40487-42066

40280-41840 subjects 40651-40931

[Bug #2792] String#to_f on Ruby-1.8.6-p399
40487 [redmine@ru y] Bug #2792: String#to_f on Ruby-1.8.6-p399

[Bug #2794] Aborted (core dumped) BUG on Ruby/DL
40492 [redmine@ru y] Bug #2794: Aborted (core dumped) BUG on Ruby/DL

[Bug:trunk] readpartial after ungetc fails with text mode
40493 [mame@ts .n .] 以下のようにすると、"a" が出力されることを期待するのですが、
40494 [akr@fs j. rg] いいえ。
40495 [mame@ts .n .] うう、1.9 の IO は本当に難しいですね。
+ 40496 [kosaki.motoh] この問題が表面化するのはungetc()だけなので、バッファが2つあるという実装を書く必要はなくて
| 40502 [akr@fs j. rg] コード変換がいちどに複数文字を生成したとき、
+ 40503 [akr@fs j. rg] readpartial というよりは、バイト単位のサイズを指定するメソッドは
  40504 [kosaki.motoh] の「エンコーディングの影響を受けるメソッドと受けないメソッド」に分類が書いてあるのですが、

[Bug #2794] Aborted (core dumped) BUG on Ruby/DL
40497 [redmine@ru y] チケット #2794 が更新されました。 (by Motohiro KOSAKI)

[Bug #6] sprintf() of %f on Windows(MSVCRT)
40498 [redmine@ru y] チケット #6 が更新されました。 (by Yusuke Endoh)

[Bug #2794] Aborted (core dumped) BUG on Ruby/DL
40499 [redmine@ru y] チケット #2794 が更新されました。 (by Motohiro KOSAKI)

[Bug #2794] Aborted (core dumped) BUG on Ruby/DL
40500 [redmine@ru y] チケット #2794 が更新されました。 (by Takao NISHI)

[Bug #2794] Aborted (core dumped) BUG on Ruby/DL
40501 [redmine@ru y] チケット #2794 が更新されました。 (by Motohiro KOSAKI)

[Bug #2794] Aborted (core dumped) BUG on Ruby/DL
40505 [redmine@ru y] チケット #2794 が更新されました。 (by Motohiro KOSAKI)

[Bug:trunk] IO behaviors on mingw
40506 [mame@ts .n .] akr さん
40508 [akr@fs j. rg] あまり Windows に詳しくはないのですが、
40517 [usa@ga ba ec] 1) 2) 5) については田中さんのおっしゃるとおりかと思います。

[Bug #1582](Open) IO.new Raises Other Errors between 1.8 and 1.9
40507 [redmine@ru y] チケット #1582 が更新されました。 (by Yusuke Endoh)

[Bug #1582] IO.new Raises Other Errors between 1.8 and 1.9
40509 [redmine@ru y] チケット #1582 が更新されました。 (by Motohiro KOSAKI)
40510 [nobu@ru y- a] 1.8までと動作を合わせてあります。
40512 [kosaki.motoh] 上記URLはいちおう1.9.1用のはずなんですが、誰が修正担当なんでしょう??
40515 [nov@yo ri .o] 私にはどう修正してよいのかまだ理解できていないのですが、リファレンスの
40545 [nov@yo ri .o] 今のところ、メソッドシグネチャで引数にデフォルト値がある場合は書いてお
40547 [kosaki.motoh] 確認しました。
40552 [nov@yo ri .o] ありがとうございます。

[Bug:trunk] Dir.[] returns unmatched path
40514 [mame@ts .n .] mingw で sample/test.rb が失敗します。調べてみると、以下の Dir.[] の
40516 [usa@ga ba ec] とりあえず、
40518 [mame@ts .n .] あれれ。
40519 [usa@ga ba ec] ふうむ、ちなみにこちらでは2010-02-08でも大丈夫でした。
40939 [tarui@pr .j ] dir.cにおいて、ruby_brace_expand関数のstrがwhile(p<rbrace)ループ内の途中で壊れて
+ 40940 [mame@ts .n .] もう手元の mingw 環境は消してしまったので再試はしていないのですが、
+ 40942 [matz@ru y- a] ありがとうございます。些細な改善と言えば RB_GC_GUARD を先にお
  40943 [mame@ts .n .] う、確かに。

[Bug #6] sprintf() of %f on Windows(MSVCRT)
40521 [redmine@ru y] チケット #6 が更新されました。 (by _ wanabe)
40523 [mame@ts .n .] mingw で直ることを確認しました。

[Feature #2080] Proc#to_source, Method#to_source
40525 [redmine@ru y] チケット #2080 が更新されました。 (by Yusuke Endoh)

cloneしたクラスのsuperの挙動がおかしい
40526 [shugo@ru y- ] ささださん(?)
40594 [shugo@ru y- ] IRCでささださんをつついたところ、「よくわからないんでおまかせします」ということ

[Bug #2776](Rejected) can't return from lambda with outer block
40527 [redmine@ru y] チケット #2776 が更新されました。 (by _ wanabe)

[Feature #2833]  絵文字エンコーディングの提案
40528 [redmine@ru y] Feature #2833: 絵文字エンコーディングの提案
+ 40530 [matz@ru y- a] エンコーディングを追加することに反対しません。
| 40533 [muraken@gm i] =1B$B$`$i$?$G$9!#=1B(B
| + 40534 [muraken@gm i] =1B$B$`$i$?$G$9!#=1B(B
| + 40535 [matz@ru y- a] 理解しました。
| | 40536 [muraken@gm i] =1B$B$`$i$?$G$9!#=1B(B
| + 40550 [sasaki.taker] GyRCOjQhOUxaJEg/PSQ3JF4kOSEjGyhCCgpSYWlscxskQiROGyhCanBtb2JpbGUbJEIkSCQkJCYl
|   40551 [naruse@ai em] jpmobile の設楽さんはこの件の貢献者の一人ですね。
|   40557 [sasaki.taker] コメントありがとうございます。
|   + 40558 [darashi@gm i] 当時は KDDI-UNDOC の存在を把握していなかったので jpmobile では
|   + 40560 [naruse@ai em] その変換は変換元と文字集合が違いますから。
|     40562 [muraken@gm i] =1B$B$`$i$?$G$9!#=1B(B
+ 40537 [kosaki.motoh] この4つは直感的に理解出来るとして
  40539 [muraken@gm i] =1B$B$`$i$?$G$9!#=1B(B
  40541 [kosaki.motoh] 変換表の収録は、一定以上の規模のユーザがいるメジャーなものに限るべきと
  40546 [naruse@ai em] Microsoft Office IME 2007 では「晴れ」でUnicode の U+2600 と U+263C を入力できますね。
  40549 [kosaki.motoh] 知りませんでした。うちのWindowsXP付属のIMEでは入力不可なので撤回された仕様なのかな。
  40578 [naruse@ai em] XPの付録でしたら2001年ですから。

[Feature #2833]  絵文字エンコーディングの提案
40529 [redmine@ru y] チケット #2833 が更新されました。 (by Kenta Murata)

[Feature #2833]  絵文字エンコーディングの提案
40531 [redmine@ru y] チケット #2833 が更新されました。 (by Kenta Murata)

[Feature #2833]  絵文字エンコーディングの提案
40532 [redmine@ru y] チケット #2833 が更新されました。 (by Yui NARUSE)
40543 [muraken@gm i] =1B$B$`$i$?$G$9!#=1B(B
40544 [mame@ts .n .] パッチを試したところ、make all が 9 分半から 12 分になりました。
+ 40548 [naruse@ai em] エンコーディング絡みの C ソース生成は直接関係するテーブルなどにしか
+ 40582 [mame@ts .n .] 文句言ってばかりなのも残念なので、自分で最適化してみました。
  40586 [muraken@gm i] =1B$B$`$i$?$G$9!#=1B(B
  40588 [muraken@gm i] =1B$B$`$i$?$G$9!#=1B(B
  40589 [usa@ga ba ec] mswin32がビルドできなくなりました。
  40593 [muraken@gm i] =1B$B$`$i$?$G$9!#=1B(B

ext/openssl のbuildfixについて
40538 [kosaki.motoh] なるせ殿
40553 [naruse@ai em] こちらこそパッチ作成ありがとうございます。

[Feature #2833]  絵文字エンコーディングの提案
40540 [redmine@ru y] チケット #2833 が更新されました。 (by Yui NARUSE)
40542 [kosaki.motoh] いいアイデアに見えます。

[Feature #2835] String#encodeに置換文字列のみを与えたら未定義向けとみなす
40554 [redmine@ru y] Feature #2835: String#encodeに置換文字列のみを与えたら未定義向けとみなす
40556 [matz@ru y- a] いいんじゃないでしょうか。

[Bug #1954] line number 0?
40555 [redmine@ru y] チケット #1954 が更新されました。 (by Yusuke Endoh)

[Bug #1954](Closed) line number 0?
40561 [redmine@ru y] チケット #1954 が更新されました。 (by Yusuke Endoh)

[Feature #2835](Closed)  String#encodeに置換文字列のみを与えたら未定義向けとみなす
40563 [redmine@ru y] チケット #2835 が更新されました。 (by Yui NARUSE)

[Bug #2792] String#to_f on Ruby-1.8.6-p399
40564 [redmine@ru y] チケット #2792 が更新されました。 (by Run Paint Run Run)
40565 [mame@ts .n .] gcc 4.4.1 を使っていませんか?

[Bug #2792] String#to_f on Ruby-1.8.6-p399
40566 [redmine@ru y] チケット #2792 が更新されました。 (by Run Paint Run Run)

[Bug #2581] require_relative depends on current directory
40567 [redmine@ru y] チケット #2581 が更新されました。 (by Yusuke Endoh)
40571 [akr@fs j. rg] とくにどうにも。
40574 [kosaki.motoh] いままでの議論で、条件が明らかになったと思っており、かつその条件
40575 [mame@ts .n .] 条件は、
40576 [akr@fs j. rg] まぁ直すのは名前以外難しくはなくて、
40577 [mame@ts .n .] *snip*
40580 [akr@fs j. rg] -e は難しいですね。
40581 [mame@ts .n .] おとなしく C で実装してみました。ファイルからロードした場合に限り、

[Bug #2752](Closed) File path encoding on mac os x and windows
40569 [redmine@ru y] チケット #2752 が更新されました。 (by Yui NARUSE)

[bug:1.8] ossl_ssl_session.c:110: warning: implicit declaration of  function 'TIMET2NUM'
40573 [akr@fs j. rg] Ruby 1.8 で、以下の警告が増えています。
40579 [nakahiro@gm ] ありがとうございます。すいません、やらかしました。対応します。
42037 [akr@fs j. rg] ついに RSS をつけました。
42066 [nakahiro@gm ] ありがとうございました。大変参考になります。

[Backport #2603] NetBSD  5.0以降でpthreadの処理に由来する不具合
40583 [redmine@ru y] チケット #2603 が更新されました。 (by Motohiro KOSAKI)

[Backport #2603] NetBSD  5.0以降でpthreadの処理に由来する不具合
40584 [redmine@ru y] チケット #2603 が更新されました。 (by Motohiro KOSAKI)

[Feature #2833](Closed)  絵文字エンコーディングの提案
40587 [redmine@ru y] チケット #2833 が更新されました。 (by Anonymous)

Fast Exception creation with raw backtrace
40590 [ko1@at ot ne]  Exception オブジェクトを作成するとき,必ず「読みやすいバックトレース」
40591 [chikanag@ni ] 高速になるのは嬉しいです。
40592 [ko1@at ot ne]  Marshal は出来るようにしようと思っております.

Time#round
40595 [akr@fs j. rg] 前にちょっと書きましたが、Time#round を追加するのはどうでしょう。
40596 [matz@ru y- a] いいんじゃないでしょうか。

Re: [ruby-list:46898]  重複組合せは組込みにならないのでしょうか?
40597 [ksmakoto@dd ] ...
40598 [matz@ru y- a] うーん、重複順列とか重複組み合わせとか、実際どのように使って、
40601 [mame@ts .n .] おおすばらしい。

Re: 組込みの重複順列・重複組合せ
40600 [ksmakoto@dd ] 基本的には重複でないものと同じようなものですが、たとえば
40608 [ksmakoto@dd ] [ruby-dev:40598] に付けたパッチでは、自分の当初の目的であった、
40610 [matz@ru y- a] 役に立つ局面も(ある程度)あるようですから、取り込んでもよいだ
+ 40612 [muraken@gm i] =1B$B$`$i$?$G$9!#=1B(B
| + 40613 [matz@ru y- a] おお、忘れてた。ごめんなさい。
| + 40615 [mame@ts .n .] 反対ではないのですが、組み込みで特異メソッドを返すという API に前例は
|   + 40616 [naruse@ai em] ある種の Enumerator に length を返させたいという意図はわかります。
|   | 40620 [matz@ru y- a] ふむ。
|   | 40621 [akr@fs j. rg] [ruby-dev:37875] の高尾さんの要望によるものです。
|   | 40622 [matz@ru y- a] いや、なにか理由があるだろうと思って、その理由が知りたかった
|   + 40617 [matz@ru y- a] 組み込みではないかもしれませんね。ライブラリならostructとか。
|   + 40618 [akr@fs j. rg] [田中 哲][たなか あきら][Tanaka Akira]
|   + 40619 [akr@fs j. rg] すいません。間違えて空メールを送ってしまいました。
+ 40692 [ksmakoto@dd ] (私としては、の)最終版ができましたのでML連携でredmineに

1.9のrequireが遅い
40603 [shugo@ru y- ] またYehuda Katz情報なのですが、Ruby 1.9で、$:の要素が多いとrequireが遅いようです。
+ 40604 [naruse@ai em] 特に意見はないんですが、参照追加だけ
+ 40605 [matz@ru y- a] いいんじゃないでしょうか。コミットしてください。
  40609 [shugo@ru y- ] すでにRedmineに登録されてたんですね。

[Bug #2953] nkf segfaults with --numchar-input
40606 [redmine@ru y] Bug #2953: nkf segfaults with --numchar-input

[Bug #2954] wrong result of nkf with --numchar-input
40607 [redmine@ru y] Bug #2954: wrong result of nkf with --numchar-input

[Bug #2953](Closed) nkf segfaults with --numchar-input
40611 [redmine@ru y] チケット #2953 が更新されました。 (by Nobuyoshi Nakada)

[Bug #2956] segfault
40614 [redmine@ru y] Bug #2956: segfault

Enumerable#interleave
40623 [matz@ru y- a] Enumerable#interleave というメソッドを追加してはどうかと思い
40624 [akr@fs j. rg] 提案には、なにはともあれまず具体的な用法がとてもとても重要です。
40625 [matz@ru y- a] それは私には弱い領域なので、正直なところ、それを必須にされる
+ 40626 [naruse@ai em] 「PHPにあるので」だと100%通らないわけで。
| 40627 [matz@ru y- a] そうかな。「PHPのAPIのまま」だとそうだとは思いますが、その機
+ 40628 [akr@fs j. rg] 最近、Practical API Design という本を読んでいたりするのですが、
  40632 [matz@ru y- a] ありませんね。
  40633 [akr@fs j. rg] この interleave はその interleave ではないような気がします。
  40637 [matz@ru y- a] そうか。Haskellがぜんぜん読めないのが露見しますね。恥ずかし
  40676 [akr@fs j. rg] えぇと、たとえば 0から無限に連番を作る iota と
  40678 [shiba@ma l2 ] 本屋さんで、権威がありそうなプログラミングClojureを見つけたので、interleaveの

[bug:trunk] Re: [ruby-cvs:34124] Ruby:r26909 (trunk): * file.c (file_expand_path): should not just copy the encoding
40629 [usa@ga ba ec] encoding libraryのロード前に使われうる処理の中でfilesystem_encoding
40630 [matz@ru y- a] なるほど。プラットフォームによっては問題が起きそうだと思った

[Bug #2958](Closed) Re: [ruby-cvs:34124] Ruby:r26909 (trunk): * file.c (file_expand_path): should not just copy the encoding
40631 [redmine@ru y] チケット #2958 が更新されました。 (by Yukihiro Matsumoto)

[Feature #2673] the length for an enumerator generated by Array#permutation and Array#combination
40634 [redmine@ru y] チケット #2673 が更新されました。 (by _ wanabe)
40726 [mame@ts .n .] length が Enumerator 生成時に確定できる場合はどのくらいあるんでしょう。
40729 [muraken@gm i] =1B$B$`$i$?$G$9!#=1B(B
40734 [shyouhei@ru ] This is an OpenPGP/MIME signed message (RFC 2440 and 3156)
40737 [mame@ts .n .] いやあ、気分は良くないですよね。自分で言っといて。

Ruby/Tk-Kit : tcltklib.so  への Tcl/Tk ライブラリの一体化
40635 [nagai@ai ky ] Tcl/Tk において単一ファイル化を行える Tclkit をベースに,

[Feature #2673] the length for an enumerator generated by Array#permutation and Array#combination
40636 [redmine@ru y] チケット #2673 が更新されました。 (by Kenta Murata)
40638 [matz@ru y- a] なるほど。その場合、nilを返すのと、RuntimeErrorを発生させるの

[Bug #2954](Closed) wrong result of nkf with --numchar-input
40639 [redmine@ru y] チケット #2954 が更新されました。 (by Yui NARUSE)

[Bug #2956] segfault
40640 [redmine@ru y] チケット #2956 が更新されました。 (by Yui NARUSE)

[Bug #2965] method `===' called on hidden T_STRING object (NotImplementedError)
40641 [redmine@ru y] Bug #2965: method `===' called on hidden T_STRING object (NotImplementedError)

[Bug #2965] method `===' called on hidden T_STRING object (NotImplementedError)
40642 [redmine@ru y] チケット #2965 が更新されました。 (by Kenta Murata)

draft of 1.9.2 release schedule
40643 [mame@ts .n .] Yugui さん、
+ 40645 [kosaki.motoh] ああ、このぐらいでスケジュール引いておくと実質RubyKaigiの日にリリースになってイベント盛り上がっていいね
+ 40646 [yugui@yu ui ] WXVndWkbJEIkRyQ5ISMbKEIKChskQjBGJHIkSSQmJGIkIiRqJCwkSCQmJDQkNiQkJF4kOSEjJTkl
  40702 [aaron.patter] MjAxMC8zLzE1IFl1Z3VpIDx5dWd1aUB5dWd1aS5qcD46Cj4gWXVndWkbJEIkRyQ5ISMbKEIKPgo+

[Bug #2965] method `===' called on hidden T_STRING object (NotImplementedError)
40644 [redmine@ru y] チケット #2965 が更新されました。 (by Sora Harakami)

[Bug #2965] method `===' called on hidden T_STRING object (NotImplementedError)
40647 [redmine@ru y] チケット #2965 が更新されました。 (by Kenta Murata)

[ANN] 1.9.2 release plan
40648 [mame@ts .n .] - 31 Mar.  freeze the spec

[Feature #2968]  数値の正負を返すメソッド
40649 [redmine@ru y] Feature #2968: 数値の正負を返すメソッド
40653 [muraken@gm i] =1B$BB<ED$G$9!#=1B(B

[Feature #2969] String#to_f  が -h.hhh±pd を解釈できるように
40650 [redmine@ru y] Feature #2969: String#to_f が -h.hhh±pd を解釈できるように
+ 40652 [muraken@gm i] =1B$BB<ED$G$9!#=1B(B
+ 40728 [tadf@do rb o] 質問ですが、この形式は入力だけでなく、なんらかの方法で出力でも利用でき
| 40732 [naruse@ai em] sprintf フォーマットに %a と %A を追加する提案を予定しています。
| 40736 [tadf@do rb o] 指数表現があることは関係あるんですかね。
| 40738 [naruse@ai em] to_i がデフォルトで prefix を見ないのは、0377 のような、
| + 40745 [tadf@do rb o] そうなのかもしれないけど、浮動小数点数にも16進数表記がある、という時点
| | 40747 [naruse@ai em] String#to_i は 0-prefix での 8 進数誤爆を防ぐために分けたのだと
| | 40749 [tadf@do rb o] 意味がわかりません。でも、その必要を感じの中にこの提案も含まれていると
| | 40759 [naruse@ai em] strtod(3) の解釈対象に含まれていない 2 進や 8 進を否定することが、
| | 40762 [tadf@do rb o] これは to_f (と Float()) の話で、strtod(3) の話ではありません。成瀬さん
| | 40763 [naruse@ai em] なぜ同じなのでしょう。
| | 40764 [tadf@do rb o] 同じというよりは、もっと低いですかね。
| | 40782 [naruse@ai em] つまり、ふなばさんは 16 進よりも 2 進や 8 進形式が好みであるところ、
| | + 40786 [kosaki.motoh] kosakiです
| | | 40788 [naruse@ai em] ML 上での最大の use case は浮動小数点数を理解していないユーザへの説明用でしょうね。
| | | + 40789 [eguchi@sa de] リテラル表現には(そのままの)aA 表現は導入不可能という点には
| | | | + 40791 [naruse@ai em] こちらは、一貫性と利便性が衝突する事例という話だと思います。
| | | | | 40792 [eguchi@sa de] この挙動は厄介です。
| | | | | 40800 [naruse@ai em] 踏まえるとなぜRubyリテラル表現としても使える表現形式を模索することに
| | | | | 40822 [eguchi@sa de] 互換性、あるいは同じ用途に2つの形式が並立する事による混乱・・ですね。
| | | | + 40824 [akr@fs j. rg] そうですかね?
| | | |   + 40825 [akr@fs j. rg] さらに考えると、このメソッドは当然 Integer に対して呼ばれるわけで、
| | | |   + 40826 [eguchi@sa de] 「非互換性を許容しなければ導入不可能」と言う意味です。
| | | + 40794 [akr@fs j. rg] その用途に必要なのは、String#to_f より、まず Float#to_s なんじゃないですかね。
| | |   40801 [naruse@ai em] 理解していないユーザのために、通常の利便性を落とすことは考えませんでした。
| | + 40790 [tadf@do rb o] 統一性とバランスの問題です。
| |   + 40795 [kosaki.motoh] これだけだと「直感的に気に入らない。」としか読めないのでなんとか言語化してもらえませんか。
| |   | 40803 [tadf@do rb o] 一旦長めの返事書いたんだけど、また分らないって言われそうなんで、もう
| |   + 40799 [naruse@ai em] 何の統一性とバランスでしょう。
| |     40804 [tadf@do rb o] [ruby-dev:40728] で書いたようなことです。
| + 40767 [eguchi@sa de] 作為的ですが
|   40781 [naruse@ai em] リテラルの場合は確かにご指摘の通りです。
+ 40815 [matz@ru y- a] すいません、忙しくて放置してました。
  40816 [naruse@ai em] missing を含めた printf の実装は、[ruby-dev:40801] にあります。
  40818 [matz@ru y- a] おお、それは見落としてました。でも、成瀬さんは「printfは1.9.3
  40820 [naruse@ai em] あぁ、そこを受けていたのですね、当時はもっと実装に時間がかかると思ったからです。
  40827 [matz@ru y- a] 時系列を見失っていたようです。実装があるとすると、残るは
threads.html
top