ふなばです。

>||それともう一つ考えられる仕様はですね。fh = open("foo") として
>||foo が 0 バイトのファイルだった時に、
>|
>||  fh.read は ""
>||
>||であるべきではないかという気がするんですが、どうでしょう。
>|
>|ふむむ.これも納得はできますね.そうしましょうか.
>
>その様に変えて困る人はほとんどいないのではないかと思うので、
>そうしてしまいましょう。
>
>#今まで何度か data = fh.read || "" と書いたことがあります。
>#ruby プログラミングの経験豊富な私は。(^^;

経験豊富じゃないけど、僕も read || '' をよくつかってきました。初めのう
ちは結構抵抗があったんだけど、もう慣れきっているんで、いざ変わるとなる
と、これまた抵抗があるかな :-)

僕は大して大きなファイルをあつかうこともないので、一気読みを多用してい
ます。大抵はチマチマ読んでるより速いし、書くのもラクなんでいいんですが、
ある程度大きくなると、つらくなりそうですよね。一体、どのあたりまで期待
してよいものやら、哲学がないので悩んでしまいます。悩まなくて済むように
なるといいなあ。

僕はちょっと前に、試しに笠原さんの getoptlong.rb のサンプルにあった wc
を read 一気読みに書き換えてみました。どうしてそういうことをしてみたか
というと、自分でもお遊びで  wc を書いたことがあったからです。笠原版 wc
のほうが、ずっと本格的なんですが、速度を比べてみると、僕のほうが速いよ
うだったので、調子に乗って笠原版に手を入れてみたのです。--lines の処理
が面倒そうだったので (--lines というのは初めてみました)、手を抜いて、
そこだけ仕様を変更してしまいました。でも、コードはとても簡単になって
(簡単なのしか書けないし :-)、処理も速くなったようです。 いつもいつも、
こんなんで済めば、じつにありがたいと思う、怠け者のふなばなのでした。

手を入れてみたものはここに捨てておきます。

http://www.kt.rim.or.jp/~tadf/wc-k.rb

僕のおもちゃ wc はこっち。

http://www.kt.rim.or.jp/~tadf/ruby.html#wc

--Tadayoshi Funaba