17086-18072

16845-18275 subjects 17271-17667

public, private
17086 [wakou@fs ne ] class HTML
17088 [matz@ru y- a] メソッドキャッシュのクリアを忘れてました。
17089 [wakou@fs ne ] お、という事は、戻せるようになるわけですね。それはありがたいです。

control groups
17090 [zn@mb .n ft ] root権限を完全に捨てて子プロセスが生成できるか試そうとしたのですが、
+ 17091 [taca@sk .y m] OSに依存している部分もありますが、
| 17106 [zn@mb .n ft ] これはwebrick/util.rbのWEBrick::Utils::suの処理を省略したものです。
+ 17107 [nagai@ai ky ] 現状でこれをやりたければ,syscall 経由で getgroups/setgroups を
  + 17109 [zn@mb .n ft ] rootグループでアクセス可能なファイルにアクセスできてしまうので
  + 17149 [taca@sk .y m] 現状では、そうでしょう。
    17162 [nagai@ai ky ] # この件,気にはなってるんですが,手が回らず放置状態です.
    17359 [nagai@ai ky ] ブロックローカルの話が中心的に流れているときにどうかなとも思いますが,

Re: 標準添付案 (NArray)
17092 [horinout@ku ] NArray について。
+ 17093 [gotoken@no w] これはちょっと意味不明です。
| 17102 [horinout@ku ] ごとけんさん>
| 17105 [masa@ir is s] Cレベルでも、オブジェクト生成関数とかオブジェクトの内部参照は
| 17110 [horinout@ku ] 田中様:
| 17111 [masa@ir is s] そんな感じです。これはあくまで妄想なので、無視して結構です。
+ 17101 [masa@ir is s] 「標準添付」というのは ext/ 以下に入ることだと思っていました。
  17104 [horinout@ku ] 何度も恐縮です。

irb & jarh
17095 [akr@m1 n. rg] % irb
+ 17096 [eban@os ri .] うぅ。適当に区切りを入れたのがまずかったですね。
| 17098 [akr@m1 n. rg] もうひとつ。
+ 17097 [matz@ru y- a] たぶん、irbのパーザーが認識ミスをしたのだと思います。石塚さ
+ 17118 [keiju@ra io ] うーん. while ... do ... end と同じですね. これは既知の制限と言うこと
  17119 [akr@m1 n. rg] 後から気がついたんですが、これだと区切りを見逃すことはありませんが、
  17120 [eban@os ri .] 最近make testが遅いと感じてたんですが、この方法は
  + 17121 [akr@m1 n. rg] とりあえず valid? という名前は反対。syntax_valid? かなぁ。
  | 17123 [eban@os ri .] あ、なるほど。
  + 17124 [matz@ru y- a] valid?をvalid_syntax?とでも名前を変えて取り込みませんか?
    17129 [eban@os ri .] 結局valid_syntax?という名前にしてcommitしました。

Resource Database support on Ruby/Tk
17108 [nagai@ai ky ] このところ,Ruby/Tk でリソースデータベースを

[Cleanup] rb_thread_select()
17112 [nobu.nakada@] linux/non-linuxの条件コンパイルは、これでどうでしょうか。一長一
17113 [matz@ru y- a] ちょっときれいですね。んじゃ、コミットしてください。
17114 [nobu.nakada@] 1.6にもそのまま当たりますが、どうします?
17115 [matz@ru y- a] 私自身はまだ動かしてないんで判断できません。中田さんが不安が
17116 [nobu.nakada@] cpp通したところではnon-linuxでは同じコードになりました。linuxで
17117 [matz@ru y- a] じゃあどうぞ。お願いします。

Array#bsearch
17122 [beyond@bi .o] Array に、bsearch メソッドを追加する予定は、ありませんか?
17125 [matz@ru y- a] うーん、いくつかの理由からあまり乗り気ではありません。
+ 17126 [keiju@ra io ] うーん. いつまで起きているんだか...
| 17127 [matz@ru y- a] ゆうべは早かったですよ。2時前に寝たから。
+ 17131 [beyond@bi .o] assoc が、associated-array(または、array of arrays)を仮定しているよう
  17132 [matz@ru y- a] いや、assocはarray of arraysでないものに適用された場合にはそ
  17133 [beyond@bi .o] 2分検索と言うのは、そう言うものかと。

Thread: deadlock trouble
17128 [nagai@ai ky ] 以下に示すようなケースなんですが,どうにか改修する手はないものでしょうか?
17130 [ttate@kt ja ] 単純な方法ですが,以下に類似した方法で解決できるでしょうか?
17136 [nagai@ai ky ] ありがとうございます.
17140 [ttate@kt ja ] この部分ですが,必ずしもコールバックが終る前までに値を得る
+ 17145 [ttate@kt ja ] すいません.Ruby/Tk の場合 TkThread のような方法使わなくても
+ 17163 [nagai@ai ky ] う〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜む.
  17212 [nagai@ai ky ] この件ですが,手間取りましたがようやく実現の目処が立ちました.
  17216 [nagai@ai ky ] などと言ってましたが,「あちらを立てればこちらが立たず」で

argv[0]
17134 [akr@m1 n. rg] ふと ruby インタプリタの C における argv[0] を知りたくなったんですが、
+ 17135 [aamine@mx ed] 組み込み変数のところにある
| 17137 [nobu.nakada@] スクリプト名ではなく、Rubyインタプリタの名前がほしいのでは。拡
| 17138 [aamine@mx ed] あーそうか、なるほど。ruby script.rb ってしてもだめでしたっけ。
+ 17139 [matz@ru y- a] 名前が決まらなくてそのままです。いい名前ありませんか?
  + 17141 [akr@m1 n. rg] なるほど。
  | + 17142 [usa@os .a t.] '[ruby-dev:17141] Re: argv[0]'
  | | 17152 [crouton@we t] interpreterの語が入っているほうがいいと思います。
  | | 17153 [knu@iD em ns]  argv[0] は呼び出し(exec)側が自由にセットできるものなので、
  | | 17157 [knu@iD em ns]  ちょっと付け足し。
  | + 17143 [knu@iD em ns]  私も同じのが浮かんだので、一票。
  |   + 17147 [nobu.nakada@] これは-Iとか-eとかすべて、ということですか。ちなみに、どううれ
  |   | 17151 [knu@iD em ns]  私が思いつくのは、自分自身の再起動に使えるということだけです。
  |   | 17164 [nobu.nakada@] ですね。正確にはスクリプト/-eの評価以前は"ruby"ですが。
  |   | 17165 [knu@iD em ns]  まあ、
  |   | 17168 [nobu.nakada@] それはformat後のじゃなくてformat自体ですか。どちらにせよ、今の
  |   + 17150 [nobu.nakada@] それは$0の別名では、という気がしなくもありません。いや、それは
  + 17169 [akr@m1 n. rg] えぇと、これほど反応が出るとは思ってもみなかったのですが、まぁ素直に喜
    17170 [matz@ru y- a] まとめていただいてありがとうございます。
    + 17176 [taca@sk .y m] これはもちろん、RUBY_EXECUTABLE_NAME ですよね。:-)
    + 17177 [akr@m1 n. rg] ふむ。
      17178 [nobu.nakada@] それならrbconfig.rbから持って来るのでいいのでは。
      17189 [akr@m1 n. rg] なるほど。今回はこれを使うことにします。

Re: msvcrt
17144 [usa@os .a t.] # ruby-win32からruby-devに振ります
+ 17148 [eban@os ri .] 考えてみると言って結局考えてませんでした。
+ 18047 [eban@os ri .] 1.8が出る前に決めよう。
  18049 [usa@os .a t.] '[ruby-dev:18047] Re: msvcrt'
  18050 [eban@os ri .] $(arch)というのはCONFIG["arch"]なわけで、これは今現在それぞれ
  18051 [usa@os .a t.] '[ruby-dev:18050] Re: msvcrt'
  18055 [eban@os ri .] RUBY_PLATFORMじゃなくてCONFIG["arch"]を参照してるようなスク
  18060 [usa@os .a t.] '[ruby-dev:18055] Re: msvcrt'
  18061 [usa@os .a t.] '[ruby-dev:18060] Re: msvcrt'
  18062 [nobu.nakada@] 結構ややこしいことになってますが、割り切ってsitearchdirだけ変え
  18063 [usa@os .a t.] ということは、拡張ライブラリを make site-install したとき
  18065 [eban@os ri .] むしろ、mkmf.rbで作られたMakefileでmake installしても
  18066 [usa@os .a t.] それはあるかも。
  18067 [eban@os ri .] これはこれで別に提案しようかな?
  18068 [usa@os .a t.] (以下略)
  18070 [eban@os ri .] mkconfig.rbのad hocな対応が私自身はあまり満足してないんですが…。
  18071 [usa@os .a t.] RUBY_PLATFORMで判定している点と、「i386-msvcrt」が直書きにな
  18072 [eban@os ri .] そうです。ちょっと改良してcommitしました。

[PATCH] IO#clone for duplex IO
17154 [nobu.nakada@] なんでR/Wのパイプをdupしたのをclose_writeするとエラーになるのか、
+ 17155 [nobu.nakada@] 例が間違ってました。"r+"を付けないと。
+ 17156 [matz@ru y- a] コミットしてください。

else without rescue
17158 [nobu.nakada@] 1.7.2で、rescueなしのelseの代わりにensureが実行されます。
+ 17159 [nobu.nakada@] これに関連して、例外が発生しないときはelse節を実行してもbodyの
| 17167 [matz@ru y- a] elseってのは「なにも例外がなかった」というイベントに対するハ
| 17173 [nobu.nakada@] たしかに。
+ 17160 [matz@ru y- a] おろろ、すいません。コミットしといてください。

[PATCH] font-lock on :something__
17161 [nobu.nakada@] font-lockで、'_'で終るシンボルが最後までハイライトされません。
17166 [matz@ru y- a] 限界に挑戦してますね。^^;;;

parsedate
17171 [tadf@kt ri .] 1.6 の lib/parsedate.rb を date2 2.x の最新のものにしたいんですが、ど
17172 [matz@ru y- a] APIの変更などがなければメンテナは遠慮なく更新してください。
17174 [tadf@kt ri .] では、遠慮なく。
17175 [matz@ru y- a] そうです。よろしくお願いします。

コマンドラインオプションの順序制約
17179 [zn@mb .n ft ] -T などのオプションの後に他のオプションがかけないというのは
+ 17180 [nobu.nakada@] それはちょっと意表を突かれるかも。空白も同じような。
+ 17181 [matz@ru y- a] -Tに限らず引数を取るオプションは一貫して
  + 17182 [zn@mb .n ft ] 他の引数をとるオプションは引数が文字列なので後ろに他の
  | 17183 [matz@ru y- a] その誤解はもっともだと思います。
  + 17184 [nobu.nakada@] -0がすでに数字だけを使うようになっているので、-Tもそのほうがよ
    17186 [matz@ru y- a] そうか、数字を受けるのは-0と-Tだけですものね。
    17188 [nobu.nakada@] あ、-*-ですか。いや、これ何だろうとは思ったんですが、あんまり気
    17190 [nobu.nakada@] とりあえず-T関係だけコミットしました。
    17191 [matz@ru y- a] どうもです。
    17192 [akr@m1 n. rg] info には
    17193 [akr@m1 n. rg] When the first line starts with `#!', you cannot (on many systems)
    17195 [matz@ru y- a] おお、そういうことが知りたかったのでした。これならば

[PATCH] p(a <<- 2)
17185 [aamine@mx ed] ヒアドキュメントと左シフトの両方の可能性がある場所で
17187 [matz@ru y- a] いいみたいですね。コミットしてください(よければ1.6にも)。

[RCR] Array#rotate{,!}
17194 [nobu.nakada@] RCR(http://www.rubygarden.org/article.php?sid=237)に書いときま
+ 17196 [matz@ru y- a] 採用そのものに反対はしませんが、引数は「indexが先頭」でいい
| 17198 [nobu.nakada@] 逆方向、先頭を後ろにずらすのとどちらがいいか、ということですか。
| 17199 [matz@ru y- a] いや別に。私自身はこのメソッドを使わないでしょうから(思いつ
| + 17200 [kosako@so ne] Yukihiro Matsumotoさんの
| | + 17202 [gotoken@no w] self[index] を先頭に持ってくるのは index 回 shift したときと
| | + 17203 [matz@ru y- a] アラビア語ではBiDiによって右と左が逆になるとか...
| |   + 17205 [nobu.nakada@] たぶん[]はアラビア語でも変わらないと思うんですが…。ただ本当に
| |   + 17219 [kosako@so ne] Yukihiro Matsumotoさんの
| + 17201 [nobu.nakada@] あ、説明がまずかったのか。引数はずらす数です。
|   + 17204 [nagai@ai ky ] nobu.nakada> あ、説明がまずかったのか。引数はずらす数です。
|   + 17207 [tetsu@jp .h ] ごとけんさんも書かれていましたが、実行サ
+ 17206 [usa@os .a t.] 回転寿司シミュレータ(なんじゃそりゃ)に便利かも。
  17210 [nobu.nakada@] オヤジがまわってる?

Etc
17208 [zn@mb .n ft ] Etc.passwdがマルチスレッドセーフではありません。
+ 17209 [nobu.nakada@] これはある意味仕方がないのでは。IOを伴う以上、完全にスレッド独
+ 17211 [matz@ru y- a] ベースになっているgetpwentがスレッドセーフではないんですよね
  17213 [zn@mb .n ft ] 一度全部配列に取り出してからeachぐらいしか思いつきません。
  17214 [taca@sk .y m] getpwuid(3)やgetpwnam(3)は、内部でgetpwent(3)を使っているわけで
  17215 [crouton@we t] 移植性がどの程度あるかわかりませんが、getpwnam_r などもあるんですね。
  17218 [taca@sk .y m] これはpthreadなどのスレッド・ライブラリ対応版でしょう。スレッド・ライ

Re: load(filename, true) and global function
17217 [wakou@ru y- ] -dev の方が良さそうな話しにもなってきたので、-dev にも送っておきます。

safe-level
17220 [nagai@ai ky ] Tk の件で苦戦中に気付いたのですが,
17229 [matz@ru y- a] 現在の仕様は「Procは$SAFE状態を記憶している」です。つまり、
17234 [nagai@ai ky ] そうですか.

race condition on Queue#pop?
17223 [akr@m1 n. rg] なんとなく thread.rb を眺めていて、Queue#pop に race condition がある
17224 [nobu.nakada@] Mutex#lockと揃えてこんなのとか。
+ 17243 [akr@m1 n. rg] これは短くていいですねぇ。思いつきませんでした。
+ 17246 [matz@ru y- a] これで問題なさそうなら、コミットしてください。
  17254 [nobu.nakada@] 1.6はどうします?
  + 17256 [akr@m1 n. rg] なんとなく、Rite で POSIX thread を扱うようになると、必然的に C で実装
  | 17257 [nobu.nakada@] できれば本当のeval部分とthread部分は分けたいところですが、現状
  + 17323 [akr@m1 n. rg] トラブルの報告があるわけでもなし、どちらでもいいんじゃないでしょうか。
    17324 [nobu.nakada@] というか、1.7のほうも忘れてるし。
    17325 [akr@m1 n. rg] 誰も困ってない(少なくともそういうトラブルを聞いたことがない)のですぐに

Re: [ruby-list:35305] Re: ((1.2)..(3.4)).to_a
17228 [matz@ru y- a] ruby-devに移動します。
+ 17235 [ggb03124@ni ] [ruby-dev:17228] Re: [ruby-list:35305] Re: ((1.2)..(3.4)).to_a にて
| 17237 [matz@ru y- a] ここまでは同じですよね。
| + 17238 [siena@cr ch ] なんだか、引っかき回した上に間が空いてしまってすみません。
| | 17264 [masa@ir is s] こういう「刻み幅を属性として持つ」Rangeクラス、あるいは
| | 17269 [matz@ru y- a] こういうlazy evaluationについては、ちゃんとした体系を考えた
| | 17272 [masa@ir is s] 配列を返すとうれしくない場合があるので、そういう希望をしたわけです。
| | 17274 [matz@ru y- a] いや、もちろんそういうケースがあることは十分承知していますが、
| + 17242 [ggb03124@ni ] [ruby-dev:17237] Re: [ruby-list:35305] Re: ((1.2)..(3.4)).to_a にて
|   17247 [matz@ru y- a] ニーズは理解できましたが、それを満たす適切なルールはまだ思い
|   17265 [siena@cr ch ] ▼ [ruby-dev:17247] < Yukihiro Matsumoto さん
|   17268 [matz@ru y- a] そうですね。だから思いつかないわけですけど。
|   17280 [siena@cr ch ] [ruby-dev:17273] の静的型を想定するのは Ruby 的ではない、というのを受けて。
|   17282 [matz@ru y- a] もちろん、そうです。ここで悩んでいるのは
+ 17240 [adzumi@de pa] まだあまり考えがまとまってないので1点だけ。
| + 17241 [adzumi@de pa] 今ごろミスに気がつきました…。
| + 17244 [adzumi@de pa] ソースを眺めていて、Numeric#step が定義されていることに気が
| | 17245 [matz@ru y- a] Numeric#stepはexclude_endを指定できないんですよ..。
| | 17252 [adzumi@de pa] ですね。
| + 17286 [wakou@ru y- ] タイトルなっている to_a は each ベースなわけですが、これを変更するのは
|   + 17287 [adzumi@de pa] それだと、Range + Enumerable の特性が消えてしまうのでなんとかした
|   | 17290 [wakou@ru y- ] みなさん同じようですね。
|   + 17289 [nobu.nakada@] これだと、現在使われているsliceとの整合性が問題になるのでは。
|   | 17292 [wakou@ru y- ] まあ、この名前は例の1つのつもりでしたが、しかし、Array#slice には気が
|   + 17299 [matz@ru y- a] splitとかsliceとかはやめましょう。名前問題ですね。
+ 17267 [siena@cr ch ] かなり悩みましたが、自分の中では少し整理できたように思いますので。
  17273 [matz@ru y- a] こういう発言というのは Enumerable を include しているクラス
  17277 [siena@cr ch ] ▼ [ruby-dev:17273] < Yukihiro Matsumoto さん

IO#size
17233 [shugo@ru y- ] こっちはよくわからないのですが、
17239 [akr@m1 n. rg] データが小さいうちは StringIO に貯めておいて、ある程度大きくなったら
+ 17248 [matz@ru y- a] まだわかってないのですが、
| 17249 [akr@m1 n. rg] 想定した場合においては IO は Tempfile であることが想定されています。
| 17250 [matz@ru y- a] あ、「その実装」ってのは「IO#sizeの実装」って意味です。
| 17251 [akr@m1 n. rg] なるほど。そういう意味なら十分です。
+ 17253 [wakou@ru y- ] あ、いえ、少し違います。[ruby-dev:17236] もまだわかりにくかったでしょ
  + 17255 [akr@m1 n. rg] 私は私の想定した状況について述べたのであって、青山さんの抱えている問題
  | 17258 [wakou@ru y- ] あ、そうでしたか。失礼しました。StringIO と Tempfile の切替えについて
  + 17259 [matz@ru y- a] えーと、「自然」は「自明」とか「普通」と同じくらい主観的な単
    17260 [wakou@ru y- ] File だけにある、ではなく、Tempfile も File なのでは、という感じです。
    + 17261 [wakou@ru y- ]
    + 17262 [matz@ru y- a] 現在、FileにあるメソッドはすべてFileでしか意味のないメソッド
      17263 [wakou@ru y- ] それと同じく、Tempfile というのは、その名前からも、File クラスのサブク
      17266 [matz@ru y- a] なにが「それと同じく」なのかよくわかりません。
      17270 [wakou@ru y- ] やはり問題はこの2点ですね。
threads.html
top