6250-6570

5978-6471 subjects 6521-6734

OMITTAG (SGML) (Re: Range)
6250 [wakou@fs ne ] ああ、そうですよね。省略可、不可の意とはわかっていましたが、O から

米国からコンタクトレンズの個人輸入のご案内 !!!
6257 [dmservice@jb] コンタクトをご利用なさってない方には大変申し訳有りません。

str +=
6259 [tetsu@jp .h ] 文字列を += すると、かなりメモリを使います。
6261 [wakou@fs ne ] でていました。telnet.rb で私が引っかかった時ですね。
+ 6262 [tetsu@jp .h ] やっぱり、青山さんでしたね。検索のキーワードが
+ 6287 [ikarashi@it ] 一律に += を concatにすると、
  6306 [wakou@fs ne ] そうそう。そうなんですよね。それもわかっていなかったんです。その時。
  6333 [ikarashi@it ] 私は Ruby の前は Java に触っていたので、こういう変数の

Re: [ruby-list:12784] String#index, String#unpack
6276 [ikarashi@it ] offsetが負の場合は、offset..-1の範囲ではマッチするはずがないので
6279 [matz@ne la .] []などの仕様とあわせて,offsetが負の場合
+ 6283 [ikarashi@it ] 最後の abs(offset)文字を検索対象とする、ですか。
+ 6284 [ikarashi@it ] 書き忘れました。
  6285 [matz@ne la .] だって "abcde" の文字列先頭と"a"の間に空文字列があるじゃない
  6286 [ikarashi@it ] うーん、そんな気もしたんですが、
  6291 [matz@ne la .] あ,しまった.そういうケースを見落としていた.

ruby-mode.el
6278 [ikarashi@it ] 原因は全くわからないのですが、
6280 [matz@ne la .] ruby-mode.elのバグです.パッチをどうぞ

[REQ] interh.h
6288 [shugo@ne la ] intern.hに以下の関数を追加していただけないでしょうか。
6315 [matz@ne la .] ruby_setenv/ruby_unsetenvはutil.hにあります.
6326 [shugo@ne la ] 了解です。
6327 [matz@ne la .] time.hはまずいでしょう.rubytime.h? あ,なんか美しくない.
6342 [shugo@ne la ] ああ、そうですね。

[PATCH] nkf.c
6313 [eban@os ri .] nkf module って mime_f が最初から立ってるらしく

[REQ] mkmf.rb
6323 [yasuf@bi .o ] ...
6324 [matz@ne la .] では,少なくともしばらくはそうしてみましょう.

Re: Ruby 1.3.1-990315
6328 [watanabe@as ] rfc822.rb がこれにもろ依存してました.
6329 [matz@ne la .] あー,そーかあ.安易に変更したけどいろいろ大変だったかも.
6331 [wakou@fs ne ] 元の主張を通すのならば、
+ 6332 [ttate@ja st ] eval.cにバグらしきところがありe2mmap.rbのロードに
| 6334 [JCA02266@ni ] # うーん、バージョンアップ早すぎでない?
| + 6335 [JCA02266@ni ] ruby.c の proc_options() は、argv の最後の要素に
| | 6337 [tetsu@jp .h ] ごめんなさい。ごめんなさい。
| | 6345 [matz@ne la .] いやあ,再チェックしない私も悪いんですが.
| + 6339 [matz@ne la .] まあ,日付が付いてるのはスナップショット的意味があるんで,こ
|   6367 [JCA02266@ni ] 後で、思い直して[ruby-dev:6335]を書き直したんです
+ 6338 [matz@ne la .] ま,それがスジではありますが,スジを通すばかりでも住みにくい
  6347 [wakou@fs ne ] "\n" =~ /\n$/ については [ruby-dev:6277] に書いたように、^ の挙動から
  6348 [matz@ne la .] げげげ,そういえば $* の指定と /s /m は働きが違うと以前聞い
  + 6349 [kimura@sq .c] $*の採用見送りはそれで良いと思います。perl でも obsoleteだからも
  + 6350 [wakou@fs ne ] 凄いですよね。[ruby-dev:6331] に書いたように \A \Z が無い Perl 4 での
    6353 [matz@ne la .] ふーむ,[ruby-dev:6349]での木村さんのメールでは POSIX では
    + 6354 [wakou@fs ne ] そのような感じみたいですね。
    | + 6355 [matz@ne la .] Rubyの$と\Zの挙動はまさに
    | | + 6357 [yoshidam@yo ] Socket.gethostbyname が動かないみたいです。
    | | | 6377 [matz@ne la .] あ,ほんとだ.すいません.パッチ感謝します.
    | | + 6363 [inaba@st ri ] ちょっとだけ。
    | | + 6378 [wakou@fs ne ] すでに実装されて長いので、変更するのではなく、やはりオプションでの切替
    | |   6384 [matz@ne la .] でしょうね.オプション文字を考えないといけませんねえ.
    | |   6449 [kimura@sq .c] 毎度おなじみ(?)のruby.defの変更点です。
    | |   6456 [matz@ne la .] 取り込みます.
    | + 6368 [JCA02266@ni ] perl5.005 から、文字列の末尾だけにマッチする\zが追
    |   6375 [matz@ne la .] 稲葉さんからも指摘がありました.で,全然記録に残ってないので
    + 6370 [matz@ne la .] というわけで,試しに実装してみたんですが,複数行マッチ(現状

sprintf
6330 [tadf@kt ri .] どうも、spritnf で引数の数の検査がうまくできてないみたいです。
6340 [matz@ne la .] 確かに.パッチ感謝します.

security level
6336 [ttate@ja st ] $SAFEをすることでその後の変更がきかなくなるのは分かるの
+ 6341 [matz@ne la .] $SAFEはスレッドローカル変数なので
| 6344 [ttate@ja st ] おぉ! (感動)
| 6346 [matz@ne la .] 現状では4まであって,以下のようになってます.
+ 6343 [shugo@ne la ] $SAFEはスレッドローカルなので、

patch to ruby-1.3.1-990315, suppress warnings
6351 [hayasaka@ch ] ruby-1.3.1-990315 への patch です。これを当てると、compile
6352 [matz@ne la .] egcsではwarningが出るですか.パッチ採用しましょう.

[PATCH] ext/extmk.rb
6356 [watanabe@as ] 拡張ライブラリを静的にリンクしようとすると無限に make し続けます.
+ 6360 [fit0298@fi e] 有馬@FITECです。
| 6373 [matz@ne la .] 1.3.1-990315では追加されてます.
| 6405 [fit0298@fi e] 有馬@FITECです。
+ 6374 [matz@ne la .] おろろ.ruby 1.2で同様のバグを修正したばかりだったのに.

Re: array[last..first] (Re: Subseq of Array)"
6359 [toyofuku@ju ] 遅い反応ですが。
6372 [matz@ne la .] 現状ではそういうのは文法的にもRangeの機能としても許容してま

Re: do you have need of the beginning/end of word? (Re: Ruby 1.3.1-990315)
6369 [JCA02266@ni ] せっかくなので、正規表現\<, \> の必要性についても
6433 [JCA02266@ni ] コメントがつかない…。うーん、やっぱり今更なのか?
6440 [wakou@fs ne ] 何度か話は出ているのですが、どうも \^x の時のようにあっては困るという
6493 [JCA02266@ni ] 正規表現に不慣れな人、\<、\> が唯一の例外であるこ
6504 [wakou@fs ne ] 実は私も例外だという事を知りませんでした... マニュアルを見た時に何か見
6508 [kjana@os xa ] かわいそうな ed/sed/grep.... (^^;
6520 [wakou@fs ne ] あ、いえ、そこまでは考えていませんでした。
6524 [inaba@sd .t ] UNIXのegrepはそうですよね.
+ 6525 [wakou@fs ne ] ああ、なるほど。\w と \b を単体でしか考えていませんでした。組み合わせ
+ 6528 [matz@ne la .] ですね.伝統という点ではそれほど問題があるとは思っていません.
+ 6531 [JCA02266@ni ] そう、妥協できちゃうんですよね。慣れてる人って、で

Open CVS (Re:  Re: Ruby 1.3.1-990315)
6376 [matz@ne la .] わけはですね,Open CVSの設定がまだうまくいってないからです.
6436 [JCA02266@ni ] おぉ、(少しは^^;)取り掛かってるんですね。
6438 [hisa@im sy o] 藤本です、こんにちは。
6444 [matz@ne la .] だれか上記のマシンにloginアカウントを差し上げますから,設定
6453 [hisa@im sy o] アカウントの登録というのは、CVSサーバにリードオンリーなアクセスを許
6455 [matz@ne la .] そうですね.CVSROOT/{passwd,readers,writers} に書き込むこと
6458 [hisa@im sy o] 僕はCVSROOT/{passwd,readers,writers}という設定があることすら気づいて

regexp
6382 [kimura@sq .c] そうか、$が行末にマッチしても .が greedyにマッチしていくので途中
6383 [matz@ne la .] そーなんです./s のような単行マッチの場合にはまったく問題な
6385 [wakou@fs ne ] c にして /m とか。
6386 [matz@ne la .] うーむ,Perlの/s相当を/mとするのには勇気が要りますね.
6388 [wakou@fs ne ] /s がすでに非互換という事で /m が利用しやすいかな。と、見方を変えて逃
+ 6389 [kimura@sq .c] 前回書き忘れてましたが、`.'は改行にはマッチしますがNULにはマッチ
| 6398 [wakou@fs ne ] もし文字列の先頭末尾*のみ*だとするとちょっと使いにくそうですね。
+ 6457 [matz@ne la .] /pはよさそうですね.というわけで,LWCJの合間に試しに実装して
  + 6459 [kimura@sq .c] POSIXでは^$はそれぞれ論理的な文字列の開始位置、終了位置にマッチ
  | 6460 [matz@ne la .] もうひとつ甘えて申し訳ないですが,なぜわざわざNULにマッチし
  | + 6462 [kimura@sq .c] .の定義に直接書いてあるのは間違いないんですが、理由まで言及して
  | + 6472 [kimura@sq .c] すいません、ここ補足です。(POSIXの規則では)^$は常にanchorとして
  |   6474 [matz@ne la .] 実は最近までRubyの正規表現は文脈によって ^$ をメタ文字として
  + 6461 [wakou@fs ne ] ^$ が改行前後にマッチしないのは不便そうな感じもしますが、元々の定義が
    + 6464 [matz@ne la .] できないような気がします.で,
    | 6466 [wakou@fs ne ] おお、なるほど。
    | 6467 [inaba@sd .t ] (?-p:^)でしょうか?
    + 6465 [wakou@fs ne ] とりあえずは \n を帰してやるといったとこでしょうかね。

value of NODE_DEFN
6391 [shugo@ne la ] 現在の、スコープにvisibilityに関する情報を持たせる方法は、クラスが小

class_eval{} SEGVs in 1.3.1-990315
6402 [inaba@sd .t ] [ruby-list:12983]でみつけた1.3.1-990315のバグですが, 単純に
+ 6407 [ttate@ja st ] [ruby-dev:6332]で流したパッチで解消されませんか?
| 6408 [inaba@sd .t ] いや, まさに同じ所で, 解消されました.
+ 6422 [matz@ne la .] 東京行きの飛行機の中でデバッグしました.

[BUG?] bignum "&" and "or"
6403 [ikarashi@it ] bignumの & と | の動作がおかしいようです。
6421 [matz@ne la .] 符号の計算が間違ってました.&は||,|は||で求めるんですね.

[BUG] select
6404 [wakou@fs ne ] select で落ちます。
+ 6406 [tetsu@jp .h ] 多くの方は LinuxWorld へいっているんでしょうか?
+ 6420 [matz@ne la .] selectの引数がIOでなかった時の対応が不完全でした.

Exceptoions in IEEE754 (Re: Precision in Mathematica)
6409 [gotoken@ma h] # スレッドが発散するとメンドイのでまとめました
6418 [keiju@ra io ] なるほど. Rubyの例外のようなものをいっていたわけではないんですね.
6448 [gotoken@ma h] 間違えました.要するに Intel の FPU 8087 の後継です.
6511 [keiju@Ra io ] はいはい. 懐かしいですね(^^;;;

[PATCH] string.c@1.2.3 (Re: eRuby)
6410 [yasuf@bi .o ] ...

[PATCH] END, at_exit (Re: profiler)
6411 [watanabe@as ] ruby-dev にいきなり.
+ 6414 [tetsu@jp .h ] このパッチ、うれしかったりして。
+ 6424 [matz@ne la .] やっと今大量のメールをさばいてます.

Kconv.kconv("", Kconv::EUC, Kconv::JIS)
6415 [wakou@fs ne ] オフは何人ぐらい集まったんでしょうね。

[REQ] Object#+@ as identity (Re: [REQ] p -10 == p(-10))
6416 [inaba@st ri ] ちょっと前ですが、
6432 [matz@ne la .] うーん,どうなんでしょう? 確信が持てないので,もうちょっと
6439 [inaba@st ri ] はい、では補足説明をします。
6441 [matz@ne la .] ???????? ????????????
+ 6450 [inaba@sd .t ] 本題はまだですが, 一言書いておこうと思って忘れていた`identity'
+ 6546 [inaba@st ri ] ずいぶん時間がたちましたが、いまだに名案はありませんので、そろそろ
  6550 [matz@ne la .] ???????? ????????????
  6553 [inaba@st ri ] こー言われてしまったので、もうちょっと考えてみたのですが、やっぱり
  6561 [matz@ne la .] うーむ,
  6562 [inaba@sd .t ] はい, 予想どおりです:->

nonzero? should return nil
6417 [inaba@st ri ] つまらないこだわりかもしれませんが
6431 [matz@ne la .] むむむ,納得のできる基準ですね.そのようにしましょう.となる
6437 [inaba@st ri ] よろしくお願いします。

[PATCH] nkf.c (Re: Kconv.kconv("", Kconv::EUC, Kconv::JIS))
6419 [eban@os ri .] 25 人ぐらい. LWCJ 関係の人もなだれこんできました.
6423 [wakou@fs ne ] さっそくの対応ありがとうございます。

[BUG] unsaved context
6425 [ttate@ja st ] 以下のようなバグが起こります。

wrong line number
6426 [JCA02266@ni ] 1  #!/usr/local/bin/ruby
+ 6429 [matz@ne la .] なんだか,あちこちの行番号の調整が絡み合ってややこしいことに
| 6435 [JCA02266@ni ] よろしくお願いします。ruby -d でデタラメなとこを参
| 6445 [matz@ne la .] デバッグ用に関数 nodeline と nodetype があります.要するに
+ 6570 [JCA02266@ni ] ruby-1.3.2 になって、また行番号の出力が変わったの

invalid argument check in specify_eval() 
6427 [JCA02266@ni ] argc=0、argv=0で、specify_eval()がコールされたときに、
6428 [JCA02266@ni ] あぁ、失礼。[ruby-dev:6332]で解決してるんですね。

[PATCH] Re: unsaved context
6430 [matz@ne la .] レポートありがとうございます.

Time#+
6434 [JCA02266@ni ] 以下は、ちょっと使いにくいと思うです。
6442 [matz@ne la .] こちらはうちでは GMT になりました.なにが違うんでしょうか.
+ 6452 [ikarashi@it ] 「意味」というのはわからないんですが、このモードというのは
| 6469 [tadf@kt ri .] 新井さんがいっているのは、最近青山さんもいわれたことですよね。それにつ
| + 6470 [wakou@fs ne ] なるほど。現在の Time オブジェクトはタイムゾーン情報は含めていないとい
| + 6486 [ikarashi@it ] Stringが扱っているのは、EUCでもJISでもありません。
| | 6492 [tadf@kt ri .] そりゃ、違うんじゃないですか。
| | + 6498 [matz@ne la .] そーなんですよ.とりあえず990324に含めてみたのはこの程度のウ
| | | 6514 [ikarashi@it ] 時刻を扱うモノと、時刻の表現を扱うモノを分離するということですか?
| | | 6518 [matz@ne la .] そんな感じですね.時刻オブジェクトをstruct timeval相当に限定
| | + 6513 [ikarashi@it ] 文脈を考えるとヘンですね。
| + 6495 [JCA02266@ni ] 見つけました。[ruby-list:12776]ですね。dump/loadに
|   6496 [tadf@kt ri .] JCA02266> gmtime/localtimeの違いが表示のときだけにしか影響な
|   6530 [JCA02266@ni ] あぁ、これは平謝りするしかありません。失礼しました。
|   6533 [tadf@kt ri .] JCA02266> 最初から誤解があった上での自分の意見です。どうか御
+ 6494 [JCA02266@ni ] うちでは、
  + 6497 [tadf@kt ri .] JCA02266> 意味ですか。うーん、深い考えを持たないので、他の人
  | 6516 [matz@ne la .] [ruby-dev:6498]でも述べたようにとりあえずこのウソがどこまで
  + 6501 [matz@ne la .] libc5の問題ですかね.うちはlibc6なんで.

Thread#status (Re:  Re: nonzero? should return nil)
6443 [matz@ne la .] falseは正常終了したとき,nilは例外終了したときです.マニュア

sub("string", "string")
6446 [wakou@fs ne ] $ ruby -e 'p "a^a^a".split(/\^/)'
6478 [matz@ne la .] 文字列によるsplitは1文字に限り,文字列のまま検索してますね.
6479 [wakou@fs ne ] ああ、なるほど。1文字の時だけだったのですか。
6480 [matz@ne la .] 実は
6487 [wakou@fs ne ] おお、なんか、凄いですね。
6488 [gotoken@ma h] "a^a".sub("^a","**a") #=> "a**a" ということでしょうか??
6507 [watanabe@as ] String は Regexp に変換しないということですね.
6519 [wakou@fs ne ] EUC ではこのあたりですか。

Bigfloat
6447 [gotoken@ma h] # えっと,Bigfloat について僕がいちゃもん(?)をつけたところから
6510 [keiju@Ra io ] はい.
6527 [gotoken@ma h] あ,よく考えてみると,Bigfloat では,指数部を Integer に

AC_C_CONST (Re:  Ruby 1.3.1-990315)
6451 [eguchi@sh zu] 最近 const が大々的に採り入れられていますが、
6454 [matz@ne la .] むむむ,取り込みます.

look behind (Re:  Re: regexp)
6468 [matz@ne la .] 将来いつかサポートしたいとは常々思ってますが,これが「現状の

BUG report
6473 [ttate@ja st ] ruby-1.2.3,1.3.1の両方に共通のバグに遭遇しましたので
6477 [matz@ne la .] レポート感謝します.要するに直接連結していないスコープを回収

String#[]=
6475 [yoshidam@yo ] いつの間にか str[indx] = val の val に整数が使えなくなってい
6476 [matz@ne la .] いいえ,私のミスです.修正版は今週には出します.

Ruby 1.3.1-990324
6481 [matz@ev ne l] md5sum is
6482 [eguchi@sh zu] FreeBSD-2.2.8 と SunOS-4.1.4_JLE でコンパイルしましたが、
6483 [matz@ne la .] あらら,失敗ですね.そうか,loadを忘れてた.

Ruby 1.3.1-990324
6484 [matz@ev ne l] md5sum is

[bug] same 'hash' value
6485 [aamine@dp u-] 1.3になってから、同じhashを持つキーが複数ある場合のHashの
6500 [matz@ne la .] ハッシュ関数の一致検出にバグがありました.

Re: Set (was BUG report)
6489 [kjana@os xa ] 本題はさておき,
6490 [ttate@ja st ] 、、、、(^^;

about cur_mid
6491 [ttate@ja st ] ruby-1.3.1-990324ではevalの中ではメソッド定義
6499 [matz@ne la .] そーかあ,cur_midを再利用しようという怠けた心が現況ですね.
6502 [ttate@ja st ] まだ、ダメそうです。
6503 [matz@ne la .] 実行するとエラーが出ますか? それともなにか特定の操作をする
6505 [wakou@fs ne ] こちらでも先のパッチをあてても動きませんでした。
+ 6506 [ttate@ja st ] 僕もまったく同じエラーです。
+ 6509 [matz@ne la .] えー,そんなあ.which rubyで見ると古いのが動いてたなんて単純
  6512 [watanabe@as ] こっちも同じエラーになります. 普段使わない NetBSD で試してみ
  + 6515 [ttate@ja st ] どうやらそのようでした。以下にパッチを添付します。
  + 6517 [matz@ne la .] ぴんぽん.自宅なもんで,CVS使わずにパッチを作ったのが敗因で
threads.html
top