23638-23877

23443-23671 subjects 23854-25224

SEGV eval.c: file = data->frame.node->nd_file
23638 [akr@m1 n. rg] さきほど、cvs update したところ、とあるプログラム(五月雨)が core dump
23641 [nobu.nakada@] すいません、これでどうでしょうか。
+ 23642 [akr@m1 n. rg] 直った感じです。何回か動かしましたが、いまのところ core は吐いてません。
| 23645 [nobu.nakada@] どっちかというとこうかも。
| 23646 [akr@m1 n. rg] [ruby-dev:23641] を戻して、[ruby-dev:23645] を当てました。
+ 23643 [nakahiro@sa ] rrrwikiというのは
  + 23644 [nakahiro@sa ] heliumというのは、raa.ruby-lang.orgをホストしているマシンのことです。失
  + 23665 [nobu.nakada@] これのようです。
    23666 [matz@ru y- a] CVSが復旧したらコミットしてください。

test/ruby/test_float.rb (test_symmetry_bignum) failed in BeOS
23640 [ocean@m2 cc ] 山本です。BeOSでテストが失敗するので、修正してみました。

openssl test block
23654 [akr@m1 n. rg] テストを動かしていると、テストがブロックして止まってしまうことがありま

test/ruby/test_pipe.rb fails in bcc32
23656 [ocean@m2 cc ] e.rb
23657 [ocean@m2 cc ] 一応、このパッチでテストは通るようになるのですが、
23731 [nobu.nakada@] そういうフラグがありましたか。立てといたほうがいいでしょうね。
23732 [akr@m1 n. rg] 私は、EOF フラグに依存する挙動は無くしたほうがいいと思っているので、依
23735 [ocean@m2 cc ] (2004/06/21 13:56)
23736 [ocean@m2 cc ] ただ、fread の挙動としては EOF を立てないのはバグなので、立てたほうが

helium.ruby-lang.orgがクラックされました
23661 [shugo@ru y- ] = helium.ruby-lang.orgがクラックされました
23662 [shugo@ru y- ] この確認作業のため、5/22以前のcvsupのツリーを保存されている方を

how to use rb_lastline_set?
23663 [ko1@at ot ne]  ちょっとだけ気になったんですが、$_ に入る値がちょっと不ぞろ
23664 [matz@ru y- a] あ、無条件にセットするようにしたのに揃えるのを忘れてました。

ruby-* mailing list service maintenance stop
23667 [nakahiro@sa ] helium.ruby-lang.org上で動いているMLサービスは、メンテナンスのため、この

ruby-lang.orgのメーリングリストの運用状況について
23668 [shugo@ru y- ] = ruby-lang.orgのメーリングリストの運用状況について

CVS server
23672 [nagai@ai ky ] ruby-cvs には commit 情報がポツポツと流れてきているようですが,
23673 [matz@ru y- a] 開発用リポジトリは再開しました。アナウンスしなくて申し訳あり
+ 23674 [shugo@ru y- ] あ、手順をまとめて後ほどメールしますので、今しばらくお待ちを。
| 23675 [shugo@ru y- ] 以前からのcommitterの方には新ためてご連絡しますが、今後はSSH2の公
+ 23676 [shugo@ru y- ] cvsについて不安に感じておられる方がいらっしゃるようなので、簡単に

linux-gnu
23677 [matz@ru y- a] * config.guess, config.sub: Update to a more recent version as of
+ 23678 [akira@ru y- ] 1.8.xについては、これまでとの互換性が保たれたほうがうれしいです。
+ 23679 [knu@iD em ns]  ありゃ、すみません。気づきませんでした…。
  23680 [akira@ru y- ] ええとちょっと書き方が悪かったですね。すいません。
  23681 [knu@iD em ns]  対処してみました。
  23682 [matz@ru y- a] やっぱり1.9もそうしたいなあ。
  23683 [eban@os ri .] 今回も機械的にlinux-gnuをlinuxで置き換えたんだと思いますが、
  23684 [knu@iD em ns]  いえ、機械的ではないです。linux-gnuaout -> linux-aout なども
  23685 [eban@os ri .] 結局target_osなのでsedで。
  + 23686 [matz@ru y- a] これで良いと思います。
  | 23687 [eban@os ri .] この場合はconfigure時には-gnuつきで表示されますが、
  | 23688 [matz@ru y- a] そうですね。お願いします。
  | 23752 [akira@ru y- ] この変更が入ったことでconfig.guessは
  | 23753 [eban@os ri .] はい。
  + 23689 [knu@iD em ns]  GNU/NetBSD とか GNU/kFreeBSD みたいなのが出てきているので

singleton class inherits the object's class.
23690 [nobu.nakada@] 特異クラスが特異オブジェクトのクラスを継承していると見なされて
23692 [matz@ru y- a] そのようですね。コミットしてください。

WWW/FTPサービス再開のお知らせ
23691 [shugo@ru y- ] = WWW/FTPサービス再開のお知らせ

Shell.Application on WIN32OLE
23693 [katonbo@ka o]  WIN32OLE を使ったスクリプトで、[BUG] で落ちるケースを見つけまし
23695 [jaa02670@ni ] MSDN には OleInitiailze() は内部的に COINIT_APARTMENTTHREADED を
23696 [ocean@m2 cc ] (2004/06/16 21:14)
23699 [artonx@ya oo] どうも、Folder2のバグのようですね。
23712 [ocean@m2 cc ] (2004/06/16 23:59)
23714 [artonx@ya oo] IE内でのJScriptをサポートするために、Rubyのオブジェクトを移出する機能が
23715 [ocean@m2 cc ] (2004/06/17 22:50)

WIN32OLEの日本語エラーメッセージが切り詰められる
23694 [katonbo@ka o]  WIN32OLEの日本語エラーメッセージが切り詰められます。
23698 [ocean@m2 cc ] FormatMessage が失敗したときに p_msg に LocalAlloc されない
23701 [katonbo@ka o] H.Yamamotoさんの
23749 [ocean@m2 cc ] [ruby-dev:23693] のスレッドのパッチと、本スレッドのパッチをまとめました。
23750 [masaki.suket] 反応が鈍くてすいません。

define_method and $SAFE
23697 [nobu.nakada@] define_methodでは呼び出されたときの$SAFEを使うようにするパッチ
23705 [matz@ru y- a] 基本的にはこれでいいんじゃないでしょうか。私自身はPROC_TMASK
23706 [nobu.nakada@] こういう感じ? 最初元のProcにも影響しちゃうんじゃないかと思って
23707 [nobu.nakada@] うっかりしてましたが、この二つでは微妙に動作が違います。
23711 [matz@ru y- a] そうですね。
23713 [nobu.nakada@] 外部の$SAFEを変更できなくなっていました。で、そのテストを作って
23716 [matz@ru y- a] いや、仕様じゃないです。気がついてませんでした。
23721 [nobu.nakada@] こんなとこでしょうか。ところでこれは1.8にも入れますか。
23722 [matz@ru y- a] 入れてください。

Oniguruma segfaults on matching at long line?
23700 [nobu.nakada@] 報告だけですいませんが、1.9が非常に長い行に対するマッチでSEGVし
23702 [kkosako@so t] CVSWebが今見えないようなので、
23703 [nobu.nakada@] すいません、どうも行が長すぎて、スクリプトが途中で折り返されて
23708 [kkosako@so t] このスクリプトで、どのバージョンでも再現しました。

[mswin32] printf  の NaN, Inf 表示
23704 [katonbo@ka o]  ょゎさんと、なかむら(う)さんの日記で、mswin32 版の printf によ
23709 [usa@ga ba ec] 私は、Cライブラリのsprintfの方を置き換えないといけないだろう
23747 [usa@ga ba ec] どうにかしてみました。以下パッチ。
23748 [matz@ru y- a] コミットしてはどうでしょう。せっかくですから、#ifdefでくくら
23751 [usa@ga ba ec] とりあえずHEADにコミットしました。

[Oniguruma] Version 3.2.1 and 2.3.1
23710 [kkosako@so t] 3.2.1と2.3.1を置きました。

error at TestDRbMServer (test/drb)
23717 [ocean@m2 cc ] 山本です。どうしても原因がわからないので、報告だけ・・・
23718 [nobu.nakada@] ext/socket/socket.cのWAIT_IN_PROGRESSの値を大きくしてみるとどう
23719 [ocean@m2 cc ] (2004/06/19 10:19)
23720 [nobu.nakada@] 検討違いだったようです。
+ 23723 [ocean@m2 cc ] (2004/06/19 12:07)
+ 23724 [ocean@m2 cc ] (2004/06/19 12:07)
  23725 [ocean@m2 cc ] なかなか手ごわいです。
  23726 [ocean@m2 cc ] どうにか、下のパッチでテストが通るようになりました。
  23727 [ocean@m2 cc ] これは無理かもしれません。bcc32 RTL のソースを見る限り、処理に失敗したときとか、
  23728 [usa@ga ba ec] rb_w32_fdopen()をwin32/win32.cに自前で実装するのが筋かなあ、
  23729 [ocean@m2 cc ] (2004/06/21 10:43)
  23733 [nobu.nakada@] たぶん、こんな風なことじゃないかと思います。
  23734 [ocean@m2 cc ] (2004/06/21 14:09)
  + 23737 [usa@ga ba ec] NDAでも結ばない限り、ランタイムのソースを見て知りえたことをよ
  + 23738 [nobu.nakada@] errnoは一切設定してないってことですか。難儀なやつだな…。
    23739 [ocean@m2 cc ] (2004/06/21 18:27)
    23741 [ocean@m2 cc ] EMFILE と EBADF に対処してみました。
    23743 [ocean@m2 cc ] 一番肝心な ___topen という関数が「未定義です」というエラーになってしまって、うまくいき

Re   test/ruby/test_pipe.rb fails in bcc32
23730 [ocean@m2 cc ] と書きましたが、win32/win32.c(rb_w32_getc) では既に EPIPE ==> EOF とみなして

unexpected break
23740 [nobu.nakada@] mputさんが納得いかんそうなのでちょっと調べてみましたが、breakや
23744 [matz@ru y- a] なんでそうしたのか忘れちゃったのですが、たいした理由ではなかっ

unopened fd for IO.new
23742 [nobu.nakada@] 無効なファイルディスクリプタをIO.newやIO.for_fdに渡すとEINVALが
23745 [matz@ru y- a] でしょうね。コミットしてください。

Anonymous CVSサービス再開のお知らせ
23746 [shugo@ru y- ] = Anonymous CVSサービス再開のお知らせ

rdoc --ri failes on Linux/arm
23754 [akira@ar ka ] <URL:http://buildd.debian.org/fetch.php?&pkg=ruby1.8&ver=1.8.1-8&arch=arm&stamp=1087906555&file=log&as=raw>

Block parameter in Ruby2.0
23755 [ko1@at ot ne] でネタにさせてもらって,まつもとさんの返信をいただいたのですが,

can't build tcltklib
23756 [root@mp t. i] Anonymous CVS が復旧したので CVS HEAD を試してみたところ、  ext/tcltklib
23757 [nagai@ai ky ] ごめんなさい.この修正はまずかったみたいですね.
23758 [root@mp t. i] 読みました。ありがとうございます。 TclTkAqua
23759 [nagai@ai ky ] ありがとうございます.

declaration of ruby_version
23760 [shugo@ru y- ] mod_rubyなどで、ruby_versionを使いたい(RUBY_VERSIONだとmod_rubyをビル
23761 [matz@ru y- a] どうぞ。

Ruby 1.8.2 to be released.
23762 [matz@ru y- a] そろそろ1.8.2をリリースしたいのですが、これをやっておきたい
+ 23763 [akira@ru y- ] 手元で再現できてないのですが
| 23764 [matz@ru y- a] stack level too deepの前に落ちちゃうのはスタックのチェックが
+ 23765 [nagai@ai ky ] 修正はしたものの,まだ commit はしていないバグはあります.
| + 23766 [matz@ru y- a] もちろん出しますが、現時点での積み残しの量が分からないので日
| | 23767 [nagai@ai ky ] 承知しました.
| + 23848 [nagai@ai ky ] 遅くなってしまいましたが,先ほど commit しました.
+ 23768 [akr@m1 n. rg] そういえば、
| 23770 [matz@ru y- a] もう消してもよいでしょうね。...消しました。
+ 23769 [don@na ri .o] [ruby-talk:104405]に投稿しました以下の不具合が解消されると嬉しいです。
| 23771 [matz@ru y- a] できればruby-coreでwhyに直接言っていただけると助かるのですが。
| 23775 [don@na ri .o] すみません。ruby-coreにも送りました。
+ 23772 [nobu.nakada@] ずっと忘れてたんですが、[ruby-talk:97206]などは。
| 23773 [matz@ru y- a] 気がついてなかった。コミットしてもらってよいんじゃないでしょ
+ 23774 [m_seki@mv .b] sample/drbのgetsをDRb.thread.joinに変更しようと思います。
| 23822 [m_seki@mv .b] 完了しました。
+ 23776 [gotoyuzo@no ] ext/opensslに、
| 23841 [gotoyuzo@no ] 直前になってパッチをたくさん頂いてしまって時間がかかりました
+ 23777 [vzw00011@ni ] こんにちは。
+ 23778 [kou@co mi ng] ruby_1_8ブランチにRSS Parserを入れてもよろしいですか?
| 23780 [matz@ru y- a] いいんじゃないでしょうか。
| 23819 [kou@co mi ng] 入れました.
| 23845 [matz@ru y- a] Dave Thomasがドキュメントがないと文句いってます。RDocが理想
| 23851 [kou@co mi ng] にチュートリアル的なものがあります.
+ 23779 [zn@mb .n ft ] [ruby-dev:23567]をruby_1_8の方にも入れてほしいです。
| 23795 [matz@ru y- a] [ruby-dev:23567]って--disable-tcl-threadならチェックしないっ
| 23821 [zn@mb .n ft ] lib/pstore.rbとlib/yaml/store.rbです。
| 23836 [matz@ru y- a] あらら、違うメールを見てました。
| 23842 [nobu.nakada@] PStoreはread_onlyモードの追加とftoolsからfileutilsへの移行、
| 23844 [matz@ru y- a] それはよかった。コミットまでお願いしてもよいですか?
| 23849 [nobu.nakada@] ちょっと勘違いしてました。lib/pstore.rb:1.18は[ruby-list:39102]
| 23863 [matz@ru y- a] お願いします。って、もうやってもらってるのかな。
+ 23832 [akira@ru y- ] Tempfileで作る一時ファイルのsuffixを指定できるようにしたい
| + 23835 [matz@ru y- a] いいんじゃないでしょうか。
| + 23837 [knu@iD em ns]  これはたまにありますね。画像ファイルや圧縮ファイルの場合も、
|   23838 [knu@iD em ns]  指摘されて気づいた。initialize() してから再定義するのでは遅い
+ 23833 [k-miyamuko@a] から config.charset を取得して ext/iconv に置いて make すると失敗します。
| 23839 [nobu.nakada@] 実のところ、今年の一月にこれとほぼ逆の変更をしてます。
| 23840 [k-miyamuko@a] すいませんものすごく寝ぼけてました。これだと iconv.rb がインストール
+ 23834 [nakahiro@sa ] soap4rのモジュールを更新したいです。今週末に作業しようと思ってます。連絡

Thread critical  でも timeout を使いたい
23781 [sugi@ne ui o] 杉浦と申します。こんにちは。
23782 [matz@ru y- a] そうですね。
23783 [sugi@ne ui o] 素早い返事ありがとうございます。
23801 [sugi@ne ui o] <Snip...>
+ 23804 [matz@ru y- a] そもそも時間のかかる処理はクリティカルセクションの外に出すと
| 23807 [sugi@ne ui o] <Snip...>
+ 23806 [nobu.nakada@] あげるなら、TimeoutよりもThreadErrorかなにかじゃないでしょうか。
  23809 [sugi@ne ui o] うーん。timeout.rb がスレッドで実装されている以上妥当な気もしますが、
  23810 [nobu.nakada@] 別にThreadErrorでなくてもいいんですが、少なくともtimeoutとは別
  23812 [sugi@ne ui o] 「落とし穴」という表現を持ってきたのはリファレンスで見かけたのを
  23813 [nobu.nakada@] さらにスレッドがalarmで実装されてるわけですが、Windowsではシス

URI()
23784 [akr@m1 n. rg] 前から思っていたのですが、URI.parse("http://...") を URI("http://...")
+ 23785 [matz@ru y- a] Array()とかString()とか前例がありますから反対はしません。あ
| 23787 [akira@ru y- ] 賛成です。お願いしちゃっていいですか? > akrさん
+ 23786 [moonwolf@mo ] URI["http://..."]のほうがRubyらしくて覚えやすい気がします。
  23788 [matz@ru y- a] えーと、URI()とURI[]をくらべてどう違うのか聞かせてもらえませ
  23789 [moonwolf@mo ] URI()だとレシーバはselfになるわけですよね。
  23790 [matz@ru y- a] そうです。しかし、
  23791 [moonwolf@mo ] 定着してるんですか? 使っているスクリプトは見たことがないです。
  + 23794 [matz@ru y- a] ここは「定着してる」ってことにしておいてください。導入してか
  | 23796 [moonwolf@mo ] 大文字ではじまるメソッド名はRuby的でないと感じます。
  | + 23797 [matz@ru y- a] Ruby的かどうかは誰が決めるんでしょうねえ(苦笑)。
  | | 23798 [moonwolf@mo ] Rubyの標準添付ライブラリとRAAの全プロジェクトで大文字ではじまるメソッドの数と
  | | 23799 [matz@ru y- a] Ruby的かどうかはそれでは決まらないと思いますよ。
  | + 23818 [akr@m1 n. rg] 名前空間を汚すのは理解できるのですが、大文字で始まるメソッドはあまり使
  |   23820 [nakahiro@sa ] クラス名と同名の大文字メソッドについては、なひは、その覚え易さ、見た目の
  |   23827 [akr@m1 n. rg] やっていけないことはないのかもしれませんが、具体的に必要な状況が発生し
  |   23830 [keiju@is it ] Rational()とか, Complex()がRational.new()とかでないのは, Bignumにnewが
  |   23846 [akr@m1 n. rg] ふむ。とすると、作者の意図としては、String() も Rational() も変換とい
  + 23800 [shugo@ru y- ] Array()はあんまり見たことないですけど、Integer()やString()はたまに見かけ

Re: [ruby-cvs] ruby/lib/net, ruby/lib, ruby/ext/socket, ruby: * ext/socket/socket.c (sock_sockaddr): Socket#gethostbyname()
23792 [nobu.nakada@] @@ -2382,5 +2382,5 @@ rb_fopen(fname, mode)
23793 [matz@ru y- a] そうなんですか。じゃあ、戻しておいてもらえませんか。

同一スレッドで Mutex の2重ロック
23802 [sugi@ne ui o] またも細かい話で恐縮ですが……
23803 [matz@ru y- a] スレッドを使って複雑な動機を行いたい時にはMonitorを使っては
23805 [sugi@ne ui o] そうなのですが、自分がデバッグしていて何のエラーなのか分からなくて

Module#class_variables in HEAD
23808 [nobu.nakada@] うけど)によると、Module#class_variablesがクラス変数の仕様変更に
23811 [matz@ru y- a] コミットしてください。

$SAFE in Proc
23814 [nobu.nakada@] Procは$SAFEを保存しますが、呼び出し側よりも低いレベルに戻すこと
23817 [matz@ru y- a] 前に考察した時には、Procが汚染されていないということはコード
23828 [nobu.nakada@] そういわれるとそういう気もしてきました。

set_trace_func in safe mode
23815 [nobu.nakada@] $SAFE > 0 のときでもset_trace_funcできてしまうのは問題になりう
23816 [matz@ru y- a] 禁止するのは「$SAFE>3」だけで良いのではないかと思います。
23824 [nobu.nakada@] そうすると、$SAFEが高い状態のtrace_funcがより低い状態のコードの
23825 [matz@ru y- a] もし仮に問題があるにしても禁止するのはset_trace_funcではなく、
23826 [matz@ru y- a] あ、まちがい。「3以下」です。

regexp with implicit $_
23823 [ikeda_ta@kc ] 正規表現で暗黙の $_ 内の文字列を検索して、$&, $1 などに
23868 [matz@ru y- a] はい。1.8からは正規表現リテラルはifなどの条件部の直下にある

$SAFE for finalizers and signal handlers
23829 [nobu.nakada@] [ruby-core:03058]でtsが指摘した、finalizer(とsignal handler)で
23831 [matz@ru y- a] あ、直さなきゃと思ってたのでした。ありがとうございます。

st_dev by stat() != st_dev by fstat() in windows
23843 [ocean@m2 cc ] - stat() は、ドライブ文字 - 'A' を st_dev として代入しているので、'F:'
23847 [usa@ga ba ec] 私の手元にも似たようなことをやるパッチがいちおうあったりします。
23850 [ocean@m2 cc ] (2004/07/01 18:47)
23852 [usa@ga ba ec] stat()・fstat()でst_devとst_inoが正しく設定されなければいけな
23853 [ocean@m2 cc ] (2004/07/02 09:56)
23877 [ocean@m2 cc ] 「FILE_FLAG_BACKUP_SEMANTICS をつけないとディレクトリのハンドルを得られない」
threads.html
top