23854-25224

23638-23877 subjects 24043-24296

class in singleton class
23854 [nakahiro@sa ] 現在ruby_1_8のtestを走らせると2F1E(2 failures, 1 errors)なんですが、この
23858 [ocean@m2 cc ] (2004/07/04 01:21)

Are these comittable?
23855 [ocean@m2 cc ] 自分のパッチを整理してみました。コミットできるものがありますか?
+ 23856 [nobu.nakada@] strncasecmp()を使って下さい。また、除数も 0.0 にしないとgccが警
| 23857 [ocean@m2 cc ] (2004/07/04 14:56)
| 23878 [ocean@m2 cc ] Float#to_s の "Infinity" -> "Inf" は仕様に関わるので、
| 23879 [ocean@m2 cc ] strtod は "INF" じゃなくて "INFINITY" でも無限大として解釈するんですね _no
| + 23880 [ocean@m2 cc ] 過去ログを何気なくみたら、nan と inf の議論が大量に・・・
| + 23881 [usa@ga ba ec] strtodはC90の範囲ではそもそも"inf"や"nan"を認識しない(という
|   23882 [ocean@m2 cc ] 山本です。レスありがとうございます。#行き違いになってしまった
+ 23860 [m_seki@mv .b] 後者がいいです。
| 23861 [ocean@m2 cc ] (2004/07/05 00:49)
+ 23865 [ocean@m2 cc ] fread() だけでなく、read() のほうも対処が必要でした。
  23866 [ocean@m2 cc ] 先ほどのパッチにバグがあったので、修正しました。たぶん、今度は大丈夫

arguments to Thread.start
23859 [nobu.nakada@] Thread.startの引数とブロック引数が一致しなくてもエラーにならな
23862 [matz@ru y- a] コミットしてください。

avalue and break in C block
23864 [nobu.nakada@] 拡張ライブラリから、引数を常に配列で受ける形式のブロックを渡す
23867 [matz@ru y- a] この辺は(多重代入と一緒に)1.9(or 2.0)でもう一度再設計する予

warning about string =~ string and ~string
23869 [usa@ga ba ec] 以前、[ruby-dev:22851] に書いた話のその後、という感じですが、
23870 [matz@ru y- a] 1.9と同じにしましょう。コミットお願いします。

syntax error
23871 [eban@os ri .] ここ最近、永井さんのcommitは3回連続でsyntax errorになってるので、
23872 [nagai@ai ky ] 本当にすみません.迷惑をかけてしまっています.
+ 23873 [usa@ga ba ec] not ok system 9 は、いずれかのスクリプトに文法エラーがあると
+ 23874 [nobu.nakada@] system 9というのは、lib,sample,ext以下のスクリプトを構文解析で
  23875 [nagai@ai ky ] 恥ずかしいことに,全然知りませんでした.;;;^_^;;;

cgi, cgi/session
23876 [vzw00011@ni ] ...
23890 [matz@ru y- a] 最近、青山さんから反応がないので、どうしましょうね。私が管理
23893 [matz@ru y- a] と書いてから、改めて添付のパッチを読んでみました。
+ 23895 [shugo@ru y- ] $SAFE >= 1の時は、ENV['TMP']を使わないようにした方がよいのではないでしょ
| 23896 [matz@ru y- a] tmpdir.rbを読む限り、$SAFE >=1 の時には@@systmpdirの値を使う
| 23898 [shugo@ru y- ] すみません、違うファイルを見てました。
+ 23905 [vzw00011@ni ] こんにちは。
  23906 [matz@ru y- a] ふむ、内容はほぼ分かったと思います。で、結局「2」はEOL.size
  23930 [vzw00011@ni ] こんにちは。
  23935 [akr@m1 n. rg] 思うんですけど、まず 1.9 で Value を無くすというのはどうでしょう?

[bug] strtod(".") should raise ArgumentError
23883 [ocean@m2 cc ] util.c(ruby_strtod) にバグがありました _no

Ruby 1.8.2 preview1にむけて
23884 [matz@ru y- a] そろそろ1.8.2のpreview1を出そうと思ってるのですが、やり残し
+ 23885 [nagai@ai ky ] 15 日ですね?
+ 23886 [katonbo@ka o]  [ruby-dev:23751] の修正を preview1 にも希望します。
| 23887 [usa@ga ba ec] 全プラットフォーム向けに入れちゃうのは、非互換部分があるので
| 23910 [ocean@m2 cc ] (2004/07/14 13:48)
| 23914 [usa@ga ba ec] と、mswince かな、と思ってます。mswinceどうなってるのかよくわ
+ 23889 [nakahiro@sa ] なひがやり残したことかどうかは微妙ですが、山本さんが探し出してくれた(あ
| 23894 [matz@ru y- a] 取り込みましょう。誰か作業に立候補しますか? コミッターでな
| 23900 [nobu.nakada@] これでバックポートできるはずです。
| 23902 [ocean@m2 cc ] (2004/07/14 19:43)
| 23907 [ocean@m2 cc ] このパッチですが、
| 23908 [nobu.nakada@] 私もなんかそんな気はしていたものの、あらためて探すと見当たらな
| 23909 [ocean@m2 cc ] (2004/07/15 20:19)
+ 23892 [k-miyamuko@a] 現状だと make 中に stack level too deep となり make すらできないので
| 23897 [matz@ru y- a] 了解です。
+ 23901 [nobu.nakada@] [ruby-dev:23740]はどうしましょうか。
| 23919 [matz@ru y- a] あれ、[ruby-dev:23744]でコミットをお願いしてたと思いました。
+ 23904 [k-miyamuko@a] C++ style のコメントがひとつあります。1.9 は大丈夫でした。
+ 23911 [akira@ru y- ] すでに修正済みだと思い込んでいて報告しそこねていたのですが、
+ 23916 [nobu.nakada@] [ruby-dev:23888]でも触れましたが、base64でトップレベルに定義さ
| 23918 [matz@ru y- a] コミットしてください。
+ 23917 [ocean@m2 cc ] 私の環境特有の問題かもしれませんが、test/soap/calc/test_calc_cgi.rb が
  23920 [nakahiro@sa ] そこは悩んではいけないところです。どんどん報告しましょう。
  23921 [ocean@m2 cc ] 山本です。レスが遅れてすみません。
  23927 [ocean@m2 cc ] IO.popen のコマンドである webrick/httpservlet/cgi_runner.rb をトレースしてみたところ、
  23932 [ocean@m2 cc ] フリーズしているわけではありませんでした。_no
  23936 [ocean@m2 cc ] 山本です。進展がありました。どうも、通常設定されている
  23937 [ocean@m2 cc ] このパッチでも動きます。ただ、環境変数をあまり多くとれない環境(Win9xなど)
  23939 [gotoyuzo@no ] そういう意図ではなく、CGIの挙動がシェルから引き継いだ環境変
  23940 [ocean@m2 cc ] 実は、SystemRoot は WinNT 系列の環境変数なので、Win9x 系列では別の環境変数が
  + 23941 [gotoyuzo@no ] うーむ、なるほど。
  | 23942 [ocean@m2 cc ] (2004/07/19 01:21)
  + 23943 [usa@ga ba ec] 憶測ですが、SystemRootが C:\WINDOWS でない時にこの問題が発生
    23944 [ocean@m2 cc ] (2004/07/19 15:47)

super in Method
23888 [nobu.nakada@] で挙げられているエラーは、1.8と1.9でのMethodをdefine_methodした

openssl test failed
23891 [k-miyamuko@a] openssl のテストで SEGV しました。
23899 [gotoyuzo@no ] ありがとうございます。コミットしました。
23903 [k-miyamuko@a] test/openssl はすべてパスするようになりました。

ruby 1.8.2 preview1
23922 [matz@ru y- a] さっき出しました。
+ 23923 [usa@ga ba ec] version.hから、
| 23928 [matz@ru y- a] あ、すいません。パッケージミスですね。
+ 23924 [akira@ru y- ] (また報告を忘れてしまっていました。)
| 23926 [akira@ru y- ] あと[ruby-talk:104405]のパッチが必要だと思います。
+ 23925 [nobu.nakada@] タグ打っといてもらえませんか。さっきやろうとしたら Pre-tag
| 23929 [matz@ru y- a] 私にも打てませんでした。aclまわりの問題のようです。とりあえ
| 23933 [shugo@ru y- ] taginfoでコメントアウトしておきました。
+ 23931 [akira@ru y- ] [ruby-dev:23753]の通り、config.guessをオリジナルのものに戻さないと
+ 23934 [tommy@tm m. ] [ruby-dev:23108] が放置状態です。パッチを簡単にしてみました。
+ 23938 [akira@ru y- ] [ruby-core:2133] [ruby-core:2137]の通り
| 23949 [akira@ru y- ] 引数なしのsleepもうまく動かないようでした。
| 23950 [matz@ru y- a] これは[ruby-core:2133]と同じに見えるんですが。
| 23951 [akira@ru y- ] すいません、抜き出す場所を間違えてました。
+ 23945 [akira@ru y- ] 1.8.2または1.8.2-preview2の公開時期について
| 23947 [matz@ru y- a] issue trackingが全然できてないんで、なにができててなにができ
| + 23954 [ocean@m2 cc ] 山本です。bcc32 でも testrb test を最後まで実行できたので、報告します。
| + 23956 [akira@ru y- ] すでに金曜になっちゃいましたが、できればお願いしたいです。
+ 23952 [akira@ru y- ] 1.8.2-preview1での問題ではありませんが
| 23953 [matz@ru y- a] 了解しました。ChangeLogエントリも希望します。
| 23955 [akira@ru y- ] * lib/cgi/session.rb (CGI::Session::FileStore#update): sets the
+ 23957 [akira@ru y- ] 今のruby_1_8で以下のようにsegvが起きます。
  23958 [ocean@m2 cc ] 山本です。直し方がわからないので、報告だけ・・・
  23959 [ocean@m2 cc ] Revision : 1.616.2.32
  23960 [usa@ga ba ec] 以前は、ファイナライザを格納していたArrayの各要素はProcだった
  23961 [matz@ru y- a] 原因が分かれば直すのは難しくありません。こんな感じで直るので
  23962 [akira@ru y- ] このパッチでruby_1_8、HEADとも落ちなくなりました。

[mswin32][ruby1.8.2] $?.pid == 0
23946 [katonbo@ka o]  ruby 1.8.2 (2004-07-18) [i386-mswin32] で、$?.pid が 0 になりま
23948 [usa@ga ba ec] 取り込みます。ありがとうございます。

bcc32 {f,fd,fs}open
23963 [ocean@m2 cc ] 山本です。bcc32 の fopen, fdopen, fsopen が正しく errno を設定しない
23964 [ocean@m2 cc ] bcc32 の パッチはレスがつかないですね・・・

WEBrick::HTTPUtils.escape(" ")
23965 [akr@m1 n. rg] ふと、CGI.escape と URI.escape と WEBrick::HTTPUtils.escape と
23966 [gotoyuzo@no ] これを書いたのはずいぶん前なので考え直してみたのですが、

WEBrick::HTTPUtils.escape and URI.escape
23967 [akr@m1 n. rg] ついでに尋ねますが、WEBrick::HTTPUtils.escape か URI.escape で、
23968 [gotoyuzo@no ] なるほど、できませんね。
23969 [akr@m1 n. rg] やはり。
23981 [gotoyuzo@no ] そういうことになるのですが、そもそも何に使うのかという話です
23985 [akr@m1 n. rg] はい。用途がはっきりしないと動作が適切かどうか判断できませんから。

ruby_1_8  のバイナリ互換
23970 [ocean@m2 cc ] 不安になったのですが、私が ruby_1_8 ブランチに加えた下の変更は、

typo in inf-ruby.el
23971 [ksaito@ur nu] 細かい事なんですが、どなたかコミットできる方、以下の
23972 [matz@ru y- a] 取り込んでおきます。

引数の上書きとsuper
23973 [matz@ru y- a] なんと何年も気がつかなかったのですが、現在のRubyは
23978 [ko1@at ot ne] [ [ruby-dev:23973] 引数の上書きとsuper ]
23980 [matz@ru y- a] cは確かにあるかもしれませんが、それ以外はパフォーマンスは関
+ 23982 [ko1@at ot ne] [ [ruby-dev:23980] Re: 引数の上書きとsuper ]
+ 23983 [nowake@fi rc] おじゃまします。

テスト4
23977 [shugo@ru y- ] すみません、テストメールです。

Re: [ruby-cvs] ruby: * eval.c (rb_eval): copy on write for argument local variable
23979 [usa@ga ba ec] えーと、たぶん「引数の上書きとsuper」の話による変更なのだと思
23988 [eban@os ri .] 現在tcltklibを作るとこで

tempfile not removed.
23984 [akr@m1 n. rg] 気がついたのですが、Tempfile で作ったファイルが消えません。
23986 [eban@os ri .] この変更を戻すと消えます。
23987 [matz@ru y- a] 分かりました。あんまり下らないミスなんで笑っちゃいます。

core dump with calling private concat inherited from Array
23989 [akr@m1 n. rg] % ./ruby -e '
23990 [matz@ru y- a] 直せた、と思います。

1.8.2-preview2?
23991 [akira@ar ka ] 現在ftpサイトにruby-1.8.2-preview2というファイルがありますが、
23992 [matz@ru y- a] すいません、雑事にかまけてアナウンスを忘れてました。
23993 [aamine@lo er] とりあえず報告だけしておきます。
+ 23994 [matz@ru y- a] 助かります。このように箇条書きで報告してくださると忘れずにす
+ 24018 [nobu@ru y- a] [ruby-talk:101077]はこんなところでどうでしょうか。dot fileのこ
| 24021 [aamine@lo er] これですが、cp_r 'a', 'b' が a/* → b/* のコピーになるんですよね?
| 24024 [nobu@ru y- a] GNU cpでも現在のfileutils.rbでもそうなってると思いますが。
| 24031 [aamine@lo er] あ、いや、そうでなくて new が存在する場合のことを言ってたん
+ 24117 [aamine@lo er] 調査した範囲で明らかにバグとわかったものは解消しました。

String#each -> String#each_char
23995 [shugo@ru y- ] trunkにM17Nが入ったら、String#eachがString#each_charになったりすると
23996 [matz@ru y- a] 懸念事項は二つ。
+ 23997 [usa@ga ba ec] むしろ、今のM17Nにある、各コードポイントをブロックに渡してく
| 23999 [matz@ru y- a] あ、言うのを忘れましたが、1.9で取り込まれるM17Nはruby_m17nと
| + 24000 [usa@ga ba ec] おお、すると、each_ほにゃらら も私が希望したような動作になる
| | 24005 [aamine@lo er] each_CP とか……? (それもちょっとなあ)
| | + 24009 [matz@ru y- a] これはふたつの独立したことですよね。
| | | 24010 [kjana@dm la ] # 青木さんじゃありませんが....
| | | 24011 [matz@ru y- a] わざわざ導入しなくてもeach_lineは昔からありますね。
| | + 24012 [shugo@ru y- ] そういう側面もあるかもしれませんが、文字列のeachにふさわしい挙動は何か、という問題意識があります。
| |   24014 [aamine@lo er] 二通にまとめて返信します。
| |   + 24015 [eban@os ri .] どちらも結局文字単位での処理が遅いから、行単位で扱っていると
| |   | 24016 [aamine@lo er] 速度だけを根拠にしているつもりは全くありません。わたしが使って
| |   | 24017 [eban@os ri .] なるほど。
| |   + 24020 [shugo@ru y- ] わたなべさんも指摘されているように、一行ごとのStringの配列を使うようにす
| |     24022 [aamine@lo er] 以下の理由から、文字列配列では代用になりません。
| |     + 24023 [aamine@lo er] 青木です。補足します。
| |     + 24027 [knu@iD em ns]  to_a は Enumerable のメソッドなので each とは連動しますよね。
| |     + 24029 [shugo@ru y- ] なるほど。
| |       24037 [aamine@lo er] 特定の Enumerator 生成専用のメソッドを作るというのは
| |       24119 [aamine@lo er] とりあえず String#each に警告を出してみませんか。
| |       24121 [matz@ru y- a] 警告にはstr.lines.eachではなくstr.each_lineを示すほうがよく
| |       24124 [aamine@lo er] いや、map とか select の中で間接的に使われていたとしても、とにかく
| |       24126 [matz@ru y- a] split_linesとか。
| + 24025 [nowake@fi rc] ちょっと古いですが……
|   24026 [knu@iD em ns]  letter というのは通常アルファベットのような単純な形の文字を指し、
+ 23998 [shugo@ru y- ] M17N化のどさくさにまぎれて...と考えましたが、やっぱり困る人もいるでしょ

ruby-mode.el のインデント
24001 [ngoto@ge -i ] Ruby 1.8.2-preview1 および preview2 付属の ruby-mode.el にて、
24002 [nobu.nakada@] どちらも原因は同じようですね。
24003 [matz@ru y- a] コミットしてください。ところで1.8.2のruby-mode.elと1.9.0の
24004 [nobu@ru y- a] でしょうねぇ。というか、misc以下は1.8と1.9で分かれててもあんま
24007 [matz@ru y- a] とりあえずruby-mode.elは1.9に揃えておきました。コミットはた

core dump with drb in test
24006 [akr@m1 n. rg] % make test-all
24008 [matz@ru y- a] すいません。すっごい単純かつ馬鹿な間違いです。

loop{proc{}}でメモリリーク?
24013 [usa@ga ba ec] 最近、1.9でmake install-docがメモリ不足で失敗するようになった

[security] security hole was found on PuTTY
24019 [ocean@m2 cc ] サーバがクライアントで任意のコードを実行できるセキュリティホールが見つかったようです。

--disable-shared --with-static-linked-ext problems
24028 [don@na ri .o] Ruby CVS HEADでconfigure --disable-shared --with-static-linked-extを行う
25215 [don@na ri .o] 岩月と申します。古い話の上に自己フォローで失礼します。
25220 [matz@ru y- a] わたなべさんかなかださんに確認していただいて、問題なければコ
25224 [nobu@ru y- a] [ruby-dev:25215]だけだと、今度は逆に*.soしか作らないときに

Process.daemon
24030 [akr@m1 n. rg] Matz 日記にちょっと書いてありますが、Process.daemon というメソッドを提
24033 [nagai@ai ky ] 賛成します.
+ 24035 [akr@m1 n. rg] fork/setsid は Unix 上ではかなりポータビリティがあると思うので
| 24036 [nagai@ai ky ] ごめんなさい.↓の話を勘違いして解釈してました.
+ 24038 [matz@ru y- a] daemon(3)がどのプラットフォームで提供されているのかは確認し
  24039 [nagai@ai ky ] [ruby-dev:24030] のサンプルではそうですが,
  24040 [akr@m1 n. rg] 違いません。fork/setsid による実装も含めることを想定しています。
  24041 [matz@ru y- a] そうすると今度は/dev/nullのポータビリティが。
  + 24042 [akr@m1 n. rg] ここでいうポータビリティというのは、どんな懸念なんでしょう?
  + 24062 [akr@m1 n. rg] ふと思ったのですが、拡張ライブラリにするという手はあるかもしれません。

RDtool標準添付希望
24032 [aamine@lo er] RDtool の標準添付を希望します。
+ 24046 [aamine@lo er] Tosh さんには許可をいただきました。
| + 24047 [usa@ga ba ec] コミット権は持ってないし入れたほうがいいとか悪いとかいう話で
| | 24049 [aamine@lo er] 当面 HEAD だけです。1.8 にも入れたいですが、1.8.3 で十分でしょう。
| + 24048 [m_seki@mv .b] 入れたほうがよいです。
|   24050 [aamine@lo er] そういうのであれば対応します。
|   24053 [nowake@fi rc] ちょっと話が違いますが、RDのドキュメント/仕様書はどこにあるのでしょうか?
|   24057 [don@na ri .o] おそらくRD working draftの事だと思います。
+ 24079 [akr@m1 n. rg] いくつか質問があります。
  24090 [aamine@lo er] 今回の話に限定して言うなら、つけない方針で考えています。
  24092 [mutoh@hi hw ] 私もRDtoolの標準添付に賛成です。

bdb-0.5.0のtests/btree.rbでsegv
24034 [akira@ar ka ] bdb-0.5.0のtests/btree.rbでSEGVします。
24068 [akira@ar ka ] bdb-0.5.1で修正されました。おさわがせしました。
threads.html
top