10042-10457

9812-10312 subjects 10243-10945

[PATCH] mswin32: rubytest.rb
10042 [komatsu@sa i] cygwinだといらないのですが、mswin32ではFile.exist?で存在確認
10043 [komatsu@sa i] In the message of [ruby-dev:10042] [PATCH] mswin32: rubytest.rb
10044 [matz@ne la .] 今日、何度チェックインしたことか。

sleep on Solaris
10050 [tommy@tm m. ] Solaris 2.6, 7 で ruby -e 'sleep' を実行すると即復帰してしまいます。
10057 [matz@ne la .] Perlでも同じ値なんですけど、あっちも動かないのかしら?
10060 [tommy@tm m. ] Perl では pause(2) があればそれを使っているみたいです。
+ 10064 [eban@os ri .] やっぱ, そうしないとまずいよね.
+ 10065 [matz@ne la .] いつの間に。昔からそうだったっけ?

UnixWare での Ruby  のコンパイル
10051 [ichimura@ji ] ruby は前から FreeBSD 上で利用させて頂いておりましたが、
10056 [matz@ne la .] thread_tはeval.cの中だけで使われてますから、よそへの悪影響の

win32ole and NONAMELESSUNION
10052 [komatsu@sa i] win32ole-0.1.2をmswin32でコンパイルする際、MakefileのCFLAGSに
10072 [CQN02273@ni ] ありがとうございます。
10080 [eban@os ri .] だと cygwin とほぼ同じだと思うので, こちらを使ったほうがいい

[PATCH] *dbm closed check BUG
10054 [nojo@t- am k] dbm,gdbm,sdbm に共通のバグで,データベースを閉じた後,
10059 [matz@ne la .] 確かに。パッチ感謝します。取り込みます。

libxpg4 of FreeBSD
10055 [yasuf@bs cl ] ...
10058 [matz@ne la .] 取り込みます。

Patch for UnixWare
10061 [ichimura@ji ] ...
10066 [matz@ne la .] 取り込みます。私は UnixWare に関してまったく分からないので、

log of cvs checkin
10067 [aamine@dp u-] cvs の lib/net/smtp.rb とかのことですが、いままでチェックインする時の
10068 [matz@ne la .] 私自身が日付しか入れてませんから、私としてはちゃんと
+ 10070 [aamine@dp u-] わかりました。
+ 10071 [eban@os ri .] わたしも最近は真似して cvs ci -m 2000-06-17 という感じにして

File::Stat#inspect
10069 [JCA02266@ni ] $ ruby -ve 'p File.stat "/tmp/hoge"'
+ 10073 [matz@ne la .] ううむ、なんだか情報が多いですねえ。元々多いんでしょうがない
| 10078 [JCA02266@ni ] では、こういうのはどうでしょう?
| 10082 [JCA02266@ni ] ちょっと訂正。
| 10086 [matz@ne la .] むう、いろいろ考えたんですが、やっぱり情報が多い方が分かりや
+ 10074 [zn@mb .n ft ] 1.4.4だと元々全部出てますが、もしかしてStruct#inspectに変更があったとか?
  10079 [JCA02266@ni ] (構造体クラスではなくなった)

text/tabs.rb
10075 [wakou@fs ne ] 作ってみました。ただし、1.5 系以降のみでしか動きません。
10076 [wakou@fs ne ] $KCODE 依存がありました。送り直し。
10077 [kjana@os xa ] 前に ruby-list でみたのをいじって,
10084 [wakou@fs ne ] 改行を含んだ文字列にも対応している、連続しているタブも1つ1つ展開して

[PATCH] module === string.extend(module).dup
10081 [nobu.nakada@] String だけ dup したときに extend したモジュールが引き継がれないよう
10083 [matz@ne la .] そういう時にはdupでなくcloneを使うもんだと想定してるんですが。
10085 [nobu.nakada@] extend してるけど freeze はしてないコピー、ってのが欲しかった
10096 [matz@ne la .] むむむ。良く考えてみるとこれはなかなかに問題です。というのも
10097 [nobu.nakada@] なるほど。たしかに、こっちは欲しいけどあっちはいらない、とい
10099 [matz@ne la .] T_ICLASSじゃなくて FL_SINGLETON なクラスを共有してるせいです。
10100 [nobu.nakada@] えーと、こんなんでしょうか。
10101 [matz@ne la .] ああっ、実はこちらでも作業してたのでした。
10102 [nobu.nakada@] いやちょっと気分転換に(^^;。まぁほぼ予想通りということですか。

waiting for cvsadmin's lock in /home/cvs/ruby
10087 [eban@os ri .] 昨日あたりから cvs ci しようとすると
10088 [matz@ne la .] ときどきlock fileが残ったままになるんですよね。バグ?
10090 [wakou@fs ne ] もしかして、私?  ときどき、ネットワークが混雑によるのか、commit が通

Re: [ruby-ext:00646] have_func in extconf.rb
10089 [igarashi@ue ] 去年のメイルですがreplyがつかなかったので……ruby-devに振ります。
+ 10091 [matz@ne la .] 取り込みます。
+ 10254 [igarashi@ue ] have_funcメソッドに関してドキュメントを修正してみました。

正規表現で見落とし?
10092 [fit0298@fi e] String にメソッドを追加して、100kbytes ぐらいのバイナリデータを
10093 [matz@ne la .] 良く分からなかったので、ちょっと教えてください。
10094 [fit0298@fi e] 1.4.4 と 1.5.4 で試して、1.4.4 の方でだけ発生しました。

Re: 正規表現で見落とし? (PR#2)
10095 [matz@ne la .] ああ、分かりました。正規表現でバイナリを扱うときにはマルチバ
10098 [fit0298@fi e] ruby は EUC-JP 文字列として扱おうとして失敗していたようですね。

pause() macro
10103 [eban@os ri .] pause(2) がなかったら対応は eval.c の頭に
10104 [matz@ne la .] 私も並行して作業しちゃったのが矛盾なく混じってしまったようで
10105 [eban@os ri .] 了解です. 変更しときます.

method_missing & super (Re: [ruby-ext:01125] Re: Lightflow with Rub/Python)
10107 [fukusima@go ] rubyのバグのような気もするので、ruby-devに振ります。
10108 [matz@ne la .] おっしゃる通りバグです。もう直しましたので、明日のチェックイ

bit fix for net/protocol.rb
10109 [toshirok@yb ] ...
+ 10110 [kikutani@Ga ] どうでもいいことですが、
| 10112 [maki@in c. o] さらにどうでもいいことかもしれませんが(_o_)
| 10113 [kikutani@Ga ] その直前の
| 10117 [toshirok@yb ] というより、SEMIの仕様ですかね?
+ 10111 [matz@ne la .] @buffer = @buffer[ len, bsi - len ] || ""
  + 10114 [eban@os ri .] なんかこれって結構ありそう.
  | 10115 [matz@ne la .] うむむ、考えてみるとこういうケースって str[pos,len] で
  | 10119 [aamine@dp u-] それに賛成です。意味的にも、そのほうが自然ではないかと。
  + 10118 [toshirok@yb ] ああ、そうです。o(T_T)o

Re: [ruby-list:23480] Re: mod_ruby での __FILE__
10116 [shugo@ru y- ] ではruby-devにふります。

[mswin32] Ruby 1.4.5 make test failure
10120 [komatsu@sa i] mswin32のruby-1.4.5でnmake testが失敗します。
10121 [matz@ne la .] なるほどねえ。volatileを付けるという手もありますが、xdsへの

[Patch] ftpup -> ftpsync
10122 [nakahiro@sa ] ちょっとした必要があって,ftpupの一部機能を変更して,

[BUG] Socket.getnameinfo
10123 [komatsu@sa i] ruby-1.4.5-i586-beos-socket.zipを作ろうと思ってテストセットを

select( [dev], nil, nil, timeout )
10124 [fit0298@fi e] デバイスファイルからの入力に select を使っています。
10130 [fit0298@fi e] まいどおさわがせしております。いろいろいじってるうちに、

configure.in
10125 [tadf@kt ri .] なぜか、1.5 の configure が失敗するようになりました。ぱっとみ、eval す
+ 10126 [eban@os ri .] えっと, なぜ sitedir を
+ 10129 [komatsu@sa i] In the message of [ruby-dev:10125] configure.in
  10131 [matz@ne la .] そんな気がします。ふなばさんのお使いのsedを取り換えるとか(可
  + 10132 [eban@os ri .] ruby の場合あの長い DEFS は不必要だから
  | 10133 [matz@ne la .] 今はconfdefs.hをcopyして作ってますものねえ(手抜き)。
  | 10140 [eban@os ri .] autoheader したら簡単でした. 追加分は comment なしですけど.
  | 10148 [matz@ne la .] ま、1回ですから、「ちょっと」は許容されるかなあ。
  | 10150 [eban@os ri .] 実際に compile してみたら
  + 10134 [tadf@kt ri .] で、GNU sed にしたら、大丈夫でした。長すぎるのがいけないのかしら。

cross-compile
10127 [gotoken@ma h] cygwinをターゲットにしたcross-compile環境を用意する方法が書
+ 10128 [eguchi@sh zu] cygwin ではなく mingw ですが、
+ 10139 [eban@os ri .] いつもやってる手順です.
  10155 [nnakamur@mx ] これと cygwin-jpn の情報を参考にやったらクロスコンパイルに

don't use mktemp()
10135 [shugo@ru y- ] #debianjp(IRCのchannel)で、mktemp()を使っているソフトウェアを修正
10136 [matz@ne la .] 使ってますね。
10137 [shugo@ru y- ] Linux的にはmkstemp()を使え、ということらしいのですが、移植性がな
+ 10138 [matz@ne la .] mktemp()は1箇所でしか使ってませんから、tmpfile()での代用は可
+ 10141 [kjana@os xa ] 「mkstemp() があるプラットフォームではすべからく mkstemp() を使うべし」
  10143 [eban@os ri .] 1.5.x の -e の処理は ruby_mktemp() を使わないように変更され
  + 10146 [wakou@fs ne ] ですね。1.4.6 を出すにしても、やはり、一度は in.comming で公開というの
  + 10181 [komatsu@sa i] In the message of [ruby-dev:10143] Re: don't use mktemp()
    10183 [eban@os ri .] 了解なんですけど, えっと, 毎回手で修正しなきゃいけないという
    + 10187 [shigeo@ti yf] 私は使ったことはないですが、以下のように宣言することで
    + 10188 [kimura@sq .c] 確かにおっしゃる通りなんですが、なかったと思います。
      + 10189 [nobu.nakada@] dumpbin って知りませんでした。
      | 10190 [matz@ne la .] T_UNDEFは見えちゃいけないのです(ということはバグ)。
      | + 10191 [nobu.nakada@] ということは inline 版と非 inline 版では動きが違うということですか?
      | | 10192 [matz@ne la .] いや、揃えた方が良いんでパッチは当てた方が良いんですが、エラー
      | + 10193 [nobu.nakada@] 見えました。
      |   10195 [matz@ne la .] いや、Qnilにするのはマズいので、以下のようなパッチで対応しま
      |   10196 [nobu.nakada@] eval.c 読み直してみたんですが、今の Qundef は昔の Qnil のみたいなものと
      |   10198 [matz@ne la .] 近いといえば近いです。Hashでのありえない値とかに使われてます
      |   10199 [nobu.nakada@] 引数がないということをあらわすというとこしか考えてませんでしたが、そう
      |   10213 [matz@ne la .] そゆことです。
      + 10194 [eban@os ri .] それは残念.
        10200 [komatsu@sa i] In the message of [ruby-dev:10194] Re: don't use mktemp()
        10205 [nobu.nakada@] そうでした。あのあと実際に make したら見事に失敗しました。あ
        10207 [shigeo@ti yf] これ、使わせていただきます。
        + 10209 [nobu.nakada@] お願いします。
        | + 10211 [shigeo@ti yf] 申し訳ありません。VC 環境で make/nmake はまった
        | | 10212 [nobu.nakada@] 実際のファイル名と LIBRARY で指定した名前が違う場合はどうなるんでしょ
        | | + 10215 [shigeo@ti yf] やってみましたが、この場合 LIBRARY の指定が無視
        | | + 10216 [nobu.nakada@] 試してみました。[ruby-dev:10210]と同じく、実行時には LIBRARY/NAME で指
        | + 10239 [eban@os ri .] win32/Makefile を見ると missing/hoge.c は $< にするか,
        |   10240 [nobu.nakada@] nmake は VPATH じゃなくてこう書けばいいようです。
        |   10258 [eban@os ri .] うーむ. やっぱ VPATH は使えないわけですね.
        |   10266 [nobu.nakada@] Not MAKE だしぃ。なんといっても動的にマクロを展開できないあたり make
        + 10210 [komatsu@sa i] In the message of [ruby-dev:10207] Re: don't use mktemp()

can't compile eRuby 0.0.8
10142 [JCA02266@ni ] eRuby 0.0.8 を初めて使わせて頂きました。ありがとうございます。

Re: [ruby-list:23495] Re: Ruby 1.4.5
10145 [wakou@fs ne ] あ、なるほど。後から追加したので、cvs とは連動していなかったんですね。
10149 [matz@ne la .] 1.4系のcgi.rbをfreezeして1.5系のみメンテする。今後cgi.rbは
10151 [wakou@fs ne ] という事は、ruby 1.6 をおすすめする。という事ですね。では、1.4 系につ
10153 [matz@ne la .] それに賛成します。

[BUG] net/protocol.rb
10154 [eban@os ri .] net/protocol.rb の each_crlf_line() ですけど, adding の
10162 [aamine@dp u-] あう。その通りです。

[BUG] ruby 1.5.4 (2000-06-28) [i586-linux]
10156 [wakou@fs ne ] 1.6 が近いという事で、取り急ぎ、1.5.4 のバグ報告。
10159 [matz@ne la .] GCのタイミングによるものでした。

re.c memory leak ?
10157 [komatsu@sa i] 1.5.4のre.cのrb_reg_initialize()で、re->strの代わりに
10158 [matz@ne la .] あ、本当だ。パッチありがとうございます。

1 >> 323232
10160 [tadf@kt ri .] 1 >> 323232
10161 [komatsu@sa i] In the message of [ruby-dev:10160] 1 >> 323232
10163 [nobu.nakada@] 323232 % 32 == 0, 323232 % 64 == 32 だからでしょう。ワードサ
10164 [komatsu@sa i] In the message of [ruby-dev:10163] Re: 1 >> 323232
10165 [nobu.nakada@] ごもっとも。こうするのが一番手っ取り早いかな。
10166 [matz@ne la .] ですね。そのような修正をゆうべ(今朝)行いました。
10167 [nobu.nakada@] じゃないかなー、とは思ったんですけどね。

[BUG] ruby-1.5.4
10168 [JCA02266@ni ] NEC EWS48で、ruby-1.5.4をmakeしたところminirubyがSEGVし
10169 [eban@os ri .] やっぱ AC_CANONICAL_SYSTEM を使わないとだめですね.
+ 10171 [eban@os ri .] これにすると --target=i386-cygwin を指定すると
| 10172 [matz@ne la .] で、updateすると
| 10173 [matz@ne la .] これって
| 10179 [eban@os ri .] しました.
+ 10182 [JCA02266@ni ] どうも、対応ありがとうございました。

sort_by
10170 [matz@ne la .] OpenDesignを見てたら「sort_byは将来組み込まれる予定」と書い
10174 [gotoken@ma h] ちょっと迂闊なことを書いたかも。[ruby-dev:8988] のあとにもう
+ 10175 [gotoken@ma h] [ruby-dev:8992]
| 10176 [sinara@bl de] まつもとさんを動かすのに、雑誌に書いてしまうというのは
| 10180 [gotoken@ma h] そんなつもりはなかったんだってば
+ 10177 [matz@ne la .] [ruby-dev:8992]かしら。
  10178 [gotoken@ma h] あちこちの都合があるでしょうから1.7でいいんじゃないでしょうか。

Bignum#remainder
10184 [nobu.nakada@] Bignum#remainder なくなったんですか。
10185 [nobu.nakada@] もとい、Numeric#remainder 全般ですね。
10186 [matz@ne la .] いや、rb_define_method()を忘れてただけです。

Re: modulo and remainder
10197 [matz@ne la .] ruby-talkの話ですが、ruby-devにふります。
10204 [tadf@kt ri .] どうも。数学も英語も苦手な僕としては、ありがたいことです。
10214 [matz@ne la .] 最大の問題は
10221 [tadf@kt ri .] 僕もおかしいとは思っていてましたが、僕の理解は、実装のバグというもので
10224 [matz@ne la .] ですね。[ruby-dev:1841]で結論を出したのは私自身だったのです
10273 [tadf@kt ri .] bignum の divmod が (というか modulo かも)、ちょっと違うようです。
10276 [matz@ne la .] BignumについてだけFloatを整数化して計算しておりました。

ruby-dev:7501 パッチ
10201 [arton@ge ci ] ruby-dev:7501で小松さんが出されているMSWin32用tcltklibパッチですが、現在
10206 [komatsu@sa i] In the message of [ruby-dev:10201] ruby-dev:7501 パッチ
10228 [arton@ge ci ] 次のような解釈で正しいでしょうか。
10232 [komatsu@sa i] In the message of [ruby-dev:10228] Re: ruby-dev:7501 パッチ
10233 [arton@ge ci ] 御教示ありがとうございました。

make clean failure
10202 [komatsu@sa i] あれ?parse.yの変更の影響ですか?
10208 [eban@os ri .] なくてもいいかっこは省略するのが好きなので,

exit status of child process
10217 [nagai@ai ky ] 色々と調べてたんですが,
10218 [matz@ne la .] $?とかwait2の2番目の戻り値とかのこと?
+ 10219 [nagai@ai ky ] 例えば,子プロセスにおいて,exit!(7) などとしたとしますよね.
| 10222 [matz@ne la .] ??
| 10225 [nagai@ai ky ] wait2 って,1.5 のモジュールメソッドなんですね.
| 10227 [matz@ne la .] 1.4でも
| 10229 [nagai@ai ky ] あれ? ;;;^_^;;;
+ 10220 [JCA02266@ni ] シグナルを受けたときの終了ステータスではないでしょうか?
  10223 [matz@ne la .] これはRubyインタプリタがSIGINTハンドラを設定しているせいです
  10235 [JCA02266@ni ] いやぁ、以前「rubyではそういうものなのかあ」って思ったことが

組み込み Ruby
10226 [moriq.kazuhi] というものを製作中ですが,組み込み Ruby の扱いについて
10230 [matz@ne la .] 後者は ruby_errinfo = Qnil で済むでしょう。前者はなにが必要
10231 [moriq.kazuhi] 組み込み Ruby で philos.rb を rb_load_protect で実行します。
10237 [matz@ne la .] そうですね。rb_load_protectは終了処理をしませんから。
10248 [moriq.kazuhi] なるほど,試してみます。
10249 [matz@ne la .] 実は組み込みはあまり実績を積んでいないので、あまり洗練されて

lib/profile.rb
10234 [tadf@kt ri .] lib/profile.rb ですが、標準出力に余計なもの (?) がでてきます。
10236 [matz@ne la .] 要らないです。消しましょう。

date/date2
10238 [matz@ne la .] 日付クラスについて眺めていたときに以下の疑問に遭遇しました。
10241 [tadf@kt ri .] でも、アルゴリズムの性質の違いとか書いてないので、役に立たないと思いま
10242 [matz@ne la .] 丁寧に答えていただいてありがとうございます。特に「紀元0年」
10247 [tadf@kt ri .] 何故に、突然アルゴリズムの違いに興味を持たれたのか判らないので、適切な
10250 [matz@ne la .] 「突然アルゴリズムの違いに興味をもった」理由は以下の二つです。
10255 [tadf@kt ri .] とくに過大な期待をしなければ、大丈夫じゃないかと思ってんですけど。本当
10257 [matz@ne la .] そーですねえ。これから機能追加の予定でもあれば別なんですが。
10382 [eban@os ri .] 置き換えた結果 biorhythm.rb は動かなくなりました.
+ 10383 [eban@os ri .] あ, date.rb に Date::DAYNAMES がありますね.
+ 10449 [tadf@kt ri .] あえて機械的に最低限の修正をしたと思うので、もし、僕がしても同じように
  10457 [matz@ne la .] これと
threads.html
top