青山です。

ここでもう一度問題を整理します。

引数によって、まるめを行なう桁位置を指定できるようにするのはどうか。

その場合、Float を返す事になるが、C でも double を返すようなので、いっ
そ引数無しの場合も Float を返すようにしてはどうか。

この2点が ceil, floor についてですね。次に、

ceil, floor の負数に対する動きは、電卓や Excel などで馴染みの有る動き
では無く、また、電卓や Excel の利用率から考えると、むしろ ceil, floor
よりも、そちらの動きをするメソッドが必要ではないか。

という事で、round_up, round_down の導入はどうか。

以上、3点ですね。

round については、この3点の方向によって、自動的に決まるでしょう。


-- 
青山 和光 Wakou Aoyama <wakou / fsinet.or.jp>