ひわだです。

>>> "watanabe" == WATANABE Hirofumi writes:

watanabe> Marshal は常に IO を強制的に binary mode するので, 単に
watanabe>   open(ARGV[0]) do |f|
watanabe>     p Marshal.load(f)
watanabe>   end
watanabe> でもいいです.

このとおりに変えたところ、正常に動作してくれるようになりました。
RubyTk 使って結構大きなプログラムを組んでいて、できれば Windows でも
動かしたかったので助かりました。

#しかし、なんか僕は細かい石によくつますく気がする…。

coolview って、もしや gtk とかも使えたりするんでしょうか…?
#とか聞きつつも土日は留守してます^^;。
--
檜田 和浩 ( hiwada / kuee.kyoto-u.ac.jp )