16586-17236

16289-18533 subjects 16845-18275

Re: [ruby-cvs] ruby/ext/socket: * ext/socket/socket.c (bsock_do_not_rev_lookup_set): should not be
16586 [eban@os ri .] どうもこの変更で
16589 [matz@ru y- a] socket.cのsock_addrinfo()で

Re: [ruby-cvs] ruby/ext, ruby: * ext/extmk.rb.in (arg_config): get rid of single quotes for autoconf 2.53.
16587 [nobu.nakada@] 空白が入る場合を考えると、splitよりもshellwordsを使ったほうがよ

Oniguruma and multibyte character literal
16593 [maki@ru yc l] [ruby-talk:36677] あたりを見て思ったのですが、Onigurumaでは、
16594 [matz@ru y- a] 将来(M17N?)のRubyでは、256を越えるコードポイントを指定する方
+ 16596 [nobu.nakada@] ちなみに、この記法で\x{0012}なんてしたときには、やはり2バイト占めるこ
| 16603 [matz@ru y- a] コードポイントはバイト表現ではなく、「数値」なんでそういうこ
| 16617 [nobu.nakada@] \x{}では、コードポイントを有効なバイト表現にエンコードする、ということ
| 16620 [matz@ru y- a] そういうことです。
| 16649 [nobu.nakada@] うむむ。めんどくさっ。
| 16743 [nobu.nakada@] 間抜けだ…。
+ 16598 [kosako@so ne] 残念ながら、書けません。
+ 16605 [toyofuku@ju ] まつもとさん
| 16607 [matz@ru y- a] 現在の実装では31bitですね。上限がないと現実的には実装できま
| 16610 [toyofuku@ju ] まつもとさん
+ 16614 [maki@ru yc l] 高橋征義です。まとめてお返事します(_o_)
  16632 [kosako@so ne] 実装できるかどうか、とりあえずやってみます。
  16634 [matz@ru y- a] m17n.cを使っていればm17n_mbcputを使えばわりと楽に実装できそ

Re: [ruby-cvs] ruby, ruby/ext/bigfloat: * ext/bigfloat/extconf.rb: Downcase the module name. (BigFloat.so
16597 [nobu.nakada@] ということなら、Init_bigfloat()にしないとLoadErrorになるんです

VC++.NET compile patch
16601 [HGC02147@ni ] ruby-1.7 snapshot(2002.3.24) をVC++.NETでコンパイルしてみた所、
16602 [usa@os .a t.] [ruby-talk:36459]・[ruby-talk:36474]の話と同じですね。

Re: onigd20020325
16604 [knu@iD em ns]  昨日、小迫さんより鬼車の 20020325 版をいただき、 in.coming への

control uid/gid
16609 [nagai@ai ky ] 現実逃避で,メソッド名等を考え直してみました.
16883 [nagai@ai ky ] [ruby-dev:16609] のプランに基づいて実装してみたパッチです.

socket.c/sock_addrinfo()
16633 [tetsu@jp .h ] ruby 1.7.2 2002-03-26 以降での話
16635 [matz@ru y- a] むう、これを指定しないと動かないケースがあるので指定したので
16638 [tetsu@jp .h ] になると思います。
16639 [matz@ru y- a] こんな感じでどうでしょう?
16640 [tetsu@jp .h ] まつもとさんありがとうございます。

-L for iconv
16636 [akr@m1 n. rg] FreeBSD で --prefix つきで Ruby を install するときに、ext/iconv を使
+ 16637 [akr@m1 n. rg] あ、手動で作りなおした時は -L/usr/local/lib だけじゃなくて -liconv も
+ 16641 [nobu.nakada@] configureは外部から与えられるLDFLAGSを無視してます。
  + 16642 [matz@ru y- a] ...
  + 16643 [usa@os .a t.] それでは。
  + 16644 [akr@m1 n. rg] ふむ。無視というのは ext 以下についてですか?
    16645 [nobu.nakada@] ruby自体についても、環境によりますがかなり無視してます。

io.c compile error
16648 [nobu.nakada@] これは単なる間違い? とくになにか変更途中というわけではないです
16650 [matz@ru y- a] 勘違いです、すいません。
16651 [nobu.nakada@] [ruby-talk:36971]もいいかも。
16658 [matz@ru y- a] そのほうがDRYの原則に従っているようですね。

[OniGuruma] nested repeat operator
16652 [kosako@so ne] [ruby-talk:36959]で指摘された
+ 16653 [nobu.nakada@] 仕様としては、OniGurumaでは結合順序を変更しない(?:)は消される、
| + 16654 [nakahiro@sa ] ます)
| | + 16657 [kosako@so ne] 1.6.6 or 1.6.7でも動作します。
| | + 16660 [nobu.nakada@] というか、バックトラックが無用に増えたりしませんか。
| |   16665 [nakahiro@sa ] バックトラック増えるかな。。。と試していたら
| |   16666 [nobu.nakada@] あ、ひょっとして激しく回りくどいことしてるのは、そのせい?
| |   16670 [nakahiro@sa ] 1998-01-16のinitialからindex? -> splitなんですが、
| |   16673 [nobu.nakada@] ドライブレター対応?
| |   16678 [nakahiro@sa ] かも。
| |   + 16679 [matz@ru y- a] すいません。単になんにも考えてないだけです。
| |   + 16682 [nobu.nakada@] あー、なるほど。こうかな?
| |     16684 [nakahiro@sa ] む。よさそうです(二度目
| + 16656 [kosako@so ne] nobu.nakada@nifty.ne.jpさんの
+ 16655 [matz@ru y- a] これはどういう意図なのでしょう。なんとなくどちらもエラーのよ
| + 16663 [kosako@so ne] Yukihiro Matsumotoさんの
| | 16664 [matz@ru y- a] なるほどねえ。でも、使いやすさの観点からはそろえておいたほう
| | 16685 [kosako@so ne] エラーを出す条件をGNU regexに合わせました。
| + 16671 [zn@mb .n ft ] 1.6.7 (2002-03-19)で /a????/ のような「?」の連続は
|   16672 [matz@ru y- a] うれしいかもしれませんねえ。
+ 16669 [akr@m1 n. rg] ふと思ったんですが、
  16676 [kosako@so ne] 確かにそうですね。考えてもみませんでした。
  16677 [akr@m1 n. rg] あと、(?:a+)? が 1, 2, 3, ..., n, 0 かな?
  16709 [kosako@so ne] 全部の組み合わせを考えた結果、
  + 16710 [kosako@so ne] <20020402043641.5E1F6783@helium.ruby-lang.org>から
  | 16760 [kosako@so ne] <20020402044204.239DF783@helium.ruby-lang.org>から
  + 16716 [akr@m1 n. rg] ふむ。(?:a+)? は a* と同じでは?
    16719 [kosako@so ne] うっかりしていました。同じです。
    16722 [akr@m1 n. rg] えぇと、なんでこれだけ変換するんでしょう? 最適化のためなら、たとえば
    16726 [kosako@so ne] 最適化はしない、ユーザが自分でやればよい、
    16727 [akr@m1 n. rg] なるほど。

lib/mkmf.rb: configure_args and arg_config
16659 [nobu.nakada@] lib/mkmf.rbに対する以下のパッチです。
+ 16661 [nobu.nakada@] 補足。
+ 16662 [matz@ru y- a] コミットしてください。extmk.rbとmkmf.rbの統合をいつかやりた
  16667 [nobu.nakada@] たしかに。
  16668 [nobu.nakada@] じゃないや。cvs upしてないほうを見てました。そのまま当てときま

assignment nil to $~
16697 [akr@m1 n. rg] % ruby -e '$~ = nil'
16699 [matz@ru y- a] いいえ、nilも正当な値でしたね。直します。
16700 [akr@m1 n. rg] なるほど。
16701 [matz@ru y- a] 今のところないです。binding(n=0)が実現すれば外のスコープにも
+ 16702 [akr@m1 n. rg] うぅむ。わかりました。
| 16703 [matz@ru y- a] 修正しておきます。
+ 16704 [akr@m1 n. rg] ふと、

includedir
16708 [nobu.nakada@] Makefile.in, ext/extmk.rb.in, lib/mkmf.rbでCPPFLAGSに必ず
16712 [matz@ru y- a] 理由はあんまり覚えてないです。prefixを指定するようなケースで
16713 [eban@os ri .] ruby-1.1b9_14で入りました。
16714 [matz@ru y- a] なんでなんだろう?
16717 [nobu.nakada@] 1.6のほうはどうしましょう。
16723 [matz@ru y- a] こっちも削ろうか。
16724 [nobu.nakada@] 削っちゃっていいんじゃないですか。

Re: onigd20020402
16711 [knu@iD em ns] [Cc: ruby-dev]

URI::Generic#user=(user)
16728 [zn@mb .n ft ] 他にも代入するメソッドは代入したものを返すようにした方が

sharing sub-regexp
16732 [akr@m1 n. rg] Oniguruma についてひとつ要望があります。
+ 16733 [akr@m1 n. rg] あ、書き忘れました。
| 16735 [kosako@so ne] いくつか心配な点があります。
| 16751 [akr@m1 n. rg] 私の知る限り既存の正規表現パッケージにはこのような機能は存在しないので、
+ 16744 [kosako@so ne] サイズが問題だから共有するということは、
  16746 [matz@ru y- a] 名前。Pythonと.NETのそれぞれで正規表現にこの機能が追加されて
  16753 [akr@m1 n. rg] えぇと、この Python や .NET のは shy group を含まないので微妙にずれて
  16755 [kosako@so ne] Pythonについてだけ、リファレンスマニュアルを見て確認しました。
  16756 [akr@m1 n. rg] .NET のは(もともと zt日記で知ったのですが)
  16822 [kosako@so ne] <, >は、HTML, XMLタグでよく使用されるので、{, }を使いたい気がします。
  + 16823 [matz@ru y- a] タグに使われているというのはあまり関係ないのでは。 <, > をメ
  + 16831 [akr@m1 n. rg] おぉ、: をつけるというのはいいですね。
    16863 [akr@m1 n. rg] 考えてみました。
    + 16876 [zn@mb .n ft ] によると (?!) がマッチしないパターンとしては
    + 16877 [shugo@ru y- ] class Regexp
    | 16887 [akr@m1 n. rg] 問題はまさにそこでして。パターンとしての文字列が欲しいという意図を展開
    + 16885 [kosako@so ne] すいません。前のメールで置換と書いたのは誤記で、Rubyスクリプト上での参照
      16886 [akr@m1 n. rg] String#sub や String#gsub の第2引数の中で capture した文字列を参照する
      16933 [kosako@so ne] そうですね。同意します。

session.rb: in `update': undefined method `each' for nil
16745 [akira@ar ka ] ruby-listのcgi/sessionについての
16748 [matz@ru y- a] そのように。

Parametric Class (Request)
16750 [sinara@bl de] クラス変数の利用法の一つにパラメトライズド(パラメトリック)クラス

===
16757 [knu@iD em ns]  Array, Hash, Proc などで、 === が以下のように定義されていると
+ 16758 [aamine@mx ed] かつて when *list という表現がなかったころ、when に配列を
| 16759 [knu@iD em ns]  なるほど。
+ 16762 [matz@ru y- a] Arrayについては以前にもごとけんさんから提案があったことがあ
  16763 [kjana@dm la ] 1.1b? あたりではあっさり採用されたのに :-)
  16764 [knu@iD em ns]  Proc の方は、妙案が思い付くまでは封印します。
  16788 [matz@ru y- a] Perl Exegesis 4に"super match operator"が登場していますね。

StringIO
16761 [tadf@kt ri .] すでに、どこかで出ていそうな話ですが、1.7 の String と StringIO につい
16786 [nobu.nakada@] Stringを直接使うのに比べると、余計なチェックが入る分遅くなって
16802 [tadf@kt ri .] なんでかなあ、と思って、Linux でも試してみました。Linux では、なかださ
+ 16803 [nobu.nakada@] うーん、システム固有の癖? となると、ちょっとボトルネックが分か
| 16804 [tadf@kt ri .] およそ 19.5 秒程かかっていたものが、1.5 秒程になりました。劇的といって
| 17221 [wakou@ru y- ] 少し前の話題になりますが、StringIO 素晴らしいですね。
| + 17222 [akr@m1 n. rg] % ruby -e 'open("tst", "w") {|f| f.print "a"; p f.stat.size}'
| | + 17225 [nobu.nakada@] それは賛成ですが、とりあえずこんなのも作ってみました。
| | | 17226 [akr@m1 n. rg] うぅむ。これはちょっとよろしくないんじゃないですかねぇ。
| | + 17227 [nobu.nakada@] f2があるのはpipeかsocketなので、どっち使っても意味はないような
| + 17230 [matz@ru y- a] 田中さんも指摘している通り、「IO#stat.size」はちょっと(いや、
|   + 17231 [akr@m1 n. rg] 思う人が他にもいるかどうかという点についていえば、私も
|   | 17236 [wakou@ru y- ] 必要と感じた理由をあまり書かなかったので混乱を起こしてしまいましたが、
|   + 17232 [matz@ru y- a] もうちょっと別の言い方をしてみます。
+ 16808 [knu@iD em ns]  FreeBSD libc の malloc ("phkmalloc") は安全性重視で、バグの
  + 16812 [tadf@kt ri .] なるほど。FreeBSD らしい選択なのかなという気もしますが。
  + 16814 [taca@sk .y m] この事例だけで、端的に「Linux のほうがどこか (メモリ管理とか) 優れて」
    16815 [tadf@kt ri .] あのー、なにかしら、Linux と FreeBSD で違いがある、ということを言って

Set
16765 [knu@iD em ns]  Set というクラスを書いてみました。これは重複なし、順序なしの
16767 [sinara@bl de] とても似たものを私も書いていました。
16769 [knu@iD em ns]  おお。これは本格的ですね。

@ruby-lang addresses
16770 [knu@iD em ns]  今までは、 committer の中の一部の人だけが @ruby-lang.org の

1.7 early access kit (Re: ライブラリ拡大計画)
16773 [zn@mb .n ft ] 以下につけたようなのを作ろうとしてましたが、$_をいじる組み込み関数が
16777 [adzumi@de pa] 私の手元から抜粋。

Ruby 1.7.2 segfault
16776 [metal@mi e. ] 以下のスクリプトがSegfaultしました。
16780 [nobu.nakada@] 単にraise SystemExitでも落ちますね。
16781 [matz@ru y- a] 手元では別の修正をしていましたが、こっちのほうが良さそうです
16782 [nobu.nakada@] @statusがないときというのはraise SystemExitですが、raiseしてい
16783 [matz@ru y- a] そんな感じです。exitしておいてstatusが未初期化というのは正常
16784 [nobu.nakada@] となると、やっぱりabort_on_exceptionのときもstatusくらいは初期
16785 [matz@ru y- a] それはちょっと考えたんですが、どうせabort_on_exceptionの場合
16787 [nobu.nakada@] そういう気がして来ました。abort_on_exceptionではexitとは違って、

Ruby Shim
16790 [knu@iD em ns]  1.7 early access kit という仮称で提案した構想ですが、先ほど
+ 16792 [nobu.nakada@] これ、cvsupで持って来られないみたいなんですが、設定間違ってます
| 16793 [knu@iD em ns]  すみません。CVSup の設定を更新するのを忘れていました。
| 16795 [nobu.nakada@] できました。
+ 16796 [JCA02266@ni ] 必要なもの(必要でないもの、微妙な仕様変更、実装が無理なもの
| + 16798 [zn@mb .n ft ] injectの引数省略は後からだったので。
| | 16801 [knu@iD em ns]  実装しました。デフォルト値を指定する方法だと初期値にその値を
| + 16799 [knu@iD em ns]  これはすごい。たいへん助かります。
| | + 16818 [JCA02266@ni ] では、アイデアというかなんというかボツネタです。
| | | 16830 [knu@iD em ns]  こういうケースはいろいろありますね。組み込みクラス内では、
| | + 16862 [JCA02266@ni ] 以下、追加ということで。
| |   16865 [knu@iD em ns]  どうもありがとうございます。あとで入れておきます。
| |   16866 [JCA02266@ni ] 改行コードまで意識して/m を使いつつ、$ を使ってしまった(^^;
| + 16913 [nobu.nakada@] おそらくこのへんは無理じゃないかと思います。
|   + 16914 [nobu.nakada@] しまった。間違ってこれもciしてしまいました。
|   + 16916 [knu@iD em ns]  そうですねえ。次回、 ToDo を更新するときにマーク入れときます。
|     16919 [nobu.nakada@] 違いといっても、#yieldは引数の数が合っていなくてもエラーになら
|     16920 [knu@iD em ns]  avalue->svalue->mvalue 変換をする/しないの違いがあるようです。
|     + 16921 [nobu.nakada@] 見落としてました。
|     + 16927 [sinara@bl de] 結局、多重代入とProc#callとyieldとメソッド引数とブロックパラメータ
|       + 16928 [akr@m1 n. rg] 作者の頭の中になんらかの仕様はあるものの、ドキュメントはなく、他の人に
|       + 16929 [matz@ru y- a] callは引数の数があっている必要があり、yieldは数のチェックは
+ 16797 [nobu.nakada@] ファイルはフィーチャー単位じゃなくてクラス/モジュール単位? とり
| 16800 [knu@iD em ns]  クラス・モジュール単位の方が、分け方が自明でいいだろうと思って
+ 16832 [knu@iD em ns] (要望や実装、考察、ほかにもあるぞ等は随時歓迎)
  16926 [knu@iD em ns]  このうち、 bigfloat, iconv, stringio を除くすべてを shim に
  16932 [nobu.nakada@] やっときます。ただ、iconvのインターフェースをちょっと変えたいと

remove_const: cannot remove constant
16816 [JCA02266@ni ] Module#remove_const で、組込みクラスや autoload 中の定数を削
+ 16817 [nobu.nakada@] やっぱりautoloadは[ruby-dev:16180]あたりをベースにリファインし
| 16821 [matz@ru y- a] autoloadをリファインした方が良いという意見には比較的賛成なの
+ 16819 [matz@ru y- a] 「望んで」ではないですが仕様です。実装上の制限と呼んでもよい
  16827 [JCA02266@ni ] 〜略〜

math.c 1.10
16833 [usa@os .a t.] math.cに追加された acosh ・ asinh ・ atanh ですが、これらの
16834 [matz@ru y- a] やっぱりない環境がありましたか。
+ 16835 [usa@os .a t.] 数学はべらぼうに弱いんですが、sin, cos, log, sqrtあたりから定
| 16836 [nobu.nakada@] sinh(x) = (exp(x) - exp(-x)) / 2
| + 16840 [usa@os .a t.] あれ? ^^;
| + 16841 [matz@ru y- a] ふうむ、甘えついでに acosh, asinh, atanh の定義も聞いてもよ
+ 16837 [eban@os ri .] Hyperbolicの関数の定義はこうなってます。
| 16838 [eban@os ri .] あ、logはexpの間違いです。
+ 16839 [crouton@we t] ruby-mathネタ?
  + 16842 [matz@ru y- a] かも。
  + 16843 [nobu.nakada@] これは、sinhは(0,0)に対して点対称なので、絶対値を取っておいて最
    16844 [matz@ru y- a] これをmissingに入れようかなあと思うのですが、DBL_MANT_DIGが
    16850 [nobu.nakada@] DBL_MANT_DIGってANSIにはありませんでしたっけ。まぁ、なくても多
    + 16851 [usa@os .a t.] '[ruby-dev:16850] Re: math.c 1.10'
    | 16852 [nobu.nakada@] あ、なにかひっかかりますか。
    | 16854 [usa@os .a t.] '[ruby-dev:16852] Re: math.c 1.10'
    | 16858 [nobu.nakada@] そうでした。書いた後で風呂に入ってるときに気づきました。さっき
    + 16855 [matz@ru y- a] やってみないと確認できないんで、これで追加しましょう。
      16859 [nobu.nakada@] 了解。Licenseとかはどうしとけばいいでしょう。勝手にまつもとさん
      + 16860 [matz@ru y- a] missingの下はpublic domainといっておくというのはどうでしょう。
      + 16861 [crouton@we t] ファイル名、acos.cでいいんですか?
        16864 [nobu.nakada@] たしかにそっちのほうが適切っぽいんですが、AC_REPLACE_FUNCSだと
        16867 [matz@ru y- a] そんな無理しなくてもacosh.cでいいんじゃないですか?
threads.html
top