21230-22124

20964-21677 subjects 21420-21976

[Oniguruma] Version 1.9.3
21230 [kosako@so ne] ftp.ruby-lang.orgに、onigd20030819.tar.gzを置きました。

SEGV
21237 [keiju@is it ] ruby 1.8.0 (2003-08-23) [i686-linux]
+ 21239 [matz@ru y- a] 再現スクリプトがないとデバッグできません。
| 21242 [keiju@is it ] 順番入れ替えて...
| 21244 [matz@ru y- a] なかださんがやってくださいましたね。これで様子を見てください
+ 21240 [nobu.nakada@] rb_nkf_putchar()の中でrb_str_cat()にNULLを渡しているのが問題だ
  + 21243 [keiju@is it ] 入れ替わりだったらしい...
  + 21245 [matz@ru y- a] 謎は残るんですが、うまくいっているようなのでコミットしてくだ
    21249 [keiju@is it ] 一応バグはバグなんですよね?
    21250 [matz@ru y- a] バグはバグです。ただ、なぜ今落ちるようになったのかとかは分か
    21254 [keiju@is it ] 現象の起きたスクリプトはmy killer programで毎日数回は実行するものです.
    21257 [nobu.nakada@] 最初にバッファを入力サイズ*3+10で取っているので、一般的な入力に
    21258 [keiju@is it ] なる. そうすると, よっぽど変な文字列を処理したんでしょうね(^^;;

cvsup
21246 [JCA02266@ni ] ruby を cvsup すると更新されてないファイルでもやたら、
21247 [JCA02266@ni ] を元に
21248 [JCA02266@ni ] こっち(cvs-src)でした(src-allだとCVSROOTがない)。もうダメダメですな。

Regexp#initialize  が $SAFE==4 で落ちる
21259 [zn@mb .n ft ] rb_warnでwarningを表示しようとしたところでSecurityErrorに
21262 [matz@ru y- a] 仕様ではないかと。
21264 [nobu.nakada@] rb_bug()でもrb_warn()を使っているので、abort()せずに例外になっ
21265 [matz@ru y- a] これだと$stderrを置き換える手が使えなくなりませんか?
21266 [nobu.nakada@] でも今のところ、http://mput.dip.jp:8080/mput/?date=20030826#p05
21267 [matz@ru y- a] require 'stringio'
21271 [nobu.nakada@] そういやそうでした。絶賛忘却中。
21273 [nobu.nakada@] rb_bug()は他のメソッドを呼ぶべきじゃないんじゃないかという気が
21274 [matz@ru y- a] それもそうですね。rb_bug()はRubyからは呼び出せませんしね。

yield, proc.call
21260 [m_seki@mv .b] 毎度毎度すみません。
21261 [m_seki@mv .b] かなりすみません。

[Oniguruma] char-class Bug
21263 [kkosako@so t] Guy Decouxからバグ指摘を直接頂きました。

Forward: [BUG] Incorrect TCPSocket errors
21268 [matz@ru y- a] この現象を確認できる人はいますか。
21269 [usa@os .a t.] 私にとっては既知で、実は既にパッチも用意してあったりします。
21270 [usa@os .a t.] 入れました。

Fwd: SEGV with net/http
21272 [aamine@lo er] net/http を使ってたら落ちた、というメールが来たのでとりあえず

net/imap ']'を含むメールボックスでエラー
21275 [usa@os .a t.] net/imap.rbを自宅の環境(Courier-IMAP 1.4.2)で使ってみようとし
21286 [shugo@ru y- ] RFC2060 -> RFC3501 で若干変更があったようですね。
21287 [usa@os .a t.] ぐわ、見間違えてました。

cvs server: disk full?
21276 [tetsu@jp .h ] 今朝 8/28 8:30 ころ cvs update しましたら

multiple assignment
21277 [JCA02266@ni ] 多重代入の挙動を調べていました。2003-08-28 の変更で return
21278 [matz@ru y- a] returnの挙動がおかしくなったというよりも、他の挙動が揃ったこ
21279 [JCA02266@ni ] なるほど。納得しました。

スレッド内の例外でRuby停止
21280 [dan@xa .s -n] 次々に申し訳ありません。
21282 [nobu.nakada@] Killというのは、SIGINTでしょうか。
21283 [dan@xa .s -n] Patchありがとうございます。
21284 [matz@ru y- a] じゃあコミットしてください。> なかださん。
21290 [dan@xa .s -n] 大変申し訳ありません、
21291 [nobu.nakada@] [ruby-dev:21280]の原因は、$stderr.writeが終了したスレッドで実行
21298 [dan@xa .s -n] Patchありがとうございます。
21300 [matz@ru y- a] それは良かった。実はあのパッチがどんな変更をしているのか十分
21302 [nobu.nakada@] error_print()がstderr直接から$stderr経由で出力するようになった

大量メモリ消費攻撃に対する対応
21281 [nagai@ai ky ] 某所で少し話したりもしたのでご存知の方もいると思いますが,
21285 [matz@ru y- a] メモリ消費攻撃については以下のように考えました。
21288 [nagai@ai ky ] 毎度毎度,妙なところばかりを突っついてすみません.
+ 21289 [nagai@ai ky ] 上の状態でメインスレッドはメモリ制約なしに動いてますから,
+ 21306 [matz@ru y- a] $SAFE=3というのは「$SAFE=4にいたる中間の状態」程度の意味で実
  + 21308 [m_seki@mv .b] だいぶ前ですが、dRubyのプロセス内スレッド通信版といった感じの、
  | 21310 [nagai@ai ky ] これ,ソースがあれば見せていただいてもいいですか?
  | 21313 [m_seki@mv .b] サイトのリニューアルで見失ってしまいましたが、googleで見つけました。
  | 21316 [nagai@ai ky ] ありがとうございます.見てみます.
  + 21309 [nagai@ai ky ] 私が $SAFE を十分に理解していないことによる間違いがありましたら
    21311 [matz@ru y- a] 確かにそのとおりです。
    21315 [nagai@ai ky ] そうですね.確かにこの問題はあります.
    21317 [matz@ru y- a] でしょう?
    + 21318 [nagai@ai ky ] 呆けてました.確かにその通りです.
    + 21319 [nagai@ai ky ] あまり理解できていない気がしますが,load 'hogehoge', true をベースに
      21322 [matz@ru y- a] 全然無茶だとは思いませんが、永井さんの

parsedate.rb and time.rb
21292 [tadf@rc .s -] parsedate に、年/月、という形式を解釈させることは、想定されていません
21293 [akr@m1 n. rg] 複数の基準の存在は理解のコストを上げるわりに、この件ではそうしたとして
21294 [tadf@rc .s -] では、time.rb にある使用例とテストコード部分の差し替え、削除もこっちで

volatile pointer/variable
21295 [nobu.nakada@] しばらく前の変更でrb_thread_start_0()のsaved_blockがvolatileへ

test and sample directory
21296 [nakahiro@sa ] □test directory
21297 [matz@ru y- a] 賛成です。
21299 [nakahiro@sa ] csvのように小さなライブラリは、今後もテストケースが分割しそうにないので、
+ 21301 [nobu.nakada@] 最有力の「お風呂で鼻血説」が抜けているのは、レジデント・オブ・
+ 21307 [nakahiro@sa ] 意見がなければ今晩あたりに掘ってしまいます。

[PATCH] return from proc-called block
21303 [nobu.nakada@] こんなところでしょうか。
21304 [matz@ru y- a] 私はこうしてみました。
21305 [nobu.nakada@] そっちのがいいですね。

Forward: [PATCH] RE: BigDecimal Bugs
21312 [matz@ru y- a] こんなパッチが来てます。もともとのレポートは[ruby-talk:80899]。
21320 [shigeo@ti yf] Forward ありがとうございます。

[BigDecimal] [BUG]  Segmentation fault
21314 [shiba@ma l2 ] 下のようにした時に、[BUG] が出ます。とりあえずレポートのみという事で。
21321 [shigeo@ti yf] 報告ありがとうございます。
21323 [shiba@ma l2 ] あれ、最新で試したのですが。
+ 21324 [shigeo@ti yf] かなりのメモリーを消費するので、環境に依存するかも
+ 21345 [shigeo@ti yf] こちらでも、再現できました。

illegal member in %w array
21325 [kkosako@so t] %w配列で、継続行の先頭が空白のときに
21326 [nobu.nakada@] これは継続行として扱うべきなんでしょうか。それともエスケープさ
21327 [adzumi@de pa] 私は一行が長くなることを嫌ってよく \ で改行するので、継続行として
21328 [adzumi@de pa] …って、行末に \ は必要ないんでしたっけ。
21329 [nobu.nakada@] %wや%Wには要りません。改行も空白の一種としか見ませんから。
21334 [kkosako@so t] なんとなくですが、継続行が良いと思います。
21335 [matz@ru y- a] 理由は?
21337 [kkosako@so t] %wの中で、空白がエスケープの対象になっていること自体を
+ 21339 [matz@ru y- a] じゃあ、そのように。
| 21340 [tietew-ml-ru] [[ruby-dev:21339] Re: illegal member in %w array]
| 21341 [matz@ru y- a] あ、後者ってのは「改行の前の\に特別な意味を持たせない」とい
| 21342 [nobu.nakada@] じゃこんなとこですしょうか。
| 21343 [matz@ru y- a] 良さそうですね。コミットしてください。
| 21344 [nobu.nakada@] そうなってます。
+ 21349 [JCA02266@ni ] これに関してマニュアルでは、(ヒアドキュメントの項)
  21350 [matz@ru y- a] \\nについて''もヒアドキュメントに合わせようという話なんで、
  21351 [JCA02266@ni ] ちょうど今、コンパイルして確認してみました。そのようですね。
  21352 [matz@ru y- a] あいや、まったく。細部にまで目が行き届いていないということで
  21354 [JCA02266@ni ] ruby って使いやすさのためにある程度の一貫性は無視してバランスを
  21357 [kkosako@so t] なるほど。
  21358 [JCA02266@ni ] 私はどっちもどっちだと思います。だからこそわざわざ変更する必
  21362 [kkosako@so t] 私もそれほど大きな差はないと思います。

eval and trace back
21330 [horinout@ku ] eval を用いてメソッドを定義すると、その中で例外が上がるた場合、
+ 21331 [nobu.nakada@] eval <<-EOS, nil, __FILE__, __LINE__+1
| 21333 [horinout@ku ] そうだったのですか。有難うございました。
+ 21332 [tietew-ml-ru] [[ruby-dev:21330] eval and trace back]

temporary directory
21336 [nobu.nakada@] 一時ファイルを使うときにはTempfileがありますが、時々一時ディレ

$SAFE=4 での autoload
21338 [nagai@ai ky ] $SAFE=4 では autoload を一切禁止しているのはなぜでしょうか.
21346 [nobu.nakada@] そうすると、requireはautoloadを呼び出したときの$SAFEで実行すべ
+ 21347 [matz@ru y- a] 以前、requireは$SAFE=1で実行すれば良いのだと思ったことを記憶
| 21355 [nagai@ai ky ] tk.rb の中で autoload :TkEntry, 'tkentry' となってますので
| 21360 [matz@ru y- a] 意図してないですね。修正しなくちゃ。
+ 21359 [nagai@ai ky ] autoload を呼んで対応付けをしたときの $SAFE とすべきではないかと
  + 21361 [matz@ru y- a] まずくないです。autoloadでもrequreと同様に実行前に$SAFEを0に
  | 21363 [nobu.nakada@] 0? autoloadを呼んだときの$SAFE?
  | 21364 [matz@ru y- a] えーと、loadそのものは0でいいはずです。
  | + 21367 [nagai@ai ky ] これ↑に対し,
  | | 21370 [matz@ru y- a] ええと、すいません。後の方は$SAFE=0の打ち間違いです。
  | + 21375 [nobu.nakada@] autoloadの間に、二回$SAFEが変わるということですね。
  | + 21377 [nobu.nakada@] pathのチェックはautoload時点の$SAFEになっていないようです。
  |   21378 [matz@ru y- a] 今はそうですね。直してくださるならありがたいです。
  |   21379 [nobu.nakada@] [ruby-dev:21375]を最新に合わせてみました。
  |   21380 [nagai@ai ky ] 適用すると,
  |   21381 [nobu.nakada@] すいません、余計なものが。
  |   21382 [nagai@ai ky ] ありがとうございます.
  + 21366 [nobu.nakada@] 確かにそのほうがメッセージとしては見栄えがいいんですが、intern
    21368 [nagai@ai ky ] なるほど.納得できます.
    21371 [matz@ru y- a] なんとかします。

ext/**/.cvsignore
21348 [zn@mb .n ft ] ext/**/.cvsignoreは

local jump test
21353 [nobu.nakada@] test/ruby/test_iterator.rb:test_ljumpのエラーにもならずに終了し
21365 [matz@ru y- a] これでうまくいくようならコミットしてください。

test/ruby/* (was Re: local jump test)
21356 [nakahiro@sa ] 昨晩そそのかされて(?)、sample/test.rbをTest::Unit化して

ext/openssl on mswin32
21369 [tietew-ml-ru] ruby-win32 からのリポストです。
21372 [gotoyuzo@no ] うぅ。どっちがいいんしょうねえ。
21373 [usa@os .a t.] 通りました。お願いします。
21374 [usa@os .a t.] と思ったら、間違えて私がcommitしてしまいました。

九月前半のレッスンについて
21376 [redmagic@s8 ] まず連絡が大変遅くなりましたことをお詫びします.百瀬が大変忙しく,連絡が十分に取れないためであると,ご理解いただきたいと思います.

devel/logger
21383 [nakahiro@sa ] soap4rを1.8のCVSに放り込む前に、devel/loggerについてです。
21397 [nakahiro@sa ] 先ほどlib/logger.rbとして追加しました。

LocalJumpError -> ThreadError
21384 [m_seki@mv .b] 数日前からCVS版のruby-1.8でdRubyのユニットテストが通らなくなりました。
21385 [matz@ru y- a] もともとThread内部でのreturnにはThreadErrorをあげていたはず
21386 [m_seki@mv .b] 後者(return)はまだ準備できていませんが、前者(break)はdrbのrunit/test_drb.rbです。
21388 [matz@ru y- a] 今朝調べてみたら、純正1.8.0ではbreakでは例外をあげていません
+ 21389 [m_seki@mv .b] だいたい通るようになったのですが、値つきのbreakのテストがNGでした。
| 21391 [matz@ru y- a] なってますね。以下のパッチをどうぞ。
| 21392 [m_seki@mv .b] ありがとうございます。
| 21393 [matz@ru y- a] 以下のパッチでどうでしょう。
| 21398 [m_seki@mv .b] うーん。SEGVは発生しなくなりましたが、
| 21399 [matz@ru y- a] んじゃ、これでどうでしょう?
| 21402 [m_seki@mv .b] おお。うまくいきました!
+ 21390 [m_seki@mv .b] returnの方ですが、dRubyの中で、スレッドに渡したブロックからの脱出に

[Oniguruma] Version 1.9.4
21387 [kkosako@so t] ftp.ruby-lang.orgに、onigd20030917.tar.gzを置きました。

Per-Thread stdout  が欲しい
21394 [tietew-ml-ru] 表題の通りなんですが,現状プロセスグローバルな $std{in,out,err}
+ 21396 [matz@ru y- a] うーん、$stdinなどについて検討が必要なのは認めるんですが、ど
+ 21401 [zn@mb .n ft ] グローバル変数なのでtrace_varを使えばrubyレベルで

[patch] test/fileutiles/test_nowrite.rb for windows
21395 [usa@os .a t.] mswin32版でtest/runner.rbを実行するとEとFがいっぱいで悲しいの
21417 [aamine@lo er] すみません、完璧に忘れてました。

FLOSS-JP:オープンソース/フリーソフトウェア開発者アンケート調査御協力のお願い
21400 [matz@ru y- a] MRIの比屋根さんから依頼されました。

Building 1.8.0 on Solaris with Sun CC
21403 [masa@ir is s] Sun CC でコンパイルが通らないという [ruby-core:1547] ですけど、以下の
21405 [kuwa@la s. u] <m3wuc1gili.wl@dhcp-208-175.mtk.nao.ac.jp>で、
21407 [nobu.nakada@] 要するにasm volatileはgccのみということでしょうか。
+ 21408 [matz@ru y- a] コミットしてください。
+ 21409 [kuwa@la s. u] <200309251300.h8PD0A2s015632@sharui.nakada.kanuma.tochigi.jp>で、
  21410 [nobu.nakada@] どうせレジスタは指定してないし、: :ごと取ってしまいますか。
  + 21411 [nobu.nakada@] これはCVS headではチェックしているような気がして来ました。
  | 21412 [kuwa@la s. u] <200309260538.h8Q5c7IA005357@sharui.nakada.kanuma.tochigi.jp>で、
  + 21413 [kuwa@la s. u] <200309260421.h8Q4LKGx003789@sharui.nakada.kanuma.tochigi.jp>で、

defined?(super) from module
21406 [nobu.nakada@] moduleのメソッド内で、defined?(super)と実際にsuperが呼べるかが
21451 [nobu.nakada@] last_class()という名前はうまくないと思ってたんですが、
21588 [matz@ru y- a] ずいぶん遅くなりましたが。

deferred finalizers
21414 [nobu.nakada@] bisonを使っている、つまり!ruby_parser_stack_on_heap()の場合、パー
21453 [nobu.nakada@] これだけだと、deferred_final_listのオブジェクトが解放されてませ
21454 [matz@ru y- a] えーと、finalizersが実行されるならタイミングはいつでもいいん
21457 [nobu.nakada@] 実行はされます。だからバグではありませんが、解放されずに残って
21460 [matz@ru y- a] まあ、そうなんですけど。ruby.cに明示的にfinalizerを呼ぶコー

定数のスコープ
21415 [akira@ar ka ] Ruby 1.8で以下のような動作をします。
21450 [nobu.nakada@] rb_load()のPUSH_CREF()が一つ余分なような気が。
21452 [matz@ru y- a] あ、そうかも。コミットしてください。
21458 [akr@m1 n. rg] これが原因かどうかは良く分かっていませんが、
21462 [matz@ru y- a] これは原因ではありませんでしたが、バグでした。
+ 21464 [nobu.nakada@] 直ってないようです。
| 21467 [matz@ru y- a] あれ? 直したと思ったのに。幻を見たかな。
+ 21468 [akr@m1 n. rg] 発見したきっかけとなったのは xtemplate の動作不良で、これはたしかに報

warnの戻り値
21416 [usa@os .a t.] -W0のとき、warnが不定値を返します。
21423 [matz@ru y- a] 確かにそうですよね。
21446 [nobu.nakada@] warnの戻り値って使いますかね。個人的にはどっちでも困らないよう
21455 [usa@os .a t.] 使わないと思いますが、ひょっとしたら世界のどこかにはwarnの戻
21456 [nakahiro@sa ] 意図せずに使ってるようなのは、早めに間違いに気付いたほうがいい、
21459 [matz@ru y- a] それはつまりwarnもnilを返せと?
21461 [nakahiro@sa ] はい。常にnil、に一票です。
21463 [zn@mb .n ft ] 困った人がいたら説得してもらえばいいと言うことで

copy_object
21418 [JCA02266@ni ] 1.7の頃の名残で copy_object という名前のメソッドが残っていました。
21421 [matz@ru y- a] ありがとうございます。とりこみます。

Makefile.inのlex.c
21419 [zn@mb .n ft ] ...
21422 [matz@ru y- a] 「とまってしまった」のがどうとまったのかわからないのですが、
+ 21424 [taca@ba k- t] 具体的に、どのような手順でmakeされたのでしょうか。
+ 21425 [eban@os ri .] デフォルトではgperfがインストールされてないからエラーになる
  + 21426 [taca@ba k- t] 4.4BSD由来のMakefileでは、
  + 21427 [matz@ru y- a] むむむ、そうなのね。だとしても[ruby-dev:21419]の対応は望まし
    21433 [eban@os ri .] 考えてみるとこれはparse.yとparse.cの関係と同じですよね。
    21437 [eban@os ri .] win32/Makefile.subもlex.c: keywordsがないですし、これが一番
    + 21438 [matz@ru y- a] ああ、ようやっと理解しました(にぶすぎ)。
    | 21440 [eban@os ri .] これだとまつもとさんが別のディレクトリでビルドするとまずいですね。
    | + 21441 [matz@ru y- a] きっとうそんなことしないから、いいや。
    | + 22123 [nobu.nakada@] とりあえずgperfを試してみてダメならコピー、ではどうでしょうか。
    |   22124 [matz@ru y- a] んじゃそれで。実質的な差は起きないでしょうけど。
    + 21443 [zn@mb .n ft ] 一度makeが止まっただけで、そのままビルドディレクトリに0バイトの
      21447 [eban@os ri .] gcc 2.95.3ではエラーになりませんが、gcc 3ではカレントのlex.c
threads.html
top