16845-18275

16586-17236 subjects 17086-18072

ext/dl HP-UX
16845 [tetsu@jp .h ] ruby-1.7.2 の CVS です。
16846 [ttate@kt ja ] ありがとうございます.早速修正しました.

Marshal::load failed at built-in class(ruby-1.6)
16847 [adzumi@de pa] 例えばインスタンス変数を追加した Array のインスタンスを Marshal::dump
16857 [matz@ru y- a] w_uclass()でCLASS_OFでチェックするのがよくないようです。1.7

EPIPE の検出に失敗
16849 [tommy@tm m. ] 多分既出じゃないと思うので報告します。
16856 [matz@ru y- a] 取り込みます。

make error on debian potato
16868 [wakou@fs ne ] 4/11 あたりの変更で、debian potato で make できなくなったようです。
16872 [nobu.nakada@] これです。
16902 [wakou@fs ne ] なるほど。しばらく待ってみても他のコメントが付かないという事は、それ以
16905 [eban@os ri .] 2.50以降のマクロを持ってきて使うという方法もありますが、
16917 [wakou@fs ne ] ああ、なるほど。

Makefiles dependency
16869 [nobu.nakada@] Makefile.inを変更したりconfigureをやり直したりしても、自動的に
+ 16870 [eban@os ri .] Makefileを更新しても反映されるのは次回からだから。
| 16873 [nobu.nakada@] たしかにそれが厄介なところなんですが。GNU makeは読み直すようで
| 16878 [eban@os ri .] たぶんGNU makeだけの拡張機能だと思います。
| 16880 [nobu.nakada@] ですよね。なら、他のものをMakefileに依存させるんでなければ問題
| 16882 [eban@os ri .] 悪くはならないけど、GNU make以外の環境ではよくもならないので、
| 16884 [nobu.nakada@] というか、ext/extmk.rbのほうに限っても、configureしなおしても反
| 16906 [eban@os ri .] あ、ext/extmk.rbは最初から反対してないです。
| 16908 [nobu.nakada@] あれ、recheckだと--no-createがつくのでMakefileは更新されないよ
| 16910 [eban@os ri .] ぐはぁ。ほんとだ。もの凄い勘違いしてたようです。
| + 16911 [nobu.nakada@] では。
| + 17526 [zn@mb .n ft ] このあたり([ruby-dev:16910])で話にでていたMakefileやext/extmk.rbの
|   17565 [eban@os ri .] いろいろ考えたんですが、やっぱfalseで止めたほうがいいのかな
+ 16871 [nobu.nakada@] 思い出したのでついでに書いときますが、mingw32ではオブジェクトファ
| 16875 [matz@ru y- a] winな人たちがこのほうがよいということならコミットしてくださ
| 16881 [nobu.nakada@] Winな話というよりはmingw限定の話なので、わたなべさんにお任せ。
+ 16874 [matz@ru y- a] makeはふつうMakefileを読み直さないからという以上に理由はない

compile failure in process.c, setpgrp() & setpgid()
16894 [ryoh@ja st a] NetBSD でコンパイルが process.c のところで止まってしまいます.
+ 16895 [kjana@dm la ] 実はよく知られた autoconf-2.52 のバグで 2.53 以降では直っているという
| 16903 [ryoh@ja st a] おおっと, そうでしたか. すみません.
| 16915 [taca@sk .y m] なりましたね。
+ 16896 [usa@os .a t.] '[ruby-dev:16894] compile failure in process.c, setpgrp() & setpgid()'

Struct::*#each_pair
16904 [knu@iD em ns]  Struct::*#members が返す配列ではメンバ名はみな文字列化されて
16907 [matz@ru y- a] 新井さんの指摘で気付いてはいました。

Regexp#to_s
16909 [shugo@ru y- ] 名前はto_regexpではまずいような気もしますね。
16912 [akr@m1 n. rg] たしかに to_regexp だと Regexp のインスタンスを返すような雰囲気を醸し
16931 [zn@mb .n ft ] //s のようなkcodeが指定されている正規表現が他のkcodeの
16934 [akr@m1 n. rg] 将来(m17n)的には、生成した文字列に s に対応するコードが付与され、それ
16938 [shugo@ru y- ] String#+などと似たようなものですね。
16939 [akr@m1 n. rg] はい。括弧の増加を防がないと normalization の雰囲気が出ませんね。
16947 [shugo@ru y- ] そう考えると悪くないですね。
16950 [matz@ru y- a] うっ、聞いてなかった。(読み返す....)
16951 [akr@m1 n. rg] 実装しました。
+ 16952 [matz@ru y- a] すばやい。感心しました。
+ 16953 [shugo@ru y- ] pオプションは対応しなくてよいでしょうか?
| 16954 [akr@m1 n. rg] これは迷ったんですが、新しいコードに obsolete なものをいれるのはいやだ、
| + 16955 [matz@ru y- a] 対処しなくていいでしょう。
| + 16956 [shugo@ru y- ] これを機に1.7ではpオプションをなくしてしまう、とか。
|   16957 [matz@ru y- a] いや、一瞬そう思ったんですが、そうすると 1.6 から直接 1.8 に
|   16958 [eban@os ri .] /pの警告はたしか1.5から出してるので、もう十分でしょう。
|   16959 [matz@ru y- a] 前田さんにも同じことを指摘されました。確かに。
+ 16960 [nobu.nakada@] 余分な(?:)を付けないようにしてみましたが、ここまですることもな
  + 16961 [akr@m1 n. rg] うぅむ。パターンのパーザを書き直す気でやらないと完全にならないような。
  | 16962 [nobu.nakada@] どのへんが抜けてるでしょう。
  | 16963 [akr@m1 n. rg] 気がついたのは character class です。
  | 16968 [nobu.nakada@] うむむ。
  | 16971 [nobu.nakada@] もう[ruby-dev:16960]が入ってしまったようなので、こっちも当てと
  | 16972 [matz@ru y- a] あ...、ホントは手元で試してたのを間違えてコミットしちゃった
  | 16973 [nobu.nakada@] あれま。
  + 16964 [matz@ru y- a] えーと、どういうケースで(?:)がつかないんですかね。
    16965 [akr@m1 n. rg] perl でもそうなんだからおっけーおっけー。
    16966 [matz@ru y- a] あ、でもそれは結構気が休まるかも。
    16970 [shugo@ru y- ] Perlに弱いらしい(^_^;
    16974 [akr@m1 n. rg] 1. 有無を言わさず括る。
    16975 [nobu.nakada@] 5. コンパイルされたパターンから正規表現に戻す。
    16977 [akr@m1 n. rg] regex のバイトコードを文字列にするわけですか? disassemble して。

SEGV at call Proc with nested massign.
16918 [nobu.nakada@] ネストしたProcの引数にArray以外のものを渡すとSEGVします。
16922 [matz@ru y- a] コミットしてくださいませんか?

Module::new with block is useful?
16923 [adzumi@de pa] 1.7 で Module::new(Module#initialize) に、ブロック付きで呼ばれたら
16924 [matz@ru y- a] トップレベルで無名クラスを作ることを想定しています。
+ 16925 [adzumi@de pa] トップレベルで無名クラスを作ることってそんなにあるかなと思って
+ 16967 [JCA02266@ni ] このケースで、nested method definition にする理由ってあるの
  16969 [matz@ru y- a] 'nested method definition'の検出を行っているのはコンパイル時
  16979 [JCA02266@ni ] なるほど、考えが浅かったです。

Re: onigd20020416
16930 [knu@iD em ns]  鬼車の新版 20020416 が小迫さんから届きましたので、 FTP サイトの

Iconv
16943 [akr@m1 n. rg] 理解しました。「以降」というところがわかっていませんでした。ふむ。
16944 [nobu.nakada@] なるほど。統一しようと思い立っても踏み切れない違和感はそのへん
16946 [akr@m1 n. rg] 件の用途では要らないですね。変換に成功したところはそのまま出力されれば

narray (Re: ライブラリ拡大計画)
16976 [gotoken@no w] NArrayが標準添付だったらいいないいなという話をここのところよ

Re: [rubyist:1343] Re: another sample for the Method
16978 [JCA02266@ni ] バグ報告と仕様検討のリクエストということで ruby-dev へ。
+ 16980 [nobu.nakada@] こうですか。
| 16982 [matz@ru y- a] 手元ではrb_check_convert_type()を使って変換しました。
+ 16981 [matz@ru y- a] 最新でも落ちましたからご心配なく。^^;;;

depend on mkmf.rb
16983 [usa@os .a t.] nmake 使用時、extmk.rb では depend ファイル内の素の *.[ch] に
16984 [nobu.nakada@] うー、すいません。そこまで考えてなかっただけに一票。その時期だ
16985 [usa@os .a t.] '[ruby-dev:16984] Re: depend on mkmf.rb'

Proc#to_proc
16986 [nobu.nakada@] Proc#to_procがないのでmake testが失敗します。変換する前にProcか
16987 [matz@ru y- a] それがよいと思います。コミットお願いします。

making Proc in C (Re: [rubyist:1356] Re: another sample for the Method)
16989 [nobu.nakada@] これ、どうでしょうか。拡張ライブラリを書くときにしか関係ないで
16990 [matz@ru y- a] あってもよいと思いますけど、もしできるならもうちょっと
16991 [nobu.nakada@] rb_make_proc()とか? あるいは、メソッドではないのであまりよくな
16992 [matz@ru y- a] rb_str_new()などからの類推だと後者のほうがよいでしょうか。
16993 [nobu.nakada@] たしかにそう考えると自然かも。

once 標準添付の案
16994 [crouton@we t] once.rb (とfunc.rb) (ふなばさん作: http://www.funaba.org/ruby.html#once)
16995 [tadf@kt ri .] 今になってこんな話があろうとは。かろうじて可能性がありそうなのは once
16996 [matz@ru y- a] onceについては機能としてはあったほうがよいと思っています。た
16997 [tadf@kt ri .] そうなんですよね。一般にオススメできるか微妙です。

exit in extconf.rb
16998 [nobu.nakada@] dlfcn.hもwindows.hもない環境では、ext/dl/extconf.rbでexitされて
16999 [matz@ru y- a] それには反対はしませんが、extconf.rbの中でexitを呼んじゃうと
17000 [nobu.nakada@] 標準ライブラリはext/extmk.rbからロードされますから確かにまずい
17001 [ttate@kt ja ] すいません,extmk.rbのことを全く考えていませんでした.

strict prototype for c++
17002 [ttate@kt ja ] C++では,intern.hの中の rb_gc_mark() のようなものは引数なしの関数
+ 17003 [ttate@kt ja ] ruby-1.6での話です.1.7ではありません.
+ 17004 [knu@iD em ns]  他の関数と同様に
  17005 [ttate@kt ja ] はい,もちろんその方がよいと思います.以前にも同様の議論があり,
  17006 [knu@iD em ns]  そうかあ。確かにバグではないけど、各種プラットフォーム・処理系
  17007 [matz@ru y- a] んじゃ、どうぞ。
  17008 [knu@iD em ns] ありがとうございます。Commitしました。

[PATCH] "unexpected return" for class C<1
17009 [aamine@mx ed] 以下のスクリプトを実行するとスーパークラスのところで
17010 [matz@ru y- a] ありがとうございます。コミットしてください。でも、メッセージ
17011 [aamine@mx ed] このメッセージで 1.6 1.7 ともに入れました。

unbaranced PUSH_ITER/POP_ITER
17012 [aamine@mx ed] こっちは落とせなかったのですが、以下のところがたぶん変です。
17014 [matz@ru y- a] 確かに。じゃあコミットお願いします。

building Ruby/DL takes forever
17013 [knu@iD em ns]  Ruby/DL のビルドに異様に時間が掛かる問題ですが、 Import-0.1 を
17015 [ttate@kt ja ] # sparcでも動いたのですね… 試すことも怠っていました.

proc{|a|}.arity again
17016 [sinara@bl de] いつからか、proc{|a|}.arity が -2 から -1 に変わりましたよね。
17020 [matz@ru y- a] arityの定義は(-必須引数の数-1)です。proc{|a|}は0個の引数を受
17034 [sinara@bl de] proc{|a|} が0個の引数を受けるとnilを得るわけですね。
17035 [matz@ru y- a] しかし、それでは(多重)代入のセマンティクスを捨てることになり

標準添付案
17017 [zn@mb .n ft ] * Devel::Which
+ 17018 [nobu.nakada@] 入れる前にちょっと細かいところを直しておこうと思って、そのまま
+ 17019 [knu@iD em ns]  先日 #ruby-lang でも話題になったのであとで見てみます。
  17021 [gotoken@no w] 作者としては標準添付になることを歓迎します。
  + 17022 [knu@iD em ns]  FreeBSD ports の devel カテゴリはごった煮状態です。他に適切な
  | + 17023 [nobu.nakada@] # 證券取引コンポーネント?:)
  | + 17024 [nakahiro@sa ] ライブラリじゃなくて単体ツールとして動くようにして。
  | | + 17028 [zn@mb .n ft ] 今のところはirb上でwhich_libraryしか使っていないので
  | | + 17030 [gotoken@no w] それは sample/devel/which.rb を作るということでしょうか? 多
  | + 17029 [gotoken@no w] いろいろ内省してみたところ開発というよりはRubyそのものを調べ
  + 17025 [horinout@ku ] 作者の田中さんが、ruby-dev に入ってないとか?
  + 17026 [masa@ir is s] 田中です。一応 blade は見てます。
    17027 [horinout@ku ] どう変えたいとか、どこををどんな風に改良したいといったことをポス

double acosh
17031 [eban@os ri .] acoshなどがない場合を考えてconfigure.inのAC_REPLACE_FUNCS
17032 [nobu.nakada@] math.cだけだとまずいですか。
17033 [eban@os ri .] 他で使いたくなったときに困ります。
+ 17036 [matz@ru y- a] 使いたくなったときにはそれらのファイルに
| 17039 [eban@os ri .] 使いたくなった人が覚えていられるか、というか、そんな事実を知
| + 17041 [matz@ru y- a] あ、それ良さそう。コミットしてください。ついでにMANIFESTにも
| | 17042 [eban@os ri .] 確認ですが、ruby.hに
| | 17044 [matz@ru y- a] はい。
| + 17058 [nobu.nakada@] mswin32用のパッチです。strtod()で警告がうるさいので、
|   + 17062 [matz@ru y- a] そういえば夕べ(というか今朝早く)strtodはmit-pthreadからもらっ
|   | + 17067 [nobu.nakada@] これはすべてのプラットフォームで? いっそのこと、'_'の読み飛ばし
|   | | 17071 [matz@ru y- a] すべてのプラットフォームでです。strtodはヨーロッパ系のロケー
|   | | 17078 [nobu.nakada@] そういえば、日本でも「コンマ何秒の差」みたいないい方はしますが、
|   | | 17082 [matz@ru y- a] なかださん、やります?
|   | | 17083 [nobu.nakada@] うむむ。まぁ、とりあえず宿題にしといてください。できるかどうか
|   | | 17087 [matz@ru y- a] ま、そういうことですね。数値 -> 文字列のほうは「%g では末尾
|   | + 17068 [taca@sk .y m] NetBSDやOpenBSDとか(たぶんFreeBSDも)から持ってくると、広告条項は付いて
|   |   17076 [matz@ru y- a] NetBSDやOpenBSDには付いていませんでした。でも、full-featured
|   |   17077 [matz@ru y- a] ちょっと考えた末、もともとmissingに添付していたTcl由来のもの
|   + 17094 [usa@os .a t.] commitして頂けませんか?
|     17099 [nobu.nakada@] できれば、同じconfigure.inやMakefile.inで済ませたいんですけど、
|     17100 [usa@os .a t.] 構わないと思います。
+ 17038 [nobu.nakada@] ruby.hでもまずくはないと思いますが、missing/hypot.cや
  17040 [eban@os ri .] 定義側は確かに意味はないんですが、使う側で宣言が必要なんです。
  17043 [nobu.nakada@] あいや、ヘッダに出す意味ということですが、missingの宣言をruby.h

here document2 つで __LINE__ がずれる
17037 [zn@mb .n ft ] 同じ行でhere documentを2つ使うと行番号がずれます。
17045 [nobu.nakada@] こんなとこで。
17046 [matz@ru y- a] ああ、今晩デバッグしようと思ってたのに。
17047 [nobu.nakada@] すいません。^^;

Dir.glob with escaped wildcard
17048 [nobu.nakada@] Dir.globの1.7 featureとして
+ 17049 [JCA02266@ni ] [ruby-list:31272] あたりの話ですね。ドキュメントを更新すべき
| 17050 [usa@os .a t.] '[ruby-dev:17049] Re: Dir.glob with escaped wildcard'
+ 17051 [matz@ru y- a] むむむ、んじゃ、これもコミットしてください。

Re: [ruby-list:35051] Re: FILE_READPTR
17052 [nobu.nakada@] じゃ、ruby-devのほうに振ります。
17084 [dai@sw et ar] なるほど。
17085 [nobu.nakada@] ネットワークドライブで問題を確認できたので、一応それに合わせて

socket in Win32
17053 [nobu.nakada@] [ruby-talk:40015]のmswin32でマルチスレッドでselectを使ったとき
+ 17055 [eban@os ri .] mingw32だとこんな感じです。だいたいよさそうですが、
| 17056 [eban@os ri .] TCPServerを忘れてました。
| 17057 [nobu.nakada@] すいません、これは私のミスでした。my_open_osfhandle()が単なる
+ 17061 [nobu.nakada@] ext/socket/socket.cでdup()しているせいでした。myfddup()ではハン
  17064 [matz@ru y- a] たぶん大丈夫だと思うけど、テストしないと確信はないです。
  17065 [nobu.nakada@] なんでdup()しないようにしたんでしたっけ。1.38(2001/02/13)で削ら
  17069 [matz@ru y- a] ちょうど1.7のIO部分をいろいろいじっている頃で、dupしなくても
  17073 [usa@os .a t.] '[ruby-dev:17069] Re: socket in Win32'
  17079 [nobu.nakada@] Socket#initializeでdupしなくても、IO#cloneでやっぱりdupされると
  17080 [nobu.nakada@] つーか、myfddup()って1.6のsocket.cの一ヶ所でしか使われてないで


17054 [makise@cs me] # chaddr makise@cs.meiji.ac.jp ymakise@nifty.com

[PATCH] mswin32 configure
17059 [nobu.nakada@] ...
+ 17103 [nobu.nakada@] これだけだとリソースファイルのInternalNameとOriginalFilenameに
+ 18251 [usa@os .a t.] 4ヶ月前のメールに今頃気付きました。すみません。
  18252 [eban@os ri .] いまいちよくわかってないんですが、
  + 18254 [nobu.nakada@] そうです。理由は…なんでだったっけ、bcc絡みかな?
  | + 18255 [nobu.nakada@] これでもいいのかも。
  | + 18257 [usa@os .a t.] '[ruby-dev:18254] Re: [PATCH] mswin32 configure'
  + 18258 [usa@os .a t.] '[ruby-dev:18252] Re: [PATCH] mswin32 configure'
    18260 [usa@os .a t.] 全部commitしました。
    18271 [konishih@fd ] resはいらんよなー、とさぼってました。
    18275 [konishih@fd ] 対処しました。 結局BRC32.exeではうまくいかず、リンクをbcc32.exeでやって

rb_warn
17060 [tadf@kt ri .] 1.7 で、#indexes をつかうと、#select をつかえと言われますが、rb_warn
17063 [matz@ru y- a] 1.8.1あたりでなくなりそうなメソッドを使った場合にrb_warnを使っ
17066 [tadf@kt ri .] 安定版 1.8.0 で登場して、1.8.1 までに徹底させるということですか。1.8
+ 17070 [matz@ru y- a] 嫌になってプログラムの書き換えが進むことが目的ですから。
| 17072 [tadf@kt ri .] そう言われると何とも言えませんが、もし、RAA あたりから引っぱってきた他
+ 17074 [adzumi@de pa] で、ふと思ったのですが、1.8.1 ではなくて、1.9.1 ですか?
  17075 [matz@ru y- a] 1.8.1は決定ではありません。重要なのは移行期間を置くという点

#!ruby -v で二重表示
17081 [zn@mb .n ft ] 一度なおしてもらった気がするのですが、1.6の方では
17197 [eban@os ri .] 1.7からbackportしました。
threads.html
top