30726-31445

30507-31031 subjects 30947-31824

累乗が遅い
30726 [nobu@ru y- a] に累乗が遅いようです。Fixnumで充分な演算もBignumんで行っている
+ 30727 [nobu@ru y- a] 符号を戻すのを忘れてました。
+ 30728 [matz@ru y- a] とりあえずtrunkにコミットしてください。が、これでもRuby番よ
  30733 [yanagi@sh ke] 1.8.5 では特に遅いということはなく 1.8.6 では遅かったので、
  30734 [nobu@ru y- a] こっちが問題のようです。要するに
  30736 [matz@ru y- a] すいません、やっぱり私のせいでしたね。

Re: Ruby 1.9: multiple splats on rvalues in parallel assignment
30729 [ko1@at ot ne]  以下の件,初めて見るんですが,詳しい仕様ってどうなってます?
30730 [matz@ru y- a] splatが書けるところすべてです。具体的には多重代入の右辺と引
30731 [ko1@at ot ne]  早速ありがとうございます.
30732 [matz@ru y- a] すみません。
30738 [ko1@at ot ne]  多分,対応できたと思います.あとでコミットしておきます.
30739 [matz@ru y- a] お世話かけます。構文木作ればおしまいというものでないのを忘れ

ObjectC style keyword argument
30735 [nobu@ru y- a] おととい電車の中で大体できちゃったのでなんとなく(謎)。
30737 [matz@ru y- a] あ、先を越された。私はずっとreduce/reduce conflictに悩まされ
+ 30741 [nobu@ru y- a] 式の先頭に[が来ることのないCならともかく、配列があるのでrubyじゃ
+ 30744 [nobu@ru y- a] これってやはりカンマなしですか?
  30752 [matz@ru y- a] 呼び出しがカンマありならカンマありでしょう。つまり揃えるべき
  30758 [horinout@ri ] def copy: x from: y と、コンマがないと、x と from がひとかたまり

CGI#[key]が存在しないときの挙動
30740 [kentaro.kawa] こんにちは。
30808 [shyouhei@ru ] 取り込ませていただきます。ご報告ありがとうございます。

operator redefinition in YARV
30742 [matz@ru y- a] メモ代わりです。
30745 [ko1@at ot ne]  対応しています.
30751 [matz@ru y- a] ですねえ。メール出した直後に手元で似たようなことをしたらちゃ
30756 [ko1@at ot ne]  remove_method と alias で再定義チェックをしていなかったのが原因でし

大きな数の大まかな割り算
30743 [matz@ru y- a] [ruby-core:11069]で報告があったのですが、rationalの分子分母
+ 30746 [keiju@is it ] 私の方の版では,
| + 30747 [keiju@is it ] def Float.prec_size
| + 30748 [nobu@ru y- a] prec_sizeはFloat::MANT_DIGでいいのではないかと思いますが、
|   30749 [keiju@is it ] なるほど. 何かあるんじゃないかと思っていました.
|   30750 [matz@ru y- a] ちゃんと定義されていなければバグですから、直します。
+ 30753 [nobu@ru y- a] Bignum#quoで対応するというのも可能かも。
  30754 [matz@ru y- a] quoにこのようなパッチを当てることそのものには賛成ですが、
  30755 [nobu@ru y- a] **みたいにaliasを作っておけば済むのでは。
  30757 [matz@ru y- a] trunkにコミットしてください。rational.rbでこれを使うかどうか
  30762 [keiju@is it ] 了解です. たぶん, オリジナルquoを使うことになると思います.
  30771 [keiju@is it ] ruby-trunk に ci しました.
  30772 [matz@ru y- a] なかださん、knuさん、1.8にも当てませんか?
  + 30773 [nobu@ru y- a] どうせなら、[ruby-dev:30726]からの累乗の改善も一緒にどうでしょ
  | + 30774 [matz@ru y- a] 私は入れたいです。1.8はknuさんに任せます。
  | + 30776 [knu@iD em ns]  入れましょう。お願いします。
  + 30775 [keiju@is it ] それで良いです. Rational も rdiv ですし.

svn repository probem
30759 [ko1@at ot ne]  最近,具体的には先週の終わりぐらい?から,コミットにとても時間がかかる
30764 [eban@os ri .] さきほどversion.hを更新する際にモニタしてみたら、

Re: Ruby load problem on AIX
30760 [nobu@ru y- a] めんどくさいのでdevに振ります。
+ 30761 [kinpoco@gm i] ご配慮痛み入ります。
+ 31401 [kinpoco@gm i] ...
  31402 [nobu@ru y- a] * gcc以外は、LDSHAREDはldではなく$(CC)
  31445 [kinpoco@gm i] 返答が遅くなって申し訳ありません。

Re: [ruby-cvs:19483] Ruby:r12247: * lib/date/format.rb (Format::Bag#method_missing): get rid of
30765 [tadf@do rb o] これですが、よくわからなかったので、できれば具体的にどのような例で問題
30767 [matz@ru y- a] method_missingに渡された文字列を直接書き換えると副作用があっ
30768 [tadf@do rb o] method_missing の第一引数ってシンボルですよね?
30769 [matz@ru y- a] to_sした結果がFrozen Stringなのでchomp!がエラーになるという

1.9 net/smtp.rb cram_md5
30770 [Tetsuya.WATA] ruby 1.9 の net/smtp.rb にて CRAM-MD5 のメール送信がエラー
30797 [aamine@lo er] パッチありがとうございます。
30798 [Tetsuya.WATA] 青木さん、対応ありがとうございます。

Array#choiceの破壊的ver.の名前
30782 [ujihisa@gm i] 5月2日に、trunkにArray#choiceが加わりました。

Fwd: ruby-mode
30783 [zenitani@gm ] こんにちは。
+ 30813 [zenitani@gm ] 重ねて失礼いたします。
| 30816 [nobu@ru y- a] 作者ということであれば、まつもとさんから送る必要があるのでしょ
| 30817 [zenitani@gm ] はい、大丈夫だと思います。
| 30818 [matz@ru y- a] えーと、私は構いません。手続きがよくわからないので放置してま
| 30824 [zenitani@gm ] では、なかださんからお願いできますでしょうか?
| 30927 [zenitani@gm ] ruby-mode の件、
+ 30955 [shyouhei@ru ] RubyKaigiで話題になっていたのですが、
  30959 [nobu@ru y- a] 古いほうを確認し忘れてました。
  30965 [zenitani@gm ] お世話になっています。
  30968 [shyouhei@ru ] えーと、そんなに少ないわきゃなくて、ざっとChangeLog-1.8.0を目視で確認し
  30993 [zenitani@gm ] お世話になっています。
  31013 [zenitani@gm ] お世話になっています。

[BUG on Ruby??] Ruby/Tk on Ruby1.8.[56] is too slow on Windows
30784 [nagai@ai ky ] One-Click Ruby Installer でしか確認してはいないのですが,
30785 [usa@ga ba ec] えーと、ext/tk/sample/demos-{en,jp}/widgetを実行した上で、en
30786 [nagai@ai ky ] テストしていただいてありがとうございます.
30787 [usa@ga ba ec] 手元では、1.8.1で9秒程度、1.8.2以降の全てのリリース版で5.5秒
30788 [nagai@ai ky ] ぐゎ〜ん...(;_;)
30789 [usa@ga ba ec] 勘違いしてました。
30790 [nagai@ai ky ] うゎっ! しまった.

1.9 coredump
30791 [Tetsuya.WATA] ruby 1.9.0 (2007-05-17 patchlevel 0) [i686-linux]
+ 30794 [Tetsuya.WATA] の件ですが、スタックサイズの変更で対応(回避)できるようなのでお
| 30799 [ko1@at ot ne]  現状の 1.8 でも,マシンスタックあふれは厳密にはチェックできていないと
+ 30839 [Tetsuya.WATA] ruby 1.9 trunk rev 12411 にて、現象が起きな

minor improvements and doc fix for Enumerable
30792 [nobu@ru y- a] injectは、NODEを使うよりもローカル変数を直接使うほうがちょっと
30793 [matz@ru y- a] 気になるほど違うかどうかはわかりませんが、せっかくのパッチな

PasswdPrompt
30795 [ksmakoto@dd ] @@ -708,7 +708,7 @@
30796 [eban@os ri .] このくらいの変更は入れてもいいと思いますが、

tail call optimization
30800 [ko1@at ot ne]  末尾呼び出しの最適化機能を,きちんと考えて使えるようにしてみました.前
30801 [matz@ru y- a] (4) 入れるし使うけど別に触れ回ることまではしない
30802 [ko1@at ot ne]  これは末尾再帰の最適化の話ですか.Rubyの文法を守る限り,ジャンプへの変
30803 [matz@ru y- a] 絶対に、というのは「現実的なコストでは」絶対にという意味です
30804 [ko1@at ot ne]  ああ,絶対無理と言っていたのはコンパイル時に jump へ置き換える,という
30805 [matz@ru y- a] デフォルトオンでいいんじゃないでしょうか。スタックの節約に

ruby 1.9 RSTRING_LEN HP-UX arg0
30806 [Tetsuya.WATA] ruby 1.9 系ですが RSTRING_LEN マクロへ変更になり

Re: FileUtils.rm_rf misfeature?
30810 [nobu@ru y- a] ENOENTだけを無視するrm -fと違って、FileUtils.rm_rfやrm_fがすべ
+ 30811 [taca@ba k- t] NetBSD 3.1_STABLE(およびcurrent)のrm(1)の互換性のところでは、
| 30812 [nobu@ru y- a] なるほど。そんなに単純な話じゃないですね。
+ 30825 [aamine@lo er] いちおう意図的です。fileutils の force オプションは
  30826 [nobu@ru y- a] 了解です。

Re: [ruby-cvs:19612] Ruby:r12376: * oniguruma.h: updated to Oniguruma 5.7.0.
30814 [usa@ga ba ec] というわけで鬼車が新しくなりましたが、このままだと重複include
30815 [matz@ru y- a] お願いします。ある程度落ちついたら鬼車本家に取り込んでもらえ

そろそろ1.8.6の修正を出そうとおもいます
30819 [shyouhei@ru ] そろそろリリースから3ヵ月になろうとしています。そこで、6/9(土曜日)をめど
30821 [nagai@ai ky ] Tcl/Tk8.5a6 の新機能に対応させるための修正を行いたかったのですが,
30823 [shyouhei@ru ] typo修正の方は拝見しました(特に問題も思い浮かびません)。

trap() with String command dosn't work(1.8/1.9)
30820 [chikanag@ni ] オンラインマニュアルの例によると Kernel#trap および Signal.trap は
30829 [nobu@ru y- a] 1.9では文字列は"DEFAULT","IGNORE","EXIT"など以外は不可になりま

Supporting Fiber
30827 [ko1@at ot ne]  Continuation のついでに Fiber を入れました。金曜日には出来てたんです
+ 30828 [shugo@ru y- ] おお。
| 30835 [ko1@at ot ne]  ご意見ありがとうございます。
| + 30844 [nakahiro@sa ] 面白そうなのでよいと思います。と、ほっとかれでも寂しいと思ったので意味な
| | 30845 [matz@ru y- a] 協調型スレッドでは伝統的にyieldという単語が使われていますが、
| | 30847 [ko1@at ot ne]  これは、Fiber#pass を、全部 Fiber#yield に変えるべき、という
| + 30849 [shugo@ru y- ] 了解です。
+ 30866 [l.g.chin@gm ] Fiber#abdicate # "Fiber A abdicates control to Fiber B"
| 30867 [nobu@ru y- a] それは全部Aが主語でBが目的語ですよね。今のFiber#passでは
| 30868 [l.g.chin@gm ] すみません、勘違いしました。確かに、逆の場合(レシーバから引数
| 30878 [ko1@at ot ne]  いろいろな案、ありがとうございます。ただ、値も一緒に渡すとな
+ 30924 [mame@ts .n .] Fiber の挙動について質問です。
  30925 [ko1@at ot ne]  これは、「Fiber が終了した場合、どうするか」という問題になり
  30941 [mame@ts .n .] げ、また読み落としてました。失礼しました。
  30958 [ko1@at ot ne]  ほかの言語の例は実は試していないんですが、win32api の Fiber
  30969 [mame@ts .n .] 長文失礼します。Lua と Modula-2 をちょっとだけ試してみたので報告します。
  30978 [ko1@at ot ne]  うう、そういえばそうでした。
  30986 [mame@ts .n .] Python は関数内にレキシカルに yield があるときだけ coroutine 化
  30988 [ko1@at ot ne]  確かに。実行モデルという点で同じだという意味でした。失礼しま
  30990 [mame@ts .n .] 今の Fiber で「親子関係を壊さない範囲」というのはものすごく
  30991 [ko1@at ot ne]  ガーン。その通りでした。ごめんなさい orz これは間抜けだ
  31000 [mame@ts .n .] 説明下手ですみません。わかってもらえたようでよかったです。

trap in 1.9
30830 [nobu@ru y- a] [ruby-dev:30820]を試していて気づいたのですが、1.9で以下のコード

line_no in trunk when raised in loop
30831 [sheepman@sh ] trunk において、loop の中で例外が発生した場合に、
30833 [nobu@ru y- a] ブロック全般ですね。

callcc, each and local val
30832 [sheepman@sh ] trunk の callcc に関してです。
30834 [ko1@at ot ne]  この問題点に気付いてくれる方がいて大変喜んでいます。
30838 [matz@ru y- a] 個人的にはそのような挙動を期待します。
30841 [ko1@at ot ne]  対応がすぐに出来そうだったので、そのような実装にしました。
30842 [matz@ru y- a] ありがとうございます。

[BUG] SEGV at ZSUPER in a block
30836 [nobu@ru y- a] のコードがSEGVするという話が出てます。
30837 [matz@ru y- a] コミットしてください

callcc and Enumerable#each_with_index
30846 [sheepman@sh ] callcc と Enumerable#each_with_index をいっしょに使うと
30857 [matz@ru y- a] パッチありがとうございました。さきほど取り込みました。

Re: [ruby-cvs:19656] Ruby:r12420: * numeric.c (flo_round): now takes optional argument to specify
30860 [nobu@ru y- a] こっちのnum_round()の変更ですが、いささか疑問です。
30862 [matz@ru y- a] 確かにかなり勘違いしたコードですね。パッチ、コミットしていた

JSON ライブラリを取り込みます!
30869 [naruse@ai em] きたわけですが、作者の Frorian Frank さんがライセンスを Ruby License/GPL
30870 [matz@ru y- a] いいですよ。「あんまり増やすな」という意見も聴いたような気が

segv when Fiber#pass twice
30871 [sheepman@sh ] trunk で、終了した Fiber に pass を呼ぶと segv します。
30877 [ko1@at ot ne]  FiberError を返すようにしました。

segv when reentering into Fiber with callcc
30872 [sheepman@sh ] 終了した Fiber に callcc で再入すると segv します。
30899 [ko1@at ot ne]  [ruby-dev:30886]も同じだと思うんですが、どういう挙動が正しい
30905 [mame@ts .n .] [ruby-dev:30886] は重複で失礼しました。
30906 [ko1@at ot ne]  この意味がよくわからなかったんですが、とりあえずバグを直して
30911 [mame@ts .n .] 上記の例は落ちなくなったのを確認しましたが、
30913 [ko1@at ot ne]  直しました。
+ 30914 [matz@ru y- a] その気持ちはわかります。akrさんにチェックされた時とか、特に。
| 30915 [akr@fs j. rg] 無くせばいいじゃないですか。
| 30919 [matz@ru y- a] 「callccがないぞ」という声と「callccでこんなバグが」という声
| 30923 [mame@ts .n .] 前の例で落ちなくなることを確認しましたが、
| 30926 [nobu@ru y- a] スタックの保存用領域の二重解放のようですね。
| + 30928 [sheepman@sh ] [ruby-dev:30833] かな。
| + 31103 [mame@ts .n .] [ruby-dev:30926] がコミットされないのは忘れられているのでしょうか。
+ 30916 [shiba@ma l2 ] ;; ((call/cc call/cc) (call/cc call/cc)) とか
  30917 [shiba@ma l2 ] 斎藤です。連投済みません。レポート投げる前にとりあえず。

continuation in fiber dumps core
30886 [mame@ts .n .] thunk が以下のコードで segv します。

JSON ライブラリを取り込みました
30887 [naruse@ai em] というわけで、v1.1.0 が出たので取り込みました。
30901 [ko1@at ot ne]  手元でテストすると 2 failures なのですが、何か心当たりってあ
+ 30907 [flori@ni e. ] Sorry, not much in Japanese from me, but can you try this patch?
+ 30908 [naruse@ai em] Ruby 1.8 と 1.9 で inspect の書式が変わったからだと思います。
  30909 [nobu@ru y- a] 単にHashの順序に依存してるからじゃないですか?
  30912 [naruse@ai em] えぇ、根本的にはそこですね。

return in Fiber dumps core
30888 [sheepman@sh ] Fiber のブロックの中で return を呼ぶと segv します。
30897 [nobu@ru y- a] [ruby-dev:30889]も原因は同じだと思います。
30898 [ko1@at ot ne]  いや、違ったようです。なんでかわからないけど、th->tag がルー

throw in Fiber causes loop
30889 [sheepman@sh ] Fiber のブロックの中でキャッチされない throw を呼ぶと、

Hash新記法の扱い (was Re: block wrapper)
30890 [shiba@ma l2 ] 横から失礼します。
30891 [matz@ru y- a] 残します。

ruby 1.9 trunk core ($global_var and 250mb over file)
30900 [Tetsuya.WATA] ruby 1.9 trunk で core したのでお知らせします。
30943 [Tetsuya.WATA] [ruby-dev:30900] ruby 1.9 trunk core ($global_var and 250mb over file)

segv with callcc like
30918 [shiba@ma l2 ] 斎藤と申します。こんばんは。
30922 [nobu@ru y- a] いっぱいあって見落としてたみたいですねぇ。1.8でもそのままのような

Integer#prime_division  と Prime
30920 [nobu_toyofuk] ((2**17-1)**2).prime_division に比べて ((2**19-1)**2).prime_division
+ 30921 [nobu_toyofuk] n のところは self で
+ 30931 [keiju@is it ] お久しぶりでございます.
  30932 [nobu_toyofuk] お久しぶりです。
  30933 [keiju@is it ] でした.
  30937 [nobu_toyofuk] もう一ヶ所ありました。

secrand.rb
30929 [nakahiro@sa ] trunkにlib/secrand.rbが入りましたが、これを入れるに至った経緯ってどこか
30930 [akr@fs j. rg] ありません。
30934 [nakahiro@sa ] なるほど。
30935 [akr@fs j. rg] ふむ。それは考えたのですが、長すぎると思ってやめたのです。
30936 [nakahiro@sa ] 確かに長いですね。
30938 [akr@fs j. rg] 長い名前は使いにくいから、かなぁ。省略して短くするのは正しく
30939 [nakahiro@sa ] はい。ostructやpstoreがあるので、私も「新規に略称として導入するほどの名
30940 [akr@fs j. rg] secure という単語がわかるのは重要なんじゃないかなぁ。
30944 [nakahiro@sa ] 本筋に関しては別の人のコメントを待ちます(なければないでOK)。脇道だけ。
30945 [akr@fs j. rg] ゆぞさんに口頭で尋ねてみたんですが、SecureRandom がいいとの
30946 [nakahiro@sa ] 相変わらず本筋以外の脇道だけ。そういえば去年のRubyKaigi2006では、そんな
+ 30950 [nobu@ru y- a] 以前作ったのを発掘して最近の1.9に追従させました。ちょっと大きい
| 30951 [nakahiro@sa ] そろそろまつもとさんに振ろう。その気なかったら実装検討しても意味ないし。
| + 30952 [matz@ru y- a] 変わりません。名前もそれでよいと思います。
| + 30953 [nobu@ru y- a] 機能的にはあんまり差はないですけど、1.9にはrb_big_rand()がない
+ 30956 [akr@fs j. rg] とりあえず securerandom.rb にしてみました。
  30966 [nakahiro@sa ] まず読んだ感じ、etc.と入っていることから、それほど厳密に述べようとしてい
  30983 [akr@fs j. rg] そういえば session key 以外の cookie は関係ないですね。

Re: [ruby-list:43608] Ruby 1.8.6-p36 released
30942 [tommy@tm m. ] Ubuntu Feisty で ruby-1.8.6-p36 で make test-all すると 2F0E になります。
31018 [shyouhei@ru ] RubyKaigiの会場などで若干議論しましたが、この問題はようするにunderlying
threads.html
top