22963-23362

22802-25603 subjects 23220-23915

ruby-mode.el: "'?"
22963 [zn@mb .n ft ] ruby-mode.el 1.77で"'?"のように""の中に「'」が含まれていて
23005 [matz@ru y- a] ruby-font-lock-syntactic-keywordsの以下の部分が期待通り動い

OpenStruct#dup/clone share members.
22966 [nobu.nakada@] dupやcloneされたOpenStructのメンバを変更すると元のオブジェクト
22976 [matz@ru y- a] そうか。その方が良いですね。コミットしてください。

RE - range starting(ending) with '-'
22997 [ocean@m2 cc ] The Single Unix Specification Version 3 を見ていて気づいたのですが、Section 9.3.5, RE Bracket Expression
22998 [akr@m1 n. rg] この警告は [ruby-dev:19956] での判断によるものです。SUSv3 とは異なりま
22999 [ocean@m2 cc ] なるほど、よくわかりました。

drb/eq問題
23002 [zn@mb .n ft ] 1.9のtest_05_eq(TestDRbCore)のassertで
23004 [m_seki@mv .b] 1.8のテストが大丈夫なのはなんででしたっけ。
23033 [m_seki@mv .b] drb/eqをいつもrequireするように修正して、

[Oniguruma] Version 2.2.0
23017 [kkosako@so t] ftp.ruby-lang.orgに、onigd20040225.tar.gzを置きました。
23024 [zn@mb .n ft ] まだruby 1.9には鬼車を入れないのでしょうか?
23027 [matz@ru y- a] 手元では入れたものはあるんですけどね。
23032 [kkosako@so t] 解決にはなりませんが、
+ 23036 [ksaito@ur nu] よろしければその要員をしましょうか。えーと、
| + 23037 [kkosako@so t] 1.9に入れても構わないのなら、お願いしたいです。
| | 23058 [ksaito@ur nu] 以下の変更で無視してくれるようです。
| + 23040 [matz@ru y- a] ありがたいです。お願いします。
|   23043 [ksaito@ur nu] #読み返すと言葉の汚さが目につく>自分の記事
|   + 23048 [matz@ru y- a] 構いません。
|   + 23064 [knu@iD em ns]  cvs import するのが簡単だし、正しい作法です。あとでアカウントを
|     23090 [ksaito@ur nu] という訳でアカウントを追加して頂きました(ありがとうございました)が、
|     + 23091 [knu@iD em ns]  えーと、どうしてオプショナルにするんでしょうか。今進めている
|     | 23097 [ksaito@ur nu] ああ、そうか。一番目と三番目を混ぜて(弱気に:-)誤解してました。
|     | 23099 [kkosako@so t] 正しいです。
|     | 23100 [kkosako@so t] rubyのconfig.hを二重に読み込むと、win32環境でエラーになるので
|     | 23101 [usa@ga ba ec] これは何かの間違いだったので、先ほど修正しました。
|     | 23107 [kkosako@so t] 直しておきました。
|     | 23123 [kkosako@so t] 以下の方針で良いと思いますが、どうでしょう。
|     | 23133 [ksaito@ur nu] ...
|     | 23134 [kkosako@so t] はい。
|     + 23095 [matz@ru y- a] 1.9を鬼車化するのは決定事項ですので(3)でお願いします。
+ 23065 [knu@iD em ns]  すみません。最近私の反応が前みたいに早くないので心配されたの

--prefix and DESTDIR for bccwin32 (Re:  Re: [BUG] make distclean が失敗する)
23034 [nobu.nakada@] どうも話がかみあっていないと思ったら、bccwin32が独自のようです。
23044 [ocean@m2 cc ] 試してみました。--with-static-linked-ext というのはよくわからないのですが、
23046 [ocean@m2 cc ] bcc32\configure.bat --prefix=e:/ruby --disable-install-doc
23054 [usa@ga ba ec] disableしても処理しちゃうのはそういうものじゃないような。
+ 23055 [ocean@m2 cc ] Makefile.sub に RDOCTARGET が渡されていませんでした。
| 23056 [ocean@m2 cc ] WinCVS のバグで、diff に設定した -p が保存されないようです。
| 23059 [ocean@m2 cc ] なかださんの setup.mak へのパッチに EXTSTATIC = $(EXTSTATIC) があったので、
| + 23061 [ocean@m2 cc ] これが現在の HEAD に対するパッチです。
| + 23068 [usa@ga ba ec] win32/setup.makについては、このまえなかださんが入れ忘れただけ
|   23069 [ocean@m2 cc ] こんにちは。
|   23070 [usa@ga ba ec] そういう意味でした。
|   23072 [ocean@m2 cc ] こんにちは。
|   23075 [konishih@fd ] 私のほうは気にしてません。まつもとさんのOkさえ出れば、どうぞどんどんやっ
|   23077 [ocean@m2 cc ] ありがとうございます。
|   23084 [ocean@m2 cc ] すみません、昨日のパッチが間違ってました。bcc32は確認しましたが、win32は
|   23085 [ocean@m2 cc ] 気まずいので、取り急ぎコミットしておきます。すみません。
+ 23057 [ocean@m2 cc ] ???英語圏の人がデフォルトじゃないとだめ、と言われたんでしょうか?
  23067 [usa@ga ba ec] 現状がそうなるに至った議論がruby-coreで行われたからです。
  23071 [ocean@m2 cc ] ありがとうございます。読んでみました。なひさんがデフォルトインストールに
  23073 [ocean@m2 cc ] もう一度落ち着いて読んでみると、とりあえずデフォルトインストールはしない

Re: [ruby-talk:93584] date/format.rb fix
23035 [nakahiro@sa ] 主にふなばさんに相談というかお願いです。
23052 [tadf@rc .s -] こういう課題があることは、判っていたのですが、あまり重要とは思っていま
23183 [tadf@rc .s -] たぶん、こんな感じにすると思います。
23202 [tadf@rc .s -] とくに意見がなければ、数日みて、このようにすると思います。

Re: [ruby-cvs] ruby: * eval.c (localjump_destination): lambda should not interfere
23038 [nobu.nakada@] これでエラーがsample/test.rbで二つとtest/ruby/test_iterator.rb
+ 23041 [matz@ru y- a] こいつはバグありなんで。今修正中です。
| 23080 [nobu.nakada@] こっちのSEGVが直ってません。あまり気に入りませんが、とりあえず。
| 23082 [matz@ru y- a] どのSEGVですか。手元ではtest/ruby/test_iterator.rbの
| 23083 [nobu.nakada@] orphanブロックからのLocalJumpError#exit_valueがQundefになるため
| 23096 [matz@ru y- a] ちょっと勘違いしてました。これはふたつの問題を含んでいて、
| 23098 [nobu.nakada@] なるほど。それは見落としてました。
| 23105 [matz@ru y- a] 私の修正はこんな感じです。まだ自信はないんですが。
| 23106 [nobu.nakada@] 残念ながら、test/drbでSEGVします。
+ 23042 [nobu.nakada@] valid_syntax?が全部nilを返してしまって、jump_chainに気づかずに

rss/dublincore.rb: dc:date format
23039 [nakahiro@sa ] どうも回りでRSSが流行っているようなので、見てみました。
23045 [kou@co mi ng] これは,ISO 8601形式の時刻のパースをTime#iso8601に丸なげして
23047 [akr@m1 n. rg] Time.iso8601 ですね。(Time.parse_iso8601 とかのほうが良かったかなぁ)
23049 [kou@co mi ng] らっと見てISO 8601かと思って気付いたら
23051 [nakahiro@sa ] 田中さんも書かれているように、いずれtime.rbが持って欲しいメソッド
23066 [kou@co mi ng] もちろん,私もそう思います.
23125 [akr@m1 n. rg] まず質問なのですが、この形式はどのくらい使われているのでしょうか?

ERB: filenameとsafe_level
23050 [zn@mb .n ft ] ...
23053 [m_seki@mv .b] ありがとうございます。
23060 [zn@mb .n ft ] とりあえず今回の変更点のテストしか書いてませんでしたが、

Iconv.list
23063 [zn@mb .n ft ] Iconv.listをブロックなしで呼び出した場合にnilが

pthread-enabled ruby receives SEGV when requiring a large library on gdb
23074 [nagai@ai ky ] 表題の通り,pthread-enable な ruby を gdb 上で動かした際に
+ 23076 [nagai@ai ky ] すみません.環境を書き忘れてました.
+ 23102 [nagai@ai ky ] 結論から言うと,

test/drb/
23078 [zn@mb .n ft ] drbのテストですが、クライアント側も
23129 [m_seki@mv .b] なるほど。いいかも。
23130 [usa@ga ba ec] 遺憾ながらダメです。

enable-install-rdoc (was Re: --prefix and DESTDIR for bccwin32)
23079 [usa@ga ba ec] [ruby-core:2157] matz
23081 [ocean@m2 cc ] なるほど、よくわかりました。ありがとうございます。
+ 23086 [ocean@m2 cc ] riを試そうと HEAD から取り出したファイルで
| + 23087 [usa@ga ba ec] 見てのとおり、lessがないのではないかと。
| | 23092 [ocean@m2 cc ] なるほど。
| | 23093 [ocean@m2 cc ] set "PAGER=more <"
| | 23094 [ocean@m2 cc ] よく見るとなかださんのパッチは *.rb に対するものだったので、すぐ試せました。
| + 23088 [nobu.nakada@] 最近、コマンドの実行に失敗するとsystemがfalseを返すかわりに例外
|   23089 [matz@ru y- a] コミットしてください。
|   23103 [nobu.nakada@] 他も調べてみました。systemがfalseを返すことに依存している部分は
|   23104 [matz@ru y- a] コミットよろしく。大変助かります。
+ 23110 [ocean@m2 cc ] riって結構便利ですね・・・ブラウザをたどる必要がないのはいい感じです。
  23111 [usa@ga ba ec] HTML版生成
  23112 [ocean@m2 cc ] すみません、書き方があいまいでした。
  23114 [ocean@m2 cc ] でも、バイナリを用意する人なら .html とかも用意するかもしれませんね・・・

SIGHUP on Solaris
23108 [tommy@tm m. ] Solaris 8 上の Ruby 1.8.1 で SIGHUP を処理して、かつ system() を使用す

Makefile.in with FreeBSD make
23109 [don@na ri .o] ...
23161 [eban@os ri .] $<は推論規則でしか使えないので、$?を使うようにしました。
23179 [don@na ri .o] 無事に生成されるのを確認しました。ありがとうございました。

extconf results depend on rbconfig.rb (Re:  Re: File.fnmatchとDir.glob)
23121 [nobu.nakada@] 再コンパイルはしていませんが、extconf.rbの実行結果が
23124 [ocean@m2 cc ] コンパイルじゃなかったんですね。でも、できれば前みたいにスパっと終わるほうが気持ちいいです。
+ 23126 [tietew-ml-ru] [[ruby-dev:23124] Re: extconf results depend on rbconfig.rb (Re:   Re:File.fnmatchとDir.glob)]
+ 23127 [nobu.nakada@] configure_argsの変更は検出したいので、ターゲットを分けますかねぇ。
  23128 [ocean@m2 cc ] なかださん、Tietewさん、レスありがとうございます。
  23131 [nobu.nakada@] nmakeやBorland makeでは.で始まるターゲットは扱えないようなので、
  23132 [ocean@m2 cc ] うまくいきました。かなり速くなりましたが、まだ ruby1.8.1release に比べると遅いです。
  23135 [nobu.nakada@] 後はどこが遅いんでしょうねぇ。extoutの影響かなぁ。というか、
  23136 [ocean@m2 cc ] 私の環境(Win2000SP4, C++Builder5Update1, configure --prefix=e:/ruby_head) だと、
  23137 [ocean@m2 cc ] configure の引数が間違ってました。
  23138 [ocean@m2 cc ] ファイルシステムは FAT32 で、パーティションの大きさは 2GB、クラスタサイズは 4KB です。

backslash in string
23139 [adachi@ju .e] 奇妙な動作を見付けたので、報告しときます。動作環境はこれ↓です。
+ 23140 [taca@ba k- t] 取り敢えず、
| 23141 [taca@ba k- t] うぅ。
+ 23142 [aamine@lo er] これは仕様通りです。\a と \f は正しいバックスラッシュ記法なので
  + 23143 [adachi@ju .e] #どっか勘違いしているに違いないと思ったんだが。。。
  + 23144 [nobu.nakada@] 無効なエスケープは警告してもいいかも知れませんねぇ。
    23146 [matz@ru y- a] どーなんでしょうねえ。
    23147 [nobu.nakada@] これでうるさいくらい出てくるようなコードは、-wつけたら既に他に

Oniguruma has been merged into ruby CVS
23145 [ksaito@ur nu] 大体の方針が見えたので、皆さんのコメントを基に本線へ Oniguruma 2.2.4 を
23151 [nobu.nakada@] 「ruby/oniguruma/ディレクトリは作らずに」というのは、てっきり
23152 [ksaito@ur nu] そうですね。最初は鬼車標準の enc/ のままで入れたんですけど、Ruby
23173 [kkosako@so t] enc/というディレクトリ名を鬼車で消費してしまっても良いのか、
23178 [ksaito@ur nu] 私が不慣れなせいかもしれませんが、CVS だとディレクトリを安易に
23180 [matz@ru y- a] 斎藤さんがめんどうでなければ、ディレクトリなしでよいんじゃな
23185 [ksaito@ur nu] やるのはすぐに出来るんですが、Ruby/Oniguruma 双方の意見を尊重したい
23186 [kkosako@so t] enc_xxx.cでも良いと思います。

BSD make(OpenBSD3.4)  で make  出来ない
23148 [kawaji@ho pe] OpenBSD3.4-stable(i386) で cvs HEAD を make(BSD make) すると、
23149 [nobu.nakada@] OpenBSD makeだと、./minirubyとminirubyは別物とみなすんですね。
23155 [kawaji@ho pe] きちんと OpenBSD make で、make 出来るようになりました。

multidigit hex char in leteral
23150 [nobu.nakada@] Onigurumaもimportされたことだし、リテラル中の\x{}を有効にしては
23154 [matz@ru y- a] どうせやるにしてもM17N後にしたいんですが。

Failure: test/ruby/test_proc.rb
23156 [kawaji@ho pe] 今、私の環境で cvs HEAD の test/runner.rb を動かすと、

HEAD pstore under cygwin
23157 [nakahiro@sa ] なひです。単一事象の報告のみで追いかけてません。
23158 [eban@os ri .] Cygwinの場合、flockしたままのファイルを更にopenして書き込も
23162 [matz@ru y- a] コミットしてください
23163 [eban@os ri .] コミットしました。

ext/socket/socket.c (Re:  Re: test/drb/)
23164 [m_seki@mv .b] 1.8ブランチの方で'druby://localhost:0'を使用するにしてcommitしました。

Makefile.in patch for Oniguruma files
23165 [ksaito@ur nu] 今は regex.c が鬼車のソースを全部 include してコンパイルしてますが、
+ 23166 [matz@ru y- a] 問題ないです。
+ 23167 [usa@ga ba ec] Makefile.inにcommitされれば、win32系portでもそれにあわせて変
  23177 [ksaito@ur nu] ありがとうございます。commit しておきました。

File.fnmatch  のリファクタリング
23168 [ocean@m2 cc ] 現状の仕様を保存しつつ、リファクタリングの方向で攻めることにしました。
+ 23169 [ocean@m2 cc ] なお、HEAD へのパッチの形にしようとビルドを試みたところ、
| 23171 [kkosako@so t] 環境は何でしょうか?
| 23172 [eban@os ri .] すでに直しました。
+ 23174 [ocean@m2 cc ] は微妙ですが、現在の動作を大きく変えない限りは、ruby-dev に諮らずにコミットしようと思います。
+ 23175 [ocean@m2 cc ] これはキャンセルしました。当面は、動作の変更は一切しない方針で行こうと思います。
  23176 [ocean@m2 cc ] 「結論が出ていない動作の変更は」の誤りです。「'/' のみセパレータ」などは結論が出ているので、変更します。
  23184 [ocean@m2 cc ] リファクタリングが終わりました。動作の変更点は、
  23187 [ocean@m2 cc ] File.fnmatch('**/', 'a/.b/', File::FNM_PATHNAME) がマッチしてしまうバグを修正しました。
  23188 [nobu.nakada@] 問題というわけではないのですが一つだけ感想です。
  23189 [ocean@m2 cc ] 頻繁に使う変数だし、ptmp などの変数との兼ね合いもあるので、この方が読みやすいと思います。
  23190 [ocean@m2 cc ] ですが、bracket() の t1, t2 は p + 1 などの数字が目立たなくなるので、pstart, pend に戻します。
  23191 [ocean@m2 cc ] コミットしました。長いと見づらかったので、やはり t1, t2 にしました。
  23199 [ocean@m2 cc ] 動作が変わってしまった部分があったので、修正しました。
  23200 [ocean@m2 cc ] 山本です。コミットしました。

1.9/uri/common.rb:191: warning: redundant nested repeat operator
23170 [akr@m1 n. rg] % ruby -v -ruri -e 'URI.parse("http://www.ruby-lang.org/")'

test/scanf/test_scanf.rbで[BUG]
23181 [usa@ga ba ec] しばらく前から、mswin32版でtest/scanf/test_scanf.rbが
23182 [matz@ru y- a] なるほど。前者はdblackに話すしかないですが、ungetcについては

File.fnmatch  と  Dir.glob  の非互換部分
23192 [ocean@m2 cc ] 今わかっている File.fnmatch と Dir.glob の非互換部分は以下のとおりです。
+ 23193 [ocean@m2 cc ] というか、3. は私のバグですね。直します・・・
+ 23194 [matz@ru y- a] どっちでもよいですが、とりあえず前者(マッチしない)でどうでしょ
  23195 [ocean@m2 cc ] 前者で 1. 2. を実装してみたのですが、
  23196 [ocean@m2 cc ] これは私の感覚なのですが・・・
  23260 [ocean@m2 cc ] touch a とした後
  23261 [matz@ru y- a] ふむ。
  23265 [ocean@m2 cc ] これはさぼりで、'a\/b' というパターンがあったとき、本当は FNM_NOESCAPE が指定されてなければ
  23267 [matz@ru y- a] あまり省略せずに書いていただけると助かります。
  23268 [ocean@m2 cc ] わかりました。'\/' の場合だけなので、問題ないとは思うのですが、もうちょっと考えてみます。
  23269 [ocean@m2 cc ] ソースを眺めていて思ったのですが、rb_glob2 で
  23272 [matz@ru y- a] 原則として一貫している(動作が理解できる)ことを希望しますが、
  23273 [ocean@m2 cc ] そういうことなら、今の glob は、無条件に '/' で区切ってしまっていますが、
  23280 [ocean@m2 cc ] それとも、
  23282 [matz@ru y- a] 決めてしまえばどちらでもよいように思いますが、FNM_PATHNAMEの
  23291 [ocean@m2 cc ] 非互換をなくす当初の目標からは false かなあ、と思いますが、私は true でもいいです。'\/' なんて、
  + 23292 [ocean@m2 cc ] とあるので、まだ '\/' については結論が出てないですね。待ちます。
  + 23361 [ocean@m2 cc ] [ruby-dev:23291] をパッチにしてみました。あとはスタイルの変更です。
    23362 [matz@ru y- a] コミットしてください。

break from iterator
23197 [akr@m1 n. rg] 次のように、break で iterator を終了させられないことがあります。
23198 [matz@ru y- a] こんな感じでどうでしょう?

[Oniguruma] Version 2.2.5
23201 [kkosako@so t] ftp.ruby-lang.orgとhttp://www.geocities.jp/kosako1/に、
23203 [ksaito@ur nu] import しておきました。

Windows で ftools の File.mv でファイルが消えた。
23204 [ggb03124@ni ] Windows で ftools の File.mv を使ったら、ファイルが消えちゃいました。
23205 [eban@os ri .] 似たような問題(*1)もありますが、もうftools.rbをいじる気はないので、

typo in lib/rss/rss.rb
23206 [zn@mb .n ft ] rss/rss.rbをみていたらtypoっぽいところがありました。

Ruby on NetBSD/amd64
23207 [taca@ba k- t] こんにちは。
23208 [taca@ba k- t] 元々の問題は、コンパイル中にminirubyが、segmentation violationで落ちる
23218 [taca@ba k- t] こんにちは。
23219 [nobu.nakada@] さきに符号拡張されないんでしたっけ。

makefiles
23209 [nobu.nakada@] Makefileが四つもあって依存関係やルールなどが散在している状況は、
23210 [matz@ru y- a] (中身は見てないけど)いいんじゃないでしょうか。
23211 [eban@os ri .] 試してみてわかった問題点。

warning: fork terminates thread
23212 [akr@m1 n. rg] 思い出したのですが、thread が動いている時に fork すると、
23213 [matz@ru y- a] 了解です。
23214 [keiju@is it ] ども. お久しぶりです.
+ 23215 [akr@m1 n. rg] 1.8 の選択肢としては、
| 23216 [keiju@is it ] 私としては, fork後に私(Thread)が消えてもよいような対応をしていますよと,
+ 23217 [tietew-ml-ru] [[ruby-dev:23214] Re: warning: fork terminates thread]
  23245 [keiju@is it ] 一瞬(というか, かなり長い間よいかとも思ったんですが), よく考えるとあま
  23246 [m_seki@mv .b] Rubyだと気軽にThread使うので forkされたらいやだよ 宣言の方がいいなあ。なんとなく。
  23249 [matz@ru y- a] いや、だから、警告出なくなりますってば。
  23252 [keiju@is it ] 1.8系もですか?
  23255 [matz@ru y- a] それは相談次第でしょう(1.9はもう削りました)。
  23301 [keiju@is it ] 正常に動くものまでワーニングを出されるのは迷惑なわけなんですね.
threads.html
top