17403-18527

17271-17667 subjects 17690-17935

irb new feature
17403 [keiju@ra io ] おもにルビキチさんしか興味ないでしょうが, irbについての仕様変更と新機

CVS 版の mkmf.rb
17407 [mutoh@hi hw ] 今日のCVS版のmkmf.rbですが、エラーが発生しました。
17420 [eban@os ri .] commitしました。

Hash.[]
17410 [metal@mi e. ] Hash.[]の引数でキーにStringを与えても、Hash#[]=のようにコピーされません。
17414 [matz@ru y- a] おっしゃる通りです。パッチを採用します。

1.6.7 がコンパイルできない
17412 [konishih@fd ] 最新版の1.6.7をCVSからとってきたのですが、正しくコンパイルできないようで
17416 [nobu.nakada@] これが余計かも。

broken string when unterminated "#{".
17421 [eban@os ri .] このあたりの変更でmakeできません。
17422 [matz@ru y- a] あれれ。今回はmake, make testしたのになと思ったら、
+ 17423 [akr@m1 n. rg] 個人的に、(perl 以来)もはや string は制御構造の一種だと感じているので、
| 17425 [matz@ru y- a] これはねえ、最近やってみたんですけど、うまくいきませんでした。
| 17426 [akr@m1 n. rg] なんでうまくいかないんだろ、と思ってちょっと試してみました。
| + 17427 [matz@ru y- a] general delimited stringの対応とか、here documentとかで挫折
| | 17429 [akr@m1 n. rg] そのあたりはさすがに lexer の担当ですかねぇ。
| + 17439 [nobu.nakada@] これ、"#{a"みたいのはSyntaxErrorになって"#{a"にはならなそうな気
|   17440 [matz@ru y- a] 田中さんの
|   17442 [akr@m1 n. rg] そうです。
|   17530 [nobu.nakada@] やってみて気づいたんですが、逆に#{}の中でエスケープしているよう
|   17532 [matz@ru y- a] しばらく上記の文の構文解析に失敗してたんですが、もしかすると
|   + 17534 [nobu.nakada@] です。相変わらずの日本語ですいません。
|   | 17535 [matz@ru y- a] 理論上はそうですけど、実際には大丈夫じゃないかな。エスケープ
|   + 17539 [akr@m1 n. rg] この件に関しては、表明はしてみたものの同意が得られるとは思ってませんで
|     17540 [matz@ru y- a] いや、最初はそのほうが良いだろうと思ってたのは確かなんですけ
|     + 17541 [nobu.nakada@] 対応してみました。一番外側の終端と同じものがエスケープされてる
|     | 17542 [matz@ru y- a] うーん、ぱわふる。
|     | 17546 [nobu.nakada@] こういうのを経由して次の文字を読むようにしてみたんですが、考え
|     | 17549 [akr@m1 n. rg] うぅむ、str_extend() は文字列終端以外は \ がついていてもそのままにする
|     | 17550 [nobu.nakada@] 御意。
|     | + 17554 [matz@ru y- a] ブランチに入れると試す人が減るというデメリットがありますが。
|     | + 17573 [akr@m1 n. rg] 結局 1.7 に入れたようですが、とりあえず
|     |   17576 [nobu.nakada@] すいません、tGVARでないのを忘れてました。
|     |   17577 [matz@ru y- a] それでよいです。
|     |   18170 [JCA02266@ni ] ruby 1.6.7 (release版) や 1.7 では、
|     |   18183 [matz@ru y- a] そのとおりですね。1.6で変更した時点では1.7にも適用するつもり
|     |   18324 [JCA02266@ni ] どうやら、parse.y の 1.74.2.56 から 1.74.2.57 への変更によるもののようです。
|     |   18325 [matz@ru y- a] ありがとうございます。手元では直してます。コミットしてなかっ
|     + 17543 [matz@ru y- a] そういえば、現行のRubyのパーザは以前調子に乗ってやりすぎた部
|     + 17544 [akr@m1 n. rg] うぅむ、なるほど。
|       17547 [matz@ru y- a] おお、すばらしい。
+ 17424 [eban@os ri .] extmk.rbやsingleton.rbでも使われていたということは、

return value from methods of Array's subclass
17430 [adzumi@de pa] Array のサブクラスで select や reject を使うと Array が返ってくる
+ 17432 [adzumi@de pa] 1.7 だと Array2[2] が返ってきますね。1.6 でしか見てませんでした。
+ 17433 [matz@ru y- a] 仕様です。
  + 17435 [matz@ru y- a] あ、rejectは違いますね。selectやcollectは、です。
  + 17443 [adzumi@de pa] なるほど。
    17444 [matz@ru y- a] えーと、「元のオブジェクト」ってのは「元のオブジェクトと同じ
    17445 [adzumi@de pa] ちょいと思い切りが良すぎました。自分が思っていた他の事も混じって
    17447 [aamine@mx ed] 存在意義がないことはないでしょう。一つの配列がたくさんのオブ
    17448 [adzumi@de pa] 存在意義がなくなるのは、「元のオブジェクトと同じクラスのインス
    + 17449 [adzumi@de pa] 何書いてるんだか。これは勘違いです。無視してください。
    + 17451 [matz@ru y- a] collect!には違和感があった人です。でも、ruby-talkでnativeに
      17458 [adzumi@de pa] なるほど。

$BBjL>K:$l$G$9 (^^;
17437 [GEC01122@ni ] 正木です。

ternary operator and char literal (Re: parse error with `true || break ? 0 : 1' (PR#261))
17446 [nobu.nakada@] 話が長くなりそうなので、devに振ります。
17454 [matz@ru y- a] EXPR_MIDというのは「改行が意味がある」文脈です。つまり、
17461 [nobu.nakada@] なるほど、\sのほうが明解ですね。標準配布ではext/curses/view2.rb
+ 17465 [akr@m1 n. rg] うぅむ。実行してないんで確信があるわけじゃありませんが、
| 17467 [nobu.nakada@] 前者については、まずマルチバイト文字(列ではなく)の扱いについて
| 17481 [akr@m1 n. rg] なるほど。まぁ、マルチバイトだろうが文字は文字ということでひとかたまり
| + 17482 [matz@ru y- a] M17Nでは「コードポイント」としてそれなりに定義していますが、
| | 17485 [akr@m1 n. rg] とすると、現時点で妥当なのは、なかださんのパッチのように '?' にしてし
| | 17514 [nobu.nakada@] とりあえず、二文字以上の単語の先頭の?だけはリテラルとみなさない
| + 17483 [nobu.nakada@] それと同時に、?あ.chr == 'あ'となるべきだと思います。とりあえず
+ 17473 [matz@ru y- a] view2.rbを直しましょう。
  17477 [nobu.nakada@] !ISPRINT()の部分ですか? TABとか行末でも同じく紛らわしそうなので
  17490 [matz@ru y- a] !ISPRINT()よりもISSPACE()のほうがよさそう。これは私の修正を

Range#===
17470 [tadf@rc .s -] 少し驚いたのですが、たとえば、
17474 [matz@ru y- a] いや、バグです。直します。

break from proc-closure
17471 [m_seki@mv .b] ruby 1.6.7のCVS版の方で dRuby のUnitTestが通らなくなりました。
18453 [matz@ru y- a] 古い話ですが、1.6.8を正式リリースするまでに解決しておこうと
+ 18456 [m_seki@mv .b] すみません。まだdRuby抜きで発生させるスクリプトが書けてません。
+ 18457 [akr@m1 n. rg] こんなかんじですかねぇ。
  18495 [nobu.nakada@] こんなかんじですかねぇ。
  18497 [matz@ru y- a] 今〆切前でちょっと心の余裕がないのですが、これでうまくいくか
  18498 [m_seki@mv .b] 了解です。
  18499 [nobu.nakada@] え、[ruby-dev:18457]のコードは1.6.7の最新でも例外が発生するんで
  + 18500 [nobu.nakada@] つーか最初からそう書かれてますね。間抜けすぎ。
  | + 18501 [nobu.nakada@] すいません、こっちはたぶん意図的な動作で不要だと思います。
  | + 18502 [m_seki@mv .b] 1.6の方がOKなのを確認しました。
  |   18503 [nobu.nakada@] CVSのdrubyで試したところ、[ruby-dev:18456]のテストスクリプトは
  |   18527 [m_seki@mv .b] すみません。咳のミスでした。手元のワーキングコピーでcvs updateした
  + 18504 [akr@m1 n. rg] そーか。求めてるのは 1.6.7 と 1.7 じゃなくて 1.6.7 と 1.6.8 の違いだか

String#crypt always returns tainted string
17475 [zn@mb .n ft ] 1.7でString#cryptが常にtaintな文字列を返すようになったのは
+ 17476 [nobu.nakada@] OBJ_INFECT(result, salt)は不要?
| 17478 [zn@mb .n ft ] 1.6の方についてなかったので。
+ 17512 [matz@ru y- a] そうですね。修正します。saltもチェックして。

doubled value_expr() warning
17488 [nobu.nakada@] これで二回警告がでるのは余計なのでは。
17497 [matz@ru y- a] コミットしてくださいませ。

[PATCH] reduce recursion level
17493 [nobu.nakada@] value_expr()と連続する論理演算子で再帰レベルを減らすパッチです。
17494 [nobu.nakada@] 1||()||2みたいのでSEGVするので、ちょっと修正。
17500 [matz@ru y- a] コミットしてくださいませ。

__END__ in literal
17513 [nobu.nakada@] 文字列リテラル中の__END__の扱いが""とhere documentで違うのは、
17516 [matz@ru y- a] いいえ、文字列の方に__END__を見るように直します。
17517 [nobu.nakada@] here documentを""に合わせるということですよね。
+ 17519 [zn@mb .n ft ] ``は""と同じ方法で含められるのでは?
| 17520 [nobu.nakada@] $ cat a.rb
| 17522 [zn@mb .n ft ] こういう方法を想定してました。
| 17523 [nobu.nakada@] なるほど。じゃあ、とくに障碍はないですね。
| 17525 [nobu.nakada@] うーむ、ボケボケ。<<''が残ってるのに。
+ 17536 [matz@ru y- a] いろいろ考えたらやっぱまずいよなあ、と思いました。
  17538 [nobu.nakada@] [ruby-dev:17530]のパッチを当てると、こう書けます。ちとかっこ悪
  17545 [akr@m1 n. rg] 迷っているようなので、私の好みを押しつけるべく意見を表明しておくと、む
  17551 [nobu.nakada@] どっちかに揃ってれば私としては文句はないのですが、こちらのほう
  + 17552 [akr@m1 n. rg] そういえば、perl も別に認識しませんよね。
  + 17555 [matz@ru y- a] それには同意します。私は私でパッチを作ったので、そっちを試し
    17568 [nobu.nakada@] 変数名やメソッド名など毎回通るところなので、順序を変えたほうが
    17569 [matz@ru y- a] 違いますかねえ。だとすると中田さんのパッチ('_'でチェック)の
    17571 [nobu.nakada@] strcmp()よりはintの比較のほうが速いのは確実でしょう。とくにトー

Ruby grammar
17548 [akr@m1 n. rg] 明確に定義していただけるととてもありがたいですね。
17557 [matz@ru y- a] そうですね、この機会に考えましょう。yacc記述のせいでかなり無
17558 [akr@m1 n. rg] m m m m m m {}
17561 [matz@ru y- a] そうです。
17570 [akr@m1 n. rg] そうそう。こういう制約を入れる意図を説明していただけるとありがたいです。
17575 [matz@ru y- a] 複数のブロックがどこに付くのか迷うよりはエラーにした方が良い
17580 [akr@m1 n. rg] たしかに。ブロックの中身が短ければ問題ないんでしょうが、長くなるにつれ
17584 [matz@ru y- a] 「{}は一番右側のメソッド呼び出し(のように解釈できるもの)につ
17596 [akr@m1 n. rg] メソッドは一つしかブロックをとれないというのに、なぜ両方の {} が b に
17599 [matz@ru y- a] 複数ブロックが取れるようにするかどうかはまた難しい問題ですが、

Re: [ruby-list:35439] Re: win32ole で excel   が終了しない
17572 [masaki.suket] 助田です。ruby-devに投げます。

Re: [ruby-cvs] ruby: * dln.c: remark definition rb_loaderror().
17579 [eban@os ri .] これなんですが、最近のコンパイラではエラーにならないとはいえ、
17586 [konishih@fd ] 恐縮です。少し前まではCで//はコメントアウトに使えないということをすっか
+ 17587 [eban@os ri .] なるほど、それは気づきませんでした。
| 17588 [konishih@fd ] ありがとうございます。そのようにしました。
+ 17590 [nobu.nakada@] プロトタイプなしの関数宣言と可変長引数を含むプロトタイプを一緒

irb 0.9-02.06.25 [Re:irb new feature]
17589 [keiju@ra io ] irb 0.9-02.06.25 をRAAに置きました.

Proc.current, Proc.[](Re: blocks and local variables)
17607 [sinara@bl de] また思いつきを書きますが、自分自身を表す Proc オブジェクト

substitution at when-clause
17615 [ttate@kt ja ] ...
+ 17616 [nobu.nakada@] Regexp#===がインデックスじゃなくてMatchDataを返してくれると、もっ
| + 17617 [ttate@kt ja ] ええ,僕もそう思います.
| + 17618 [matz@ru y- a] 今からそうするとどのくらい不具合が発生するでしょうか?
|   17620 [nobu.nakada@] 手元のものをざっと見た限りでは、そんなになさそうな気もします。
+ 17619 [matz@ru y- a] 文法の拡張にあたって考えるべき点は
  + 17621 [ttate@kt ja ] if,while文の条件部に代入も含めて記述するパターンがそれなりに
  | 17622 [matz@ru y- a] caseの === 呼び出しは直接見えませんから、質的に異なってとら
  | 17624 [ttate@kt ja ] case文の比較では===を使うということが知られていないとwhen節に何を
  | 17627 [matz@ru y- a] whenになにを書けば適切かという情報を「=== を使う」というとこ
  | 17630 [ttate@kt ja ] その覚えるという方法が良いとは言えないのではないでしょうか?
  | 17631 [matz@ru y- a] 必ずしもそうではないでしょう。===のレシーバはwhenに指定した
  | + 17634 [wakou@ru y- ] あ、この気持はわかります。私もなんとなくそれが面倒で、case よりも
  | | + 17636 [eban@os ri .] そのために1.7では
  | | | 17638 [wakou@ru y- ] おお、これは気が付いていませんでした。ありがとうございます。
  | | + 17637 [ttate@kt ja ] ひょっとしてcase文とはレシーバを逆にしたものを導入すると
  | | | 17640 [wakou@ru y- ] そうかもしれませんね。case, === のわかりにくさというか、そのあたりに何
  | | + 17641 [aamine@mx ed] ぼくが散々さわいで採用してもらった
  | |   17672 [wakou@ru y- ] ああ、なるほど、それで String#match(re) なども追加されているのですね。
  | |   17674 [wakou@ru y- ] == は間違い。=== ですね。
  | + 17635 [ttate@kt ja ] # すいません,反論ばかりになってしまいますが…
  |   17639 [matz@ru y- a] いや、私もそういう場合があることには同意しますんで、どっちかっ
  |   + 17642 [ttate@kt ja ] ===を使わずにうまくwhen節での代入を説明ができれば良いということ
  |   | 17643 [matz@ru y- a] うーん、なんていったらいいのかな。
  |   + 17644 [keiju@ra io ] (^^;;;
  |     17645 [matz@ru y- a] うむ。「美しくない^^;;;」という点以外には文句なしですね。
  |     + 17646 [ttate@kt ja ] 余計に,"when ... => vars" が欲しくなってしまうのですが… (^^;
  |     + 17647 [keiju@ra io ] 美しくないかぁ... 確かにそうかも知れないけど...
  |       + 17649 [ttate@kt ja ] # 僕は,このfor-caseが好きです.
  |       | 17651 [keiju@ra io ] # 松本さんの反応がないから, イマイチなのかなとおもいつつ...
  |       | + 17652 [matz@ru y- a] いやあ、これはもうcaseではないからcaseという予約語にはこだわ
  |       | | 17653 [keiju@ra io ] えーでは.
  |       | | 17657 [matz@ru y- a] あー、そうなの? condと同じなの?
  |       | | + 17658 [akr@m1 n. rg] ちなみに、Scheme の cond には => があります。
  |       | | + 17659 [keiju@ra io ] そうじゃなくて, パラメータに
  |       | + 17660 [nobu.nakada@] なんとなく
  |       |   17666 [keiju@ra io ] うーん. 気持はわかりますが, やはりwhenとの関係が...
  |       |   17669 [maki@ru yc l] えーと、その前に構文の意味がよく判らないのですが、
  |       |   17675 [keiju@ra io ] うーん... わかりづらいかなぁ...
  |       |   17681 [maki@ru yc l] 判りづらいというより、case〜when〜との違いがどの辺に
  |       |   17685 [keiju@ra io ] ちょっと説明不足でしたかね.
  |       + 17650 [nobu.nakada@] when [Integer, Integer]
  + 17623 [nobu.nakada@] スレッドセーフでないのが少々気になります。

Re: Getting CGI arguments as scalars
17625 [wakou@ru y- ] ruby-talk の方で cgi['name'] が Array を返す件についての発言がまた出て
+ 17626 [wakou@ru y- ] そうそう、rdtool の標準添付の件はどのような感じでしょうか? racc は入っ
| + 17629 [matz@ru y- a] どうなんでしょう。任せっきりだなあ。
| + 17648 [JCA02266@ni ] あぁ、だから last_match に気が付かなかったのですね?
| | 17673 [wakou@ru y- ] あ、いえ、たぶん、大丈夫だと思います。私が気が付いていなかったのは、
| + 17703 [nobu.nakada@] OptionParserも入れました。
+ 17628 [matz@ru y- a] [], firstの実行で警告を出すのですか。それともなにもなし?
  17632 [wakou@ru y- ] 警告は出した方が良いと思っています。あくまで移行措置で、将来的には特異

rdtool (the newest ruby documents)
17633 [wakou@ru y- ] あ、いえ、つまり、RWiki は、現状では ruby-ML などを頼りにかなりの手間

block local var [Re: substitution at when-clause]
17654 [keiju@ra io ] 他のスレッドのはなしですが, なぜそんなにブロックローカル変数にこだわる
+ 17655 [matz@ru y- a] [:a :b|...] とかはブロックローカルでない?
| 17661 [keiju@ra io ] あ. それはブロックローカルです.
+ 17656 [akr@m1 n. rg] え、と思った探してみたところ、

update irb to cvs repository
17662 [keiju@ra io ] irb 0.9もだいぶ安定してきたので, 1.7系のリポジトリにupdateしようと思い
17663 [akr@m1 n. rg] cvs log xxx.rb とすればログが見れますし、リビジョンを指定すれば取り出せます。
17668 [keiju@ra io ] なるほど. 了解.
17670 [taca@sk .y m] cvs importするという手もあろうかと思います。十分に注意して行う必要はあ
17671 [akr@m1 n. rg] ついでに、マージしたあとでさらに commit しないといけないですね。
17682 [taca@sk .y m] そうです。まぁ、第3者のソフトウェアをCVSで管理されているところに取り込
17683 [akr@m1 n. rg] ま、神戸さんはいつものごとく常識を述べただけなのだと認識しています。

[PATCH] useless function str_extend_p()
17664 [aamine@mx ed] 使われてない関数 str_extend_p() が残ってました。
17665 [nobu.nakada@] あ、すいません、結局使わなくなってますね。消していいと思います。

generation GC
17676 [aamine@mx ed] 木山さん版の世代別 GC パッチを途中まで CVS HEAD にマージできま
17677 [matz@ru y- a] まあ、新しい T_XXX を追加しない限りは大丈夫のはずなので、許
17678 [aamine@mx ed] そうなんですか。確かに速度が上がらないんじゃ意味ないですね。
+ 17679 [akr@m1 n. rg] に「世代別GCのほうが速いことには変わりがない」と書いてありますし、とり
+ 17680 [matz@ru y- a] 理屈では速くなるケースはあるはずなんですが。
  17684 [aamine@mx ed] じゃ、暇があったらやってみます。

irb 0.9 release on ruby1.7 [update irb to cvs repository]
17686 [keiju@ra io ] updateしました.

resolv.rb with $SAFE==1
17687 [shugo@ru y- ] resolv.rbを$SAFE==1で利用しようとするとSecurityErrorが発生してし
17688 [akr@m1 n. rg] $SAFE は利用したことがないので感覚がつかめません、が、それが適切だと思
17689 [shugo@ru y- ] では、commitさせていただきます。
threads.html
top