こんにちは、鄭です。

Ruby home page の今日のひとこと(10/01)をみていて、

	 ruby 1.1dで予定されている仕様変更   
	● Thread.joinをなくしThread#joinに

というのを見つけました。
以前から漠然と疑問に思っていたのですが、みなさんが、メールの文中で、
クラス名.メソッド名 と クラス名#メソッド名 を使い分けていますよね。
どちらかがクラスメソッドで、どちらかが インスタンスのメソッドなんだろう
とは、思っていたのですが、ちゃんと調べずにそのまんまになっていました。

きょうこそはどっちがどっちかちゃんと調べようと ruby-man-1.1c0-jp を、
みたのですが、、、
Thread の join は、クラスメソッドの方に説明があって abort_on_exception の
説明文には「Thread#join」という表記があります。

質問 1: クラス名.メソッド名 と クラス名#メソッド名  どっちがどっちなんでしょう?
       この表記っに関する説明って何をみれば書いてありますでしょうか?
       # 常識?

質問2:今日のひとこと(10/01)の「Thread.joinをなくしThread#joinに」は
       リファレンスマニュアルと矛盾するみたいですが、どういうことなんでしょう?

-- 
                         ┌─鄭  明毅───────────────────┐
                         └──tei / harmony.co.jp──tei / mirage.linc.or.jp─┘