原です。

>正木です。

>体を Euclid 整域と見倣しても意味がないだろうと思ったのが原因でした。

確かに体を Euclid 整域と見なしても体に関して新しい知見が得ら
れるわけではないです。

あれ、なんか私、ヤヤコシげな事を言って、妙なミスリードしてい
るみたい(^^;だけど、そうじゃなくて、えーと、そもそも正木さん
が [ruby-math:00521] で

|5/2 = 2
|は数学的にはどう考えても不自然です。
|これは、仮に自然数の class があったとして、演算を class 内で閉じさせるために
|2-5=3
|とするのと同じ程度に無理があります。

と言ったのを、5 / 2 == 2 は「どう考えても不自然」ではなく、
5 / 2 == 5/2 の祖先であると見ることもできる、差が閉じないこ
とと商が閉じないことの間には質的な差異がある、と「数学的」
に反論したんですよ。

もちろん、この / の使い方が「FORTRAN や C の悪しき遺産」であ
るというのは、幾つかの見方のうちの一つとしてはあり得ると思い
ます。


>|関係ないけど、いぜん、幾何はなぜ幾何というのかというのを調べ
>|たら数学辞典の旧版だったか、 geometry という音を中国語で表記
>|したものから来ているんだという説に出会いました。そりゃ分から
>|んて。
>
>"函数"もそうらしいです。

function の読みに"函数" の音を似せているわけですよね。しかも"函数"
は実は"凾数"であって、口から入って叉から出るというブラックボックス
をうまく表現しているって説もありますね。うますぎ。