23443-23671

23220-23915 subjects 23638-23877

[Oniguruma] Version 2.2.8
23443 [kkosako@so t] ftp.ruby-lang.orgとhttp://www.geocities.jp/kosako1/に、
23450 [ksaito@ur nu] 入れ忘れていた(すいません) 2.2.7 と続けて import して
23451 [nobu.nakada@] 1.1.1ブランチとtrunkの2つにコミットしてるのは、なにか理由がある
23453 [ksaito@ur nu] import でベンダーブランチへ持ち込んでるために、こうなってます。
23454 [nobu.nakada@] なるほど、同じかと思っていましたが実はちょっと違うのですね。と
23459 [ksaito@ur nu] ああ、そうでした。各プラットフォームの regex.c からの移行待ちだったのが、

Re: [ruby-cvs] ruby: * process.c: Recover wrongly removed spaces at end of the lines.
23452 [nobu.nakada@] これって、行末に空白がないとなにか問題が起きるのでしょうか。今
23455 [ocean@m2 cc ] (2004/04/28 02:09)
23456 [nobu.nakada@] cvsupでコピーして、必要ならcvs diff -wで見ていたのでそういうこ
23458 [ocean@m2 cc ] (2004/04/28 11:04)

open("|...").each
23460 [ysk@rc .s -n] 次のコードで、ブロックを抜けた後でも
23461 [tietew-ml-ru] [[ruby-dev:23460] open("|...").each]
23462 [ysk@rc .s -n] なるほど。こうすれば問題なくなりました。ありがとうございます。

[OSX?] socket.c ipaddr()
23463 [m_seki@mv .b] OSXでUDPSocket#recvfromが次のようにgetnameinfo()で失敗することがあります。
23464 [matz@ru y- a] いや、それで良いんじゃないでしょうか。コミットしてくださいま
23469 [m_seki@mv .b] ありがとうございます。commitしました。

Re [ruby-talk:99318] 0.0000000000000000001 == 0.0 should be false
23465 [ocean@m2 cc ] [ruby-talk:99318] で報告されていたバグを修正してみました。
23467 [matz@ru y- a] おお、ありがとうございます。直さないとな、と思っていたのです。
23472 [ocean@m2 cc ] (2004/05/06 21:58)

warning for tkutil.c
23466 [nobu.nakada@] ext/tk/tkutil.cのコンパイルで警告が出ます。ざっと眺めたところで
23468 [nagai@ai ky ] その通りです.ありがとうございます.
23470 [nobu.nakada@] 1.8もお願いします。
23471 [nagai@ai ky ] ごめんなさい.呆けてました.

Re: [ruby-cvs] ruby/ext/dbm: * parse.y (string_content): turn off NODE_NEWLINE flag to avoid
23473 [akr@m1 n. rg] % ./ruby -rdbm -e 'DBM.open("zzzzz") {|d| d["a"] = "b" }'
23475 [matz@ru y- a] すいません。早急に直します。確認したつもりだったのに、なにし

[BUG] rb_gc_mark(): unknown data type 0x18(0x9728508) non object
23474 [akr@m1 n. rg] 先程の commit から、とあるプログラムが core を吐くようになりました。
23476 [matz@ru y- a] せめて手元で再現できるとよいのですが。
23477 [akr@m1 n. rg] とりあえず、次のようにしたら再現しました。
23519 [akr@m1 n. rg] 14日の commit 以降、1.9 でアンテナを動かしているのですが、今のところ
23526 [matz@ru y- a] それはよかった。

to_open
23478 [akr@m1 n. rg] 次のように、Kernel.open に pathname とブロックを渡すと、ブロックが無視されます。
23479 [matz@ru y- a] まず、to_pathがあるのにto_openが定義されているのは無意味です。

[BUG] numeric.c (flo_to_s) broken?
23480 [ocean@m2 cc ] 一瞬どきっとしましたが、float => string がおかしいようです。
23482 [ocean@m2 cc ] ===================================================================
23483 [ocean@m2 cc ] 実装してみました。
23484 [ocean@m2 cc ] doubleの有効桁が15である保証はなかったので、少し修正しました。
23485 [ocean@m2 cc ] 山本です。たびたびすみません。
23486 [ocean@m2 cc ] HEADがビルドできるようになったので、HEADに移植しました。
23499 [ocean@m2 cc ] レスがつかなかったので、意図された動作なのかもしれませんが・・・
+ 23501 [matz@ru y- a] えーと、内心、ここまでやるならsprintfと文字列処理ではなく、
+ 23502 [nobu.nakada@] 多少余っても問題ないでしょうし、
+ 23503 [akira@ru y- ] これを適用すると値が負の場合にまずいようです(1.8系で試しました)。
  23507 [ocean@m2 cc ] //////////////////////////////////////////////////////////////
  + 23508 [nobu.nakada@] doubleの全ビットを仮数とした場合に取りうる最大桁数の近似ですか
  + 23509 [matz@ru y- a] いや、frexpを使えばポータブルに取り出せます。問題はこれは2進
  | 23512 [ocean@m2 cc ] (2004/05/14 17:13)
  + 23528 [ocean@m2 cc ] printf に "%#.15g" という書式があると知ったので、
    23529 [matz@ru y- a] これは受け入れられます(基準はなんだろう?)。
    23530 [ocean@m2 cc ] (2004/05/17 15:05)
    + 23531 [ocean@m2 cc ] パッチに自信がもてたので、コミットしました。(1.8にも)
    + 23532 [matz@ru y- a] 1.8にもよろしくお願いします。

OBJ_FROZEN_P ?
23481 [fujitaka@kt ] CVS head をコンパイル中にエラーで止まりました。

core dump by delete_if on 1.8
23487 [akr@m1 n. rg] さて、最近、あるプログラム - 五月雨 - を 1.8 で動かしているわけですが、
23490 [eban@os ri .] 同様に対処してコミットしました。

Re: [ruby-cvs] ruby, ruby/ext, ruby/lib, ruby/lib/test/unit/ui/console, ruby/test, ruby/test/drb, ruby/test/ruby, ruby/test/soap/calc: * ext/extmk.rb (extmake): skip uncompiled extensions.
23488 [k-miyamuko@a] HP-UX 11.11 でテストを実行すると
23527 [nobu.nakada@] この警告は古いtest/inlinetest.rbでしか出ないはずなんですが、何
23537 [k-miyamuko@a] CVS にアクセスできないので cvsweb から tar ball を取ってきて、既存の
23538 [nobu.nakada@] これはバグでした。警告が出ていたのは、pp.rbのテストの前に
23539 [k-miyamuko@a] いただいたパッチで警告が消えました。ありがとうございます。
23543 [nobu.nakada@] minirubyだとsymbolが解決できないということでしょうか。
+ 23546 [gotoyuzo@no ] なるほど。これは各スクリプトのほうで、
| 23547 [nobu.nakada@] SystemExitだけは無視しても構わないんじゃないかと思ってるんです
| 23548 [gotoyuzo@no ] 想定している状況がよく分かっていませんが、requireしただけで
| 23549 [gotoyuzo@no ] とは言え動かないままでも困るので、openssl/test_*.rbはひとま
+ 23555 [k-miyamuko@a] make test-all が失敗するのはいただいたパッチで回避できたのですが、
  23557 [nobu.nakada@] ldの-Eフラグでしょうか。symbolをexportするということですね。
  23559 [k-miyamuko@a] なるほど。きれいに直りました。Linux や HP-UX 11.23 では問題ないのに
  + 23561 [nobu.nakada@] HP-UXだとLDSHAREDでldを直接使っていることを忘れていました。もう
  | 23565 [eban@os ri .] [ruby-dev:19716] という報告があり、-Wl,-EをLDFLAGSから外しました。
  | 23579 [nobu.nakada@] こんなとこですかねぇ。
  + 23588 [nobu.nakada@] 考えてみると、そもそもminirubyで拡張ライブラリをロードできると
    23621 [k-miyamuko@a] いや、特にないです。

ruby-mode.el: if defined?(super)
23489 [zn@mb .n ft ] ruby-mode.elのRevision: 1.81で

net/telnet does not allow login to non-Unix system
23491 [akira@ar ka ] <URL:http://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=248511>
23493 [matz@ru y- a] 青山さんは最近登場されませんので、実害がない(と、やまださん
23494 [akira@ru y- ] はい。コミットしました。

ruby 1.8.1 (2004-05-13) has 7 failures and 3 errors
23492 [akira@ar ka ] tempfile.rbでエラーが出るので
+ 23495 [nakahiro@sa ] これはどうしますかね。1.9でTypeErrorになったので、1.8でもテストの期待値
| + 23498 [ocean@m2 cc ] (2004/05/13 18:18)
| | 23500 [matz@ru y- a] コミットしておいてくださいね。
| | 23504 [nakahiro@sa ] できればテストも。。。test_strtodという名前にしてあります。
| | 23506 [ocean@m2 cc ] (2004/05/14 12:04)
| + 23510 [ocean@m2 cc ] (2004/05/13 18:18)
+ 23496 [akira@ru y- ] これらとtempfile.rbのエラーについては
  23497 [nobu.nakada@] むしろ、rubytypes.rb:1.21でこれと全く逆の変更が入っているので、
  + 23505 [akira@ru y- ] なるほど。
  + 23515 [akira@ru y- ] HEADでテストが変更されましたのでそういうことのようですね。
    23516 [ocean@m2 cc ] (2004/05/15 15:16)
    + 23517 [ocean@m2 cc ] これは、
    + 23518 [akira@ru y- ] そのようですね。

[Oniguruma] Version 3.0.0
23511 [kkosako@so t] onigd20040514.tar.gzを置きました。
23523 [ksaito@ur nu] ...
23524 [matz@ru y- a] 取込んでくださいませんか > 斉藤さん
23535 [ksaito@ur nu] 今週中に入れてみます。
23536 [kkosako@so t] はい。お願いします。
23540 [kkosako@so t] 少し勘違いをしていたようです。

make test failed in bcc32 (ruby_1_8)
23513 [ocean@m2 cc ] 原因がわからないので、報告だけ。
23514 [ocean@m2 cc ] すみません、私の環境に問題がありました。

DBM::READER
23520 [akr@m1 n. rg] dbm でも gdbm と同様に、読み込みのみで db を open したいと思えて来たの
23521 [matz@ru y- a] どうぞ。

`getnameinfo': expecting String or Array (TypeError)
23522 [akr@m1 n. rg] ふと気がついたのですが、次のように Socket.getnameinfo に Array への

gdbm 1.7.3
23525 [akr@m1 n. rg] ふと、Debian Woody では次のように core を吐くことに気がつきました。

Ruby2.0 spec summary around parameters and variables
23533 [ko1@at ot ne] 「Ruby2.0 引数、変数まわりの仕様について」
+ 23534 [matz@ru y- a] これだけ答えてませんでした。
+ 23552 [ko1@at ot ne] [ [ruby-dev:23533] Ruby2.0 spec summary around parameters and variables ]
| + 23553 [ko1@at ot ne] [ [ruby-dev:23552] Re: Ruby2.0 spec summary around parameters and variables ]
| + 23554 [matz@ru y- a] 過去との互換性を考えないなら、
|   23556 [ko1@at ot ne] [ [ruby-dev:23554] Re: Ruby2.0 spec summary around parameters and variables ]
|   23558 [matz@ru y- a] いや、過去の互換性があるので、議論を積み重ねたい、です。どっ
+ 23563 [aamine@lo er] いま ruby-dev summary を書いているのですが、細部の動作に
  23564 [matz@ru y- a] これは正しいです。
  23568 [aamine@lo er] ああなるほど……。
  23569 [matz@ru y- a] はい。
  23580 [aamine@lo er] 納得しました。
  + 23581 [matz@ru y- a] 種類を揃えるんですね。それは納得できる..かなあ。文法的には許
  | + 23594 [akr@m1 n. rg] 右辺の値が多いときには単に無視してくれると、継承時にメソッドの返値を増
  | | + 23604 [fujitaka@kt ] Valuesを単純に配列としてみたらどうかなと思って考えてみました。
  | | + 23609 [shugo@ru y- ] 私はエラーにならないとしたら、そちらの方が妥当な挙動だと思います、
  | + 23605 [nobu.nakada@] 大体このシンタックスで行けそうでしょうか。
  |   23606 [matz@ru y- a] ううむ、一通り眺めた限りではいけそうですね。コミットしてくだ
  + 23591 [shugo@ru y- ] a = 1, 2
    23592 [matz@ru y- a] Valuesは
    23593 [shugo@ru y- ] あれ、当然それも(実行時)エラーのつもりでいました。
    23620 [aamine@lo er] 御推察の通りです。もともとの主張は、それも含めて全部エラーの

Re [SEGV] test/drb/test_drb.rb (bcc32 + ruby1.9.0)
23541 [ocean@m2 cc ] [ruby-dev:23380] で報告した、test/drb/test_drb.rb が SEGV する問題ですが、
+ 23542 [ocean@m2 cc ] rb.rb
+ 23544 [nobu.nakada@] staticリンクというか、miniruby.exeは拡張ライブラリをロードでき
  23545 [ocean@m2 cc ] (2004/05/19 21:53)

Socket.new(Socket::AF_INET, Socket::SOCK_STREAM, 0) dumps core with ruby-1.8.2
23550 [akr@m1 n. rg] 次のように、1.8.2 で
23551 [ocean@m2 cc ] (2004/05/20 14:59)

RegexpError: undefined bytecode (bug)
23560 [sakai@to .s ] たまたま気が付いたのですが、1.9で正規表現のマッチングを行うと、
23596 [kkosako@so t] 設計ミスです。
23607 [sakai@to .s ] このパッチをあてたところ問題が解決しました。

HEAD's test/cvs failed on windows
23562 [ocean@m2 cc ] test/csv が Windows(bccwin32) で失敗します。全部改行文字が関係しているようです。
23573 [ocean@m2 cc ] bccwin32 のテキストモード (fopen(.., "r")) では、単に "\r" を削る動作をするようです。
+ 23574 [ocean@m2 cc ] bcc32 の誤りです。
+ 23586 [kimura.koich] バグと呼べるかは微妙なところだと思いますが、この動作自体はDOSの
| 23600 [ocean@m2 cc ] 山本です。レスありがとうございます。
+ 23610 [nakahiro@sa ] まだよく見てないんですが、他2件はテストの修正かもしれません。で、この件
  23613 [ocean@m2 cc ] (2004/05/25 13:19)
  23614 [nakahiro@sa ] なるほど。これはbcc32版Rubyの仕様ということでいいですかね? どなたに聞け

try_run in ext/tcltklib/extconf.rb
23566 [eban@os ri .] ext/tcltklib/extconf.rbでtry_runが使われていますが、クロスの
+ 23571 [nagai@ai ky ] なるほど.確かにクロスコンパイルだと困りますね.
+ 23575 [nagai@ai ky ] 添付パッチのような感じではいかがでしょうか.
  23576 [eban@os ri .] ええと、To: ebanは必要ないです。
  + 23577 [eban@os ri .] 間違ってました。
  + 23583 [nagai@ai ky ] ごめんなさい.
    23603 [eban@os ri .] はい。ありがとうございます。

PStoreを継承しやすく
23567 [zn@mb .n ft ] PStoreのdumpとloadだけを差し替えしやすくして、
23570 [matz@ru y- a] いいんじゃないでしょうか。ChangeLogエントリ希望。
23582 [zn@mb .n ft ] こんな感じでどうでしょうか。

keyword argments (Ruby2.0 spec)
23572 [nagai@ai ky ] Ruby2.0 の仕様についての話題が出ているので,便乗的に質問です.
23578 [matz@ru y- a] キーがシンボルであればキーワード引数として解釈されます。文法
23584 [nagai@ai ky ] とすると,キーがシンボルになっていない
23585 [matz@ru y- a] うーん、一晩考えた結果は(3)か(4)だと思うようになりました。優
+ 23587 [nagai@ai ky ] なかなか悩ましいですねぇ...
| 23589 [horinout@ri ] 以前からキーワード引数は待望してました。
| 23590 [matz@ru y- a] これらはRDocを参照することで対応しようと思います。RDocは
| + 23595 [keiju@is it ] お久しぶりです.
| | 23597 [matz@ru y- a] いや、まだ動いてはいないと思いますが、ruby-coreでパッチを作
| | 23598 [keiju@is it ] ふーん.
| | 23599 [matz@ru y- a] rdoc(riの実体)はライブラリになっているので、直接呼び出すメソッ
| + 23601 [horinout@ri ] ご教示有難うございます。
|   23602 [matz@ru y- a] rdoc --riとかで$HOME/.rdocディレクトリにドキュメントを追加す
+ 23624 [nagai@ai ky ] 暫く (とはいっても時折思い出す程度に) 考えていたのですが,真に

ruby_1_8 (2004-05-24) has 4 failures and 1 error
23608 [akira@ru y- ] 本日12:30時点でのruby_1_8でtestを実行してみましたところ
23611 [nakahiro@sa ] これらは[ruby-dev:23495]の仕様決定待ちと認識しています。ので保留でいいと
23612 [matz@ru y- a] ああそうか。どうしようか。TypeErrorに揃えましょうか。
23617 [nakahiro@sa ] soap4rのほうは適当にmarshal.cを追い掛けようと思います。marshal.cは、以下
23618 [matz@ru y- a] そうですね。リストしてくださって助かります。

console freezed on test/drb/drbtest.rb : test_06_timeout (bcc32)
23615 [ocean@m2 cc ] bcc32だと test_06_timeout でフリーズするので、調べてみました。(mswin32では正常に実行されます)
23625 [ocean@m2 cc ] 的外れでした。mswin32 だと、接続の閉じたソケットに書き込もうとすると Errorno::EINVAL
23626 [akr@m1 n. rg] 何に使ったのか知りませんが、read(0) はそのうち常に "" を返すように提案
23627 [ocean@m2 cc ] bcc32だと閉じたファイル・ソケットに対して fwrite した後、ferror が 0 を返してしまいます。
23636 [eban@os ri .] それはあんまりなので、errnoを見るようにしてコミットしました。
23639 [ocean@m2 cc ] (2004/05/27 15:53)
23648 [eban@os ri .] たぶん問題ないと思います。いくらなんでも正常時にerrnoが0以外
+ 23649 [akr@m1 n. rg] 正常時には errno はその関数を呼び出す以前の値のままな気がするんですが、
| + 23650 [akr@m1 n. rg] う、クリアしてますね。見逃してました。
| + 23651 [eban@os ri .] 実はもとから
+ 23652 [ocean@m2 cc ] (2004/05/27 19:53)

[Oniguruma] Version 3.1.0 and 2.2.9
23616 [kkosako@so t] 3.1.0と2.2.9を置きました。
23653 [ksaito@ur nu] 斉藤です。表明だけですみませんが。
23655 [kkosako@so t] big endianでShift_JISの場合だと、以下のparseで
23658 [kkosako@so t] 出来ました。
23659 [matz@ru y- a] ありがとうございます。このパッチも一緒に取込んでいただけませ
23660 [ksaito@ur nu] 確かに、unterminated string で parse error になり、

Timeout and ConditionVariable#wait
23619 [sakai@to .s ] Timeout#timeout内でConditionVariable#waitを実行しタイムアウトになると、
+ 23622 [matz@ru y- a] ううむ。
+ 23623 [shugo@ru y- ] monitor.rbの方だとwaitの引数でtimeoutを指定できます。

[uri.rb] non-hierarchical URI with a fragment
23628 [sakai@to .s ] uri.rbで扱おうとしたところ、URI.parseでは
23629 [akira@ru y- ] +/-はパス名の処理のために作ったので
23631 [sakai@to .s ] 私は「A + B」を
23669 [akira@ru y- ] なるほど。誤解してしまっていました。すいません。
23670 [akira@ru y- ] -のほうがうまくなかったのでもう一度考えてみました。
23671 [sakai@to .s ] 期待通りに動作するようになりました。

NEWOBJ() in dfree
23630 [nobu.nakada@] 以前にも似た話があったような気もしますが、[ruby-core:02867]が気
23632 [matz@ru y- a] 個人的にはGC中のallocationは禁止したいんですが。dlはどうして
23633 [nobu.nakada@] dlはしなくなってます。
23634 [matz@ru y- a] 気持ちとしてはdfreeはRubyと関係ないC関数の呼び出しだけに制限
23635 [nobu.nakada@] extの中で問題になりそうなのは、zlibですかね。他のオブジェクトに
23637 [matz@ru y- a] うーむ、
23647 [nobu.nakada@] [ruby-dev:23630]のパッチは、詳細にいうと二種類の修正を含んでい
threads.html
top