25942-27306

25722-26278 subjects 26122-27309

ruby-mode.elで/#{"/"}/
25942 [zn@mb .n ft ] re = /#{"/"}/
25943 [matz@ru y- a] font-lockの構文解析は正規表現ベースでちゃんとした構文解析で

cygwinでmakeするとErrno::EACCES
25944 [zn@mb .n ft ] ruby_1_8のcompiling tcltklibのところで、rm_f("conftest*")で
25945 [aamine@lo er] これは fileutils のバグですね。

ext/tk/sample/**/*.gif are broken
25946 [ocean@m2 cc ] 前から気になってたんですが、ext/tk/sample 以下の GIF ファイルが壊れているようです。
+ 25947 [ocean@m2 cc ] とりあえず、この線で作業しておきます。
| + 25948 [matz@ru y- a] ありがとうございます。
| | 25949 [eban@os ri .] cvswrappersでしょうね。
| | 25951 [ocean@m2 cc ] 嗚呼、そうです。横着して片手打ちしたら一個打ち間違えました・・・ on_
| + 25955 [taca@ba k- t] 後ろ向きかもしれませんが、バイナリなファイルはuuencode(1)してCVSに突っ
|   25956 [nobu@ru y- a] バッチファイルはそうもいかないでしょうねぇ。って別にtarball作る
|   25958 [usa@ga ba ec] 困るのは、CVSの先端を追っかけてて、かつ、バッチファイルを随時
+ 25950 [nobu@ru y- a] Windows用のcvsでcheckoutした場合の話だと思いますが、ひょっとし
| 25952 [ocean@m2 cc ] # ずれた回答をしてしまったので自己フォローしておきます。
| 26063 [nobu@ru y- a] -kbにすると、CVSwebで差分が見られないという副作用があるようです。
| + 26064 [nagai@ai ky ] 私が入れてしまった部分ではありますが,
| + 26065 [ocean@m2 cc ] うーん、これをチェックしてしまうと、編集中に CR+LF になってしまった
|   26066 [usa@ga ba ec] バイナリファイルを-kbなのはまあいいとして、
+ 25954 [ocean@m2 cc ] 拡張子がなかったので気づかなかったのですが、実は ext/tk/sample/tkextlib/tkHTML/page*/image* も
+ 25957 [nagai@ai ky ] ごめんなさい.全く気が付いていませんでした.

some trouble on ext/tk/sample
25959 [ocean@m2 cc ] ext/tk/sample で動かないものがあったので報告します。
+ 25960 [ocean@m2 cc ] ...
+ 25964 [nagai@ai ky ] 報告をありがとうございます.
| 25965 [nagai@ai ky ] 根本的に視点が間違ってました.
+ 25966 [nagai@ai ky ] ↑ と
+ 25969 [nagai@ai ky ] この件も修正できたと思います.
  25970 [ocean@m2 cc ] 動くようになりました。ただ、各ノードがフルパスなのが気になったので、
  25973 [nagai@ai ky ] 確かにそれが適切ですね.ありがとうございます.
  25985 [ocean@m2 cc ] configure を引数なしで呼ぶと、利用可能なオプションを返すという説明があったので
  25987 [nagai@ai ky ] この情報であれば,configinfo メソッドで得られます.
  25996 [ocean@m2 cc ] なるほど。
  25997 [nagai@ai ky ] 例えば ebcdic とか.(^_^)
  26000 [ocean@m2 cc ] ありがとうございます。0.5秒ほど速くなったようです。
  26003 [nagai@ai ky ] 連絡が遅くなってしまいすみません.
  26004 [ocean@m2 cc ] それは何と言うか・・・私も人事ではありませんね。最近までまったく
  + 26005 [ocean@m2 cc ] まだ良く調べてないんですが、sample/tkextlib/treectrl/mailwasher.rb
  | 26007 [nagai@ai ky ] (;_;)(;_;)(;_;)(;_;)
  | 26008 [ocean@m2 cc ] 結論から言うと、tk::treectrl 側のバグでした。
  | 26009 [nagai@ai ky ] おぉ,ありがとうございます.助かりました.
  + 26006 [nagai@ai ky ] RAID1 のシステムだったので油断したというのもあります.

Error in test_rinda.rb
25961 [zn@mb .n ft ] autobuildで以下の2つのエラーが出ているようです。
25962 [m_seki@mv .b] # うわ、やっちゃった…

EXTOUT in stable
25963 [nobu@ru y- a] 1.8にもEXTOUTをバックポートしようかと思うんですが、どうでしょう
25967 [matz@ru y- a] いいんじゃないでしょうか。コミットしてください。
25968 [ocean@m2 cc ] 1.8 でもインストールせずにテストできるようになって、嬉しいです。

Re: [ruby-cvs] ruby, ruby/ext/openssl: * ext/openssl/ossl_engine.c (ossl_engine_s_load): should not raise
25971 [akr@m1 n. rg] 最近 warn を数えているのですが、今朝ひとつ増えたのでしらべたところ、次
25972 [gotoyuzo@no ] ありがとうございます。修正をコミットしました。

ENV.key
25974 [ocean@m2 cc ] 1.9 で Hash#index が deprecated になり Hash#key に移行しましたが、
+ 25975 [matz@ru y- a] ありがとうございます。コミットしてくださいませんか。
+ 25994 [zn@mb .n ft ] test/ruby/test_env.rbで
  25995 [ocean@m2 cc ] 修正しておきました。

tnono dumps core
25976 [nobu@ru y- a] 助田さんの「ののぐらむ(*1)」を実行してみたところ、tnono.rbがcoreを
25977 [masaki.suket] core を吐く原因は、良くわからないので申し訳ないのですが、
+ 25978 [nobu@ru y- a] 8.3から8.4.5にあげたところ、起きなくなりました。お騒がせしまし
| 25979 [nagai@ai ky ] # ごめんなさい.元記事を見落としてました.
| 25980 [nobu@ru y- a] 1.9最新、2005-04-02です。
| 25982 [nagai@ai ky ] う〜む.そうですか.
| 26015 [nagai@ai ky ] Tcl/Tk 8.3.5 で試してみたのですが,手元では再現できませんでした.
| + 26016 [ocean@m2 cc ] No-one should ever invoke the exit system procedure directly;
| | 26020 [nagai@ai ky ] Tcl_Exit を呼んでしまうと Ruby の終了処理をすることなく
| + 26027 [nagai@ai ky ] 原因が分かりました.
|   + 26028 [nagai@ai ky ] commit しました.お騒がせしてすみませんでした.
|   + 26029 [ocean@m2 cc ] そういえば、前回の調査の時、
|     26032 [nagai@ai ky ] ですね.(^_^;  commit をお願いします.
|     26033 [nagai@ai ky ] ...と思いましたが,preview1 まで時間がないですね.
+ 25984 [nagai@ai ky ] 20 分ほど時間があったので,ちょっとだけ.
  25990 [masaki.suket] いろいろと丁寧な解説ありがとうございます。

tktable doesn't have selection_present
25981 [ocean@m2 cc ] tktable を試していて気づいたのですが、selection present にあたる
+ 25983 [nagai@ai ky ] ありがとうございます.commit していただけますか?
+ 25986 [ocean@m2 cc ] 別件ですが、demos-jp/goldberg.rb が 1024x768 だと表示しきれなくて
  25988 [nagai@ai ky ] う〜む.
  25989 [ocean@m2 cc ] うーん、まったく無くした状態でも
  25991 [nagai@ai ky ] 元々のデモでは下部のボタンがなかったんですが,
  25992 [nagai@ai ky ] 情報表示を開くと横方向も余裕はないようなので,
  25993 [ocean@m2 cc ] 最後に表示される「クリックでリセットします」の下が切れていたので、
  26002 [ocean@m2 cc ] やはり、バランスが悪いので 15 動かしたほうがいいようです。

ruby 1.8.3 preview予定
25998 [matz@ru y- a] 4月に出すと予告していたruby 1.8.3ですが、preview1を(なにか不
+ 26021 [tommy@tm m. ] GNU Emacs 21.4.1 で ruby-mode.el の 1.88 を使用すると、「%」の次の行か
| 26022 [akira@ru y- ] ruby_1_8では1.74.2.8ですが同じ現象が起きます。
| 26023 [matz@ru y- a] 取り込みます。
+ 26026 [kazuhiko@fd ] 反応が遅くなりごめんなさい。
  26039 [aamine@lo er] [ruby-list:40631] では「ヘッダを配列で取る手段が欲しい」と

irb マージ[Re: ruby 1.8.3 preview予定]
25999 [keiju@is it ] おー. そういえばそんなことがあったと思い.
+ 26001 [nobu@ru y- a] えーと、サンプルスクリプトをファイルなどから食わせたときに分か
| 26017 [keiju@is it ] 1.8.2の方でも反映されていましたね.
| 26018 [matz@ru y- a] 「今回のリリース」は12日のpreview1のことですか。それとも4月
| 26024 [keiju@is it ] preview1は絶対にまにあわないです(^^;;
| 26025 [matz@ru y- a] んじゃ、本リリースまで一週間は待ちます。よろしく。
| 26031 [keiju@is it ] ボケツをほったかも(^^;
+ 26019 [matz@ru y- a] たぶん、initializeをコンストラクタ以外の意味で使うことを嫌っ
  26030 [keiju@is it ] ふーむ. なるほど. コンストラクタと言うよりもアプリケーションとしての

rb_attr_get  と  warning
26010 [ocean@m2 cc ] rb_attr_get でも警告が出る場合があるようですが、これは意図された動作でしょうか。

bcc32、win32 での  install-doc  の動作
26011 [ocean@m2 cc ] bcc32(ruby_1_8) のインストールをしていて気づいたのですが、
26012 [nobu@ru y- a] すいません、間違いです。次のと一緒に直しておいてもらえますか。
26013 [ocean@m2 cc ] コミットしておきました。
26014 [usa@ga ba ec] 1.9は現状(UNIX風)でいきたいんですが、1.8は互換性を維持したほ
26034 [ocean@m2 cc ] とりあえず報告だけ。bcc32 にはインストールされたデバッグ情報ファイル(*.tds)を削除する
26035 [ocean@m2 cc ] 初めは下のパッチで動くと思ったのですが、File.join("", "hoge") #=> "/hoge" のため
+ 26036 [usa@ga ba ec] こっちはそんな感じでOKだと思います。
| + 26038 [usa@ga ba ec] DATADIRじゃない。DESTDIRです orz
| + 26040 [nobu@ru y- a] 「prefixにはドライブレター禁止」ということでどうでしょうか。ど
|   26041 [usa@ga ba ec] えー。
|   26042 [nobu@ru y- a] とはいえ、prefixはrbconfig.rbなどに埋め込まれるわけで、別マシン
|   26043 [usa@ga ba ec] これはこれで同意ではあります。
|   26045 [nobu@ru y- a] これでどうでしょう。まだ試してませんが。
|   26049 [ocean@m2 cc ] make に渡した DESTDIR の設定が上書きされていたのと、win32 で
|   26051 [nobu@ru y- a] あぁ、確かに。他に問題なければよろしく。
|   26059 [ocean@m2 cc ] コミットしてから気づいたんですが、
|   26060 [nobu@ru y- a] 重複してるとダメなんでしたっけ。
|   + 26061 [usa@ga ba ec] YAGNIの精神に従って、さしあたって問題があるパターンを回避した
|   + 26067 [ocean@m2 cc ] そうです。File.join("", "/lib") #=> "//lib" の方が適切でした。
|     + 26069 [nobu@ru y- a] うーん、$destdirはinstall-extのときしか使わなくなったはずだから、
|     | 26071 [ocean@m2 cc ] これだと、make DESTDIR=s: install のように、別ドライブのカレントを指定したときに
|     | + 26072 [usa@ga ba ec] 参考までに、mswin32では(というかnmakeでは)、空の文字列を設定
|     | | + 26073 [ocean@m2 cc ] なるほど、File.expand_path("") もカレントディレクトリを返しますね。
|     | | + 26074 [eban@os ri .] 2年ほど前に同じことを思いました。
|     | + 26076 [nobu@ru y- a] expand_pathはしないようにしてみました。
|     |   26078 [ocean@m2 cc ] それならば、定義として明快ですね。 +1。
|     |   26086 [nobu@ru y- a] ext/extmk.rbのほうは入れておきました。
|     + 26070 [ocean@m2 cc ] 混乱してきたので整理しておきます。
|       26075 [ocean@m2 cc ] DESTDIR に指定しないときに問題ありますね・・・・
+ 26037 [ocean@m2 cc ] こちらを少し訂正します。元が force delete になっているのでそれを踏襲して・・・

[ANN] サーバメンテナンスのお知らせ
26044 [shugo@ru y- ] 短時間アクセスできなくなる可能性がありますが、あしからず御了承ください。

irb 0.9.5 release
26046 [keiju@is it ] irb 0.9.5 を CVS/HEADにコミットしました.

"Florian Frank": Small 1.9 fixes
26047 [keiju@is it ] さっそく irb 関連でバグレーポートがありました(^^;;;
26048 [matz@ru y- a] [ruby-core:04668] ruby-lex hangs if there is no newline at end of file
26050 [keiju@is it ] irb/ruby-lex.rb irb/slex.rb ともにいじっているので, 知らぬまに直ってい
26052 [matz@ru y- a] うーむ。
26053 [keiju@is it ] libintl-gettext-ruby1.8ではないような... これはGNU gettextのRuby用のラッ
+ 26054 [matz@ru y- a] ところで末尾にnewlineのないファイルを食わせると現状のslexは
| 26056 [keiju@is it ] 現象が再現しました...
+ 26055 [sugi@ne ui o] むとうさんの gettext は libgettext-ruby1.8 にとかになってます。
+ 26057 [zn@mb .n ft ] debianパッケージだとlibintl-gettext-ruby1.8ではなく
  26058 [keiju@is it ] 例のバグ[ruby-Bugs-1745]直しました.

`_Unwind_Context' undeclared
26062 [akira@ru y- ] この問題についてlibunwindのインタフェースを
26297 [akr@m1 n. rg] 思ったんですが、これって要するに HP-UX の libunwind と Debian の
26302 [matz@ru y- a] やまださんの方でこれで解決するということであればコミットした

build fail (CVS HEAD)
26068 [kimura.koich] CVS HEADで、make install 時にこけます(makeは通る)。
26077 [nobu@ru y- a] [ruby-dev:26050]でも話題になっていますが、結論が出るまではとり

absolute path in $LOADED_FEATURES
26079 [nobu@ru y- a] requireされたファイルの__FILE__をフルパスにしてみました。
+ 26080 [matz@ru y- a] コミットしてください。
+ 26082 [akr@m1 n. rg] これにより、
  26083 [matz@ru y- a] プロトタイプ宣言を追加する必要がありますね。
  26084 [nobu@ru y- a] ruby.hでいいですか?
  26085 [nobu@ru y- a] すいません、間違い。intern.hに入れました。

ruby 1.8.3 用 irb について
26081 [keiju@is it ] ruby-devに irb 0.9.5 をリリースして一週間ほどたちましたがそれほど,

irb 0.9.5 release on CVS/1.8.3
26087 [keiju@is it ] 予告通り(といっても4:30遅れですが...)

Anonymous CVSサービスの一時中断
26088 [shugo@ru y- ] CVSのセキュリティアップデートのアナウンス(*1)を受け、Anonymous CVS

mkmf C++ support
26089 [nobu@ru y- a] C++を含む拡張ライブラリに対応してみました。have_funcなどもC++対
26091 [matz@ru y- a] 1.9で試してみましょうか。

expand include path by -I
26090 [nobu@ru y- a] コマンドラインから-Iで相対パスが指定された場合、-CやDir.chdirを
26092 [matz@ru y- a] ふうむ、確かにそうかも。コミットしてください。

ruby-tk doesn't work on HEAD (autoload problem?)
26093 [ocean@m2 cc ] 20 Apr 2005 付けの checkout から、install 前の runruby.rb を使った
26095 [nobu@ru y- a] 直しました。

Re: [ruby-cvs] ruby, ruby/ext/tcltklib: * ext/tk/tcltklib.c (ip_set_exc_message): fixed memory leak.
26094 [nagai@ai ky ] お手数ですが tcltklib.c の頭にある TCLTKLIB_RELEASE_DATE の

Re: Win32: Ruby & APR; build problems for Ruby Subversion SWIGbindings
26096 [ocean@m2 cc ] [ruby-core:4745] 以下のスレッドで、
26097 [usa@ga ba ec] #defineならまだ#ifdefでチェックできますが、typedefだとどうし
26098 [ocean@m2 cc ] なるほど、確かにそうですね。
26099 [usa@ga ba ec] おっと、こっちは見落としてました。

FileUtils.rm_rf security problem
26100 [akr@m1 n. rg] ふと、CVE で perl 関係のを見ていたら、File::Path の rmtree に関するも
+ 26101 [matz@ru y- a] 私の勘違いでなければ、上記の手順には攻撃者がトップレベル(aと
+ 26102 [akr@m1 n. rg] トップレベルでなくても途中をすり替えられれば攻撃可能だと思います。
  + 26103 [matz@ru y- a] あー、そうなのか。
  | 26104 [akr@m1 n. rg] chdir を使うのは traditional な対応ですね。ただ、そうすると thread
  + 26190 [aamine@lo er] ここがよくわからないんですが、すりかえられるんですか?
    26191 [akr@m1 n. rg] このストーリーでは、ディレクトリを作るのは root じゃなくて通常ユーザで
    26192 [aamine@lo er] ああなるほど、ようやく問題が理解できました。ありがとうございます。
    26197 [aamine@lo er] このセンで実装してコミットしました。rm_r に :secure という
    26199 [akr@m1 n. rg] とりあえず、報告した例は直っていません。
    26226 [akr@m1 n. rg] 報告した例は直ったようです。
    26233 [aamine@lo er] 再度修正してコミットしました。1.8 にも入れたかったんですが、
    26234 [akr@m1 n. rg] def remove_entry_secure(path, force = false)
    26237 [aamine@lo er] lchown が suid ビットをクリアすることを仮定しています。
    + 26238 [akr@m1 n. rg] えぇと、sudo の suid ビットがクリアされるというのはまずいのではないでしょうか。
    | 26797 [aamine@lo er] 非常に遅くなりました。
    | 26799 [akr@m1 n. rg] fchown を使えば chdir 抜きでできるんじゃないかと思っています。
    | + 26803 [akr@m1 n. rg] そういえば、ディレクトリのときだけ open したいというのは xxx/. を open
    | + 27306 [aamine@lo er] 長らく間が空きましたが、1.8 1.9 とも open を使った実装に変更しました。
    + 26240 [akr@m1 n. rg] そういえば、これはどうしてまずいんですか?
      26241 [taca@ba k- t] AIXのことはわかりませんが、

close(2) without flushing buffer for redirection in child process
26105 [tomoakin@ke ] ruby-devの皆様
26108 [akr@m1 n. rg] 1.8.2 から、STDOUT と STDERR は fork のまえに自動的に flush されるみた
26125 [tomoakin@ke ] ご教示どうもありがとうございます。

[ANN] Anonymous CVS Service Restart
26106 [shugo@ru y- ] Anonymous CVS Service was restarted.

variable name by -s
26107 [nobu@ru y- a] $ ruby -se 'puts global_variables.grep(/foo/)' -- --foo-bar
26112 [matz@ru y- a] むしろエラーになるべきなんじゃないかという気もします。
26114 [nobu@ru y- a] じゃ、-だけ_に置き換えてそれ以外はエラー、ってのはどうでしょう
26121 [matz@ru y- a] それは妥当そうですね。コミットしてください。
26123 [nobu@ru y- a] とりあえずNameErrorにしておきます。

check for function attribute
26109 [nobu@ru y- a] 今rubyio.hではgcc 3.3以降のみ__attribute__を使ってDEPRECATED()
26110 [nobu@ru y- a] gccは知らない__attribute__でも警告を出すだけで通してしまうよう
26111 [matz@ru y- a] 1.9にコミットしてください。

race condition in fixnum..fixnum ?
26113 [akr@m1 n. rg] 例によってとあるソフトウェアで core を吐いたので調べたところ、
26115 [nobu@ru y- a] ここでコンテキストスイッチが起きることはないはず、と思うんです
+ 26116 [akr@m1 n. rg] ここで起こらないのはそうですね。
| 26117 [nobu@ru y- a] 二回呼んでるから、そこで起きる可能性はありますね。というか、beg
+ 26120 [matz@ru y- a] 確かにそうですね。コミットしてもらえますか。とりあえず1.9の

profiler.rb [ruby-core:4775] & [ruby-talk:140401]
26118 [ocean@m2 cc ] [ruby-core:4775] と [ruby-talk:140401] で問題になっている
26119 [ocean@m2 cc ] なんか送信ミスがあったようで、違うコードが送信されてました。
26131 [ocean@m2 cc ] #toplevel の解釈があれでいいのかよくわかりませんが、とりあえず
threads.html
top