15805-17406

15574-16254 subjects 15950-17612

dir_config() bug
15805 [knu@iD em ns]  dir_config() ですが、  dir_config('foo', '/usr/local') のように
+ 15808 [matz@ru y- a] すいません。そういう修正でお願いします。
+ 15809 [nobu.nakada@] いや、何度か話が出てるんですが、そこで止まってたんです。でこの
  15817 [tommy@tm m. ] あ、もしかして [ruby-dev:15314] に私が返事しなかったから止まってるんでしょ
  + 15818 [nobu.nakada@] 止まってるつーか、忘れてるつーか。手元で修正してあって問題が出
  + 15827 [nobu.nakada@] とりあえずコミットしときました。

racc fails on alpha-freebsd
15810 [aamine@mx ed] Racc が Alpha で落ちるという話の続きですが、完全なスタック
15812 [matz@ru y- a] これ?
+ 15819 [aamine@mx ed] パッチをあてたら落ちる場所が変わったそうです。手強い。
| 15822 [matz@ru y- a] これは元のとは全く違うバグですね。
| 15823 [aamine@mx ed] うむむ、そうですか。
| + 15824 [aamine@mx ed] そか、ずれてたのは単に 1.7 でパッチを作ったからですね。すみません。
| + 15825 [matz@ru y- a] あれれ、NetBSDなの。FreeBSDじゃなくて。
|   15826 [aamine@mx ed] あおきです。いちおうこっちにも書いときます。
+ 15881 [kosako@so ne] Yukihiro Matsumotoさんの
  15882 [matz@ru y- a] struct re_registerはstaticでした。見落としてました。
  15883 [taca@sk .y m] ...
  15893 [aamine@mx ed] あおきです。遅くなりました。

[ 提案 ] puts, print 等を IO から分離
15830 [unnie@bl e. ] 以前 [ruby-list:23284] で提案したことと同じですが、Ruby/zlib のような
+ 15832 [nobu.nakada@] Readableにはgetc,ungetc,gets,readくらいが必要ですね。getc,gets
| 15836 [nobu.nakada@] 意味不明なので訂正。getcとungetcです。
+ 15833 [matz@ru y- a] ニーズは分かるんですが、なんとなく気に入らないんですよねえ。
| 15837 [akr@m1 n. rg] と思います。
| 15839 [matz@ru y- a] 方向性はね。ちょっと考えてみたんですが、いちばんしっくり来た
| 15840 [akr@m1 n. rg] つまりモジュールでなくクラスがよい、というわけですね。
| 15843 [matz@ru y- a] というか、Writableという名前のモジュールよりは、ですね。
| 15848 [taca@sk .y m] SmalltalkのReadStream, WriteStream, ReadWriteStreamとかありましたね、
+ 15979 [nobu.nakada@] とりあえずモジュールでなくても、rb_io_puts()などをexternにする
  15980 [matz@ru y- a] それは構いませんよ。externにしたほうが良さそうな関数は
  + 15982 [nobu.nakada@] まず、うえのさんも挙げてますが、rb_io_write()を使ってる
  + 15985 [unnie@bl e. ] [ruby-list:23317] でまつもとさんが、extern にするなら
    15987 [matz@ru y- a] T_FILEを要求しないのにrb_io_という名前は...という話ですね。

abstract method
15841 [akr@m1 n. rg] 最近、abstract method が欲しくなり、次のようなものを書きました。
15860 [matz@ru y- a] 便利というか親切だろうとは思います。
15864 [akr@m1 n. rg] まぁ、確かにらしくないとは思うんですよねぇ。
15865 [matz@ru y- a] はい。別府で温泉につかれるといいなあと思って。^^;;;

[ruby-talk:32952] Re: Frame glitches in Ruby debugger?
15844 [nakahiro@sa ] ...
15845 [matz@ru y- a] んじゃ、コミットしてください。「少し余計なところ」の判断はま

Ruby M17N request
15846 [kosako@so ne] 今書いているライブラリを、あらかじめRuby M17Nに対応させておこうとして、
15847 [matz@ru y- a] はい。
+ 15850 [aamine@mx ed] おおっ?! 新しい regexp エンジンができる予定なんですか?
| 15853 [matz@ru y- a] M17NではなくRiteでの話ですが、いつになるか分からないので期待
+ 15854 [kosako@so ne] すみません。要求する内容が違っていました。
  16070 [kosako@so ne] <20020205045749.0AAA015B@helium.ruby-lang.org>から
  + 16072 [knu@iD em ns]  すばらしい。ぜひ試してみたいです。
  | 16073 [knu@iD em ns]  アップロードしていただいたので、下記に移動しました。
  | 16081 [matz@ru y- a] 試してみました。エラーメッセージの違い以外に以下の点が違うよ
  | + 16086 [matz@ru y- a] もうひとつ、mb2wcの関係でUTF-8で文字クラスが使えないようです。
  | | 16092 [kosako@so ne] ありがとうございます。
  | | 16096 [matz@ru y- a] コードポイントというのは文字に割り振られた数値のことで、「wc
  | | 16149 [kosako@so ne] 文字単位で左に移動する方法ですが、
  | | 16218 [nobu.nakada@] たぶんないと思います。
  | + 16091 [kosako@so ne] ありがとうございます。
  |   16097 [matz@ru y- a] 念のためですが、最後の
  |   16099 [eban@os ri .] 現在のRubyではaだけ(?i)になるけど、Perlだとaもbも(?i)になる。
  |   16101 [matz@ru y- a] そうかなあ。(?i)の有効範囲の説明が大変にならない?
  |   16104 [eban@os ri .] うーむ。
  |   16105 [matz@ru y- a] この場合、有効範囲は「登場したところ」から「次の閉じ括弧まで」
  |   16107 [eban@os ri .] ええ。そのあたりは前メールで気づいたんで、曖昧さはないんですけど、
  + 16076 [matz@ru y- a] うむむ、私の書いてるのよりもはるかに進んでますねえ。
  + 16173 [knu@iD em ns]  これ、 cvs.ruby-lang.org のレポジトリに src/oniguruma として
  + 16221 [nobu.nakada@] NULを含む正規表現のコンパイルでループします。
    16227 [kosako@so ne] nobu.nakada@nifty.ne.jpさんの

possible buffer overrun & pathname validation
15849 [nobu.nakada@] rb_file_s_expand_path()を見直してみたら、まだバッファオーバーラ
15851 [matz@ru y- a] BUFRESIZE()ってのはあんまり好きな名前じゃないです。実際に
15852 [nobu.nakada@] あー、たしかに。

Re: [ruby-cvs] ruby: * io.c (fptr_finalize): should raise error when fclose fails.
15855 [nobu.nakada@] SocketはR/W用にそれぞれrb_fdopen()してるので、closeのときに
15856 [nobu.nakada@] fptr->fが解放されないのはまずいので、訂正。
15857 [matz@ru y- a] そうかあ。んではコミットしてください。
15862 [sheepman@tc ] こんにちは。
15863 [matz@ru y- a] 夕べ直しました。もうすぐコミットします。

keep config.h at configure
15858 [nobu.nakada@] どうでもいいことですが、configure.inなどが変わると、同じ設定で
15859 [matz@ru y- a] cmpがどこにでもあるとは限らないから、と思ってたんですが、今

syscall
15861 [nobu.nakada@] syscallがいまいち使いようがないので、こんなものを作ってみました。
15870 [zn@mb .n ft ] とりあえずroughに入れてみるのはどうでしょうか?
15871 [nobu.nakada@] うーんと、どうすればいいんでしたっけ。
15872 [akr@m1 n. rg] patch を単体で cvs にいれても面白くない気がしますが。
+ 15873 [nobu.nakada@] mksyscall.rbとsyscall.rbのインストーラということでは。とりあえ
+ 15874 [matz@ru y- a] configure相当をRubyでチェックするスクリプトを含めてやれば、
  15875 [nobu.nakada@] mksyscall.rbでもconfig.hを見てるので、たぶん単体で可能です。
  15943 [zn@mb .n ft ] 放置されてるともったいない気がしてつついてるだけなんですが(^^;、
  15945 [nobu.nakada@] repositoryごとCVSに入れる方法ってありましたっけ。とりあえず、今
  15957 [akr@m1 n. rg] 思うんですが、repository ごと入れる意味はあまりないんじゃないかなぁ、
  15959 [nobu.nakada@] 新しいものはそれでいいですが、すでにリリース済みのものを入れる
  15965 [knu@iD em ns]  rough の使い方としては、本体に入れたらおしまいではなく、その後も
  15970 [nobu.nakada@] そうですねぇ、どっちのほうがいいのかなぁ。

define method in eval()
15866 [kosako@so ne] [ruby-talk:33332]の修正のためと思いますが、
15868 [matz@ru y- a] 違います。バグといっていいでしょうね。直します。

[BUG?] include after module definition and extend module
15867 [keiju@ra io ] 御久しぶりです. 最近, 何かと忙しくてRubyしている時間がないものです.
15869 [matz@ru y- a] includeした時点でその時点でのchainを取り込む(コピーする)ので、
15932 [keiju@ra io ] include after module definition and extend module ", on Feb/08
15938 [matz@ru y- a] ObjectSpace.each_object(Module)とModule#ancestorsを使えば計
+ 15939 [akr@m1 n. rg] (最近 cycle が禁止された覚えがあるので) module の関係は DAG になるわけ
| 15963 [matz@ru y- a] includeした時点でのincludeした順です。
| 15964 [akr@m1 n. rg] 時刻順であって、構造とはあまり関係ないんですね。なるほど。
| 15969 [matz@ru y- a] 厳密にはそうでしょうね。まあ、全体を作り直すのはちょっと手間
| 16035 [akr@m1 n. rg] どうも私の知識は古かったようで、どうやら必ずしもすべての direct super
| 16046 [akr@m1 n. rg] 考えてみたところ incremental にすると問題が発生することもあるという結
| 16142 [matz@ru y- a] 気付いてなかった... 1.7ではひっくり返します。
| 16174 [JCA02266@ni ] Object#extend は、そのままですか?ひっくり返しますか?
| 16183 [matz@ru y- a] うーむ、ひとつしか指定できないようにするというオプションもあ
+ 15940 [akr@m1 n. rg] (順番は気にしないことにすると)こんなかんじですか?
+ 15981 [kosako@so ne] Yukihiro Matsumotoさんの

[PATCH] \G in ()
15876 [nobu.nakada@] "aaa".index(/(?:\G)/, 1)が3を返してます。
15895 [nobu.nakada@] しばらく動かしてみた感じでは問題なさそうな気がするので、忘れな
15899 [matz@ru y- a] どうぞ。

Re: Segfault (PR#258)
15877 [nobu.nakada@] これどうしたもんでしょうか。とりあえずrb_exc_raise(),
15878 [matz@ru y- a] 再定義を禁止します。
15880 [nobu.nakada@] 特別扱いのメソッドが増えて行くのはイヤなので、

type member in RVALUE
15890 [kosako@so ne] 1.7のgc.cのRVALUEの中に、
15891 [matz@ru y- a] あ、一時データ取りに使ったものです。もう要らないんで消さないと。

-L option in extmk.rb
15903 [nobu.nakada@] ext/extmk.rb.inで-L$libdirが直接入ってますが、VCでは認識しない
+ 15907 [matz@ru y- a] コミットしてください。
+ 16026 [usa@os .a t.] '[ruby-dev:15903] -L option in extmk.rb'
  16027 [nobu.nakada@] あ、たしかに。DLDFLAGSに入りますからね。
  16197 [usa@os .a t.] 1.6.7には間に合わなかったですが、1.6.8もすぐに出そうなので用
  16201 [nobu.nakada@] VCでのwarningということなら出なくなると思いますが、exec_prefix
  16204 [usa@os .a t.] rev 1.62から1.63への変更分のうち、先のパッチに入ってない分で

[PATCH] value_expr warnings
15905 [nobu.nakada@] ifの式に対する警告が、対応するendの行になるのは分かりにくいと思

1.6 の寿命 (Re:  Re: ERb)
15909 [JCA02266@ni ] 1.6 の寿命ってあとどのくらいなんでしょうね?1.8 は今の 1.7
+ 15910 [nobu.nakada@] 最後に実行したブロックの値という選択肢もありますが、nil固定が無
| 15913 [matz@ru y- a] んじゃ、そういうことで。
+ 15911 [zn@mb .n ft ] 「カレントスレッドがメインスレッドになる」かどうかと
| + 15912 [matz@ru y- a] 気にしていただけるのはありがたいのですが、どうなっていてほし
| + 15916 [JCA02266@ni ] あと、[ruby-dev:14601]
| + 15921 [matz@ru y- a] 今でもそうなっているような...
|   15922 [adzumi@de pa] あ、ほんとだ。
|   15942 [zn@mb .n ft ] 知らなかった…。
|   15946 [nobu.nakada@] 否応なしに皆殺しにするというのは、まずい場合もありませんでしたっ
|   15953 [matz@ru y- a] 問答無用、専用の例外を送る、オプションを用意する、くらいだっ
|   15956 [akr@m1 n. rg] スレッドに残すか残さないか印をつけておく、というのもありました。
+ 15920 [nagai@ai ky ] JCA02266> 他にあるかな?
| 15928 [matz@ru y- a] これはswap_uidという名前*だけ*が障害のはずなので、だれかが
+ 15923 [akira@ru y- ] ライブラリのnewdateについてはどうなってるんでしたっけ.
| 15926 [matz@ru y- a] それはうちわのメーリングリストですね。
| 15929 [nobu.nakada@] 開発版は1.9.0で通す、ということでしょうか。共有ライブラリを共存
| 15930 [matz@ru y- a] そういうことです。開発版は毎回のフルインストールをお勧めしま
| 15933 [nobu.nakada@] いや、開発版と安定版を共存させる場合の話です。今はminorが違って
| + 15944 [taca@sk .y m] これを根本的に解決するには、共有ライブラリのバージョンとRubyのバージョ
| | 15947 [nobu.nakada@] うーん、やっぱりそうせざるを得ないんでしょうか。あとは、Windows
| | 15948 [taca@sk .y m] と、僕は思います。
| + 15949 [akira@ru y- ] なにか根本的なところで勘違いしているかもしれませんが,
| + 15955 [matz@ru y- a] そっちなら、やまださんの指摘の通り、ある瞬間では
|   15960 [nobu.nakada@] 誤解してました。安心。
+ 15924 [akira@ru y- ] 追加になっちゃうんですがoptparseが標準添付になったりすると
  15925 [nobu.nakada@] とりあえずroughに? と思ったんですが、repositoryごといれる方法が
  15966 [knu@iD em ns]  もう一度送ってください。
  15989 [nobu.nakada@] やっぱりダメのようです。
  15993 [taca@sk .y m] これって、送っている側のSMTPクライアントのホスト名を逆引きできていない
  15995 [nobu.nakada@] それは分かるんですが、ドメイン取ってるわけでもないので。プロバ
  15996 [taca@sk .y m] むぅ。一般的に何らかの逆引きできる名前を割り当ててるもんですよね。
  15997 [nobu.nakada@] そうしてくれるほうが一般的ですか。ちょっとプロバイダに問い合わ
  16000 [taca@sk .y m] Off topicになりますが、
  16008 [nobu.nakada@] (^^;

making net/*.rb grok URI
15914 [knu@iD em ns]  net/*.rb モジュール群をぜひとも標準添付となった URI クラスに
+ 15915 [knu@iD em ns]  補足すると、 Net::HTTP::{get,get_print} などはもちろんのこと、
| 15931 [aamine@mx ed] ぼくもこれはやらなきゃと思ってたところです。前から URI クラスが
| 15934 [knu@iD em ns]  よかった。 :)
| + 15936 [akr@m1 n. rg] 高レベルインターフェースがあれば、これが実際に役に立つ頻度がそれほど高
| + 15937 [aamine@mx ed] uri.host_port みたいのを作ってもらうというのはダメですかね。
| | + 15958 [maki@in c. o] しかし、こういったproxyの対応を真面目にやろうとすると、
| | | 15978 [akr@m1 n. rg] これのインターフェースは
| | | 16002 [maki@ru yc l] むむ、私は、Net::HTTP に置かないのなら URI#open{|f| ...} かな? と
| | | 16013 [akr@m1 n. rg] URI#open 自体にはまったくもって賛成なのですが、文字列が与えられた時に
| | | + 16014 [nobu.nakada@] URI.openでは。
| | | | 16015 [akr@m1 n. rg] そりゃそうですね。そうしましょう。
| | | | 16016 [nobu.nakada@] IO#truncateじゃなくてFile#truncateがあります。IO一般には定義で
| | | | 16017 [akr@m1 n. rg] おぉ。気がついていませんでした。
| | | | + 16018 [nobu.nakada@] そうですねぇ。説得力ありそうな気がします。
| | | | + 16019 [matz@ru y- a] Rubyのクラス分けが実態とあっていないせいですね。今思えば、
| | | |   16020 [akr@m1 n. rg] えぇと、しょうがないというのはもしかして File を削除するというような
| | | |   16021 [matz@ru y- a] いやあ、移動する行為そのものはどうということはないのですが、
| | | |   16022 [akr@m1 n. rg] なるほど。それはそうかも知れません。
| | | |   16023 [matz@ru y- a] いいアイディアですね。これは採用します。
| | | |   16024 [akr@m1 n. rg] この思いつきを外挿すると
| | | + 16028 [maki@in c. o] おお、Kernel#openを使うのはわかりやすくていいかも。
| | |   16036 [akr@m1 n. rg] ちょっと過激ぎみですけどね。単に open を使っているアプリケーションでもあ
| | + 17405 [akira@ru y- ] なんか、今さらなんですが実装してみました。
| |   17406 [aamine@mx ed] いえ、状況はまったく変わってないので役に立つと思います。
| + 15973 [zn@mb .n ft ] http_proxyとかの環境変数ってどこで決められてるんでしょうか?
|   15974 [akr@m1 n. rg] w3c-libwww が発祥地なんじゃないかと思っています。
|   15976 [knu@iD em ns]  なぜ *_proxy は小文字で WWW_*_PROXY は大文字なのかな。。
|   15977 [knu@iD em ns]  訂正。
+ 15935 [akr@m1 n. rg] net と uri を簡単につなげるものが必要だということにはまったくもって同

fork in threads
15917 [zn@mb .n ft ] 西山和広です。Subject変えよう。
15919 [adzumi@de pa] 私も「カレントスレッドだけ残ってくれる fork」があるといいなとは思

win32 方面
15918 [zn@mb .n ft ] [ruby-dev:15909]からの話ですが、win32方面では
15941 [usa@os .a t.] '[ruby-dev:15918] win32 方面'
+ 15962 [tietew-ml-ru] [[ruby-dev:15941] Re: win32 方面]
+ 15967 [masaki.suket] 今やってる変更の他に、1.7(1.8?)対応してから、1.7へ入れようか
  16009 [nobu.nakada@] * 最近1.7ではrb_cvar_declare()がなくなって、rb_cvar_set()に引数
  + 16012 [nobu.nakada@] これはrough/ext/digest/*/extconf.rbとrough/ext/digest/defs.hを
  + 16038 [masaki.suket] 過去のメールを調べてみました。
    16039 [nobu.nakada@] ミスです。直しました。

$stdin/out/err への代入
15927 [matz@ru y- a] こっちは「いつもnil」ということにしましょう。
+ 15972 [zn@mb .n ft ] この場合、fork/execしたサブプロセスからsaved_fdは
| 15975 [nobu.nakada@] そのままアクセスできてしまいますね。まずいかも。
+ 16030 [JCA02266@ni ] 私が意見を書いても [ruby-dev:14601] のやきなおしになるだけで
  + 16031 [JCA02266@ni ] 「前半」とか言う言葉は無視してください。いろいろ思考錯誤して
  + 16032 [JCA02266@ni ] IO#redirect(io)		    (io.fileno を dup2 する)
    16033 [matz@ru y- a] IO#redirectは興味深いですね。pathを指定するのはFile#redirect
    16034 [JCA02266@ni ] File のメソッドってことはないと思います。path を渡すインタ
    16065 [matz@ru y- a] うーん、逆にredirectという結局ほとんど同じことをするメソッド
    16077 [JCA02266@ni ] 意識下で恐れていますが、必要なら使いますよ必要になったことな
    16080 [matz@ru y- a] たしかに。
threads.html
top