2542-2857

2305-2565 subjects 2725-3051

`-r debug' and `-e' with multiline
2542 [inaba@st ri ] -r debug と -e オプションについてリクエストがあります。
2544 [eban@os ri .] これはつい return のみってやっちゃうのでこうなって欲しいですね.
2549 [matz@ne la .] うーむ,実は私自身がdebug.rbは(debug.rbをデバッグしている時
2554 [eban@os ri .] わたなべです. 連休中は朝がない.
2555 [matz@ne la .] 滅多にしません.もっぱら C-c C-sとかですね.
2567 [eban@os ri .] 納得. いつも emacs が使えればいいんだけどね.

delegate.rb
2546 [tetsu@jp .h ] ぜんぜん本質的ではないのですが、コメントの部分が
2547 [matz@ne la .] 了解しました.早速修正します.

[BUG] local variable in load in catch on ruby 1.1b9_16 
2562 [keiju@ra io ] ruby-1.1b9_16でcatchの中でloadして, そのloadしたファイルの中でlocal変
2566 [matz@ne la .] とりあえずパッチです.

experimental release 1.1b9_17
2568 [matz@ne la .] ruby 1.1b9_17を出します.例外周りが全とっかえになっています
+ 2569 [wakou@fs ne ] irb, cgi-lib.rb でエラーが出ました。
| + 2570 [wakou@fs ne ] うそ。
| + 2572 [matz@ne la .] すいません.以下のパッチを当てて下さい.
+ 2571 [watanabe@as ] うっかり会社から in.coming に put してまた失敗してしまいました.
| 2573 [matz@ne la .] getしてpcディレクトリに置きました.
| 2574 [watanabe@as ] このパッチで直ります.
| 2575 [matz@ne la .] そらどーもすいませんでした.例によってボケてました.
+ 2576 [watanabe@as ] irb では GlobalExit を使ってるみたいですけど,
  2597 [keiju@Ra io ] 遅れてすいません. そこはそう直して下さい.
  2598 [matz@ne la .] 現在は実証フェーズと思ってますから,実際に使ってみて問題がな
  2600 [keiju@Ra io ] 了解しました.

how to check if ruby method is defined
2577 [kikutani@go ] rb_funcall2 なんですが、あるクラスAで
+ 2578 [ttate@ja st ] kikutani@gol.comさん(05月08日00時):
+ 2579 [ttate@ja st ] たびたびすいません。
| 2588 [matz@ne la .] これはエラーにしても良い場合のことですね.
| 2591 [ttate@ja st ] なるほど、、、、(^^;
| 2592 [matz@ne la .] あるモジュールがあるモジュールをインクルードしているか
| 2594 [ttate@ja st ] matz@netlab.co.jpさん(05月08日18時):
+ 2581 [matz@ne la .] 結局あるオブジェクトにある名前のメソッドが定義してあるかどう
  2587 [kikutani@de ] ありがとうございました。これでうまく行きました。
  2589 [kikutani@de ] と書きましたが、自分がまだまだ理解してないことがわかりました。
  2590 [kikutani@de ] いや、間違いでした。
  2593 [matz@ne la .] ということは,selfはmethod_aを知っているはずなのに,
  2595 [kikutani@de ] わーごめんなさい!

File::Separator
2580 [tetsu@jp .h ] 連休中にいくつかスクリプトを書いていて思ったのですが。
2582 [matz@ne la .] 理屈ではその通りです.find.rbは修正しましょう.
+ 2583 [tetsu@jp .h ] たぶん、いままで問題になっていないので、大丈夫ではないかな?
+ 2584 [watanabe@as ] VMS でもライブラリで対処してますね.
  + 2585 [matz@ne la .] なんとなくこっちの方が魅力的に聞こえたので,折角修正した
  + 2586 [tetsu@jp .h ] 現状では、「/」よりは、「File::Separator」を使うと、他

IO class: pos
2596 [tetsu@jp .h ] STDIN などの seek と ARGF($<) の seek について
2599 [matz@ne la .] seekはファイルに対して行うもので,UNIXでIO一般に対して提供し
2601 [tetsu@jp .h ] はい。

experimental release 1.1b9_18
2602 [matz@ne la .] いつまで続くのか実験リリースって感じですが,リリースします.
+ 2603 [tetsu@jp .h ] ftp で読めませんよ。パーミッションが違いますね。
| 2604 [matz@ne la .] すいません.なんでこうなったんだろう? 直しておきました.
| 2605 [tetsu@jp .h ] 了解しました。
+ 2606 [watanabe@as ] in.coming に rbdj11b9_18.zip, rbgw11b9_18.zip を put しました.
| 2607 [matz@ne la .] pcに移動しました.
+ 2616 [kazunori@sw ] `rand(max)' が max 以上の値を返すようになってます。
  2617 [matz@ne la .] ふにゃ? うちでは越えないですね.なにが違うんだろう.
  2618 [kazunori@sw ] 同じでした。こちらの環境は Solaris2.x です。
  2619 [matz@ne la .] あ〜,わかった!
  2620 [watanabe@as ] 1. random() を使うのやめて rand() にする.
  2621 [matz@ne la .] randとrandomでは明らかに乱数の性質が違う(randomの方が良い)ら

experimental release ruby 1.1b9_19
2608 [matz@ne la .] 日刊rubyのお時間です ^^;;;
+ 2610 [hisa@im sy o] 藤本です、こんにちは。
| 2614 [matz@ne la .] まあ,それはそれで一つの考え方です.私は一致させておいた方が
| 2622 [hisa@im sy o] 藤本です、こんにちは。
| + 2623 [matz@ne la .] いや,それで問題ないです.ただ,考えた上で結論を出すことが望
| | + 2624 [hisa@im sy o] 藤本です、こんにちは。
| | | 2625 [matz@ne la .] そーかあ,みんなシャイなのかなあ.
| | | 2629 [hisa@im sy o] 藤本です、こんにちは。
| | + 2634 [wakou@fs ne ] あ、そうなんですか。Ruby のページから MacRuby のページへのリンクが無い
| |   2636 [matz@ne la .] あ,そうか.早速こちらから藤本さんのページにリンクします.
| |   + 2642 [hisa@im sy o] 藤本です、こんにちは。
| |   + 2644 [tetsu@jp .h ] リンク先の URL がおかしいですよ。
| |     2645 [matz@ne la .] すいません.直しておきます.
| + 2633 [wakou@fs ne ] すみません、入手してはあるのですが、メインマシンが 68k だったりするの
|   2643 [hisa@im sy o] 藤本です、こんにちは。
|   2709 [wakou@fs ne ] さすがにもう 68k をメインに使っている人はあまりいないでしょうから、負
+ 2612 [watanabe@as ] in.coming に rbdj11b9_19.zip, rbgw11b9_19.zip を put しました.
| 2613 [matz@ne la .] わたなべさんの要求はそうである事は分かってたんですが,他の良
| 2654 [eban@os ri .] やっぱまずかったです.
| 2668 [matz@ne la .] そうでしたか.
| + 2670 [hisa@im sy o] 藤本です、こんにちは。
| + 2671 [watanabe@as ] isascii(c) && ってやつですか?
|   2672 [matz@ne la .] いや,わたなべさんが提案したような
|   2674 [watanabe@as ] すみません. cygwin32 も ((unsigned)(c)<=0177) でした.
+ 2626 [watanabe@as ] sun4 cc 対応です.
  2627 [matz@ne la .] ありがとうございます.rb{dj,gw}11b9_19.zipはpcに移動しておき

Ruby for BeOS (Re: experimental release ruby 1.1b9_19)
2609 [shugo@ai ne ] ...
2628 [matz@ne la .] 了解です.さんきゅ.

hash with default value
2611 [toyofuku@ju ] 「nilが +演算だけ特別扱いする」実質的な理由は
2615 [matz@ne la .] 以前にもそのような提案が石塚さんからでたことがありました.えー
2646 [toyofuku@ju ] まつもとさん
2647 [matz@ne la .] 増やすとメモリ効率が悪くなるんですよねえ.
2649 [toyofuku@ju ] まつもとさん
2749 [toyofuku@ju ] まつもとさん
2751 [matz@ne la .] どうもすいませんでした.
2762 [toyofuku@ju ] まつもとさん
2767 [matz@ne la .] namazuを使うという案は出てるんですけどね.
2770 [toyofuku@ju ] まつもとさん

English uguide (Re: experimental release ruby 1.1b9_19)
2630 [gotoken@ma h] あんまり ruby のスキルはあがらないけど授業の教材に
+ 2632 [masaki.suket] 1.1b9_19)
| + 2638 [gotoken@ma h] どうもです。
| | 2639 [masaki.suket] 1.1b9_19)
| | 2640 [matz@ne la .] 書いた人はそのつもりですが,だからといって書いた人が正しいと
| | 2641 [matz@ne la .] あ,そうそう.彼が訳した部分は
| + 2651 [crouton@po s] a じゃなくて an ですね.それでもって,これはは引用符の中に含めなければい
|   2652 [gotoken@ma h] どうもです。音を頭で思い浮かべてるときは a と an はまず
|   2653 [crouton@po s] rubyの話題から外れますが.
|   2684 [masaki.suket] 1.1b9_19)
+ 2637 [matz@ne la .] どうもありがとうございます.

lecture (Re: English uguide) 
2631 [ttate@ja st ] あまりruby-devとは関係ないのでご気分を害されたら
2635 [wakou@fs ne ] おお!

experimental release ruby 1.1b9_20
2648 [matz@ne la .] ruby 1.1b9_19は思ったより安全だったようです.
+ 2650 [tetsu@jp .h ] 元気に使っています。
+ 2658 [eban@os ri .] エラーメッセージがまずいっす.
  2659 [matz@ne la .] すいませんです.これは週明けには1.1b9_21ですね.

Q蒼]宮?
2655 [keisuken@po ] ?Q?????]???????B

すみませんでした
2656 [keisuken@po ] すみませんでした。

uguide07.html
2657 [gotoken@ma h] Ruby Users' Guide 見てたら次のような記述がありました。
2667 [matz@ne la .] すいません.ただ,今はわたしにはユーザガイドを書き換えている

ruby document english correction
2660 [crouton@po s] 最初のほうだけちょっと見ました.
+ 2661 [matz@ne la .] ライセンス的にそーゆーのはないです.気持ちとしては「人の命に
+ 2680 [gotoken@ma h] うぁ、どうもありがとうございます m(_ _)m

yacc.html
2662 [tetsu@jp .h ] マニュアルの件ですが
2666 [matz@ne la .] 了解です.

File#expand_path
2663 [shugo@ai ne ] MacRubyのスレッドを見ていて思い出したのですが、前からEmacsLisp
2669 [matz@ne la .] emacsと違ってrubyにはカレントディレクトリというものがあるし
2675 [shugo@ai ne ] ありがとうございます。
2685 [watanabe@as ] in.coming に rb{dj,gw}11b9_21.zip を put しました.
2686 [matz@ne la .] そうでした.私が悪かった.

[BUG] b = proc{binding}.call
2664 [keiju@ra io ] ruby-1.1b9_20で以下のプログラムが動作しません.
2665 [matz@ne la .] すいません.これはバグです.1.1b9_21で対応します.
2687 [keiju@Ra io ] 直りましたが, 今度は以下が動作しません(;_;
2689 [matz@ne la .] ちゃいます.これは石塚さんのレポートしたバグを修正した時にエ
2691 [keiju@Ra io ] そういえば何かのバグの修正後ずーと尾を引いているような...
2692 [matz@ne la .] つーか,石塚さんのバグレポートでバグを修正するたびに別の状況
2694 [keiju@Ra io ] うーん. なるほど... でも, だんだん収束してきてはいますね(^^;;;
2696 [matz@ne la .] そうでないと困りますね.
2699 [keiju@Ra io ] (^^;;;
2700 [matz@ne la .] うーん,わたしもはっきりコレと指摘できないんでちょっと弱いん
2704 [keiju@Ra io ] どうなんでしょ? bindingに限らず, irb関連でいろいろと要望を出した覚えが
2705 [watanabe@as ] なんとなく Ruby 本がちょうど出る頃のような気もする. ;-)
2707 [keiju@ra io ] うーん. うーん. 頑張ります(^^;;;;

experimental release 1.1b9_21
2673 [matz@ne la .] 出ました.1.1b9_20の細かいバグ修正版です.
2676 [shugo@ai ne ] すみません、BeOS関連でまた問題がいくつか見付かりました。
+ 2678 [matz@ne la .] ありがとうございます.取り込みます.
+ 2682 [hisa@im sy o] 藤本です、こんにちは。
  2683 [hisa@im sy o] これについて木坂さんから直メールで説明して頂きました。
  2702 [shugo@ai ne ] ruby-11b7-mwerks-2.tar.gzに入っているruby.expをbeos/ruby.exp.in
  2703 [matz@ne la .] パッチを送って下されば(適宜変更の上)取り込みます.
  2708 [shugo@ai ne ] ...
  + 2724 [matz@ne la .] とりこんでみました.次のリリースをお待ち下さい.
  + 2754 [hisa@im sy o] 藤本です、こんにちは。
    2755 [matz@ne la .] こんにちは.
    2758 [hisa@im sy o] 藤本です、こんにちは。
    2761 [shugo@ai ne ] なるほど、Intelではruby.defでないといけなかったので、そちらに
    2768 [hisa@im sy o] 藤本です、こんにちは。
    2771 [shugo@ai ne ] どうも、拡張モジュール側で、
    2779 [shugo@ai ne ] とりあえず、全部変更するのは大変そうなので、問題になる
    + 2780 [shugo@ai ne ] ついでにruby-1.1b9_23-beos_x86.tar.gzをin.comingにput
    + 2781 [hisa@im sy o] 藤本です、こんにちは。
      2782 [hisa@im sy o] これに合わせて前田さんの__declspec対応パッチ[ruby-dev:2779]自体を修
      2783 [watanabe@as ] せっかく DECLSPEC を define してるのに, なぜこれを使
      2784 [matz@ne la .] そうですね.この辺,ちょっと不満があるのでもうすこし練られて
      2786 [shugo@ai ne ] なるほど。
      2787 [shugo@ai ne ] すみません、ぼけてました。
      + 2788 [shugo@ai ne ] BeOSのMLで教えて頂いたのですが、Beのsocketはsend/recv
      + 2789 [hisa@im sy o] 藤本です、こんにちは。
      + 2792 [watanabe@as ] BeOS ってなんでこんなに Windows の真似をするんだろう?
        2794 [matz@ne la .] まったく.

binary package for BeOS
2677 [shugo@ai ne ] ruby-1.1b9_21-beos-x86.tar.gz
2679 [matz@ne la .] ありがとうございます.とりあえずcontribに移動しました.

[BUG] eval str, b, fn, ln
2681 [keiju@ra io ] eval "foo", nil, "foo", 5
2688 [matz@ne la .] すいません.修正します.
2690 [keiju@Ra io ] 不思議でしょ?
2693 [matz@ne la .] withが採用されなかった最大の理由は名前(withっていう一般的な
2695 [keiju@Ra io ] なるほど. でもこの機能って, instance_evalではないよなと思わないでもな
2697 [matz@ne la .] 否定しません.もともとはPerlのevalが文字列だけでなくブロック

experimental release 1.1b9_22
2698 [matz@ne la .] またまた日刊Rubyです.^^;;;
2710 [watanabe@as ] in.coming に rb{dj,gw}11b9_22.zip を put しました.

FTP#mtime
2701 [shugo@ai ne ] ftplib.rbについてですが、MDTMがローカル時刻を返すサーバもあるよう

[BUG??] a +"::"
2706 [keiju@ra io ] 珍しい(?)バグ(?)を発見しました.
2716 [matz@ne la .] 仕様です.^^;;;
2717 [keiju@Ra io ] そうかぁ. そういえばそうでしたね(^^;;;;
2718 [matz@ne la .] えーと,「優先順位が逆」というのはどういう状態を指してますか?
2719 [keiju@Ra io ] いまは,
2720 [matz@ne la .] うーん,どうなんでしょ?
2722 [keiju@ra io ] いまでも
2723 [matz@ne la .] まあ,一理はあります.どーしよーかなあ.
2731 [keiju@ra io ] 気分的には, 括弧なしの関数呼び出しは全てに勝って弱い結合で良いのでない
2753 [matz@ne la .] 考えた末,そうすることにしました.今後は

cannot require tk.rb
2711 [nagai@du bo ] 例の Tcl/Tk 拡張パッケージユーティリティも
2712 [maebashi@ii ] tcltklib をコンパイルするときに参照するヘッダファイルと、実際にリンクす
2713 [nagai@du bo ] 入ってます.(^_^;

coerce and infinit [experimental release 1.1b9_22]
2714 [keiju@ra io ] 両方とも私がらみですね. すいません(__;;;
2715 [matz@ne la .] よろしく.

convert Perl's t/regexp.t to ruby
2721 [inaba@st ri ] ruby-list の regexp difference with perl のスレッドを読んでいて思いつ
2727 [matz@ne la .] ありがとうございます.
2728 [inaba@st ri ] t/regexp.tではなくてt/op/regexp.tでした。
2740 [matz@ne la .] ありがとうございます.怪しい点は発見できましたので,次のリリー
2747 [inaba@st ri ] はい、次のリリースで確認してまた報告します。
2769 [inaba@st ri ] 遅れましてすみません。
2773 [matz@ne la .] むむむ,以下のパッチではどうでしょう.
2778 [inaba@st ri ] えっと、まだ落ちます。前のもそうですが、GCは関係なくて、1つのテストだ
2785 [matz@ne la .] 今度はどうでしょう.
2790 [inaba@st ri ] 落ちなくなりました:->
2795 [matz@ne la .] ああ,よかった.
2797 [inaba@st ri ] えっと、まだ詳しく調べてないのですが、1つだけ思いつきを:
2800 [matz@ne la .] もともとそういう仕様のつもりだったんですが,わたしのミスで例
2803 [inaba@st ri ] ちょっとソースを読んでみました。それで気がついた事を書きます。
2804 [matz@ne la .] ですね.これはrb_in_evalを参照しているのが間違いで,本当は
2806 [inaba@st ri ] うまく例外をあげるようになりました。前の方の「extern int rb_in_eval」
2807 [inaba@st ri ] うーーん、もうけりがついたと思ったのに...
2809 [matz@ne la .] いやあ,正規表現は難しい.
2813 [inaba@st ri ] 他のことで忙しいのかな、と思って自分でパッチを作ろうかとも思ったのです
2844 [inaba@st ri ] と書いておきながら、昨日はフォローできませんでした。すみません。
2852 [matz@ne la .] そうですか,残念です.
2857 [inaba@st ri ] ruby-1.1b9_25で確認しました。perl5.004_65のre_testsもnot okが1つ減りま
threads.html
top