38257-39362

38096-38894 subjects 38463-42471

adding Zlib::GzipFile#path
38257 [knu@iD em ns]  Zlib::GzipFile#path を追加するパッチです。zgrep みたいなのを

[Bug #1339](Closed) 'cc' for LDSHARED and LIBRUBY_LDSHARED on darwin*
38258 [redmine@ru y] チケット #1339 が更新されました。 (by Nobuyoshi Nakada)

when default_internal specified
38276 [sh@sh ep an ] default_external と default_internal が指定されたとき、
38316 [naruse@ai em] default_internalがIOオブジェクトに反映されるタイミングがおかしいように
38742 [naruse@ai em] 遅くなりましたが、この動作が仕様であり、るびまが誤っているということにしました。

[BUG:1.9] io does not convert str when ext == intern
38278 [sh@sh ep an ] IO の外部エンコーディングと内部エンコーディングが等しい場合に、
38279 [naruse@ai em] とりあえず先にこちらを。
38280 [sh@sh ep an ] 影響しているようです。
38285 [naruse@ai em] うーむむ、確かに。

[Bug #1362] test/thread/lbtest.rb stops forever on mswin32
38291 [redmine@ru y] Bug #1362: test/thread/lbtest.rb stops forever on mswin32
38292 [usa@ga ba ec] r19486を1.8.7に適用することで直ることを確認しました。

[Bug #1362](Closed) test/thread/lbtest.rb stops forever on mswin32
38293 [redmine@ru y] チケット #1362 が更新されました。 (by Shyouhei Urabe)

[Bug:trunk] String#dump with non-ascii-compatible string provides  invalid code
38294 [mame@ts .n .] アスキー非互換な文字列を String#dump すると eval できない文字列が

[Bug #1365](Closed) String#dump with non-ascii-compatible string provides  invalid code
38295 [redmine@ru y] チケット #1365 が更新されました。 (by Yusuke Endoh)

[Feature:1.9] location of already initialized constant
38301 [nobu@ru y- a] 初期化済み定数の警告で、定義された場所を表示するのはどうでしょうか。

[Bug #1031] -U  オプションの説明が --help  にない
38302 [redmine@ru y] チケット #1031 が更新されました。 (by Sakuro OZAWA)

[BUG:1.9] Dir.glob should not convert entries on UNIX
38303 [sh@sh ep an ] File.open の動作と整合性を持たせるために、Dir.glob は UNIX 上では、
+ 38305 [ujihisa@gm i] r23171 から、bracketを含むDir.globがうまく動いていませんでした。
+ 38307 [sh@sh ep an ] r23189 の適用後でも以下のように Shift_JIS のファイル名がある場合に

[Bug #1375] Zlib::GzipReaderに対するエンコーディング指定
38304 [redmine@ru y] Bug #1375: Zlib::GzipReaderに対するエンコーディング指定

[Bug #1378](Closed) Dir.glob should not convert entries on  UNIX
38306 [redmine@ru y] チケット #1378 が更新されました。 (by Nobuyoshi Nakada)

[Bug #1379](Closed) Dir.glob should not convert entries on UNIX
38308 [redmine@ru y] チケット #1379 が更新されました。 (by Yui NARUSE)

[Feature:1.9] transcode for UTF8-MAC
38309 [sh@sh ep an ] 1.9 の TODO リストがどのように管理されているのか分からないので
38310 [naruse@ai em] (1)と(2)の間で、やりたいけれど1.9.2に入るかはわからない、です。
38337 [nobu@ru y- a] Mac OS Xのシステムコールとしては、NFCだろうとNFDだろうと区別せず
38356 [naruse@ai em] 正確にはVFSドライバのレイヤーですね。
38357 [nobu@ru y- a] ファイルシステムを意識したコードを書かなければならないというのは
38358 [naruse@ai em] 新しいFSが出てきた時にそこではどういう扱いをするのか、
38367 [naruse@ai em] そういえば、SnowLeopardでZFSの読み書きがサポートされる

$LOADED_FEATURES.map(&:encoding)
38312 [zn@mb .n ft ] $LOADED_FEATURES に入っている文字列の encoding に
38313 [nobu@ru y- a] とくに意図したものではないと思いますが…

[Bug #1163](Closed) gem_prelude raise NoMethodError if require uninsalled gem with version.
38315 [redmine@ru y] チケット #1163 が更新されました。 (by Nobuyoshi Nakada)

[Bug #1402] test_cookie(TestCookie)でtest-allが止まる
38319 [redmine@ru y] Bug #1402: test_cookie(TestCookie)でtest-allが止まる

[Bug #1402](Closed) test_cookie(TestCookie)でtest-allが止まる
38322 [redmine@ru y] チケット #1402 が更新されました。 (by Nobuyoshi Nakada)

[1.8.7][1.9.1][tk]  自前実装の拡張 widget  を使いたい場合
38323 [oshida@bb ne] 最近の(?) Ruby/Tk に関してご教示賜りたくメールしました。
38331 [nagai@ai ky ] 8.4 と 8.5 との間で互換性のあるスクリプトを
38339 [oshida@bb ne] すばやい御返答ありがとうございます。
38340 [nagai@ai ky ] 両方を殺さずに何とかできそうな対処案を思い付きました.
+ 38342 [oshida@bb ne] 了解しました。
+ 38697 [nagai@ai ky ] 長らく放置状態で申し訳ありませんでしたが,
  38711 [oshida@bb ne] 永井さん、お世話になっております。
  38723 [nagai@ai ky ] 問題の箇所については出来上がったと思います.
  38743 [oshida@bb ne] 反応が悪くて申し訳ありません。
  38747 [nagai@ai ky ] いえ,そんなことはありません.大変助かっています.
  38748 [oshida@bb ne] 小出しですみません、
  38749 [nagai@ai ky ] 重ね重ねありがとうございます.
  38750 [oshida@bb ne] はい。
  38752 [nagai@ai ky ] お世話になっております.
  38754 [oshida@bb ne] いえいえ(^^;
  38755 [nagai@ai ky ] ダメでしたか.(;_;)
  38759 [oshida@bb ne] これを ext/tk/sample/tkcombobox.rb の require 'tk' の直前に挿入した結果です。
  38768 [nagai@ai ky ] ごめんなさい.
  + 38781 [oshida@bb ne] お力になれず、すみませんです。。。
  + 38803 [oshida@bb ne] Bug #1774 の件、ruby-dev:38792 で
    38805 [nagai@ai ky ] あれま.(^_^;
    38809 [oshida@bb ne] こちらの方法でも正常動作しました(^^)

fail to compile mingw ruby
38324 [masaki.suket] trunk で Cygwinの環境で
38325 [nobu@ru y- a] こちらではできてるようですが。
38327 [masaki.suket] やっぱり、うちの環境が悪いのかな。

Time with arbitrary offset
38326 [akr@fs j. rg] Time で、オブジェクト毎に任意の時差を指定できるようにするの
38338 [matz@ru y- a] 原則的に賛成です。
38341 [akr@fs j. rg] では、
38348 [matz@ru y- a] こっちには賛成です。
38353 [akr@fs j. rg] ではそれで。
38366 [akr@fs j. rg] そのようにしたパッチを作ったので付けておきます。
38436 [matz@ru y- a] 遅くなりました。
38437 [akr@fs j. rg] 一貫性からはそのとおりですね。
38438 [matz@ru y- a] なるほど。そういうことでしたか。

Embeded Ruby-1.9.1 howto ?
38328 [artonx@ya oo] ActiveScriptRubyという、Rubyの組み込みライブラリを作っているのですが、

[Bug #1406] i386-freebsd5.4  で ruby_1_9_1  がコンパイルできない
38330 [redmine@ru y] Bug #1406: i386-freebsd5.4 で ruby_1_9_1 がコンパイルできない
38332 [HGF01572@ni ] スレッドライブラリとしてlibthrが呼ばれているようですが、FreeBSD 5.xで

[Bug #1407] Ruby 1.9.1でのoptparseの挙動がおかしい
38333 [redmine@ru y] Bug #1407: Ruby 1.9.1でのoptparseの挙動がおかしい

[Bug #1407](Closed) Ruby  1.9.1でのoptparseの挙動がおかしい
38334 [redmine@ru y] チケット #1407 が更新されました。 (by Nobuyoshi Nakada)

[Bug #1410] irb shows some messages on boot
38336 [redmine@ru y] Bug #1410: irb shows some messages on boot
38343 [nobu@ru y- a] irbだけですか?
38344 [nov@yo ri .o] Ruby 本体でも出てました。
38345 [nov@yo ri .o] puts にしたから分からなかったのですが、
38346 [nov@yo ri .o] $ unset GREP_OPTIONS

[Bug #1410](Closed) irb shows some messages on boot
38347 [redmine@ru y] チケット #1410 が更新されました。 (by Nobuyoshi Nakada)

[Bug #1415] Structがppできない
38349 [redmine@ru y] Bug #1415: Structがppできない

[Bug #1415](Closed) Structがppできない
38350 [redmine@ru y] チケット #1415 が更新されました。 (by Nobuyoshi Nakada)

[Bug #1416] Element#text= cause NoMethodError
38351 [redmine@ru y] Bug #1416: Element#text= cause NoMethodError
38352 [oshida@bb ne] 誠に申し訳ないです。

[Bug #1417] sleepすると反応がなくなる
38354 [redmine@ru y] Bug #1417: sleepすると反応がなくなる

[Bug #1417](Closed) sleepすると反応がなくなる
38355 [redmine@ru y] チケット #1417 が更新されました。 (by Nobuyoshi Nakada)

[Feature #1422] Unused function rb_ary_to_s
38359 [redmine@ru y] Feature #1422: Unused function rb_ary_to_s
38361 [matz@ru y- a] 必要性はないとは思いますが、拡張ライブラリがrb_ary_to_sを呼

[Bug #1423] config.charset not found
38360 [redmine@ru y] Bug #1423: config.charset not found

[Bug #1427] Difference between Array#to_s and Array#inspect
38362 [redmine@ru y] Bug #1427: Difference between Array#to_s and Array#inspect

[Bug #1427](Closed) Difference between Array#to_s and Array#inspect
38363 [redmine@ru y] チケット #1427 が更新されました。 (by Nobuyoshi Nakada)

[Bug #1429] An arbitrary number of arguments of SortedSet#initialize
38364 [redmine@ru y] Bug #1429: An arbitrary number of arguments of SortedSet#initialize

[Bug #1429] An arbitrary number of arguments of SortedSet#initialize
38365 [redmine@ru y] チケット #1429 が更新されました。 (by ujihisa .)

IO.copy_stream doesn't convert encodings
38368 [sh@sh ep an ] 毎度細かいことで恐縮ですが。
38378 [akr@fs j. rg] いまのところそういうものだと考えています。

[Backport #571] IPv6系の定数が未定義 (for 1.8)
38369 [redmine@ru y] チケット #571 が更新されました。 (by Akinori MUSHA)

Re: [ruby-core:23338] [Bug #1425] ruby/1.8/drb/drb.rb:1480: [BUG] Segmentation fault
38370 [m_seki@mv .b] 英語で説明できないので、たすけてください。

Re: [ruby-cvs:30538] Ruby:r23320 (trunk): * lib/set.rb (SortedSet#add): Do not let an uncomparable object
38371 [yugui@yu ui ] この修正で引数のクラスがComparableをincludeしていることを要請しています
38373 [knu@iD em ns]  SortedSet なのだから sort できれば(<=> メソッドがあれば)十分、
38386 [mame@ts .n .] インターフェイス云々のスタンスの話はよくわかってないんですが、
38387 [knu@iD em ns]  ひとまず respond_to?(:<=>) に変更しました。
38388 [mame@ts .n .] 対応ありがとうございます。動くようになりました。
38389 [knu@iD em ns]  何よりです。

making install-sh more descriptive
38372 [yugui@yu ui ] configureを使う環境でかつBSD互換のinstall(1)がない場合、RbConfig::CONFIG

[Bug #1433] test_sprintf_p fails
38374 [redmine@ru y] Bug #1433: test_sprintf_p fails
38379 [usa@ga ba ec] たぶんr15117に追従したテストの変更だと思いますが、当時の仕様
38380 [naruse@ai em] r23186とr23187のわたしの変更なようです。

[Bug #1435] README.ja:  「defined(THINK_C)」
38375 [redmine@ru y] Bug #1435: README.ja: 「defined(THINK_C)」

[Bug #1435](Closed) README.ja:  「defined(THINK_C)」
38376 [redmine@ru y] チケット #1435 が更新されました。 (by Nobuyoshi Nakada)

Marshaling URI between 1.8 and 1.9
38377 [akr@fs j. rg] 気がついたんですが、URI オブジェクトを marshal で 1.9 から
38381 [matz@ru y- a] 私はこの変更に賛成です。
38548 [akira@ar ka ] akrさん、commitお願いしちゃっていいですか?

[Bug #1442] indentation check and coverage for toplevel do not work
38382 [redmine@ru y] Bug #1442: indentation check and coverage for toplevel do not work

[Bug #1442](Closed) indentation check and coverage for toplevel do not work
38383 [redmine@ru y] チケット #1442 が更新されました。 (by Yusuke Endoh)

[Bug #1442](Open) indentation check and coverage for toplevel do not work
38384 [redmine@ru y] チケット #1442 が更新されました。 (by Yusuke Endoh)
38385 [matz@ru y- a] たぶん、refを使うんだと思います。

[Bug:1.8] Tempfile and extended Enumerable
38390 [akr@fs j. rg] 1.8.8dev で、以下のように、Enumerable に each2 を定義し、
38391 [knu@iD em ns]  ブロックが渡されていないのが原因なので、こうすれば直ります。
38396 [matz@ru y- a] コミットしていただけませんか?
38397 [knu@iD em ns]  ruby_1_8 にコミットしました。ruby_1_8_7 および ruby_1_8_6 にも

Enumerable#gather_each
38392 [akr@fs j. rg] ときに、複数行をまとめて扱いたいことがあります。
+ 38393 [akr@fs j. rg] 書き忘れました。
| 38418 [akr@fs j. rg] とりあえず C で実装してみたのでつけておきます。
| 38431 [akr@fs j. rg] そういう形で作ってみたのでつけておきます。
+ 38394 [ujihisa@gm i] 一度に二つの手続きを渡すのではなく、一つのブロックを受け取りEnumeratorを返すgatherと、従来のeachに分けた方が自然になるのではないでしょうか。
| + 38395 [akr@fs j. rg] なるほど、それはあり得るかもしれません。
| + 38400 [matz@ru y- a] 私もそう思います。ただ、Enumerableから「条件を満たす限り連続
|   + 38401 [knu@iD em ns]  最初に提案を見て split_by, slice_at, group_until のような名前を
|   | 38402 [naruse@ai em] gather_byとかsplit_before/afterとか色々悩んだんですが、
|   | + 38407 [akr@fs j. rg] 直前のはいらないんじゃないでしょうか。
|   | + 38421 [knu@iD em ns]  gather_each で可能なこと、つまり gather_each の結果がそのまま
|   + 38406 [akr@fs j. rg] うぅむ。そんなに悪くはないと思っていたのですが、良い名前があ
|   | 38414 [naruse@ai em] その4つだとaggregateが好みかなぁ。
|   + 38432 [akr@fs j. rg] 気がついたんですが、gather_each を gather と従来の each に分
|   | 38433 [naruse@ai em] Enumerator#each_with_object のように、gather_with_objectあたりを
|   | 38435 [akr@fs j. rg] 解決するのに別のメソッドにする必要はないでしょう。引数を与え
|   + 38450 [akr@fs j. rg] gather は「〈物を〉一つ一つ拾う」といった意味があるので、そ
|     38455 [matz@ru y- a] chunkにはこの意味で動詞にならないのが気になります。
|     + 38457 [akr@fs j. rg] slice_by が気に入らないというわけではありませんが、
|     + 38483 [akr@fs j. rg] で slice をひくと、
|       38501 [akr@fs j. rg] メソッド名を
|       38503 [matz@ru y- a] slice_byというメソッド名に異論はありません。
|       38512 [akr@fs j. rg] sep = "-"*72 + "\n"
|       38516 [matz@ru y- a] これについては反対しませんので、これらもRDocに追加してもらえ
|       + 38560 [akr@fs j. rg] ドキュメントに足すのは問題ありません。
|       + 39240 [akr@fs j. rg] 時間が空いてしまったんですが、例を足して、名前を調整してみました。
|         39362 [akr@fs j. rg] しばらく待って反対はないようなので、入れました。
+ 38399 [knu@iD em ns]  少し仕様がわかりにくいように思います。繰り返しというストリームの
  38405 [akr@fs j. rg] どのようにわかりにくかったでしょうか?
  + 38411 [naruse@ai em] なるほど、ユースケースごとに専用メソッドを用意する方針ですか。
  | 38412 [akr@fs j. rg] Enumerable の場合、あるメソッドでできないことがあっても他で
  | 38413 [ujihisa@gm i] ARGF.gather(false) {|l| l == sep }
  | + 38415 [naruse@ai em] 「無指定またはtrueならば」だと戻り値がtrueの時に除外したい場合に困ります。
  | + 38416 [akr@fs j. rg] gather の仕様には境界という概念はないので、それはうまくない
  + 38417 [knu@iD em ns] nil の扱いの特殊性(捨てるのでなくそれ単独で、という意味づけ)とか、
    38419 [akr@fs j. rg] なるほど。これについてはいま議論がありますが、いくつかの値に
    38420 [knu@iD em ns]  なるほど。空行は文脈依存と思ったのですが、 /\A\s/ が空行にも
    38422 [akr@fs j. rg] 下にある ChangeLog の例は、slice_before と gather を使って書
    + 38428 [knu@iD em ns]  Buffer もそこについては悩みがあり、 pop は用意してみたものの
    + 38445 [akr@fs j. rg] Haskell の groupBy と Python の groupby が似ている、という話
      + 38449 [akr@fs j. rg] こうすると、これが group_by と似ていることがよくわかります。
      + 38452 [mame@ts .n .] gather は基本的に賛成なんですが、nil の特別扱いがちょっと
        38458 [akr@fs j. rg] もともと対象が大きいときを対象に考えているので、興味のない部
        38460 [mame@ts .n .] そういうケースはよくあるものなんでしょうか。
        + 38462 [naruse@ai em] nilとfalse両方でなく、片方にした方がいいのではないですかね。
        | 38482 [akr@fs j. rg] 今は、nil と false を使い分けるのは面倒なんじゃないかなぁ、
        + 38481 [akr@fs j. rg] 一般に、一部を書き換えたいというときには常に役に立つと思いま

[Bug #1451] dl in ruby-1.9 can't parse signatures correctly.
38398 [redmine@ru y] Bug #1451: dl in ruby-1.9 can't parse signatures correctly.

[Bug #1452] DL::CPtr.new doesn't check the type of the 3rd arg.
38403 [redmine@ru y] Bug #1452: DL::CPtr.new doesn't check the type of the 3rd arg.

[Bug #1453] dl in ruby-1.9 must check whether block is given to TempFunction
38404 [redmine@ru y] Bug #1453: dl in ruby-1.9 must check whether block is given to TempFunction

[Bug #1451](Closed) dl in ruby-1.9 can't parse signatures correctly.
38408 [redmine@ru y] チケット #1451 が更新されました。 (by Nobuyoshi Nakada)

[Bug #1452](Closed) DL::CPtr.new doesn't check the type of the 3rd arg.
38409 [redmine@ru y] チケット #1452 が更新されました。 (by Nobuyoshi Nakada)

[Bug #1453](Closed) dl in ruby-1.9 must check whether block is given to TempFunction
38410 [redmine@ru y] チケット #1453 が更新されました。 (by Nobuyoshi Nakada)

longlife gc
38423 [authornari@g] GW中にGCの改良を行いましたので,報告いたします.
+ 38424 [matz@ru y- a] 私が煽ったこともありますが、悪くなるケースがない or 少ないの
| + 38429 [authornari@g] そうですね.
| + 38440 [matz@ru y- a] benchmark以下のスクリプトで試してみました。とりあえず結論とし
|   38441 [authornari@g] ありがとうございます.
|   38442 [akr@fs j. rg] test-all で異常終了するようですね。
|   38444 [authornari@g] うぅ,すみません.
+ 38425 [ko1@at ot ne]  お疲れ様です.すばらしいデータだと思います.
  38430 [authornari@g] そうでしたか.

[Bug #1456] invalid $LOAD_PATH when configure with --program-suffix
38426 [redmine@ru y] Bug #1456: invalid $LOAD_PATH when configure with --program-suffix

[Bug #1456](Closed) invalid $LOAD_PATH when configure with --program-suffix
38427 [redmine@ru y] チケット #1456 が更新されました。 (by Nobuyoshi Nakada)

[Bug #1464] backport request to ruby_1_9_1
38434 [redmine@ru y] Bug #1464: backport request to ruby_1_9_1

[Backport #1196](Open)  正規表現の \s  と [\s]  が異なる
38439 [redmine@ru y] チケット #1196 が更新されました。 (by Shyouhei Urabe)

Re: [ANN] Ruby 1.9.1-p129リリース
38443 [taca@ba k- t] こんにちは。
38447 [nobu@ru y- a] trunkは直しました。
38454 [taca@ba k- t] あら、そんなに大事でしたか。

[Bug:1.9] exact Time and inexact Time
38446 [mame@ts .n .] 現在、Time#- が Rational を返すようになっています。
38451 [akr@fs j. rg] 一般に数値計算では、値が持つ誤差よりも充分に高い精度を持って
+ 38453 [shyouhei@ru ] This is an OpenPGP/MIME signed message (RFC 2440 and 3156)
+ 38461 [mame@ts .n .] 数値計算の問題もあるかもしれませんが、私はインターフェイスの
  38484 [akr@fs j. rg] Time#to_r を加えるのはあり得ると思います。
  38485 [matz@ru y- a] 私もこちらに賛成します。
  38491 [mame@ts .n .] それではパッチを書きました。

GCの問題
38448 [keiju@is it ] ...
38487 [matz@ru y- a] ふむ。
38489 [keiju@is it ] 最新版だとテストプログラムの方はちゃんとGCされるようになっていますね.

[Bug #1470] class definition under the anonymouse module dumps core
38456 [redmine@ru y] Bug #1470: class definition under the anonymouse module dumps core

[Bug #1470](Closed) class definition under the anonymouse module dumps core
38459 [redmine@ru y] チケット #1470 が更新されました。 (by Nobuyoshi Nakada)
threads.html
top