18074-18555

17882-18677 subjects 18292-18727

source file name at -r option
18074 [nobu.nakada@] ruby-bugs:PR#372を調べてて気づいたんですが、require_libraries()
+ 18086 [matz@ru y- a] パッチ当ててくださいませ。
+ 18352 [nobu.nakada@] これは、-rが複数あるときを考えてないというのは明らかなバグなん
  18353 [matz@ru y- a] コミットしてください。で、call_trace_funcの中で

Win32 signal, process etc
18076 [nobu.nakada@] win32/win32.c:kill()でSIGINTとSIGKILLだけ処理していますが、
18079 [usa@os .a t.] '[ruby-dev:18076] Win32 signal, process etc'
+ 18080 [nobu.nakada@] そっちのほうがいいかも知れません。
| 18081 [usa@os .a t.] '[ruby-dev:18080] Re: Win32 signal, process etc'
| 18083 [nobu.nakada@] それはどちらかというと、SetStdHandleが該当するのでは。その後で
+ 18093 [nobu.nakada@] wincon.hを見てみたら、CTRL_*_EVENTというのが他にもあるようなの
  18094 [usa@os .a t.] '[ruby-dev:18093] Re: Win32 signal, process etc'
  18095 [nobu.nakada@] そもそもCtrl+Breakって何するもんなんでしょうか。試しにやってみ
  + 18096 [usa@os .a t.] '[ruby-dev:18095] Re: Win32 signal, process etc'
  | 18117 [nobu.nakada@] SIGINT, SIGTERM, SIGKILL, SIGHUPあたりがあれば充分でしょうか。
  + 18115 [masaki.suket] 関係あるかどうかわかりませんが、Excelなどのマクロの実行中に
    18116 [nobu.nakada@] ひょっとして、コピーに取られてしまったCtrl+Cの代わりですか。て

load/require from current directory
18077 [aamine@mx ed] $: を空にしても load/require でカレントディレクトリから
18078 [aamine@mx ed] あおきです。一部訂正。
18085 [matz@ru y- a] 修正します。

IO.read returns nil with empty file
18087 [akr@m1 n. rg] ふと、空ファイルに対して IO.read を使って nil が返ってきて驚きました。
18088 [matz@ru y- a] なんか理由があったような気がしますが、ログを調べてみないと。
+ 18089 [eban@os ri .] % touch zero
+ 18090 [akr@m1 n. rg] うぅむ。仕様じゃなくて単なるバグだったのか... な?
| 18091 [matz@ru y- a] そうみたいですね。私、情報管理能力ゼロなので。
+ 18092 [eban@os ri .] そういえば原先生のrequestはEOFだったらnilを返すだったような。

StringValuePtr() instead of StringValue() and RSTRING()->ptr
18097 [nobu.nakada@] StringValuePtr()を使わずにStringValue()とRSTRING()->ptrを使って
+ 18099 [ttate@kt ja ] パッチをもらった部分は現在のままではまずいですね.修正します.
+ 18102 [matz@ru y- a] けっこうありますね。コミットしてくださいませんか。Win32APIに

.SUFFIXES in mkmf.rb
18098 [nobu.nakada@] GNU makeでは不要ですがむしろそっちが拡張されてるだけで、nmakeに

autoload patch for ruby-1.7
18103 [okuji@en ug ] ...
18132 [aamine@mx ed] 惜しいのですが、このパッチでは不十分なんです。
+ 18138 [nobu.nakada@] ...
+ 18139 [okuji@en ug ] なるほど。試してみると、おっしゃる通り、相当速くなりますね! よく事情が
  + 18140 [nobu.nakada@] 訂正。モジュールとシンボルの配列でした。
  | 18146 [okuji@en ug ] すいません。ここは私の書き方が良くなかったです。定数の場合は確かに
  | 18181 [nobu.nakada@] load中のファイルからautoloadされる定数を未定義とみなすようにし
  | 18184 [okuji@en ug ] ありがとうございます。非常に良好な動作で、make testはパッチを当てる前
  | 18185 [matz@ru y- a] で、これをどうすべきか。
  + 18145 [aamine@mx ed] ライセンス的には問題ないと思います。ただ、なにかのはずみで
    18148 [matz@ru y- a] これならコミットしてもよいですよ。ただ、論理は逆の方が好みだ
    18149 [aamine@mx ed] ではそのセンで。1.6 にも入れていいですか?
    18154 [matz@ru y- a] どうぞ。
    18156 [nobu.nakada@] たぶんparse中はrb_gc_mark_maybe(yylval.val)も必要です。
    18163 [aamine@mx ed] うわー、そう言われればその通りです。とりあえずパッチ添付。
    + 18164 [nobu.nakada@] 逆にNODEもVALUEなので、NODEを正しくマークできるならStringでもOK
    | 18166 [aamine@mx ed] あ、すみません。話を混ぜてしまったのですが、これは malloc で
    | 18195 [nobu.nakada@] うーん、そうかも知れません。
    + 18196 [aamine@mx ed] 確率は少ないですが万が一これで SEGV すると嫌なので
      18199 [matz@ru y- a] まずくはないでしょう。intern.hにも入れておきますか。
      18201 [aamine@mx ed] あ、すでに入れてあります。二度目なんで省略しただけで。
      18204 [aamine@mx ed] VALUE->NODE* のパッチを入れるついでに parse.y のグローバル変数を
      18205 [nobu.nakada@] rb_eval_treeとrb_eval_tree_beginはeval.cでrb_global_variable()
      18214 [aamine@mx ed] まずりました。第一 ruby_eval_tree はパース中だけマークするんじゃ

Shim with VC++5
18104 [usa@os .a t.] CVSにあるShimをVC++5でmakeしようとしたところ、いくつか問題に
18105 [nobu.nakada@] これはCONFIG["LIBS"]もリンクするようにしたほうがいいんじゃない
18106 [usa@os .a t.] おっしゃる通りかも(理解し切れてるかどうか自信なし)。
18107 [nobu.nakada@] ちょっとLIBSとDLDLIBSの使い分けに自信がありませんが、DLDLIBSに
18108 [usa@os .a t.] 毎回出て、なかなか手をつけられない話題ですねぇ。
18110 [eban@os ri .] 構造体のmemberの確認とか定数がdefineされてるかどうかとかが多
18162 [nobu.nakada@] try_compileと、ついでに.SUFFIXESも追加してみました。
18188 [eban@os ri .] egrep_cppを使う必要がないext/socket/extconf.rbはtry_cppで済
18206 [nobu.nakada@] Stringのときには今まで通り外部のegrepを使うということですか。
+ 18207 [nobu.nakada@] と思ったらローカルリポジトリにコミットしてる罠。
+ 18209 [eban@os ri .] そうです。egrepとrubyの正規表現の違いを気にしてもあまり意味
  18346 [nobu.nakada@] CPPOUTFILEはconfigure.inも絡むのでとりあえず置いといて、
  18350 [matz@ru y- a] どうぞ。

mkmf.rb and extmk.rb
18109 [eban@os ri .] mkmf.rbとextmk.rbの話題が出たので、とりあえず問題点を。
18157 [matz@ru y- a] ずっとやりたいなと思ってはいるのですが、手が回りません。もし
18159 [eban@os ri .] 昨日の日記にも書きましたが、
+ 18160 [matz@ru y- a] 1.7にコミットしてみませんか?
| 18161 [eban@os ri .] じゃ、します。extmk.rb.inからextmk.rbを作るのは単なるコピー
| 18167 [ryoh@ja st a] 以下の変更も必要だと思います.
| 18173 [eban@os ri .] 追加するのは簡単なんですが、
| 18174 [ryoh@ja st a] すみません, 説明不足でした.
| 18175 [eban@os ri .] そもそもext/extmk.rb.inのcreate_makefileではMAKEDIRSも
| 18176 [ryoh@ja st a] ext/extmk.rb.in:create_makefile は install_rb を呼んでいて, install_rb
| 18177 [eban@os ri .] なるほど。なぜこちらで再現しないのかと思ったら、ビルドディレ
| 18179 [tetsu@jp .h ] lib/mkmf.rb のログファイルとして
| 18180 [eban@os ri .] すみません。commitしました。
| + 18182 [tetsu@jp .h ] いえいえ、いつもありがとうございます。
| + 18191 [eban@os ri .] ext/extmk.logと1個のファイルになってると非常にわかりにくいので、
|   18192 [matz@ru y- a] もはやこうなってはextmk.rb.inの意味はないでしょう。ビルド環
|   18226 [eban@os ri .] というわけで、ext/extmk.rb.inをremoveしてext/extmk.rbをaddし
+ 18539 [nobu.nakada@] ...
  18541 [eban@os ri .] mkconfig.rbへの変更が入ってないようです(Config::expand)。
  + 18543 [matz@ru y- a] んじゃ、どうぞ。
  + 18544 [nobu.nakada@] すいません、忘れました。
    18552 [usa@os .a t.] ext/extmk.rbのextmake内の、
    18553 [nobu.nakada@] mkmf.logとか*.pdb、*.tdsのように途中で作ったファイルを最後に消
    18555 [eban@os ri .] Makefileがあると2回目以降はチェックとかしなくなるので、

ar on freebsd/alpha
18111 [aamine@mx ed] CVS 最新が alpha-ev5/freebsd4.4 でコンパイルに失敗しました。
18112 [eban@os ri .] もう直ってるはずなんですけど…。
18113 [aamine@mx ed] うう、すみません。どうやら CVS のワーキングコピーが壊れていた

Object#become
18114 [JCA02266@ni ] become をリファレンスに書きました。
18118 [matz@ru y- a] いいえ、T_OBJECTでない場合はCLONESETUPの中でコピーされていま
+ 18119 [JCA02266@ni ] これは、clone の話ですかね? become に関して言えば、
| + 18122 [nobu.nakada@] たぶんrb_mod_clone()とrb_mod_dup()も、becomeで置き換えるべきな
| | 18143 [nobu.nakada@] ここ間違い、moduleとorigが逆でした。
| + 18147 [matz@ru y- a] becomeってのは「システムが知らない個別のクラスごとにオブジェ
+ 18124 [akr@m1 n. rg] ふと思ったのですが、Class#dup が
  18144 [matz@ru y- a] 仕様のつもりです。他のオブジェクトと違いクラスにとっては

Regexp.last_match
18151 [llama@u0 .g ] ruby-1.7.3 2002-08-30 からなのですが、
18152 [nobu.nakada@] すいません、今コミットしました。
18155 [llama@u0 .g ] いえいえ、対応、いつもいつもありがとうございます。

md5
18165 [masaki.suket] 既に指摘が出ているかも知れませんが
18172 [matz@ru y- a] 直しておきます。

md5 and rb_cvar_declare()
18168 [llama@u0 .g ] md5 を使用すると次のエラーになります。
18169 [llama@u0 .g ] 朝 8 時じゃわかりませんね。
18171 [llama@u0 .g ] Init_digest

[req] Marshal
18186 [keiju@ra io ] この件も, 先週松本さんと直接話をしたものですが... きっと, 忘れているに
18190 [matz@ru y- a] 忘れてるっていうか、この間の「特異クラスをダンプ/リストアす
18224 [JCA02266@ni ] 変化したようですね。確認ですが、フォーマットのバージョンを上
18228 [matz@ru y- a] いや、(マイナーを上げる)この機会にもういくつか一緒に変更しよ
+ 18286 [JCA02266@ni ] せっかくのチャンス(?)ですものね(^^ ですが、そろそろ
| 18287 [matz@ru y- a] 上げときます。
+ 18291 [akr@m1 n. rg] そういえば、Time のインスタンス変数が保存されないのは意図的なんですか?
  18303 [matz@ru y- a] いいえ、ruby-bugs-ja PR#334同様TYPE_USERDEFへの対応を見落と
  18304 [akr@m1 n. rg] えーと、これは TYPE_USERDEF でもインスタンス変数が(_dump の返り値とは
  18305 [matz@ru y- a] そうです。
  + 18307 [akr@m1 n. rg] なるほど。個人的には _dump/_load は使っていないのでまったく影響はなく、
  | 18308 [matz@ru y- a] 「口元がゆがむ」というのはどういう感情を反映したものかなかな
  | 18309 [akr@m1 n. rg] まぁ、やってみればわかるんじゃないでしょうか。たぶん。
  + 18312 [akr@m1 n. rg] すこし眠ったら何かよさそうなやりかたを見つけたような気分になったので、

[PATCH] "puts str.rstrip.gsub" causes SEGV
18194 [aamine@mx ed] 以下のプログラムでSEGVします。
18198 [matz@ru y- a] StringValuePtr()を使っても問題は解決しないと思います。このま
18202 [aamine@mx ed] 入れました。

VALUEs in yacc stack (Re: autoload patch for ruby-1.7)
18197 [aamine@mx ed] Subject変え & スレッド切ります。
18200 [matz@ru y- a] んじゃ、そういうことで。%unionからもVALUE val;をのぞいた方が
18203 [aamine@mx ed] ciしました。1.6 はちょっと数が多いな……。

Re: [ruby-list:35875] Unsecure world writeabledir の警告
18208 [usa@os .a t.] ruby-listから移ってきました。
18210 [eban@os ri .] (3)がいいのかなあ。
18212 [usa@os .a t.] '[ruby-dev:18210] Re: [ruby-list:35875] Unsecure world writeabledir の警告'
18221 [eban@os ri .] 微妙ですね。
+ 18222 [usa@os .a t.] '[ruby-dev:18221] Re: [ruby-list:35875] Unsecure world writeabledir の警告'
+ 18227 [don@na ri .o] 私が X68k でコンパイルに使っているライブラリでは以下の様になって

Re: [ruby-cvs] rough/ext/stringio: * ruby-stringio.spec: 0.0.7, added changelog.
18229 [usa@os .a t.] コンパイルが通らないのですが、こう?
18230 [nobu.nakada@] すいません。結局1.7と合わせましたが、最後のtypoは3秒差で負けま
18231 [usa@os .a t.] 試しにやってみたら、commitできてしまいましたので。
18232 [nobu.nakada@] いえ。見事なタイミングでした。
18233 [usa@os .a t.] 考え方としてはこれでいい気がするのですが、やっぱりうまくいっ
18234 [eban@os ri .] 1.6のmkmf.rbはもう触りたくないなあ。
+ 18235 [eban@os ri .] と思ったけど、そうか、それが失敗したときに
| 18237 [nobu.nakada@] あ、VCだとmemchr()はインラインだからポインタが取れないとか?
| + 18239 [usa@os .a t.] いえ、これは成功してます。
| + 18240 [eban@os ri .] いや、そこをインライン展開するコンパイラはないと思います。
+ 18236 [usa@os .a t.] 1.6のrubyがまずいことがわかってしまいました。私のせいです。
  18238 [eban@os ri .] 日記読んでないと話が通じにくいんですが、
  18241 [usa@os .a t.] そうです。はしょっちゃってすみません。
  18242 [nobu.nakada@] 4では/libpathは使えなかったので環境変数を使ってましたが、もうはっ
  + 18243 [eban@os ri .] bcc32は-Lが使えるようなので、環境変数LIBを使う必要はもうなさ
  + 18244 [usa@os .a t.] '[ruby-dev:18242] Re: [ruby-cvs] rough/ext/stringio: * ruby-stringio.spec: 0.0.7, added changelog.'
    18245 [usa@os .a t.] '[ruby-dev:18244] Re: [ruby-cvs] rough/ext/stringio: * ruby-stringio.spec: 0.0.7, added changelog.'
    18276 [eban@os ri .] memchr()はmemchrなので見つかりますが、snvprintfとか
    18277 [usa@os .a t.] '[ruby-dev:18276] Re: [ruby-cvs] rough/ext/stringio: * ruby-stringio.spec: 0.0.7, added changelog.'
    18280 [eban@os ri .] はい、そうです。
    18281 [usa@os .a t.] '[ruby-dev:18280] Re: [ruby-cvs] rough/ext/stringio: * ruby-stringio.spec: 0.0.7, added changelog.'
    18282 [eban@os ri .] (1)と(3)は同じケースと考えてました。

Re: missing/vsnprintf.c: printf("%+f", -0.0)
18246 [eban@os ri .] 英語だと面倒なので、ruby-devへ持ってきました。
18247 [gotoken@no w] テストしたわけではないので、printf("%+f", -0.0) *seems to
18248 [matz@ru y- a] そうそう。Rubyがvsnprintf, snprintfしている範囲内では浮動小
18249 [eban@os ri .] 3時間程前にメール書いたんだけど、どこへ行っちゃったんだろう?
+ 18250 [tetsu@jp .h ] HP-UX も、いまは存在しています。
+ 18253 [gotoken@no w] ああほんとだ。mswin32 な Ruby では + になりました。

mswin32: EINVAL on Process.kill
18262 [aamine@mx ed] VC++6.0、Windows Me で CVS 最新をコンパイルしたところ、
18263 [usa@os .a t.] [ruby-dev:18076]の副作用だと思います。
18264 [usa@os .a t.] これでどうでしょう?>あおきさん
18265 [aamine@mx ed] どうもありがとうございます。ばっちりでした。
18267 [usa@os .a t.] たまたま、今日は暇だっただけで、普段は他の皆様にはかないませ

thread failure after trap
18266 [nobu.nakada@] [ruby-talk:40337]と[ruby-core:00019]の、trapでthreadがブロック
18269 [matz@ru y- a] どうしようかなあ、と思っていたところです。まあ、悪い影響があ
18272 [nobu.nakada@] socketを忘れてました。たぶん、こんなところではないかと。
18273 [nobu.nakada@] 訂正。二度目のEMFILE, ENFILEのときにrb_io_wait_readable()はまず

$0 handling on DOSISH
18274 [usa@os .a t.] 昔のruby-devを読み返していて、小松さんが投稿された
18358 [nobu.nakada@] ruby.cでは既にruby_init_loadpath()のところでCharNext()を使って
18359 [don@na ri .o] はい。DJGPPと同じ対処をしていただければと思います。CharNextも
18362 [nobu.nakada@] たぶんOS/2 EMXもmblen()を使ったほうがいいような気がするので
18363 [usa@os .a t.] いいと思うのですが、replace_slash()という名前は、なんとなく、
18364 [nobu.nakada@] その後気が変わってこうしてみたんですが、どうでしょうか。
+ 18366 [usa@os .a t.] 私はそれでいいと思います。
| 18367 [nobu.nakada@] mswin32, human68kはOK、あとはmingw32, bccwin32, djgpp, emxかな?
| 18369 [eban@os ri .] mingw32はmswin32と基本的に同じ。
| 18451 [nobu.nakada@] これも忘れるところでしたが、合意はできてるということでいいです
| + 18452 [eban@os ri .] わたしはokです。
| + 18454 [HGF01572@ni ] In the message "[ruby-dev:18451] Re: $0 handling on DOSISH"
|   18455 [nobu.nakada@] DOSISHでまとめてしまいましたから、入ってるはずです。
|   18462 [HGF01572@ni ] In the message "[ruby-dev:18455] Re: $0 handling on DOSISH"
+ 18370 [zn@mb .n ft ] 文字毎の変換ならtrというイメージが。

OP_ASGN_OR warning (Re: [ruby-cvs] ruby/lib, ruby: * lib/mkmf.rb ($INSTALLFILES): avoid warning when $VERBOSE mode.)
18278 [nobu.nakada@] これを見て気づいたんですが、未定義の変数に||=で代入したときに、
18279 [matz@ru y- a] うーん、...(考えている)...、うん、そうですね。

try_cpp() has a problem (lib/mkmf.rb)
18283 [JCA02266@ni ] ruby 1.7.3 (2002-09-11) [mips-sysv4.2MP] でのコンパイルの話です。
18288 [eban@os ri .] これは
18289 [JCA02266@ni ] そうです。
18290 [eban@os ri .] 了解です。configure.inにcheckを入れます。

CPPFLAGS
18284 [JCA02266@ni ] configure に対する CPPFLAGS の指定が ruby 本体のコンパイル時

rubicon on EWS4800
18285 [JCA02266@ni ] rubicon をEWS4800で試しました。
+ 18306 [matz@ru y- a] どれもad hocで取り込めないのですが、RubyのEWS対応がまだまだ
| 18313 [JCA02266@ni ] 対応すべきかどうかと言うと微妙ですが(^^;(私自身も利用率が下
+ 18322 [JCA02266@ni ] 追試しました。
  + 18323 [JCA02266@ni ] 以下の件、Linuxでも再現しました。(ruby 1.7.3 (2002-09-20) [i586-linux])
  + 18326 [matz@ru y- a] HP-UXでも同じ問題があるとレポートされてました。stdioを捨てる
  | 18327 [JCA02266@ni ] len < th->stk_max で、REALLOC_N が実行されないのです。
  | 18328 [matz@ru y- a] あ、すいません。メールをちゃんと読んでませんでした。
  | 18329 [JCA02266@ni ] 最新です。ruby 1.7.3 (2002-09-20) [i586-linux]
  | 18330 [nobu.nakada@] すでに死んでるスレッドのコンテキストを保存する必要はないってこ
  | 18331 [matz@ru y- a] そゆことですね。コミットしてください。
  | 18332 [JCA02266@ni ] んで、テスト自体は失敗することがあるようなんですがこれはどうなんでしょう?
  | 18334 [matz@ru y- a] TestThreadはなんかタイミングに依存する部分があるようでときど
  | + 18339 [nobu.nakada@] メッセージが出てしまうのは、Threadとは別の問題のようです。タイ
  | | 18340 [matz@ru y- a] コミットしてあげてはどうでしょう。あるいはDaveにメールするか。
  | + 18347 [akr@m1 n. rg] Thread (並行プログラミング)が難しいことに異論があるわけではありません
  |   18348 [akr@m1 n. rg] う、なかださんのパッチに join するのが入ってましたね。気がつきませんで
  + 18333 [kjana@dm la ] これ,ANSI-C の仕様なんで,確実にうまくいくのは fflush() するか位置決
  | 18336 [nobu.nakada@] そういやそうですね。これでどうかな?
  | 18337 [akr@m1 n. rg] ここで flush するってことは、read の直前にやるってことですよね。
  | 18338 [nobu.nakada@] たぶんバッファに先読みデータがないときにはfflush()が不要なこと
  | 18341 [akr@m1 n. rg] 試してみました。駄目です。
  | 18342 [nobu.nakada@] 手抜きですが。
  | 18343 [akr@m1 n. rg] 動いているようです。
  | 18345 [nobu.nakada@] 一応configure.inのテストも追加してみました。cf.sourceforgeの
  | 18349 [akr@m1 n. rg] Solaris で試してみました。動いてるようです。
  | 18386 [nobu.nakada@] ということで、問題がないようであれば入れてしまおうかと思います
  | 18396 [akr@m1 n. rg] HP-UX で試してみました。失敗します。
  | + 18397 [nobu.nakada@] うーん、HP-UXだと[ruby-dev:18345]のテストはどっちになるんでしょ
  | | 18398 [akr@m1 n. rg] えぇと、config.log をみると
  | | + 18411 [nobu.nakada@] [Option]なんだ無視してもからいいのかなぁ。だいたい、unbuffered
  | | + 18414 [akr@m1 n. rg] 現時点で残っているもののうち、私の基準において怪しげなのは
  | |   18415 [akr@m1 n. rg] そうそう、稀にしか起こらないので忘れてましたが、
  | + 18402 [JCA02266@ni ] io.c 1.159 + [ruby-dev:18342] + configure.in 1.140 + [ruby-dev:18345]
  |   18410 [nobu.nakada@] こっちでお願いします。
  |   18413 [akr@m1 n. rg] 最悪でも fflush が少し増えるくらいですからね。
  |   18416 [nobu.nakada@] EOFになってるとfseek()前にflushしないのかな。
  |   18417 [akr@m1 n. rg] うぅむ。
  + 18335 [akr@m1 n. rg] この対処は私が Solaris を例にあげて要求したんですが、書き方が悪かった
  | 18381 [nobu.nakada@] Mswin32.dont/onlyにするよりもUnix.only/dontにすべきでしょう。
  | 18382 [akr@m1 n. rg] たしかに。でも only じゃなくて or_variant かな。
  | 18383 [nobu.nakada@] あ、dontの反対はonlyじゃないのか。
  | + 18384 [matz@ru y- a] このほうが親切ですね。コミットしてください。
  | | 18385 [nobu.nakada@] もうちょっと親切にしてみました。バックトレースでもスレッドIDと
  | + 18388 [akr@m1 n. rg] % ruby -e '
  |   18389 [nobu.nakada@] しまった。前にThread.criticalを保存するようにしてみたのを忘れて
  + 18419 [tetsu@jp .h ] 完全に出遅れていますが...
    18420 [nobu.nakada@] やってることはほぼ同じだと思います。ただ、[ruby-dev:18396]によ
    18421 [tetsu@jp .h ] 対応ありがとうございます。
    18422 [tetsu@jp .h ] なかださんパッチの場合、動作としてまだ解消しきれ
    18424 [nobu.nakada@] 読み込みフラグを立て忘れてるところがありました。
    18425 [tetsu@jp .h ] なかださん、対応ありがとうございます。
    18426 [nobu.nakada@] [ruby-dev:18397]がSolarisで失敗したのも[ruby-dev:18420]がダメだっ
    18434 [akr@m1 n. rg] こちらの試せるとこでは動いてるようです。
    18435 [nobu.nakada@] うーん、てことは1.6にもバックポートする必要あり?
    18437 [akr@m1 n. rg] どうなんでしょうね。
    + 18439 [nobu.nakada@] とりあえずやってみましたが、そうかFMODE_WBUFも追加しなきゃいけ
    | 18442 [tetsu@jp .h ] なかださんへ
    + 18441 [matz@ru y- a] んじゃ入れてください。> 中田さん
threads.html
top