SRA の笠原です。

* From: matz / netlab.co.jp (Yukihiro Matsumoto)
* Date: Fri, 9 Oct 1998 10:23:01 +0900

> |これ, Ruby 本体に取り込まれたりってな予定はありませんでしょうか.
> |個人的には取り込まれるととてもうれしかったりすがのですが
> |いかがでしょう? > まつもとさん, 笠原さん, みなさん
> 
> むむむ,笠原さんが承諾して下されば私としては異論ありません.

んんん。本気ですか (^^;)
入れて頂ければ嬉しいですが、公開をお知らせしてからは、とくに反応もなかっ
たので、寝耳に水の状態です。

RAA に入れて欲しいという話はまつもとさんにさせて頂いていましたが、そう
えば、↓このメール届いていませんか?  > まつもとさん

   Date: Mon, 28 Sep 1998 11:15:31 +0900 (JST)
   Message-Id: <19980928111531I.m-kasahr / sra.co.jp>
   Subject: Re: add my Ruby libray into the archive
   To: matz / netlab.co.jp
   From: Motoyuki Kasahara <m-kasahr / sra.co.jp>


> 笠原さんに承諾して欲しい条件は
> 
>   * 配付条件をGPLからRubyに合わせる(GPL or Ruby License)

GPL version 2 にしています。

# 思い出しましたが、ruby-1.1c6 の COPYING は、FSF の古い住所のままに
# なってまいます。


>   * 新版はin.comingにputして下さる

配布形態はどうしましょう。

いまのところ、getoptlong は本体の Ruby スクリプトの他に、README, 使用
説明書、ChangeLog、NEWS、テストスイート、サンプルスクリプト、GPL の
COPYING を *.tar.gz 形式に固めています。

*.rb ファイルだけ Ruby 本体に取りこむようにしつつ、getoptlong パッケー
ジ全体は、今後も私の方から一次配布元として配布するようにしますか?


>   * メンテは今まで通り引き受けて下さる

了解です。


> です.あと,ファイルに簡単な説明が英語で書いてあるとより望ま
> しいですが,すでにそうなってましたっけ.

非常に怪しい英語ですけど、README と使用説明書の英語版があります。
______________________________________________________________________
                                          笠原 基之(かさはら もとゆき)