児玉 です.  to_poly, to_polyM は廃止になりました.

From: Shin-ichiro Hara <sinara / blade.nagaokaut.ac.jp>
Subject: [ruby-math:00233] Re: Polynomial of multi variable
Date: Thu, 3 Feb 2000 14:01:01 +0900
Message-ID: <200002030501.OAA28991 / blade.nagaokaut.ac.jp>
> 原です。
....
> ふーむ。やっぱりプロ(?)は速度を気にするのですね。


僕がやっているトポロジ−の方の幾何的デ−タ−から
自動的に数10---数百元生成のイデアルが出来てしまうので.
Ruby に限らず, 速度が不足気味. 速度はあればある程良いです.
単項式の変数を文字列のHash で管理するとかの辺りで,
僕の実装がまずいのかも.
でも, 元は, Ruby で実装の練習 "だけ" をするつもりだったけど,
このままでも, 結構使えそうですね.


> |数式処理の専用ソフトと比べて,
> |Ruby はプログラミングの柔軟さが売りでしょう, やっぱり.
> |変な環とか体でも自力で構築するならOK, とか.
> 
> でも、もう polynomialm.rb が出来てしまったんだから、有限生成な可換体は
> 出来たも同然?

そうですね.
多変数の因数分解も欲しいかな? ちょっと,難しそう.

あと係数環を変えられるようにしたい.
現在は Integer(有限体 Zp も),Rational,Float,Complex(等で動くはず.) だけど.
# これは, 現在のコ−ドを少し整理すると問題無しのはず.

今, ちょっと思ったけど,
1変数版の方で, 係数に多項式を許すようにすると,
多変数多項式の別な実現が手に入る?


> divmod さえできればOK、、、と、そこまで抽象化されてはいないけれどすぐ
> 出来そうですね。rational.rb は。

divmod 以外は, ほとんど字面だけの書換ですね.

そう云えば, Polynomial の方の / や divI は 
divmod, divmodI って云う名にする方が良かったかな?
動作は, divmod 相当だし.  誤解のもとかも.

> 後、多項式の行列も計算できるので、行列の固有値なども計算できるし、そもそ
> も代数的数を扱える様になったという点で Ruby は非常に強力になりましたね。

そういう方向に行けるのかぁ
# 今まで気づいていなかったりして... (^^;

>   if $0 == __FILE__
>     ....
>   end
> 
> みたいに囲っておくと便利です。単独で動かすと実行されますが、ライブラリと
> して require する分には実行されません。


"... とできると良いなぁ--" と思っていたところでした.
やっぱりこういう機能があったんですね.
-- 
K.Kodama(kodama / kobe-kosen.ac.jp)