21621-22657

21420-21976 subjects 21842-22490

Failure on test/digest/test_digest.rb
21621 [usa@os .a t.] test/digest/test_digest.rbを実行すると、test_eqで失敗するこ
+ 21622 [matz@ru y- a] とりあえずパッチを当てるということで。ソースを斜めに読んだ限
+ 21624 [knu@iD em ns]  昨日 test_digest.rb を移動したときに気づいて、 Init か Equal を

Fix for lib/cgi.rb
21625 [root@mp t. i] mput です。 cgi.rb がエラーを吐くようになってます。

Fwd: DL support for const char** (PR#1196)
21628 [matz@ru y- a] ruby-bugsからのフォワードです。どんなもんでしょう。
21629 [ttate@tt ky ] もともとバグというか良く分からないコードを書いてました。

[BigDecimal] incompatible change
21630 [shiba@ma l2 ] だいぶ昔の話になりますが(気付くのが遅くて申し訳ありません)、

runit
21631 [m_seki@mv .b] ruby-1.8のCVS版で質問です、いや助けてください。
21634 [matz@ru y- a] test/unit が require されてないみたいですねえ。
21635 [m_seki@mv .b] おお。ありがとうございます。
21637 [matz@ru y- a] だと思います。ただ、rubyunit.rbではrequireされているようです。

SEGV (test_drb.rb)
21632 [m_seki@mv .b] CVS版ruby-1.8で試してます。
+ 21642 [matz@ru y- a] せっかくの機会なんでtest/drubyにテストを移行しませんか?
| 21649 [m_seki@mv .b] runit互換ライブラリでよろしければ。
| 21650 [matz@ru y- a] runit版を入れておけば、いつのまにかtest/unitに更新されると思
+ 21645 [nobu.nakada@] これってrb_warn()の行ですか。だとしたら、*currはどうなってるで
  21652 [m_seki@mv .b] linuxではうまく印字できなかったのですが、osxではこんな感じです。
  21653 [nobu.nakada@] [ruby-dev:21551]の影響で、空のブロックを呼ぶとruby_current_node
  21654 [matz@ru y- a] 思わぬところに影響が出るのが恐ろしい。コミットしてください。

bug?
21633 [ysk@rc .s -n] 下に付けたコードをruby 1.8.0(OSはFreeBSD 4.6-RELEASE)で実行すると、
+ 21636 [JCA02266@ni ] うちでも再現しました。以下までスクリプトを縮小してみました。
+ 21638 [matz@ru y- a] バグでした。以下のパッチで直ります。他に副作用が無いか検証中

load() blocks thread scheduling
21639 [tietew-ml-ru] 以下のコードがタイムアウトしません。Ctrl+C も効かなくなります。
21640 [matz@ru y- a] 気持ちはわからないでもないですが、load中は他のスレッドをブロッ
21827 [tietew-ml-ru] [[ruby-dev:21640] Re: load() blocks thread scheduling]
21829 [matz@ru y- a] loadは基本的にグローバルの状態を変更するので、きちんと保護し
21831 [tietew-ml-ru] [[ruby-dev:21829] Re: load() blocks thread scheduling]
+ 21832 [m_seki@mv .b] 微妙な案としては、dRuby‥
+ 21834 [matz@ru y- a] dRubyってのは実は妙案かも。
  21857 [nobu.nakada@] rb_load_file()の中で例外が起きると割り込み禁止のままになりそう

SOAP::StreamError: Illegal media type.
21641 [matz@ru y- a] そろそろ1.8.1を本格的に出そうと思っているのですが、SOAPの
21655 [nakahiro@sa ] CGI実行に失敗してるのだと思います。
21657 [matz@ru y- a] こんな感じです。役に立ちますか?
21659 [nakahiro@sa ] ありがとうございました。
21661 [matz@ru y- a] これで分かりました。お恥ずかしいことに私の責任でした。
+ 21662 [nobu.nakada@] 私は、RUBYLIBで渡すようにしてます。bashとGNU find前提ですが。
+ 21667 [nakahiro@sa ] test下のテスト群のうち、test/rubyに関しては、インストール前でも
  21668 [matz@ru y- a] できることならば、インストール前のライブラリ群を使ってほしい
  21722 [nakahiro@sa ] 時間が取れたのでちょっとやってみました。$:をちょちょいといじれば

ThreadGroup in END
21644 [nobu.nakada@] END{}の中ではThread#groupがnilになるのはそういうもんでしょうか。
21651 [matz@ru y- a] あ、考えてませんでした。コミットしてください。

Re: [ruby-cvs] ruby: * eval.c (ruby_cleanup): call finalizers and exit procs before
21670 [nobu.nakada@] END{}の中でのexitの引数が無視されるようになっています。
+ 21671 [nobu.nakada@] もう一点、これはデバッグ用?
| 21672 [matz@ru y- a] デバッグ用コードです。削ります。
+ 21673 [matz@ru y- a] 確かに。ありがとうございます。好みの問題で違うパッチを作りま

windowsでtest/drbを実行する際の問題
21678 [usa@os .a t.] test/drbをmswin32版で実行していて気づいた点が二つあります。
+ 21735 [m_seki@mv .b] 咳といいます。
| 21743 [usa@os .a t.] 英語は苦手なんですが、"UNIXServer is required"とかそんなんで
+ 21741 [zn@mb .n ft ] 対応するSocket::AF_*がないIPAddr::AF_*はダミーを

Proposal: string literal concatenation
21679 [root@mp t. i] 文字リテラルの結合で、間に改行が挟めるようになると
21680 [matz@ru y- a] * 文字列リテラルの結合は将来無くそうと思ってます。Rubyの多
21681 [nobu.nakada@] ifなどが全部modifierになってしまうとか?
21684 [matz@ru y- a] そうだったかなあ。それは何とかなりそうな気がしますけど。

ruby-tk hangs when exception is raised
21682 [akira@ar ka ] Debianパッケージのバグレポートで以下のようなのをもらいました。
21683 [nobu.nakada@] Linux(RHL9ベース)で、tcl/tk 8.3.5では再現しませんでした。
21685 [akira@ru y- ] 8.3.5で試してみたところ、手元でも再現しませんでした。
21687 [nagai@ai ky ] うちは Vine2.5 (libc-2.2.4.so; gcc version 2.95.3 20010315 (release))
21688 [akira@ru y- ] うーん、そうなると私の環境(Debian)の8.4.4がまずいのかもしれません。
21691 [nagai@ai ky ] エラーのメッセージボックスも開かないのでしょうか?
21693 [akira@ru y- ] ウィンドウは生成されますが中身は空…というか
21694 [nagai@ai ky ] 悪化するとは...(^_^;
21736 [nagai@ai ky ] 科研書類書きの合間の現実逃避で,Tcl/Tk8.4.4 を --enable-threads で
21744 [akira@ru y- ] # 私のほうで確認すべきだったのですが手を動かせませんでした。すいません。
21797 [nagai@ai ky ] 一つ忘れてました.
21801 [nagai@ai ky ] なんとか引っ張り出せたような気がします.
+ 21803 [akira@ru y- ] 試してみました。
+ 21825 [nagai@ai ky ] やはりこれでは焼石に水だったようです.

stack point in ruby_cleanup()
21686 [nobu.nakada@] アプリケーション組込みの場合直接呼ばれる可能性があるので、
21689 [matz@ru y- a] じゃ、そういうことで。

SOAP4R test: set logging threshold to ERROR.
21690 [matz@ru y- a] * test/soap/calc/*, test/soap/helloworld/*: set logging threshold
21692 [nobu.nakada@] select中にGenericServer#shutdownでcloseされてるんでしょうか。た
21699 [gotoyuzo@no ] たしかにそうですね。取り込みました。

cgi.rb CGI#read_multipart  のboundaryについて
21702 [take@ka ad .] ruby 1.8.0 (2003-08-04) [i686-linux]を利用していて,さっきはまったのですが,
21703 [matz@ru y- a] ふむ。

drb Hash#each
21707 [matz@ru y- a] 実は[ruby-talk:84420]を受けて、Hash#eachは単一の値(assoc)を
21708 [m_seki@mv .b] 明日、調べようと思ってます。
21709 [matz@ru y- a] なるほど。
21710 [m_seki@mv .b] あれ?なんか違うみたい。まつもとさんの観察があってるのかなあ。
21711 [matz@ru y- a] はい。T_ARRAYでなければto_aryがあるかどうかrespond_toでチェッ
21714 [m_seki@mv .b] 咳といいます。
21716 [matz@ru y- a] ああ、そうか。funcallを使うかなあ。ただ、頻繁に呼ばれるとこ
21724 [m_seki@mv .b] わかります。
21726 [m_seki@mv .b] 見当違いでした。
21737 [matz@ru y- a] 揃えるべきでしょうね。どちらに揃えた方が良いのか一生懸命考え
21738 [m_seki@mv .b] どちらでしょう。
21739 [matz@ru y- a] 残念、call側にそろいます。CVSにはすでにコミットしました。
21740 [m_seki@mv .b] 了解です。
21742 [matz@ru y- a] 後者です。ここが変わると大混乱になります。
21745 [m_seki@mv .b] あれれ?
21746 [matz@ru y- a] どううまく往きませんか? (バグかも)
21768 [m_seki@mv .b] 1.8.1 previewまでに直したかったなあ。
21769 [matz@ru y- a] なんかバグっぽいですね。両方とも同じ結果になるべきでしょう。
21771 [matz@ru y- a] やっぱりバグでした。しかも昨日の修正がよけいに悪い方向に作用
21772 [m_seki@mv .b] ありがとうございます。
21773 [matz@ru y- a] そういうことです。Arrayかどうかを気にせず単一の値を渡したい
21795 [m_seki@mv .b] とりあえず、その規則に依存してUndumpedな要素があるeachが

exit in $SAFE = 4 with -d
21730 [akr@m1 n. rg] % ruby -de 'lambda { $SAFE = 4; exit }.call; p 1'
21731 [nobu.nakada@] もちろん意図的ではありませんが、さりとて、無視して続行させるわ
+ 21732 [matz@ru y- a] コミットしてください。
+ 21733 [akr@m1 n. rg] えーと、よくわかってないんですが、
  21734 [nobu.nakada@] すいません、元の例外を無視してました。
  21757 [usa@os .a t.] なかださんが旅に出てしまったので勝手に代理。
  21758 [matz@ru y- a] んじゃ、私がコミットしておきます。

ruby 1.8.1 preview1 schedule
21747 [matz@ru y- a] 関係者各位、
+ 21748 [nagai@ai ky ] $SAFE==4 での ENV と定数の件はどうしましょう?
| 21749 [matz@ru y- a] 今からフォローアップするのでちょっと待ってください。
+ 21750 [usa@os .a t.] Tclが8.3以下のとき、ext/tcltklibで怒られるような気がします。
| 21763 [nagai@ai ky ] 今は他で手一杯でテストはしていないのですが,
+ 21751 [akr@m1 n. rg] [ruby-dev:21187] の Regexp.union をコミットしてもいいですか?
| 21754 [matz@ru y- a] えーと、名前問題はorかunionかでunionに決着したぶんですね。
| 21760 [akr@m1 n. rg] まぁ、結局、それ以上に気に入る案が出なかったというか。
+ 21753 [sinara@bl de] ああ、もう出るのですね。
+ 21759 [tietew-ml-ru] ===================================================================
| 21761 [matz@ru y- a] か説明していただけませんか?
| 21764 [tietew-ml-ru] [[ruby-dev:21761] Re: ruby 1.8.1 preview1 schedule]
| 21766 [matz@ru y- a] ふむ。以下のパッチで事態は変化しますか?
| 21774 [tietew-ml-ru] [[ruby-dev:21766] Re: ruby 1.8.1 preview1 schedule]
| 21775 [matz@ru y- a] [1]です。ご心配なく。
+ 21783 [tietew-ml-ru] CVS Repository に ext/enumerator/extconf.rb がありません。入れ忘
  21785 [matz@ru y- a] もともとないんじゃないかと。私の手元にもありません。ext以下

library linkage options by extmk.rb (was: ruby 1.8.1 preview1 schedule)
21765 [siena@fa ul ] 慌てふためいて ^^; ご報告。
22399 [nobu.nakada@] これは、makeまで$(libdir)のまま渡されて、makeによって展開される
22440 [siena@fa ul ] ▼ nobu.nakada さん < [ruby-dev:22399]
22564 [nobu.nakada@] これだと、Windowsではシングルクォートが取り除かれなくてまずいこ
22652 [siena@fa ul ] すみません、見落としていました。
22655 [siena@fa ul ] ▼ siena < [ruby-dev:22652]
22656 [nobu.nakada@] これは、have_libraryで自動的に追加されるので、$libsに直接追加し
22657 [siena@fa ul ] はい。問題がなければそれで結構です。

IOError while building on Solaris with Sun cc
21778 [kuwa@la s. u] 本日昼頃のCVS版を、Solaris 8上で、Sunのコンパイラを使ってmakeすると、
21779 [matz@ru y- a] 手元にはSolaris 8もSunのコンパイラもありませんから、かなり厳
21781 [kuwa@la s. u] 1.8.0に、"[ruby-dev:21403] Building 1.8.0 on Solaris with Sun CC"のス
+ 21788 [matz@ru y- a] 2003-08-14に導入されたLogging::postponeが原因のようです。中
+ 21789 [matz@ru y- a] 分かりました。RubyがSolaris用のREAD_DATA_PENDING()を知らない
  21798 [kuwa@la s. u] 添付していただいたパッチでコンパイルでき、テストにも成功しました。
  21799 [matz@ru y- a] それはよかった。

Re: [ruby-cvs] ruby: * parse.y (logop): left may be NULL. [ruby-talk:84539]
21784 [eban@os ri .] この変更で mkmf.rb:982: [BUG] unknown node type 7 になって

Re: [BUG] system() isn't safe on win32
21786 [tietew-ml-ru] [Re: [BUG] system() isn't safe on win32]
21787 [matz@ru y- a] proc_spawn()の中でSafeStringValue()してるんで大丈夫ではない

ruby 1.8.1 preview1
21790 [matz@ru y- a] It's out.
+ 21791 [taca@ba k- t] 取り敢えず、NetBSD currentでの状況です。pkgsrc的なことは特にせず、ある
| + 21792 [shiger-a@ni ]   Cygwin 環境でも、まったく同様の現象が起こっています。
| + 21793 [matz@ru y- a] -Rについてはよくわからないんですよねえ。
| | 21810 [taca@ba k- t] 後でよく考えたら単純にファイルが抜けてたようですね。
| | 21812 [matz@ru y- a] いや、YAMLの問題はふたつあって、こっちのエラーはlong定数が32
| + 21796 [eban@os ri .] topdirは-Rの指定には入れないようにしました。
+ 21816 [JCA02266@ni ] 以下の警告が 1.8.1 から出なくなってます。
  21817 [matz@ru y- a] 元々1.8.0の間だけ警告という予定でしたから。
  21818 [akr@m1 n. rg] 警告といっしょに機能も消せということでは?
  21824 [JCA02266@ni ] そういうことですね。延長でもいいのですが。

ruby-1.8.1-preview2  での rb_iter_break
21794 [muraken2@ni ] ruby-1.8.0 では動作していた拡張ライブラリが ruby-1.8.1-preview2 では例
21800 [matz@ru y- a] これは仕様変更(というか、今まで偶然動いていた)ものです。
+ 21802 [muraken2@ni ] この方法では問題がありました.例えば
| 21807 [matz@ru y- a] rb_catch()を使う機会は滅多にないのでまちがえちゃいました。
| 21811 [muraken2@ni ] 期待通りの動作を得ることができました.ありがとうございます.
+ 21822 [aamine@lo er] では rb_iter_break() はどういう状況で使うのが正しい使いかたで
  21823 [matz@ru y- a] ですね。基本的にはenum.cでの使い方が「正しい使い方」です。
  + 21826 [aamine@lo er] なるほど、わかりました。ありがとうございます。
  + 21828 [nobu.nakada@] 1.7 featureの「値を返すbreak」をCから実行する関数は追加されない

lib/test/unit/ui/tk/testrunner.rb
21809 [zn@mb .n ft ] ...
21815 [nagai@ai ky ] test は使ってないので良し悪しがわかりません.
21858 [nobu.nakada@] 実行中にリサイズするとSEGVするようです。tcl-8.3.5です。
21859 [nagai@ai ky ] pthread が絡んでますねぇ...
21860 [nobu.nakada@] 実は最初それで試してたので、逆にそれを疑って外してみたのが先の
21861 [nagai@ai ky ] では,下記のパッチを tcltklib.c に当てた上で,
21862 [nobu.nakada@] 同じでした。
+ 21863 [usa@os .a t.] 例によってあてにならないmswin32版の話ですが、私の環境でも落ち
| 21892 [nagai@ai ky ] すみません.こちらの件を忘れてました.
| 21893 [usa@os .a t.] 現在は落ちなくなってます :)
| 21898 [nagai@ai ky ] ありがとうございました.
+ 21864 [nagai@ai ky ] ダメでしたか...
  21865 [nobu.nakada@] スタックトレースによると、tclからコールバックされた(?)ip_ruby()
  21866 [nagai@ai ky ] 遅くなりましたが,これではどうでしょうか?
  21867 [nobu.nakada@] 中田 伸悦
  21868 [nagai@ai ky ] どうやら本質は下記 patch の修正にあるようですね.
  21869 [matz@ru y- a] うーん、2かなあ。1も魅力的なんだが(面倒見るコードが減るから)。
  21873 [nobu.nakada@] どちらでも正常動作しました。
  21874 [nagai@ai ky ] ありがとうございます.
  21875 [nagai@ai ky ] ...と安心していましたが,自宅からネットワーク越しに

few seconds wait to exit when exception is raised in inspect
21813 [akr@m1 n. rg] % time bin/ruby -ve '
21814 [matz@ru y- a] 変と言えば変ですが、例外が発生して例外オブジェクトを作るとき

error message of Array.new(9,0){|x|x+1}
21819 [ggb03124@ni ] Array.new(9,0){|x|x+1}
21820 [matz@ru y- a] 具体的にはどんなメッセージが良いでしょうね。
21821 [ggb03124@ni ] [ruby-dev:21820] Re: error message of Array.new(9,0){|x|x+1} にて

pty on FreeBSD
21830 [matz@ru y- a] ruby-bugs PR#1211によればFreeBSDではptyが正しく動いていない
21836 [usa@os .a t.] ruby 1.8.1 (2003-11-05) [i386-netbsdelf] で、PR#1211と同じエ
+ 21838 [matz@ru y- a] そうか。では、FreeBSD上でのpty.soの問題なのですね。なにがい
| 21839 [usa@os .a t.] 追加情報。
| 21841 [matz@ru y- a] うむ、スレッドのコンテキストスイッチが行われていない感じです
| 21845 [usa@os .a t.] sleep 0.1 や p 0 の代わりに Thread.pass を入れてもダメでした。
+ 21870 [matz@ru y- a] knuさんの紹介でFreeBSDマシンをお借りしたのですが、以下の環境
  + 21871 [matz@ru y- a] そのようですね。4.8で再現しました。まだ詳細は分かっていませ
  + 21872 [don@na ri .o] 手元のFreeBSD 4.9-STABLE i386(昨日あたりにcvsupしてアップデートしたもの)

pthread trouble on tcltklib (Re: ruby-tk hangs when exception is raised)
21833 [nagai@ai ky ] tcltklib.c 側での対処をあきらめて,
21835 [nagai@ai ky ] テストしやすいように,configure --with-pthread-ext で
+ 21837 [matz@ru y- a] これならコミットしてもよいですよ。signal.cの実装はあまり私の
| 21840 [nagai@ai ky ] 前の tcltklib.c の修正をそのまま持ってきただけでしたから.(^_^;
+ 21900 [nobu.nakada@] この部分ですが、rb_thread_schedule()への再入だけではなく、別の
  21901 [nagai@ai ky ] ruby thread の切り替え作業が同時に行われなければいいのではないかと
  + 21903 [tietew-ml-ru] [[ruby-dev:21901] Re: pthread trouble on tcltklib]
  | + 21906 [tietew-ml-ru] [[ruby-dev:21903] Re: pthread trouble on tcltklib]
  | + 21907 [nagai@ai ky ] Windows での実装状況を知らないものでお尋ねします.
  |   + 21910 [tietew-ml-ru] [[ruby-dev:21907] Re: pthread trouble on tcltklib]
  |   | 21912 [nagai@ai ky ] 結局,「何らかの手段でシリアライズしてからどこか一カ所で実行しろ」
  |   | 21913 [nagai@ai ky ] Ruby 本体が native thread 対応になるまで,
  |   + 21918 [artonx@ya oo] Windowsの場合、各スレッド毎にメッセージキューを持てるので、機能を呼び出
  + 21905 [nobu.nakada@] pthreadごとに固有のスタックを持っているとすると、生成されたのと
    21908 [nagai@ai ky ] ということは,今回は tcltklib.c 側の修正の効果と合わせて
    21914 [nobu.nakada@] とりあえずはTietewさんの[ruby-dev:21906]でいいのではないかと思
    21915 [nagai@ai ky ] Ruby から利用する外部ライブラリが native thread 対応に
    21916 [nobu.nakada@] どうでしょうねぇ。対応が必要なのは、native threadからruby本体を
    21922 [nagai@ai ky ] え〜っと,誰が commit すべきなのかわかりませんでしたので
    + 21923 [nagai@ai ky ] まだダメでした.(;_;)
    | 21924 [nagai@ai ky ] ごめんなさい.
    + 21928 [nagai@ai ky ] これですが,私の方で commit してしまっても構いませんか?
    + 21929 [tietew-ml-ru] [[ruby-dev:21922] Re: pthread trouble on tcltklib]
      21930 [nobu.nakada@] WinCEだと、defined(_WIN32_WCE)かも。
      21931 [nagai@ai ky ] 変数初期化は習慣づけるようにしてるので,無いと気持ち悪くて.(^_^;
      + 21934 [nobu.nakada@] どうでしょう。スカラ型であることを前提にするのであれば、ヘッダ
      | 21937 [nagai@ai ky ] この位置に最初に突入した native thread を ruby の native thread と
      | 21952 [matz@ru y- a] OKです。
      | 21957 [nagai@ai ky ] 承知しました.
      | 21958 [tietew-ml-ru] [[ruby-dev:21957] Re: pthread trouble on tcltklib]
      | 21959 [nagai@ai ky ] 「せいぜい可能なのは即座にreturn」案にそってみましたが,
      | 21960 [tietew-ml-ru] [[ruby-dev:21959] Re: pthread trouble on tcltklib]
      | 21961 [nagai@ai ky ] わかりました.
      | + 21962 [tietew-ml-ru] [[ruby-dev:21961] Re: pthread trouble on tcltklib]
      | | 21963 [nagai@ai ky ] あ...確かにその通りです.
      | + 21975 [nagai@ai ky ] ruby_thid を static にし忘れていたことを除き,
      |   + 21977 [nagai@ai ky ] 次の patch のようにしておいた方が is_ruby_native_thread() を
      |   | 21978 [tietew-ml-ru] [[ruby-dev:21977] Re: pthread trouble on tcltklib]
      |   | 21979 [nagai@ai ky ] う〜む,そうですねぇ...
      |   | 21981 [tietew-ml-ru] [[ruby-dev:21979] Re: pthread trouble on tcltklib]
      |   | 21982 [nagai@ai ky ] あ,そうでしたか.
      |   + 21987 [eban@os ri .] #include <pthread.h>がないのはなぜでしょう?
      |     21988 [nagai@ai ky ] ごめんなさい.configure.in で pthread.h の存在をチェックして,
      |     21996 [eban@os ri .] OpenBSDでもokです。Cygwinもwarningが消えました。
      |     21997 [nagai@ai ky ] え〜っと,どうなんでしょう?(^_^;
      + 21935 [tietew-ml-ru] [[ruby-dev:21931] Re: pthread trouble on tcltklib]
        21936 [nobu.nakada@] pthreadなら大丈夫だと思うんですが、どっちかというとそれ以外の環
threads.html
top