西山です。

rubyist MLで以下のような話が出ています。
rubyist MLは参加者以外でも投稿可能(ただし管理者が承認しないと
配送されない)なので、このメールへの返信はruby-mathとrubyistの
両方へお願いします。

Forwarded by Kazuhiro NISHIYAMA <zn / mbf.nifty.com>
----------------------- Original Message -----------------------
 From:    Koji Arai <JCA02266 / nifty.ne.jp>
 To:      rubyist / freeml.com
 Date:    Sun, 16 Mar 2003 16:14:50 +0900 (JST)
 Subject: [rubyist:1612] Float の定数の説明
----

新井です。

下記に関して誤解のない適切な説明に修正してくださる方いらっしゃいませんか?
ruby-math への転載希望。

| = Float
| 浮動小数点数のクラス。Float の実装は C 言語の double で、その精度は環
| 境に依存します。((-一般にはせいぜい16桁です。詳しくは多くのシステムで
| 採用されている浮動小数点標準規格、IEEE (Institute of Electrical and
| Electronics Engineers: 米国電気電子技術者協会) 754 を参照してください-))
| 
|     # あるシステムでの 1/3(=0.333...) の結果
|     printf("%.50f\n", 1.0/3)
|     => 0.33333333333333331482961625624739099293947219848633

| == 定数:
| 
| 浮動小数点数の実装に関する定数
| 
| ((<Math/PI>)) など、浮動小数点演算に関する定数については ((<Math>)) を
| 参照のこと。
| 
| --- DIG
| 
|     Float が表現できる最大の 10 進桁数
| 
| --- EPSILON
| 
|     (({1.0 + Float::EPSILON != 1.0})) となる最小の値
| 
| --- MANT_DIG
| 
|     仮数部の (({Fload::RADIX})) 進法での桁数
| 
| --- MAX
| --- MIN
| 
|     Float が取り得る最大値、最小値
| 
| --- MAX_10_EXP
| --- MIN_10_EXP
| 
|     最大/最小の 10 進の指数
| 
| --- MAX_EXP
| --- MIN_EXP
| 
|     最大/最小の Float::RADIX 進の指数
| 
| --- RADIX
| 
|     指数表現の基数
| 
| --- ROUNDS
| 
|     丸めモード (-1: 不定、0: 0.0 の方向に丸め、1: 四捨五入、2:正の無限
|     大の方向に丸め、3:負の無限大の方向に丸め)
--------------------- Original Message Ends --------------------


-- 
|ZnZ(ゼット エヌ ゼット)
|西山和広(Kazuhiro NISHIYAMA)