えぐち@エスアンドイー です。

>>> In message [ruby-math:00091] Re: NaN again
    On Fri, 21 Jan 2000 12:03:16 +0900, matz / netlab.co.jp (Yukihiro Matsumoto) said:

matz> まつもと ゆきひろです
matz> 
matz> In message "[ruby-math:00089] Re: NaN again"
matz>     on 00/01/21, GOTO Kentaro <gotoken / math.sci.hokudai.ac.jp> writes:
matz> 
matz> |-0.0 のフォーマットはユニークなので、configureの際は基準とな
matz> |るものをビットマップで作るのが良いと思います。またFPU例外を
matz> |制御するのが面倒なので比較もビットマップとして行った方が良い
matz> |でしょう。参考までにこれらをつけときます。
matz> |
matz> |# isnan() もこんな感じで実装しちゃった方が確実かも。
matz> 
matz> うーむ、APIは同じでIEEE754でないシステムとかはもう考えなくて
matz> 良いんでしょうかねえ。そんなものはもうない?

VAX Float は alpha にまだ実装されていますが、
これを使うアプリケーションは fortran の一部でしょう。

Cray や IBM3090 は IEEE754 準拠ではないですが、
ruby を移植するには浮動小数点が IEEE754 準拠でない以上に
アライメントとかハードウェアスタックがない(!)とか、
面倒な問題がいくつかある気がします。

	えぐち