16289-18533

16161-17146 subjects 16586-17236

win32/registry.rb and resolv.rb patch for win32 platform
16289 [tietew-ml-ru] ...

IO#gets improvement
16290 [nobu.nakada@] ...
16291 [akr@m1 n. rg] 水をかけるようで申し訳ないんですが、stdio が捨てられて buffering を自
16294 [nobu.nakada@] たしかにそう思ってたんですが、繋ぎにでもなるかなと。
16549 [nobu.nakada@] わたなべさんにも「IO#gets遅い」とかいわれちゃってるんで、なんと
+ 16566 [eban@os ri .] uClibc 0.9.9ではFILE構造体が公開されてましたが、0.9.10では
| 16573 [nobu.nakada@] てことはREAD_DATA_PENDING()もアウト?
| 16576 [eban@os ri .] uClibcのソースを見れば_UC_FILEの中身はわかるので、でっちあげ
| 16577 [nobu.nakada@] それだとバッファに残ってるときも必ずselect()するので、ブロック
| 16583 [eban@os ri .] 確実に遅くはなるけど、ブロックはしないようです。
| 16584 [nobu.nakada@] w+でpopenしてハンドシェイクとか、起きるとしても結構条件が特殊か
| 16585 [eban@os ri .] uClibcやdiet libc対応はstdioが捨てられるまであきらめよう。
| 16591 [nobu.nakada@] FILE_READPTRとFILE_READENDに追加しといたので、uClibc 0.9.9では
| 16613 [eban@os ri .] bufendだと思ってたんだけどbufreadが正解でした。
| 16615 [nobu.nakada@] あー、たしかに。HAVE_READDATAPENDINGでなければそうするというこ
| 16616 [eban@os ri .] そうです。
| + 16618 [matz@ru y- a] んじゃ、そのように。
| + 16619 [nobu.nakada@] あ、やっぱり。
| + 16627 [nobu.nakada@] なんかちょっと問題があるような気がして来ました。
|   16630 [matz@ru y- a] こっちはある程度しょうがないように思うのですが、
|   16631 [nobu.nakada@] #define READ_DATA_PENDING(fd) 0
+ 16588 [matz@ru y- a] じゃ、どうぞ。

throw away stdio (Re:  Re: IO#gets improvement)
16296 [akr@m1 n. rg] なるほど。
16297 [nobu.nakada@] 近頃ruby-talkでたびたびIOの速度の話が出るので、そういえばgetsは
16300 [akr@m1 n. rg] えぇ。
16301 [nobu.nakada@] 問題になるのは、IOからOpenFileを取り出して何かしているものだけ
16302 [akr@m1 n. rg] えぇ。十分少なければいいんですが、どうなんでしょうね。
16305 [matz@ru y- a] 反しますねえ。実装を直したいところですが、大変そうなので

clean, distclean
16316 [nobu.nakada@] make cleanでextmk.rb cleanが二回実行されます。また、

XMLParserError
16344 [shugo@ru y- ] そういえば、前から気になっていたのですが、XMLParserErrorが
16366 [yoshidam@yo ] 大昔のコードがそのまま残っているだけで,特別な意図はないです。

map in printf format
16351 [nobu.nakada@] Pythonの"%(x)s"形式のフォーマット(正式にはなんて言うんだか?)を
16357 [matz@ru y- a] えーと,前者は要りません。あれは#{}がないPythonなりのハック
16359 [nobu.nakada@] まぁ、そもそも#{}があればprintf系はほとんど要らないというのもあ
18531 [nobu.nakada@] # 忘れるところだった
18532 [matz@ru y- a] ま、それで良いでしょう。
18533 [nobu.nakada@] あ、パッチは00466のですが、00460で指摘された問題ということです。

Is ruby 1.6 stable now?
16358 [knu@iD em ns]  一パッケージメンテナとしての質問ですが、現在の 1.6 は既知の
+ 16365 [matz@ru y- a] はい。
+ 16367 [zn@mb .n ft ] ruby-bugsのPR#269のresolv.rb修正が入ってないようです。
  16370 [akr@m1 n. rg] あの修正はちょっと自明でないところがあるので、しばらく 1.7 で様子を見

添付ライブラリテストスクリプト (was Re: ライブラリ拡大計画)
16361 [nakahiro@sa ] 違う方向の話になりますが。
16364 [nobu.nakada@] /src/lib/testとか/src/testですかね。
16988 [nakahiro@sa ] えらく遅くなりましたが、テストスイートの最初のバージョンが

*.so の autoload
16379 [zn@mb .n ft ] EtcやFcntlなどの*.soをautoloadに設定した後、
16382 [matz@ru y- a] そうか、そういうケースもあるか。だからautoloadは...

VC++ build error in latest CVS
16405 [usa@os .a t.] [ruby-talk:35851] [ruby-talk:35852]で指摘されてる件です。
16413 [matz@ru y- a] Linuxでは問題ないようです。
16414 [usa@os .a t.] NetBSDでも問題なさそうでした。というわけで、commitします。

block local var
16411 [kosako@so ne] コンパイル時点で、ブロック変数かどうかの判定が
+ 16412 [matz@ru y- a] うう、1.6にもありますね。取り込みます。
| 16417 [nobu.nakada@] これ、1.7には?
| 16420 [matz@ru y- a] もちろんとりこみます。まだコミットしてませんが。
+ 16462 [kosako@so ne] すみません。
  16464 [matz@ru y- a] もう取り込んじゃったよ。
  + 16465 [kosako@so ne] その通りです。
  | 16468 [nobu.nakada@] bisonはスタックか、(rubyでは)NODE_ALLOCAに置くので大丈夫でしょ
  + 16466 [nobu.nakada@] local_push(1)でruby_dyna_varsのリンクが途切れます。
    16480 [matz@ru y- a] あー、そうか。んじゃあ、ちょっと直しておきます。

doubled lines in win32/win32.c
16415 [nobu.nakada@] なぜかwin32/win32.cのStartSockets()の最後の三行がダブってるよう
16416 [usa@os .a t.] むむ、いつからでしょうね。

abort with message
16422 [nobu.nakada@] abortにメッセージを指定したときだけensureとか全部すっ飛ばして終
16429 [zn@mb .n ft ] abortの場合、$!.messageは"exit"よりも"abort"の方がいいと思います。
16430 [nobu.nakada@] こういうこと?
16436 [zn@mb .n ft ] そういうことです。
+ 16439 [nobu.nakada@] ruby-talkでもそういう意見はありましたねぇ。いっそのこと、abort
+ 16448 [matz@ru y- a] 型によって分岐するメソッドを増やすくらいなら現状の方がよいと
  16458 [zn@mb .n ft ] 変更するなら
  16460 [matz@ru y- a] これはね。

Re: [ruby-list:34301] Re: Enumerable#inject (Re: しぶらぐっ議事録。)
16423 [JCA02266@ni ] ruby-dev に行ってみます。
16424 [JCA02266@ni ] うぉ、すごく無節操なサブジェクト。もいちど dev へ
16425 [nobu.nakada@] すいません。
+ 16426 [JCA02266@ni ] 揃えるという話なら私からは文句はないですし、その方がお行儀が
+ 16447 [matz@ru y- a] injectを引数省略可にする件とともにコミットしてくださいませんか。

AC_STRUCT_ST_BLOCKS
16427 [masaki.suket] ruby 1.7 を Windows 環境で gcc -mno-cygwin や、gcc -bmingw で
16428 [eban@os ri .] すみません。FreeBSDとNetBSDとLinuxとCygwinでしかチェックしてませんでした。
16434 [masaki.suket] dummy file でOKなことを確認しました。

fileutils?
16431 [eban@os ri .] ライブラリ拡大計画でfileutilsが挙がらないのは、
16474 [aamine@mx ed] はう、すみません。入れようー、入れようー、とずっと思ってるん

Re: [ruby-list:34478] Re: #{} 内の文字コード
16432 [nobu.nakada@] てなわけで、パッチです。
16446 [matz@ru y- a] コミットお願いします。

class variable & inheritance & singlton method / 1.6.7
16433 [sinara@bl de] 次のスクリプトは 1.6.6 と 1.6.7 で動作が異なるのですが、
16445 [matz@ru y- a] はい。ふらふらしてすいません。
16449 [sinara@bl de] あ、継承は間接的にしか関係ないんですね。
16452 [matz@ru y- a] そうです。クラスの特異メソッドの場合、そのクラスのクラス変数
16459 [sinara@bl de] またちょっと定数の扱いに近づいたわけですね。

depend files under ext.
16435 [nobu.nakada@] ext/digestとext/syslogにdependがありません。
16463 [knu@iD em ns]  追加してください。MANIFEST にも要追加?
16467 [nobu.nakada@] あ、MANIFESTを忘れてました。

iconv vs. libiconv
16437 [eban@os ri .] GNU libiconvを使うとlibiconv_というprefixになっていて、
16438 [nobu.nakada@] GNU libiconvってglibc2に入ってるのとは別の実装ですか。試してみ
16440 [eban@os ri .] どうなんだろう?
16441 [nobu.nakada@] たしか以前独自のiconv実装がどこだかにあるという話があったような。
16450 [eban@os ri .] しちゃいました。

ext/stringio/stringio.c return value of check_modifiable()
16451 [usa@os .a t.] ext/stringio/stringio.c の check_modifiable() ですけど、戻り
16453 [nobu.nakada@] たしかに中途半端な状態になってますね。あー、迷うな…。そっちに

Re: ext/iconv does not work with iconv 2.0 (FreeBSD) (PR#273)
16454 [nobu.nakada@] FreeBSDのiconv 2.0で、'iso-8859-1'から'iso-8859-1'へのiconv()で1024バ
16469 [knu@iD em ns]  調査していただいてありがとうございます。メンテナが忙しいらしく、
16470 [nobu.nakada@] どうも。
16472 [knu@iD em ns]  作者からすぐ返事が来て、この実装は冬眠・凍結ということでした。
16473 [nobu.nakada@] おやまぁ。

今時の "Algebra"
16457 [sinara@bl de] 宣伝です。細々と作っている "Algebra"
16461 [sinara@bl de] すいません、宛先間違えました。_o_

configsub.rb, extmk.rb.in(Re: [ruby-cvs] ruby/ext: * ext/digest: add depend file.)
16471 [nobu.nakada@] すいません、間違って余計なのまでコミットしちゃいました。戻した

mswin32 configuration
16486 [nobu.nakada@] 先日「mswin32でconfigurationをカスタマイズするにはどうすればい
+ 16487 [matz@ru y- a] 中村さんが確認できたらこのパッチを取り込んでもよいですよ。
+ 16488 [usa@os .a t.] mandir が $(prefix)/man から $(datadir)/man に変更されてます
  16489 [nobu.nakada@] linux用に自分で作ったconfig.statusを元にしてしまったもので。
  16490 [usa@os .a t.] 特に変える理由がないなら、元のままの方がいいような気がします。
  16491 [nobu.nakada@] 了解。
  16493 [usa@os .a t.] えーと、今までは、DESTDIRを指定しなければ、/usr にインストー
  16494 [nobu.nakada@] あ、そうでしたっけ。全然覚えてなかった。ずっとmswin32もautoconf
  16496 [usa@os .a t.] とか書いちゃいましたけど、勘違いだったような気がしてきました。
  16497 [nobu.nakada@] 試してみたところ、nmakeはコマンドラインで指定されたマクロか、す
  16498 [usa@os .a t.] なるほど。
  16500 [nobu.nakada@] 捨て台詞吐くくらい別に構いませんが。
  16501 [usa@os .a t.] んじゃ、xcopyあたりを引数無しで起動、とか。
  16504 [nobu.nakada@] $ xcopy
  16506 [usa@os .a t.] いちおう、errorlevel として 4 を返すんですがダメですかね ^^;
  16507 [nobu.nakada@] 引数に関するメッセージだけだったらよかったんですけど。自分でも
  16509 [usa@os .a t.] 無効なパラメータの数です。
  16511 [nobu.nakada@] うーん、Win98の場合、cygwinからだと >/dev/null しても両方そのま
  16516 [zn@mb .n ft ] moveはどうでしょうか?
  16517 [nobu.nakada@] よさそうです。が、なんでわざわざ失敗するコマンドが必要だったか

Re: [ruby-cvs] ruby: * re.c (rb_reg_search): should clear last_match if pos is out of
16495 [nobu.nakada@] このlast_dyna_varsは不要では。
16499 [matz@ru y- a] あ、そうそう。途中の試行錯誤の結果を消すのを忘れてました。

Re: [ruby-cvs] ruby: * mkconfig.rb: don't touch rbconfig.rb if there is a trouble.
16508 [usa@os .a t.] mswin32版でrbconfig.rbを作れなくなっちゃいました。
16510 [akr@m1 n. rg] (Unix ちっくな細工で)すいません。
16512 [nobu.nakada@] Windowsではオープンしているファイルを削除したり(FAT上の)名前を
16513 [akr@m1 n. rg] うぅむ。なるほど。

MAKEFLAGS for ext
16514 [nobu.nakada@] ext以下をコンパイルするときに、makeへのオプションが渡されてほし
16515 [matz@ru y- a] それがやりたかったことだったので。^^;;;
16578 [nobu.nakada@] make -nしたときにはできれば実際にやることがでてきてほしいので、こうい
16581 [matz@ru y- a] 「こういうの」ってのはmake -nではやることを表示するだけとい
16621 [nobu.nakada@] すいません、最初思ってたのよりも大きくなってました。
16622 [matz@ru y- a] そうですねえ。どなたか試してみてくださいませんか。

ruby-zlib cvs operation
16518 [knu@iD em ns]  説明し忘れていたんですが、 cvs import で vendor branch にのせる
+ 16519 [unnie@bl e. ] やっぱり (^^;
+ 16520 [akr@m1 n. rg] そんなことはありません。import で生成されたファイルには default branch
  + 16521 [JCA02266@ni ] この 1.2 ができた状況でさらにimportするとマージが必要になるという
  | 16523 [unnie@bl e. ] 僕は、とにかく幹に無いから困る、さらに commit 時に大きな差分が
  | + 16525 [knu@iD em ns]  考えてみると、幹にでかい差分を commit することになるのは同じ
  | + 16526 [akr@m1 n. rg] 何か具体的に困ることがありますか?
  |   16527 [knu@iD em ns]  commit log で「二つほど警告メッセージを修正」と書いておいて、
  |   16529 [akr@m1 n. rg] えぇと、たまげるのがいやなら(今回を良い機会ととらえ)、計算しなおせばい
  |   16531 [knu@iD em ns]  最近の FreeBSD の log_accum.pl では行数計算を頑張っているよう
  + 16524 [knu@iD em ns]  そうか。差分が異様に見えたので勘違いしました。なんか、この辺
    16528 [JCA02266@ni ] 結局よくわからなかったのですが、
    16530 [knu@iD em ns]  zlib の部分については念のため削除して取り直してください。

sprintf("%u")
16522 [JCA02266@ni ] printf("%u", -1)
16534 [matz@ru y- a] それって整数32bit幅を意味してます?
16537 [matz@ru y- a] あ、10進では負だからといって決まった整数の連続にならないので、
16543 [JCA02266@ni ] そうです。言葉が足らなかったようですね。申し訳ないです。
16544 [matz@ru y- a] 納得したので取り込みます。ただし、-wで警告を出すようにしよう

定数の再定義
16532 [wakou@fs ne ] dev に移動します。
+ 16533 [wakou@fs ne ] なぜサブクラスでの再定義が Error でなくなったのか、と検索してみると、
| 16536 [matz@ru y- a] エラーにしちゃうとまずいケースがあるのです。
| 16595 [wakou@fs ne ] なるほど。しかし、問題になるのが irb ぐらいだとしたら、irb を強化する、
| + 16600 [toyofuku@ju ] 似たような状況ですが、Jed/Ruby でスクリプトをデバッグ中
| + 16646 [keiju@ra io ] irbはそんなに複雑じゃないというのはよいとして,
+ 16535 [matz@ru y- a] サブクラスでの定義はもとの定義が残っているという点で失われる

strscan imported
16540 [aamine@mx ed] strscan インポートしました。

empty, nested ext/ directory
16541 [aamine@mx ed] racc runtime インポートしましたが、コンパイルでエラーになりました。
16542 [zn@mb .n ft ] ext/extmk.rbが更新されなくてはまりました。

BigFloat
16545 [matz@ru y- a] いつのまにかBigFloatがimportされてたんですが、
16547 [knu@iD em ns]  去年はじめに標準ライブラリを増強しましょうという話をしたときに
16548 [knu@iD em ns]  ただし、これをやると移行が進まず、ずっと残すはめになるという
16550 [akr@m1 n. rg] すこし眺めてみたのですが、Rational と足し算できないとか、Numeric なの
16551 [knu@iD em ns]  二番目の mutable であるという点は、どういう形で問題となるの
16552 [akr@m1 n. rg] 以前、Numeric 以下は immutable であってほしいという意図を聞きました。
16553 [knu@iD em ns]  なるほど。今は BigFloat#hash を適切に定義していないので
16560 [akr@m1 n. rg] ふむ。それは気がついていませんでした。
+ 16565 [knu@iD em ns]  BigFloat#assign というのもありますね。こういう操作を必要と思った
| 16567 [akr@m1 n. rg] うぅむ。Numeric 再編ですか?
| 16569 [knu@iD em ns]  いやいや、さすがにそこまでは思っていないですよ。
| 16580 [matz@ru y- a] * Numericのサブクラスはimmutableであって欲しい
+ 16579 [shigeo@ti yf] !付きのメソッドがあることで、事実 mutable ですね。

net/http and RFC 2616
16546 [akr@m1 n. rg] ふと RFC 2616 Hypertext Transfer Protocol -- HTTP/1.1 (の和訳)を読みま
16599 [aamine@mx ed] 追加します。
16611 [akr@m1 n. rg] なるほど。
16612 [aamine@mx ed] たぶん。少なくとも (ぼくが実装するという前提では) すぐには無理です。

BasicSocket.do_not_reverse_lookup=
16554 [zn@mb .n ft ] safe levelを高くしても変更できてしまいます。
16582 [matz@ru y- a] 4以上では設定できないようにします。

File.fnmatch (Re: [rubyist:1286] Re: ARGV の機能)
16555 [JCA02266@ni ] ruby-dev にいきます。
+ 16556 [akr@m1 n. rg] ふと思ったんですが、シェルでは {..} は glob ではありませんね。bash の
| 16557 [JCA02266@ni ] 「glob」の定義ってなんでしょうね?昔からわからないんですが。
| 16558 [akr@m1 n. rg] ふむ。Jargon には
| 16559 [JCA02266@ni ] おお、Jargon があったか。ありがとうございます。
| 16561 [akr@m1 n. rg] えぇ、むしろ(extendedglob を指定した時の) zsh の (..|..|..) の挙動です
| 16562 [JCA02266@ni ] bash で言う extglob ですかね?  @(..|..|..)
| 16563 [akr@m1 n. rg] はい。そうです。そっか、ksh 流の方が伝わりやすいか。
| 16564 [JCA02266@ni ] BSD 自体が私には無縁なのですが、ちゃんと残ってるのですね csh。
+ 16568 [knu@iD em ns]  **/ をサポートするなら、このフラグはなくていいような気もします。
  16570 [JCA02266@ni ] なるほど、しかしフラグの反転だけなら実装もすぐだからと思った

BUG? ThreadGroup
16571 [sinara@bl de] ruby 1.6.7 (2002-03-15) [i386-cygwin] で、
16572 [nobu.nakada@] ここで再帰してますから、孫スレッドのグループが変更されるまでは
16574 [sinara@bl de] あ、ThreadGroup が遺伝することをすっかり忘れたいました!

Re: if Re: BigFloat
16575 [keiju@ra io ] Complex/Rationalとも考えてみましょう.
16715 [keiju@ra io ] 考えるといってなんですが... Complex op BigFloat はComplex側で対応するの
16725 [knu@iD em ns]  確かに仰るとおりですね。BigFloat 側で対応します。
16752 [keiju@ra io ] お願いします.
16779 [knu@iD em ns]  引用前後します。
+ 16789 [shigeo@ti yf] 亀レスで申し訳ありません。
| + 16791 [knu@iD em ns]  なるほど。。
| | 16794 [shigeo@ti yf] 色々とアドバイスありがとうございます。
| + 16805 [sinara@bl de] この問題は何度かあがっているのですが、私は
|   + 16807 [keiju@ra io ] うーん. 昔ありましたね.
|   | 16810 [shigeo@ti yf] 今晩は。
|   | 16811 [shigeo@ti yf] やっと、見つけたような...
|   | 16813 [keiju@ra io ] 先来された. 私もやっと見つけました(^^;;; そこいらだったと思います.
|   | 16820 [ggb03124@ni ] [ruby-dev:16813] Re: if Re: BigFloat にて
|   | + 16824 [keiju@ra io ] 構造としてはそうですね. ただし, 除法などの振る舞いが違いますが. ちなみに,
|   | + 16825 [shigeo@ti yf] どうもです。
|   |   16828 [sinara@bl de] なーるほど!やっと BigDecimal が分かりました。すんません。(^^;
|   |   16829 [shigeo@ti yf] 実は、BigDecimal.new("0.5",6)またはBigDecimal.new("0.500000")
|   |   16848 [sinara@bl de] 実用上はこれで十分ですね。ただし BigDecimal はこういうものだ
|   |   16853 [shigeo@ti yf] はい。 ....
|   |   16879 [sinara@bl de] えー、それはないでしょう。(^^;
|   |   16888 [shigeo@ti yf] 「誤差がある or ない」という表現にちょっと曖昧さを感
|   |   + 16889 [cv8t-hdk@as ]  C言語だと、frexp() というのが標準ライブラリにあります。
|   |   | 16890 [shigeo@ti yf] おっ、さっそくの返事、どうもです。
|   |   | + 16891 [ggb03124@ni ] [ruby-dev:16890] Re: if Re: BigFloat にて
|   |   | | + 16892 [ggb03124@ni ] [ruby-dev:16891] Re: if Re: BigFloat にて
|   |   | | + 16893 [ggb03124@ni ] [ruby-dev:16891] Re: if Re: BigFloat にて
|   |   | + 16897 [akr@m1 n. rg] value を倍々していけば 1bit ずつ得られるのでは。
|   |   |   16898 [shigeo@ti yf] これは原さんのプログラムがやってることですね。 (^^;;
|   |   |   16900 [sinara@bl de] ひだかさん、たけさん、田中さんありがとうございました。
|   |   + 16899 [sinara@bl de] それはもちろん、それでいいのではないですかね。
|   |     + 16901 [matz@ru y- a] そうですねえ。もっとよいシステムがあれば良いのですが。
|   |     | 16948 [keiju@ra io ] だからといって, そんなにドラスティックに変える気ないでしょ?
|   |     | 16949 [matz@ru y- a] それは「よいシステム」のよさ加減次第ですね。
|   |     + 16945 [shigeo@ti yf] 取り合えず異論も無いようですので、bigdecimal-rational.rb
|   + 16809 [shigeo@ti yf] どうもです。
|     16826 [sinara@bl de] こんにちは。実は、今初めて BigFloat のマニュアルを読みました。
+ 16806 [keiju@ra io ] 了解しました.
threads.html
top