5010-6400

4890-5955 subjects 5217-6401

#{\n}\\ in heredoc
5010 [JCA02266@ni ] ruby-1.2.3のリリースもあるので、取り急ぎ報告。(勘
5069 [matz@ne la .] バグです.here_docの中の#{}に改行を含むとその末尾を含む行を
5412 [JCA02266@ni ] 遅ればせながら ruby-1.2.3を頂いたのですが、
+ 5421 [JCA02266@ni ] ダメでした。
+ 5466 [matz@ne la .] あ,取り込むの忘れました.パッチ感謝します.

[BUG] 'p Class.new' on 'ruby 1.3.1(99/02/05)'
5021 [gotoken@ma h] % ruby -ve 'p Class.new'
5049 [matz@ne la .] おぼろげな記憶によればこのバグは修正したような気がします.

[REQ] nand/nor/xor (Re:  Re: parse error "and")
5045 [eguchi@sh zu] えぐち> えぐち@エスアンドイー です。
5068 [matz@ne la .] 単項の ! は今でもargですよね.後はnotをどうするかですか.
5073 [eguchi@sh zu] なるほど、なっとくです。
5168 [matz@ne la .] え? そうなんですか.知らなかった.
5174 [eguchi@sh zu] 我ながらセンスないです ^^;;;
5183 [matz@ne la .] 後者です.論理回路の実習でした.なんか物理的な存在がかかわる
5216 [eguchi@sh zu] もしかして、物理的なディバイスの事考えると、考えがまとまる私は少数派?

[BUG] String#inspect (Re: Ruby 1.3.1-990210)
5051 [yasuf@bi .o ] ...
5052 [matz@ne la .] おお,感謝します.

little bug in lib/weakref.rb
5054 [aamine@dp u-] ライブラリのweakref.rbのなかにちょっとしたミスを
5055 [matz@ne la .] あ,そうそう.hashは転送しないことにしたんでした.

Re: 10e9999.to_i
5061 [toyofuku@ju ] どこまで最適するのか興味があります。
5065 [eguchi@sh zu] gcc-2.7.2.1 / egcs-1.1.1 / TenDRA-4.1.2.

patch (mswin32)
5075 [kbk@kt ri .o] ruby-1.3.1-990210 に対する差分です。mode_tという型がよくわからな
+ 5079 [eban@os ri .] でしょ. 全部でいいなら dumpbin(だっけ?) でいけると思うんだけど.
+ 5087 [eguchi@sh zu] configure.in に  AC_TYPE_MODE_T を追加して
| 5088 [kbk@kt ri .o] [ruby-dev:5079] Re: patch (mswin32)
| + 5089 [kbk@kt ri .o] あ、intなんですね。ビットフラグだから符号無しかと思いました。
| + 5091 [eban@os ri .] ファイル名は Win32API.c なのに extinit.c に Init_win32api と
|   + 5093 [masaki.suket] 多分そうです.
|   | 5095 [kimura@sq .c] 云われてみれば確かにそういうことをしていたような…。大小文字を
|   | 5096 [masaki.suket] 変換する必要は無いと思うので,やらない方に一票.
|   + 5106 [matz@ne la .] 了解です.
+ 5114 [matz@ne la .] パッチは取り込みます.が,mode_tは本体で参照しないようにしま

[req] cgi-lib NPH support 
5083 [shugo@ne la ] ...
5098 [wakou@fs ne ] mod_perl は使った事が無いのですが、CGI.pm にこのようなコードがあります。
5120 [shugo@ne la ] 僕も実はmod_perlを使ったことがないので、CGI.pmを見て真似しました(^_^;
5128 [wakou@fs ne ] あ、そうでしたか。実はどうせだからと最新の 2.46 を見ていたのですが、ちょ
5143 [shugo@ne la ] なるほど、ではそういうのも用意します。
5153 [wakou@fs ne ] おお! ですが、まともに mod_perl を追いかけると大変そうな感じです。
5158 [shugo@ne la ] mod_rubyのハンドラでrequest_recという構造体を受けとるのです
5179 [wakou@fs ne ] なるほど。内容は見ていませんが、ap_send_http_header() なんていうのも見
5184 [matz@ne la .] これは諸刃の剣で,おかげでロードされなくて高速化に貢献してた
5190 [wakou@fs ne ] とりあえず、mod_perl-1.18/apache-modlist.html にこんなのがありました。
5228 [wakou@fs ne ] これ、単純に再読み込みではだめですね。定数が再定義不可で引っかかります。

[PATCH] (Re:  [PATCH] configure w/ isinf())
5084 [eguchi@sh zu] ruby-dev:5007 で扱った無限/非数の整数への変換
5169 [matz@ne la .] このパッチを取り込もうと思うのですが,ちょっとだけ気になる点
5175 [eguchi@sh zu] 長いのは、構わないと思います。(このくらいなら)
5185 [matz@ne la .] そうですね.で,結局どちらが適切なんでしょう? 将来,
5186 [gotoken@ma h] 既存の IndexError や TypeError も広い解釈では DomainError
5188 [matz@ne la .] なるほど,説得力があります.

[ruby-list:12065] Re: document|implemnt bu on Array#[x..y]
5085 [inaba@sd .t ] 稲葉です. ruby-devにふります.

[FIX] checking whether [sg]etpgrp takes no argument
5086 [eguchi@sh zu] getpgrp()/setpgrp() 引数数錯誤と mode_t の検査追加のパッチです。
5113 [matz@ne la .] そんなのあったんですね.感謝です.
5126 [eguchi@sh zu] あったみたいです。
5133 [matz@ne la .] setpgrp2があるプラットフォームはsetpgrpの挙動が非互換だった

[PATCH] printf の %g
5090 [eguchi@sh zu] ruby の printf系 のメソッドには %g はありますが、
5105 [matz@ne la .] いいえ,忘れてただけです.パッチ感謝します.

Time#yday
5092 [tadf@kt ri .] tm_yday は 0-365 なんですが、strftime(3) の %j は 1-366 なんですよね。
5104 [matz@ne la .] むむむ,yearの+1900は当然として,monの+1は「日本の月表示と合
5121 [tadf@kt ri .] もートコトンお付き合いしますです。
5132 [matz@ne la .] 感謝します.

[PATCH] infinite loop of inspect (ruby-1.2.2)
5099 [gotoken@ma h] ruby 1.2.2(99/01/21) の話ですが,inspect が無限ループした
+ 5100 [gotoken@ma h] ごとけん
+ 5103 [matz@ne la .] inspectの無限ループ対応はいちおう1.3系のフィーチャになってま
  5107 [gotoken@ma h] 1.3系のフィーチャなのでしたか.ちょっと残念 (^^;;
  5109 [matz@ne la .] すみません.
  5118 [gotoken@ma h] 考えようによっては,開発版と安定版があって,安定版固有の

[PATCH] p [[]] (--disable-thread ruby-1.3.1-990210)
5101 [gotoken@ma h] というわけで --diable-thread で作った ruby-1.3.1-990210 の
5102 [matz@ne la .] パッチ感謝します.

Ruby 1.3.1-990215
5119 [matz@ev ne l] md5sum is
+ 5123 [watanabe@as ] nkf module が新たに加わったようですけど str_cat じゃまずいっす.
| + 5124 [watanabe@as ] しまった. BINARY と UNKNOWN も追加しないとまずいですね.
| + 5131 [matz@ne la .] おっ,気が付かなかった.古いnkfがライセンス的に微妙であると
|   5134 [tetsu@jp .h ] うれしいです。
+ 5382 [tetsu@jp .h ] File.open は次のような使い方ができますけど
  5404 [matz@ne la .] 感謝します.取り込みます.
  5420 [tetsu@jp .h ] よろしくお願いします。
  5435 [matz@ne la .] 確認ですけど問題になるのは関数引数の宣言形式だけですか? い
  5440 [tetsu@jp .h ] とりあえず、プロトタイプ宣言だけを外してみたら、コンパイ
  5448 [matz@ne la .] 情報感謝です.
  5452 [watanabe@as ] それと sun4 cc だと static int hoge(); してるのに実体は

Re: [ruby-list:12091] Re: !=~
5130 [ttate@ja st ] 僕はPerlが不得手なので !=~ の方が良かったりします。

nkf module (Re: Ruby 1.3.1-990215)
5135 [akira@ar ka ] というわけですので, nkf module がちゃんと動いて

mod_ruby-0.0.2(Re: [req] cgi-lib NPH support)
5136 [wakou@fs ne ] mod_ruby-0.0.2 ですが、ruby-1.2.2, ruby-1.2.3, ruby-1.3 ではコンパイル
5140 [shugo@ne la ] すいません、mod_rubyはruby-1.3系の最新でしか動きません:-(
+ 5142 [matz@ne la .] かどうかはわかりませんが,このバグ直したと思い込んでましたが,
| + 5144 [gotoken@ma h] パッチありがとうございます.
| + 5146 [shugo@ne la ] 関係ないみたいです(^_^;
|   + 5148 [matz@ne la .] ふえーん,私のところでは絶好調です。なんどやっても落ちません。
|   | 5149 [shugo@ne la ] う、そうですか。
|   + 5152 [wakou@fs ne ] ノーマル Pentium & Debian Hamm & ruby-1.3.1-990128 & mod_ruby-0.0.2 で
+ 5151 [wakou@fs ne ] オプション無しで ruby configure.rb で OK なんですね。便利。
  + 5154 [wakou@fs ne ] mod_ruby.c の rb_setenv の定義が無効になっていました。これを変更したと
  | 5159 [shugo@ne la ] あ、ぼけていました。
  + 5155 [matz@ne la .] そうなんですよ.ENV["GATEWAY_INTERFACE"]はでるんですけどね.
  | 5160 [shugo@ne la ] 実は[]のoverrideをやめて環境変数をsetしてしまうことにしました。
  | + 5162 [matz@ne la .] もうしばらくここでやりましょう.で,やっぱり多いようなら作り
  | + 5180 [wakou@fs ne ] これは環境変数をセットする場合は rb_setenv() を有効という事ですよね。
  |   + 5289 [wakou@fs ne ] 環境変数について続報。
  |   + 5291 [wakou@fs ne ] こまごまと申し訳ないですが、
  |     5297 [shugo@ne la ] 特に環境変数で渡す必要もないように思ったので、MOD_RUBYという
  |     5313 [wakou@fs ne ] apache の起動時に怒られました。
  |     + 5333 [shugo@ne la ] ああ、すみませんm(..)m
  |     + 5335 [wakou@fs ne ] 補足。MOD_RUBY ではなく、ENV['MOD_RUBY'] にセットしています。
  + 5157 [shugo@ne la ] Debianでは変更の必要はないですね(^_^;
    5178 [wakou@fs ne ] あ、他では指定が必要な場合もあったのですか。内容は見ていなかったので気
    5199 [wakou@fs ne ] text/html 以外のヘッダを出力するとエラーになります。
    5290 [wakou@fs ne ] 勘違いでした。text/plain も通ります。しかし、やはりヘッダは付け換えて
    + 5292 [yasuf@bi .o ] 確認はしていませんが、Apacheは最初から(少なくとも1.0.0では)そうなって
    | 5294 [wakou@fs ne ] ああ、本当ですね。とりあえず 1.3.0 でも同じ動作でした。という事は、
    + 5296 [shugo@ne la ] 福間さんのご指摘どおり非NPHモード(なんか冗長な表現ですね)の
      5315 [wakou@fs ne ] Cookie, Expires がある時は Date を付けるようにしていますが、それだけの
      5375 [shugo@ne la ] 何となく自動的に付けるヘッダは必要最小限の方がよいかなと思っ
      5378 [wakou@fs ne ] apache での出力がその必要最小限の基準になるかなと思ったわけです。この

[req] rb_setenv()
5141 [shugo@ne la ] hash.cでmy_setenv()というのができたみたいですが、
5145 [matz@ne la .] 了解です。my_setenv()をruby_setenv()に改名してexportします。
+ 5147 [kimura@sq .c] ダイナミックリンクする拡張モジュールで使っていなければなくても、
+ 5150 [shugo@ne la ] では、ruby_unsetenv()をお願いします(^_^;
  5156 [matz@ne la .] 私はやさしいので
  5161 [shugo@ne la ] (^_^;

exception
5164 [gotoken@ma h] class MyErr < Exception
+ 5165 [gotoken@ma h] typo 発見(汗;
+ 5182 [matz@ne la .] いえ,バグです.パッチを付けときます.
  5240 [keiju@Ra io ] e2mmap.rbとmatrix.rb両方に問題がありましたので, 両方を送ります.
  5243 [matz@ne la .] 取り込みます.

mod_ruby 0.0.4
5176 [shugo@ne la ] mod_ruby-0.0.4.tar.gzをin.comingに置きました。
5219 [wakou@fs ne ] こんな感じですか。なるほど。ちなみに mod_perl-1.18/faq/mod_perl_faq.pod
5222 [shugo@ne la ] あ、忘れていましたが、mod_rubyに添付のパッチのように
+ 5223 [wakou@fs ne ] 速いですね。
| + 5225 [wakou@fs ne ] やっと落ちました。$>.sync で落ちます。STDOUT.sync は落ちません。
| | 5227 [wakou@fs ne ] 訂正。
| + 5255 [shugo@ne la ] はい。
+ 5293 [wakou@fs ne ] で、落ちました。また、リクエストの一覧はどうやって得るのかな、とこんな
  5295 [shugo@ne la ] in.comingにmod_ruby-0.0.5.tar.gzをputしました。
  5314 [wakou@fs ne ] 0.0.5 では落ちませんでした。0.0.4 の時は、/var/run/apache.* が残ったま

Re: [ruby-list:12113] ruby 1.2.3 released
5181 [yasuf@bi .o ] 2つめはruby-devにふります。
5195 [matz@ne la .] 感謝です.
5264 [adachi@tp ga] 遅れ馳せながら、1.2.3をインストールしてみました。
+ 5267 [matz@ne la .] そろそろ(もう?)1.2.4が必要そうですね.
+ 5288 [yasuf@bi .o ] ううむ。具体的にどういう環境で、どのへんでこけるんでしょう。
  5306 [adachi@tp ga] もうちょっと具体的に言うと、こうです。
  5369 [yasuf@bi .o ] あらら。

[REQ][PATCH] (Re:  Re: [REQ] nand/nor/xor )
5187 [eguchi@ca iv] えぐち> えぐち@エスアンドイー です。

Ruby 2.0 (Re:  Re: a genericity)
5192 [matz@ne la .] Ruby 2.0の話が出ましたが,最近まで今の1.3が安定したら2.0にし
5193 [keiju@Ra io ] まえに, せっかく2.0なのでキーワード引数をといった覚えがありますが,
5194 [matz@ne la .] ということで,そういうことにします.> みなさん

[PATCH] Re: a genericity
5196 [gotoken@ma h] ということで,prec.c から coerce を削ってください(パッチ付).
5197 [matz@ne la .] 了解です.

Bigfloat [compare to NaN]
5200 [keiju@Ra io ] 全然そんなことないですよ(^^;;;
+ 5203 [gotoken@ma h] Fixfraction を完成させてから参入しようと思ってたのですが
| 5209 [keiju@Ra io ] ですね.
| + 5212 [eguchi@sh zu] 単に、確定申告が近い時期の反動です(^^)。
| | + 5232 [gotoken@ma h] そういえばもう始ま{った,る}んですね.行かなきゃ.
| | + 5235 [keiju@Ra io ] # そういえば, 私もしないと...
| + 5231 [gotoken@ma h] そうです.デレゲーションです.
|   + 5233 [gotoken@ma h] といっておきながら,Anumber.induced_from と Anumber#prec を
|   + 5280 [keiju@Ra io ] まあ, そうですけどね. 今は実装のことよりもインターフェイスを検討した方
|     5282 [gotoken@ma h] いやぁ,それに関して言わせてもらうと僕は,Integer(1.3)
|     5346 [keiju@Ra io ] うーん. 普段は単純でいいんですからね...
|     5387 [gotoken@ma h] それは確かにいえます.
|     5389 [keiju@Ra io ] ですよね.
|     + 5397 [gotoken@ma h] つまり,Integer.induced_from(a).id == Integer(a).id
|     | 5408 [keiju@ra io ] これは.
|     | 5426 [gotoken@ma h] 引用の順番変えてます.
|     | + 5438 [matz@ne la .] そうです.実は :: はメソッド呼び出しの . とほぼ同じように使
|     | | + 5441 [MAP2303@ma l] ちょっと思ったんですけど、インスタンスメソッドの定義に # 使えないかな。
|     | | | + 5446 [eguchi@sh zu] MAP2303>
|     | | | + 5450 [matz@ne la .] 実装としては(やや面倒ですが)不可能ではないです.後は,クラス
|     | | |   5478 [eguchi@sh zu] 『分離して欲しくない』に同感です。
|     | | + 5447 [gotoken@ma h] なるほど.気がついてませんでしたがこれは良いですね.
|     | + 5590 [keiju@ra io ] ここいらは了解しました.
|     |   5603 [eguchi@sh zu] そうなんですけど、デレゲーション出て来たあたりから、
|     |   5615 [keiju@ra io ] というかですね.
|     |   5619 [eguchi@sh zu] これ文法と型機構に、大^H改造を加えるって事ですね。
|     |   5701 [keiju@Ra io ] すいません. 話しがゴッチャになって, こっちは昔の案の話しです.
|     |   5721 [eguchi@sh zu] クラス自動生成器の案ですね。
|     |   5753 [keiju@ra io ] です.
|     |   5763 [eguchi@sh zu] はい!
|     |   5775 [keiju@ra io ] 了解(^^;;;
|     |   5782 [eguchi@sh zu] そもそも、可変精度の浮動少数点ってライブラリ系でも、そんなにはみませよね。
|     |   5831 [keiju@Ra io ] ですよね.
|     |   5848 [eguchi@sh zu] 調べたら。
|     |   5862 [keiju@Ra io ] おお. でも, 違う精度同士の演算はどうなっているんだろう?
|     |   5864 [eguchi@sh zu] 無限精度で計算され、ディスティネーション変数の
|     |   5964 [keiju@Ra io ] だんだんメイルが溜ってきた(^^;;;
|     |   5966 [eguchi@sh zu] フロー制御の閾値の選択が、むつかしいですね ^^;;;
|     |   6044 [keiju@ra io ] ですね. えぐちさんのメイルだいぶ捨ててしまいました(__;;;
|     |   + 6049 [kjana@os xa ] SAL をあさってみたら(float と precision で検索)いくつかそれなりに面
|     |   + 6065 [eguchi@sh zu] そういうことわたしも(よく)あります、^^;;
|     |     6153 [keiju@Ra io ] (^^;;;
|     |     6161 [eguchi@sh zu] 一般にそういう事が必要なケースって、あまりないですね ^^;;
|     |     6198 [keiju@Ra io ] あるとすると, coerceのポリシー全体を変えたりすることになるような気がし
|     |     6202 [eguchi@sh zu] ...
|     |     6225 [keiju@ra io ] たぶん.
|     |     6239 [eguchi@sh zu] 丸め誤差はある程度の範囲で予測可能ですが、
|     |     6300 [keiju@ra io ] みたいですね.
|     |     6303 [eguchi@sh zu] 級数を使う解法と精度について考えてみたのですが、
|     |     + 6317 [toyofuku@ju ] 面白い。ちょっと遊んでみましたが negative関係が
|     |     | 6318 [eguchi@sh zu] これですが、
|     |     | 6319 [toyofuku@ju ] ごめんなさい。最近の版で試してたつもりが別の古い版の
|     |     + 6322 [keiju@ra io ] なるほど. 答の大体の予想をつけてから計算するんですね.
|     |       + 6358 [toyofuku@ju ] もはや現実的な話ではないですがお遊びで別の方法を
|     |       + 6362 [eguchi@sh zu] 精度が一意に求められない(あるいは求めるのにコストが掛かる)場合は、
|     |         + 6381 [gotoken@ma h] 出先からも参加なさる熱意に敬意を表します(^^;;
|     |         | 6400 [eguchi@sh zu] ただの現実逃避という説も ,,,,^^;;;;;
|     |         + 6395 [keiju@ra io ] なるほど.
|     + 5437 [matz@ne la .] えーと,これは
+ 5207 [eguchi@sh zu] そうです、これ結構面倒です。
  5238 [keiju@Ra io ] なるほどね.
threads.html
top