In article <1043399597.794350.26156.nullmailer / picachu.netlab.jp>,
  matz / ruby-lang.org (Yukihiro Matsumoto) writes:

> 「スペースひとつよりスペースふたつの方が遠い」とかは考慮しな
> いんでしょうね。merdの実装は見てないんですが。

merd では

  [6] experimentation is needed to know if this rule could work for more than one
  space, eg:
  1 + 2  *  3 parsed as (1+2)*3

と、まだわからない、となってますね。

ただ、十分に空白が長ければ、人間はどちらが長いか判断できないと思うので
この規則をそのまま外挿するのは無理があると思います。

えぇと、人間の感覚は log だという話ですから、log して比較... しても
log は単調だから変わらないか。空白のどちらかがもう一方の倍以上の長さだっ
たら、とかですかねぇ。ま、たとえこれが適切であっても、これが有効な状況
では改行やコメントなどの他の要因が入って来る気もしますが。

> うむ、なぜだろう。

例えば、これが理解できると、なぜ tUMINUS の優先順位が下がったのに
tUPLUS は下がらないのだろう、などといった日常の疑問が簡単に解決できる
かも知れないわけです。うむ。

> トークンをひとつだけ読むだけでは区別しにくいってことですね。
> ま、Rubyはほかにもいろいろ工夫してそういうのを回避してるんで、
> 要はやる気の問題なんでしょうが。

トークンというよりは文字ですね。スキャナでトークンを生成するための判断
基準なので。

やる気がでるかどうかという気分については、衝突しそうな印象を受けるのが
やる気がでない理由なのかなぁ。
-- 
[田中 哲][たなか あきら][Tanaka Akira]