo ] おかえりなさい.(^_^)
| | + 7134 [matz@ne la .] 以下のパッチで大丈夫のようです。試してみる人はいますか?
| |   7143 [JCA02266@ni ] 試してみました。といってもそんなに、Ruby/Tkを使っ
| + 7145 [matz@ne la .] この「スーパークラスの定数との名称衝突」問題は良い解決方法が
+ 7109 [tetsu@jp .h ] 動きが変わったのでお知らせします。
| 7159 [matz@ne la .] どうもです。
| 7160 [tetsu@jp .h ] 病み上がりなのにお疲れ様でした?
+ 7118 [oda@bs 1. ne] ruby with VC++ で select が使えるようになるパッチです。
  7138 [matz@ne la .] パッチを取り込む方で検討します。
  7144 [oda@bs 1. ne] [[ruby-dev:7138] Re: Ruby 1.3.4-990611]

--enable-shared support
7110 [komatsu@sa i] instruby.rbとconfigure.inの--enable-sharedパッチです。
+ 7111 [tetsu@jp .h ] 私は共有ライブラリ version をつくっていなくて気がつきま
| 7114 [komatsu@sa i] In the message of [ruby-dev:7111] Re: --enable-shared support
| 7115 [tetsu@jp .h ] HP-UX の話題です。
| + 7116 [watanabe@as ] perl 5.000 だと単純に script も shared library も 0644 だっ
| | 7119 [komatsu@sa i] In the message of [ruby-dev:7116] Re: --enable-shared support
| | 7124 [komatsu@sa i] In the message of [ruby-dev:7119] Re: --enable-shared support
| + 7120 [komatsu@sa i] In the message of [ruby-dev:7115] Re: --enable-shared support
|   7121 [tetsu@jp .h ] HP-UX 10.20 用には trace というのがあります。
|   7125 [komatsu@sa i] In the message of [ruby-dev:7121] Re: --enable-shared support
+ 7147 [matz@ne la .] 一連の情報に感謝します。[7110],[7119],[7110]のパッチを取り込
threads.html
top