26493-27034

26294-27212 subjects 26721-27121

can't handle \c\
26493 [kbk@kt ri .o] \cx記法で、\c\と記述することができません。
+ 26495 [nobu@ru y- a] \cのあとでは\によるエスケープ機能を無効にすべきということでしょ
+ 26496 [root@mp t. i] 卜部でございます。
  26499 [kbk@kt ri .o] いえ、\cx記法の中で例外を出すことになってしまって
  26500 [kbk@kt ri .o] 再度確認してみました。
  + 26501 [matz@ru y- a] 1.8の正規表現コンパイラのバグです。1.9では正常に動作しますね。
  + 26502 [zn@mb .n ft ] 1.8だと
  | + 26503 [matz@ru y- a] 「だめでした」というのはいろいろ解釈できるのですが、こちらで
  | | + 26505 [nobu@ru y- a] 1.8も1.9もバグってますね。
  | | | + 26507 [matz@ru y- a] コミットしてもらえませんか。
  | | | + 26513 [sndgk393@yb ] すでにコミットして頂いたようで、
  | | |   26514 [kbk@kt ri .o] 断言できないのですが、バグってるみたいです。
  | | |   26522 [kimura.koich] 調べてみました。
  | | + 26515 [zn@mb .n ft ] だめでしたというのは、/[\c\\\]/が
  | |   26517 [matz@ru y- a] なぜ三つ?
  | |   26519 [zn@mb .n ft ] 1.8の方でいろいろ試したうち、通ったのが、
  | + 26518 [kbk@kt ri .o] 確かにエラーにはならないのですが、この文字クラス指定には
  + 26506 [kbk@kt ri .o] 木村です。連投すみません。

too many arguments for format string
26504 [zn@mb .n ft ] 1.8.3で"too many arguments for format string"という警告が
26620 [matz@ru y- a] 古い話ですが。

rmdir(2) on windows doesn't set ENOTDIR
26508 [ocean@m2 cc ] 今 Windows は Dir.rmdir が Errno::ENOTDIR を出さないので動かない
26509 [matz@ru y- a] コミットしてください。あ、できればコミット前に第三者が確認し
26520 [ocean@m2 cc ] もうひとつ、[GS]etAttributs は読み取り専用フラグがあると rmdir が
26528 [ocean@m2 cc ] これは意図された動作である可能性も否めないのですが・・・・
26537 [usa@ga ba ec] いや、意図してません。単にバグです、はい。
26539 [ocean@m2 cc ] コミットしました。これで errno 関係は一段落ついたと思います。

logger.rb
26516 [zn@mb .n ft ] Loggerのinitializeに@logdevをnilに初期化する処理が2つあるようです。
26554 [ocean@m2 cc ] 察するに、sev_threshold の方がオリジナルでしょうね。Log4r の

configure in snapshot
26523 [akr@m1 n. rg] % tar tvfz snapshot.tar.gz|grep configure
26524 [matz@ru y- a] sargeになったときにsnaphotスクリプトが使っていたautoconf2.50
26527 [matz@ru y- a] すいません。直しておきました。

removing static variables in parse.y
26530 [nobuyoshi.na] スレッドセーフ化の準備というわけでもないですが、parse.yから
26531 [matz@ru y- a] gperfの-Cってなんなんですかね。
26532 [nobuyoshi.na] 生成されるテーブルにconstがつくようになります。
26535 [matz@ru y- a] まあ、最初の一歩を踏み出すパワーは利用させていただければよろ

syserror() returns string terminated with return code
26533 [ocean@m2 cc ] こちらはコミットしました。
26534 [don@na ri .o] _sys_errlistですが、C++Builder 6 (アップデートパック
26536 [ocean@m2 cc ] うーん、そうですか・・・となると
26538 [ocean@m2 cc ] この線で修正しておきました。

bug-report
26542 [daisuke@da s] ruby-listとのクロスポスト失礼します。バグレポートはこちららしいので。
+ 26543 [usa@ga ba ec] (全部略)
+ 26544 [nobuyoshi.na] 落ちたときのrb_eval_string()の引数の内容はわかりますか。
  26546 [daisuke@da s] 失礼しました。家のLinuxでメール送るの初めてで。
  26547 [daisuke@da s] rb_global_variableがビンゴでした。無事、落ちなくなりました。

constify socket functions (win32)
26553 [ocean@m2 cc ] win32/win32.[hc] の winsock 関連の関数に、SUSv3 とも MSDN の記述とも
26555 [usa@ga ba ec] 入れちゃってしまってかまわないと思います。
26556 [ocean@m2 cc ] ありがとうございます。入れておきました。ところで、ruby_1_8 にはやっぱり

compile error of ext/io/wait/wait.c
26562 [naruse@ai em] MinGW32環境にてext/io/wait/wait.cのコンパイルに失敗します。
26565 [ocean@m2 cc ] 私も使い方がわからないので機械的な修正ですが、警告にも対処して

cannot compile io.c on windows
26566 [ocean@m2 cc ] 現在、windows で io.c をコンパイルできなくなっています。
+ 26567 [akr@m1 n. rg] よくは知らないのですが、windows にも nonblocking I/O は存在すると聞い
| 26568 [ocean@m2 cc ] HEAD のほうに F_SETFL + O_NONBLOCK ができる fcntl は実装されている
| + 26569 [ocean@m2 cc ] もしくは、わからないときは分割しないほうが良い、ということでしょうか。
| + 26572 [akr@m1 n. rg] うぅむ。
| + 26583 [usa@ga ba ec] ないと思います(だから実装してない)。
+ 26585 [akr@m1 n. rg] 検討した結果、これで良いと思うようになりました。コミットしてください。

SystemCallError.new("abc") => #<SystemCallError: unknown error - ab>
26574 [akr@m1 n. rg] 次のように、メッセージの最後が切れます。
26576 [matz@ru y- a] snprintfのsizeに間違いがありました(NULを勘定していなかった)。
+ 26578 [nobu@ru y- a] rb_str_new()は自動的にNULを追加するので、長くしなくてもいいんで
| 26579 [ocean@m2 cc ] error.c は、StringValue する前に RSTRING(str)->len しているのでまずいと
| 26580 [matz@ru y- a] 確かに。
| 26586 [nobuyoshi.na] ちと手抜きですが。
| 26587 [ocean@m2 cc ] さらに手抜きですが、vsnprintf が C99 準拠であれば、こんな方法もあるようです。
| + 26589 [nobu@ru y- a] それは環境を選びすぎでしょう。どこでもmissing/vsnprintf.cを使う
| | 26597 [ocean@m2 cc ] configure で切り分けてどうにかできないかとも思ったのですが、
| | 26599 [nobuyoshi.na] これを試してみました。
| | + 26602 [nobu@ru y- a] 書き忘れてました。この方法にはもう一つ、locale依存の動作を排除
| | | 26603 [matz@ru y- a] これは魅力ですねえ。HEADにコミットしていただけませんか?
| | | 26604 [ocean@m2 cc ] 現在、windows でコンパイルできなくなっています。
| | | 26607 [nobuyoshi.na] DEPRECATED()の定義をNOINLINE()のところに移動させたほうがいいよ
| | | + 26608 [ocean@m2 cc ] ありがとうございます、make 通りました。
| | | + 26613 [usa@ga ba ec] これでこの問題は解決してるわけですが、もうrb_w32_vsnprintf()
| | |   26614 [matz@ru y- a] そうですね、消しちゃってください。
| | + 26651 [root@mp t. i] この変更があってからだと思うのですが、リンカが以下のように警告を発するよ
| |   26652 [root@mp t. i] 卜部です。自己レス
| |   + 26666 [ocean@m2 cc ] 山本です。勘違いだったらすみません。
| |   | 26670 [matz@ru y- a] してないはずです。
| |   + 26672 [nobuyoshi.na] どっちもまずいですね。
| |     26673 [matz@ru y- a] 前者は#include前にマクロで名前を変えることで対応できるのでは
| |     26674 [nobuyoshi.na] 前者についてはそう考えていますが、後者には肝心のBSD__dtoa()があ
| |     26675 [matz@ru y- a] じゃあ、とりあえず前者を対処していただけませんか。
| + 26591 [taca@ba k- t] vsnprintf()のことではありませんが、C99に依存したコードを書くと、軒並
+ 26581 [akr@m1 n. rg] もう少し調べたところ、
  26582 [matz@ru y- a] 私の目視は当てになりませんねえ。直しておきました。

nkf constification
26592 [nobu@ru y- a] nkfのread onlyの変数をconstにしてみました。これでもまだ100個以
26598 [naruse@ai em] どうもです。

test_s_open_lock failed on Solaris
26594 [akr@m1 n. rg] 次のように、Solaris で test_s_open_lock が失敗します。
27030 [matz@ru y- a] Basecampで登録されたので。
27033 [akr@m1 n. rg] 私がこの条件を決めた覚えはありません。
27034 [matz@ru y- a] そうでしたか。相変わらず弱い記憶力で申し訳ありません。

isnan()の整理
26600 [shiba@ma l2 ] 何か所かのisnan()を、整理して移動/削除してみました。
26601 [matz@ru y- a] ふむ、NaNになるのはFloatから得た場合だけであることを利用して

ext/tk/sample/multi-tk.rb
26605 [ocean@m2 cc ] ext/tk/sample/multi-ip_sample.rb でウィンドウサイズがおかしかったり、
+ 26606 [nagai@ai ky ] すみません.
+ 26609 [nagai@ai ky ] のように修正しましたが,いかがでしょうか.
  26612 [ocean@m2 cc ] 直ったようです。

io.cのsys/ioctl.hのインクルード条件
26610 [najima@mi ke] 数日前から、ある似非POSIXな組み込み環境で動作するアプリケーションにRubyを
26611 [matz@ru y- a] 取り込みます。

public method
26616 [m_seki@mv .b] メソッドの呼び出し制限について教えて下さい。
26627 [matz@ru y- a] それ以外のケースが思い付かないので、そう考えても良いのではな
26741 [aamine@lo er] send_public

Re: [ruby-cvs] ruby/ext/socket, ruby, ruby: * ext/socket/socket.c (ruby_connect): break immediately if a
26618 [akr@m1 n. rg] こういうように、nonblocking かどうかで挙動を変えるのは、socket をデフォ
26619 [matz@ru y- a] ふーむ、ここで初めて気がついたのですが(遅い)、デフォルトで
26633 [akr@m1 n. rg] むしろ積極的に blocking mode と同じように動作するのが良いと私は思って
26644 [matz@ru y- a] Rubyのスレッドについてそれほど知識がなくUNIX的伝統だけを知っ
26656 [akr@m1 n. rg] そのような期待を持つ人がいるであろうことはその通りだと思います。そして、
26720 [matz@ru y- a] なるほど。了解しました。とりあえずあの変更は取り消すことにし
26733 [akr@m1 n. rg] read は EAGAIN で繰り返し呼ばれるますが、select しないでいいのは最初の

ripper compile error
26621 [nobuyoshi.na] ripper_warningS()で引数が抜けてます。

Re: [ruby-cvs] ruby: * parse.y (f_arg): better argument name duplication check
26622 [usa@ga ba ec] これって、意図的な変更で、array.cあたりを入れ忘れてるのでしょ
26624 [matz@ru y- a] 間違いです。ここでやっては行けない修正をしていて、直前に取り

Ruby2.0BlockParameterNotation
26623 [ko1@at ot ne]  最近のまつもとさんの日記(http://www.rubyist.net/~matz/)でブロックパ
+ 26625 [matz@ru y- a] そうです。
| + 26629 [ko1@at ot ne]  すみません、よくわかりませんでした。
| | 26630 [matz@ru y- a] (2)は許しません。
| + 26642 [sinara@bl de] {(x,y) -> ... }
|   26643 [matz@ru y- a] yaccが「うん」と言ってくれないんです。私の知らない技を使えば
|   26649 [sinara@bl de] ふむー、そうなんですか。つまり(x,y)の前に何か(\なり->なり)
|   26650 [matz@ru y- a] つまり、-> (x,y) {...} ではなく、{->(x,y) ...} にしてはどう
|   26653 [sinara@bl de] そうです。
|   26654 [matz@ru y- a] いいえ。yaccの制約はありません。
+ 26626 [ko1@at ot ne] URL を間違えてました orz

show information of '--enable-pthread'
26628 [nagai@ai ky ] 下記のようにバージョン情報に '--enable-pthread' で
26632 [matz@ru y- a] ダメじゃないですけど、もうちょっとコンパクトな表示にはならな
26634 [nagai@ai ky ] やっぱりそうですよね.(^_^;
26635 [eban@os ri .] Perlと同じように-Vがいいかな。
+ 26636 [nagai@ai ky ] これだと ruby 本体のためのオプションと,
| 26637 [root@mp t. i] べつに configure の中でも取扱いは定めてないでしょう。オプショ
| 26638 [nagai@ai ky ] ruby 本体に影響を与えるオプションか否かは判断できるはずと
+ 26645 [usa@ga ba ec] これは同感です。
  26646 [nagai@ai ky ] なるほど.確かにこの方法が融通がきいて良いですね.
  26658 [nagai@ai ky ] 一旦はそれで良いかと思ったのですが,rbcofig.rb の内容が
  26659 [taca@ba k- t] そういう状況は、どういうときに起きるんでしょうか。
  26662 [nagai@ai ky ] 同一マイナーバージョンのバイナリが複数存在した場合,
  + 26663 [usa@ga ba ec] あー、これは問題かもしれないですね。
  | 26669 [nagai@ai ky ] 一度インストールしたバイナリの名前を変えた上で
  | + 26671 [matz@ru y- a] ここには同意します。
  | | 26683 [nagai@ai ky ] う〜む.
  | | + 26691 [matz@ru y- a] そう思います。
  | | | 26693 [nagai@ai ky ] まとめてリプライします.
  | | | 26694 [nobuyoshi.na] #ifdef HAVE_NATIVETHREADで。
  | | | 26695 [nagai@ai ky ] あ,いえ,あくまでも「現在稼働中の」です.
  | | | 26698 [nobuyoshi.na] HAVE_NATIVETHREADが影響するような拡張ライブラリ、たとえば
  | | | 26699 [nagai@ai ky ] ロードに失敗してくれればいいのですが,
  | | | 26700 [nobuyoshi.na] うーん、RTLD_LAZYのせいですかね。こういうので試すとエラーになり
  | | | 26701 [nagai@ai ky ] はい,なります.
  | | + 26696 [usa@ga ba ec] 今度はruby実行ファイルと動的リンクライブラリのどっちに埋め込
  | + 26697 [usa@ga ba ec] あ、次の段階ではこれを提案しようと思ってました。
  | + 26702 [nagai@ai ky ] 定期試験の監督をしながらボーっと考えてたんですが,
  |   26703 [usa@ga ba ec] md5sumをどうやって取るかという最大の問題があるのです。
  |   26704 [nagai@ai ky ] 使い捨てにする実行ファイル (計算して出力するだけの機能) を作って
  |   26707 [usa@ga ba ec] 確かに、難しくはないですね。
  |   26708 [usa@ga ba ec] あ、win32があるので、#undef fopen と #undef fclose が必要っす。
  |   26710 [nobuyoshi.na] 難しくはないですけど、クロスコンパイルのときには使えないので
  |   26727 [nobuyoshi.na] もう一点、現在実行中のファイルまたは共有ライブラリにアクセスす
  |   26728 [nagai@ai ky ] ん? なぜこれを気にされているのかが分からないです.
  |   26730 [nobuyoshi.na] すいません、勘違いしてました。それは問題ないですね。
  + 26690 [taca@ba k- t] そういった場合に <install-dir>/<arch> 以下は共有して使用できるものなの
    26692 [nobuyoshi.na] プラットフォームによります。一般に動作は保証できません。たぶん

SEGV at zsuper with anonymous rest args.
26639 [nobu@ru y- a] 1.9がtest_super.rbのtest_array1でSEGVしています。
26640 [matz@ru y- a] コミットしてください。
26647 [ocean@m2 cc ] まだ落ちているようです。コールスタックを添付します。
26660 [nobu@ru y- a] こんなところでしょうか。
26661 [ocean@m2 cc ] うーん、まだ落ちます。
26679 [nobuyoshi.na] とりあえずこれではどうでしょうか。なんかまだオプショナル引数あ
26682 [ocean@m2 cc ] bcc32、win32 ともに通りました。
26742 [nobu@ru y- a] SEGVしっぱなしというのもなんなので、とりあえずコミットしておき

refactoring tcltklib.c (deleted ip check)
26664 [ocean@m2 cc ] ...
+ 26665 [ocean@m2 cc ] あと、大したものじゃないんですが、tcl/tk の tile のデモにあって
| 26668 [nagai@ai ky ] こちらで元にしたデモよりも新しいバージョンのデモなのでしょうね.
| 26678 [ocean@m2 cc ] tile 0.4 でまさにそういう状況でしたので、修正してコミットしました。
| 26684 [nagai@ai ky ] そうでしたか.
| 26686 [ocean@m2 cc ] ああ、いえ、[ruby-dev:26665] の私の書いたデモが tile 0.4 で動かなかった
| + 26687 [ocean@m2 cc ] 完成したのでとりあえず入れておきます。
| + 26705 [nagai@ai ky ] まずは一つ.
|   26706 [ocean@m2 cc ] デモを動かした範囲では、問題なく動いてました。(とはいえ、デモはあまり複雑
|   26709 [ocean@m2 cc ] と思ったらエラーが出て動きませんでした。そのままにしておきます。
|   26716 [nagai@ai ky ] 見直してたんですが,どうやら treeview.rb を書いていた時は,
|   26719 [ocean@m2 cc ] コミットしておきました。ところで、最初はまったのですが、Tk::Tile::TButton などは
|   26724 [nagai@ai ky ] ありがとうございます.
|   + 26726 [nagai@ai ky ] 補足です.
|   + 26736 [ocean@m2 cc ] うーん、そういうことですか。私は include Tk::Tile した時に
|     26737 [nagai@ai ky ] 幾種も拡張ライブラリがありますから,
|     26738 [ocean@m2 cc ] 納得しました。コミットしておきます。(demo も T 抜きの名前を使うようにして)
|     26739 [nagai@ai ky ] TTreeview/TTreeView の導入はやっぱり止めておきませんか?
+ 26667 [nagai@ai ky ] はい,よろしくお願いします.

refactoring tcltklib.c (Tcl_GetStringResult)
26676 [ocean@m2 cc ] ...
26681 [ocean@m2 cc ] ...
26685 [nagai@ai ky ] このように問題が起きそうにないリファクタリングは

Ping.pingecho should rescue StandardError
26677 [gotoyuzo@no ] TimeoutErrorがStandardErrorではなくなったときに、ping.rbで明
26680 [matz@ru y- a] そうですね。コミットしてください。

ruby  がサポートする  tcl/tk  のバージョン
26688 [ocean@m2 cc ] 思い立って tcl/tk 7.6 と 8.0 を手に入れて ruby/tk をコンパイルしてみた
26689 [nagai@ai ky ] ちょっと手が塞がっているので,取り急ぎこちらの分だけですが,

--with-static-linked-extするとrequireできないライブラリがある
26711 [don@na ri .o] configure --disable-shared --with-static-linked-extをした後に作った
+ 26712 [matz@ru y- a] 現時点では
| 26713 [don@na ri .o] とりあえず手元の環境で現状 make test-all でエラーが出て進まない、とい
+ 26714 [nobu@ru y- a] すいません、間違えました。つい省略していけないところまでファイ
  26715 [nobu@ru y- a] すいません、さらに間違えました。
  26717 [nobu@ru y- a] たびたびすいません、やっぱり間違ってました。
  26718 [don@na ri .o] パッチありがとうございました。[ruby-dev:26717]のパッチを適用しましたと
  26722 [nobu@ru y- a] すいません。
  26735 [don@na ri .o] [ruby-dev:26717][ruby-dev:26722]のパッチをあてまして、make test-all で
threads.html
top