まつもと ゆきひろです

In message "[ruby-math:00971] Re: New methods of Integer"
    on 03/08/30, Shin-ichiro HARA <sinara / blade.nagaokaut.ac.jp> writes:

|>|同意します。変ですねえ。どこから意見が分かれているのでしょう。(^^;
|>
|>これは原さんが"組み込みのメソッドを書く人"の立場だからではないでしょ
|>うか。
|>私は"組み込みのメソッドを使う"ユーザーの立場から書いています。
|>
|>例えば整数の"/" の再定義をする際に、Fixnum,Bignum 双方を書き換えない
|>といけないのは、わずらわしくないですか?
|>gcd や isqrt を再定義することは実際にはないかも知れませんが、
|>bitlength を負数に対しても定義したいと思う人はいるかも知れません。
|
|Bignum が bignum.c にまとめられているのは、多分、将来 Bignum の別の
|実装に取り替えられる事が考慮されているのだと思います。その点につい
|てはユーザーにちょっと不便を強いているといえますね。

|と、作者の代弁風な口をきいていますが、まつもとさんはどう考えている
|のかな?

(a) BignumとFixnumで独立したメソッドにする
(b) Integerに両方に対処できるメソッドを用意する

のふたつをくらべると、前者は

  * 組み込みメソッドの実装が楽
  * 速度がほんのちょっと速い

というメリットがあり、後者は

  * Numericクラスのメソッドを再定義するのが楽

というメリットがあります。どちらをとるかというと、現時点では
前者を取る方が嬉しい人が多いように思います。

が、後者に絶対反対というほどではないです。

                                まつもと ゆきひろ /:|)