けいじゅ@日本ラショナルソフトウェアです.

In [ruby-math :00610 ] the message: "[ruby-math:00610] Re: int / int -
> ? ", on Aug/27 07:22(JST) 正木 功 writes:

>正木です。

>||元の仕様はどうでもいいような気がしてきました。
>|うーん. そういう立場もあるのですが、わたしは一応Rubyを使っているのであっ
>|て、Ruby上に構築された数値処理システムを扱う立場ではないので、最低限の部
>|分は標準として入って欲しいんですね。
>
>あまり本気に取られても困りますが。

しつれい(^^;;;

>|ここまで標準化してあれば、mathn(または正木さんの考えているようなさらに先
>|のもの)をrequireすると、既存ライブラリの振る舞いが変ってしまうという問題
>|はほとんどなくなるので...
>
>勿論これは良くわかります。
>石塚さんの、まつもとさんへの説得の努力には今後とも期待しています。

なかなか厳しいですよね(^^;;; 

>しかし今までの議論をみている限りなかなか一致点には達しそうもないので、
>とりあえずの妥協案として出してみました。

話が落ち着いたら考えます. 

>将来 int/int -> rational で意見の一致をみた時点で
>
># alias / div 
>#但しこれは過去の program との互換性のために残してあるので、使わない
>#ことが望ましい。
>
>とでも書いておいたら如何でしょう?

えー. 将来 int/int -> rational になるかも知れないので、/を整除として使う
なと言うことです?

>|Mathematicaとかにもこういう数値ってあるのでしたっけ? 実数は目で見える形
>|で表現できないので、式で表現するのが普通なのかなって気がしていますが? た
>|とえば、
>|
>|  x**2 = 2
>|
>|となる x がsqrt(2) ですので、xは上式で定義しておいて、必要に応じて目で見
>|える形で表現すると. 
>
>それは Mathematica が数式処理システムだから可能なので、
>Ruby では(数式処理システムが組み込まれない限り)無理でしょう。

確にそうですね. 

>その代わり Ruby には無限列を(Object として)表現する仕組みがあり、
>実数(の一部)を、rational の Cauchy 列で表すことが可能です。

それはわかります。実は、Rationalのあと正木さんのと同じようなメカニズムで
Realも実装しようと思っていたぐらいですから、ただ、誤差の保証をどうやって
実現したらよいのか悩んで、結局作れなかったのですが(;_;

__
..............................石塚 圭樹@日本ラショナルソフトウェア...
----------------------------------->> e-mail: keiju / rational.com <<---