児玉 です.

From: Shin-ichiro Hara <sinara / blade.nagaokaut.ac.jp>
Subject: [ruby-math:00275] Re: Infinity(was Polynomial.rb and floating point exception)
Date: Mon, 24 Apr 2000 14:21:56 +0900
Message-ID: <200004240521.OAA16946 / blade.nagaokaut.ac.jp>
> 原です。
...
> IEEE の Inf というのは、最大限便利な方便としての無限大で、
> あまり理論的ではないですよね。
  ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
.....らしいというのがようやくこの1週間で分かって来ました.


> |Math の関数は数値ではなく a でのテイラ−展開を返すように
> |改造する必要がある.
> |# ....のが大問題で, どうしましょう?
> 
> しかし、元々テイラー展開を内部に持っているなら、そもそも微係数の知識を持っ
> ているので、、、それを微分に応用する?(^^

むむ----,そうかぁ.
なんか, 缶詰めの中に缶切が入っているような気分.
キ−を机に置いたままオ−トロックのドアを閉めたっていうか....

#include <math.h> してこいつに頼っているので,
ここで無限小部分の情報が消えてしまう.
ウ−ン, libm のソ−スには,
テイラ−展開や連分数展開での記述が書かれて居るはずだよね?
HyperRealクラス的には,
テイラ−展開じゃなくても連分数展開でも可だけど,
こいつの内部に Ruby 側から手が届かないからねぇ.
ソ−スから手で引写さないとだめみたい.
-- 
K.Kodama(kodama / kobe-kosen.ac.jp)