青山です。

In message <19980827070118E.dezawa / miya.fujifilm.co.jp>, Sinichiro Dezawa write
s:
>
>わかった。
>EOL が CR+LF なのですね。  LF にしたらうまく行った。
>EOL を指定できないかな。

おっと、朝日ネットではそうなんですか。
実は一番気になっていた所なんです>EOL

正式には CR+LF なんですが、標準化が遅れたため(というか、無いと困る機能
なので、それぞれの実装が早かったのでしょう)、結局完全には統一出来なかっ
たという事のようです。

NIFTY SERVE でも、CR にすると正常。送信を CR+LF にすると、ホストに残る
データは正常でも、送信時のエコーは CR+LF+LF という妙な反応をします。

CR+NULL というタイプは一応認められており、Perl の Net::Telnet では、送
信は CR+LF のみで、CR+NULL は受信にのみ自動判定で対応しています。

しかし、これだけでは解決しないようですし、普通の telnet クライアントで
は問題無く NIFTY に入れますから、なんらかのオプション交渉をしているの
かもしれません。早めに調査、対応をしたいと思います。

すみませんが、調査方法が決まりましたらサンプルスクリプトを作りますので、
朝日ネットでの動作確認をお願いできますか?


青山 和光 Wakou Aoyama <wakou / fsinet.or.jp>