堀之内です。

これまでの議論を(力&時間不足で)把握しておらず、今更なにをといっ
た話題で恐縮です(しかも内容もない)。


Single&Double の問題で、しばらく前に田中さんが NumPy では

               array + 1.0   (ここでarrayは sigle相当の配列)

の結果が、double相当の 1.0 に合わせて double 相当になるので、嬉
しくないと書いてたように思います。私もそれは多くの場合嬉しくない
だろうと思うのですが、ruby-math では結局それはどうしようというこ
とになったのでしょうか(スミマセン、だいぶ遅れてます)。
(1.0).to_single みたいに書けばsingleに出来るので我慢するとか?
この場合、少なくとも sigle 相当のスカラーは要りますね(組み込み
かどうかに関わらず)。一方、配列が sigle ならスカラーの精度に関
係なく sigle という約束を導入出来なくもないでしょうが、あまり気
持のいいやり方とは思えません。

--
まつもとさん:
 > つまり、CなりFORTRANなりのfloatの演算結果と同一の結果を得る
 > ためにはdoubleの計算しかないRubyではまずいことがあるというこ
 > とでよろしいでしょうか?
 > 
 > これについて考えるとき、以下の点が気になります。
 > 
 >   * Rubyは(Javaと違って)浮動小数点数の演算結果はそのコンパイ
 >     ルされた処理系にまったく依存する。

この点は C でも Fortran でもそうなりますし、しょうがないだろうと
思います。

堀之内 武                 horinout / kurasc.kyoto-u.ac.jp
京都大学超高層電波研究センター    611-0011 宇治市五ヶ庄